騙されるな!成分重視の青汁選びのポイントと目的別おすすめ

青汁にはどんな効果が期待できるのかなど、青汁の成分が気になっていませんか?

青汁の成分には様々な種類があって配合量も異なりますが、中には一見しただけではわからない「青汁と呼んでいいのか疑問なもの」もあるため注意が必要です

本ページでは、他の青汁サイトで説明されているような「大手飲料メーカーや成分の種類で選ぶ」だけでは不十分な理由と、成分の徹底比較からわかったおすすめを目的別にご紹介します。

  1. 青汁を選ぶ際によくある2つの失敗例
  2. 成分を意識した青汁選びの2つのポイント
  3. 成分の徹底比較からわかった目的別おすすめ3選

全て読めば、青汁の成分を正しく理解してあなたにとって最高の青汁を見つけられるでしょう。

1. 青汁を選ぶ際によくある2つの失敗例

青汁の成分について、”どの青汁でも栄養豊富” と思っているなら、それは完全に間違いです

仮に成分を意識して青汁を選んだつもりでも、多くの人がよくはまりやすい2つの失敗例があるので注意しましょう。

青汁を選ぶ際によくある2つの失敗例

  • 大手飲料メーカーのブランド名だけで選んでしまうケース
  • 成分の「種類」や「数」に惑わされてしまうケース

それでは上記について順にご説明します。

1-1. 大手飲料メーカーのブランド名だけで選んでしまうケース

たくさんの種類があってどの青汁を選んでよいかわからない時に、「大手飲料メーカーなら成分もしっかりしているはず」とブランド名だけで選んでしまう人は多いです。

もちろん高品質の青汁を作っている大手飲料メーカーもありますが、大手だからといって必ずしも高品質の青汁をつくっているわけではありません

ここでは具体例として、伊藤園の「毎日1杯の青汁」とヤクルトの「青汁のめぐり」の成分についてご説明します。

伊藤園の「毎日1杯の青汁」

伊藤園の「毎日1杯の青汁」に最も多く使われている原材料は「砂糖」です。青汁原料よりも砂糖が多く配合されています。

ちなみに、成分を調べてみると「糖質」と「食物繊維」だけで、成分全体の8割以上を占めておりいわゆる野菜のビタミンやミネラルは他の青汁と比べて少ないと言えます。

ヤクルトの「青汁のめぐり」

ヤクルトの「青汁のめぐり」の成分を調べると、1日分である2袋15g中に含まれる「糖質」の量は7〜12gで、他の青汁と比べるとかなり多いです。

成分表では糖質の量には幅があるため正確な比率は出せないものの、成分のほとんどが糖質と食物繊維と言えます。

ヤクルト 青汁 青汁のめぐり(成分表)

引用:ヤクルト「青汁のめぐり」公式ページ

1-2. 成分の「種類」や「数」に惑わされてしまうケース

様々な種類の成分が手軽に摂れる「フルーツ青汁」は有名人も愛用し、青汁紹介サイトなどでも好評ですが、実はフルーツ青汁も成分全体の約9割は「糖質」と「食物繊維」です

そのため、宣伝で強調されている様々な成分はすべて足しても「1包当たりたった0.3g程度」しかありません。

上の2つのフルーツ青汁は両方とも成分ごとの配合量は公式ページで非公表で、パッケージにも配合量は以下の5項目しか記載されていません。

たっぷりフルーツ青汁 すっきりフルーツ青汁
単位 1包(3g)当たり 1包(3g)当たり
炭水化物 2.73g 2.61g
タンパク質 0.16g 0.19g
脂質 0.02g 0.05g
ナトリウム 0.66mg 0.68mg

以上のように糖質も食物繊維も記載されていませんが、実は “炭水化物” の量が「糖質と食物繊維の合計値」です

このように成分の”種類”は多くても、実は糖質たっぷりで飲みやすくしているだけのケースも多いため、他の青汁と比べて野菜不足解消などの効果はあまり期待できません

※もし「フルーツ青汁って本当に効果あるの?」と少し気になった人は『騙されるな!350の口コミでわかったフルーツ青汁の全知識』をぜひチェックしてみてください。

1章まとめ

以上ご説明してきた通り、大手飲料メーカーの青汁でも栄養成分が少ないケースや、フルーツ青汁のように成分の種類や数が多くても「配合量」が他の青汁と比べて少ないケースもあるため注意しましょう。

後ほどご紹介しますがが、主要20種の青汁の成分を調べると「糖質」と「食物繊維」の合計は成分全体の60%〜80%程度が多いですが、先ほどご紹介した青汁では90%前後にもなっています。

そのため、成分を意識して青汁を選ぶには、大手飲料メーカーのブランドや成分の種類の多さだけでは不十分なので『成分の量』を意識しましょう

2. 成分を意識した青汁選びの2つのポイント

ここでは青汁の公式ページや青汁紹介サイトの宣伝文句に惑わされずに、成分を重視して正しく選ぶためのポイントをご紹介します。

意識すべき点はいくつかありますが、その中でも特に意識すべきは以下の2つです。

成分を意識した青汁選びの2つのポイント

  • 青汁原料ごとに期待できる効果を意識すること
  • 青汁の「有効成分」の量を意識すること

それでは成分を意識した青汁選びのポイントをご説明します。

2-1. 青汁原料ごとに期待できる効果を意識すること

青汁原料に含まれる成分の違いによって、期待できる効果が異なるため「ケール・明日葉・大麦若葉」についてまとめてみました。

野菜不足の解消や便秘解消の他にも、美容やダイエットなど、あなたの求める効果に応じて選ぶことをおすすめします。

各種成分による効果 有効成分
ケール
  • 美肌効果
  • 生活習慣病の対策
  • ルテイン
  • 食物繊維
明日葉
  • セルライトの解消
  • むくみの解消
  • 便秘解消
  • カルコン
  • クマリン
  • 食物繊維
大麦若葉
  • アンチエイジング
  • 動脈硬化・高血圧
  • SOD酵素
  • 食物繊維

参考:青汁原料に含まれる成分の徹底比較

ケール・明日葉・大麦若葉に含まれる成分を徹底比較した結果は以下の通りで、特にケール・明日葉が栄養豊富であることがわかります。

  ケール 明日葉 大麦若葉 単位
ビタミンA 2900 5300 2538 μg
ビタミンB1 0.1 0.1 0.1 mg
ビタミンB2 0.2 0.2 0.1 mg
ビタミンB6 0.2 0.2 0.1 mg
ビタミンB12 0.0 0.0 0.1 μg
ビタミンC 81 41 7 mg
ビタミンE 2.4 2.6 1.2 mg
葉酸 120 100 40 μg
カルシウム 220 65 29 mg
マグネシウム 44 26 16 mg
カリウム 420 540 320 mg
0.8 1.0 4.2 mg
食物繊維 3.7 5.6 4.1 g

(上表の数値は日本食品標準成分表の「可食部・生・100g当たり」の数値です。なお、大麦若葉はデータがないため「山本漢方製薬の栄養成分表」を参考に算出しました)

上記の結果を踏まえて、原料別に最も多く含む成分をまとめると下表の通りになりました。

  成分 主なポイント
ケール ビタミンC 抗酸化作用
カルシウム 骨や歯を強化
マグネシウム カルシウムの吸収に必要
ビタミンB群 代謝を促す
葉酸 造血作用
明日葉 ビタミンA 抗酸化作用・美肌
ビタミンB群 代謝に不可欠な成分
ビタミンE 抗酸化作用
カリウム むくみの解消
食物繊維 便秘解消
大麦若葉 鉄分 酸素を運搬

ちなみに、「大麦若葉」はケールや明日葉と比べてしまうと栄養が見劣りしますが、決して栄養が少ないわけではなく、クセが少なくて飲みやすいという強みもあります。

2-2. 青汁の「有効成分」の量を意識すること

「青汁の有効成分」とは糖質や食物繊維を除いた「残りの成分」のことで、いわゆる野菜のビタミンやミネラルなどの含有量の合計を表します。

特に、飲みやすくするための「糖質」や、便秘解消の効果を高めるための「食物繊維」をたくさん加えている青汁には注意しましょう。

例えば、青汁原料100%の青汁と比べてみると、以下のように成分の比率が大きく異なります。

3. 成分の徹底比較からわかった目的別おすすめ3選

あなたにが本当に選ぶべき青汁を調べるために主要20種の青汁成分を徹底比較しました。

その上で、青汁選びで大切な「有効成分」と「値段」の2つの基準で、それぞれ評価したところ以下の通りです。

さらに詳しくは「355種の青汁から徹底比較してわかったおすすめ青汁3選」のページで徹底比較していますが、あなたの目的に応じて以下の3つから選べばとりあえず間違いありません。

以下の商品名をクリックすると、その青汁をおすすめする理由をすぐにチェックすることができます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

それでは上記の青汁のおすすめポイントをご説明します。

A. 野菜不足の解消・便秘解消|ユーグレナの緑汁

ユーグレナの緑汁は有効成分の割合No.1で、注目の健康素材「ユーグレナ(=ミドリムシ)」は体内での吸収率が高いため、野菜不足の解消に最もおすすめです。

また、ユーグレナに含まれる「パラミロン」や「クロロフィル」は体の中をきれいにする効果があるため、便秘解消について明日葉・大麦若葉の食物繊維との相乗効果が期待できます。

以上を踏まえると、例えば以下のような人に特におすすめです。

  • 日頃野菜をあまり食べない人
  • 特に栄養バランスを重視する人
  • 野菜不足を補い、便秘解消も意識したい人

ほとんどデメリットはありませんが、稀に「味が薄くて苦手」という人もいるため、まずは500円で試せる『お試しセット』で味見してから決めるのが賢い選択と言えます。

『ユーグレナの緑汁』公式ページ:

http://www.euglena-farm.jp

お試しが注文できるのは公式ページだけなので「お試しセット」で試したい方は公式ページを使いましょう。

『ユーグレナの緑汁』を詳しく知りたい人は「300の口コミでわかるユーグレナの緑汁の全知識」の記事をぜひ参考にしてみてください。

B. 美容・ダイエット|ふるさと青汁

ふるさと青汁は明日葉青汁のNo.1で、明日葉に含まれる「カルコン」は強い抗酸化作用やむくみ解消の働きがあるため、美容・ダイエットを求める人に特におすすめです。

さらに、明日葉・大麦若葉・桑の葉という3種の青汁原料をブレンドしており、肌や基礎代謝など体本来の力を高める効果が期待できます。そのため、以下のような人に特に向いています。

  • 老化の原因である活性酸素を除去したい人
  • 肌にハリや潤いを与えたい人
  • むくみやセルライトを落としてダイエットしたい人

唯一、気になるのは青汁の有効成分や値段は標準的なのでコスパ自体はそれほど高くないということですが、美容やダイエット効果は期待できます。

『ふるさと青汁』公式ページ:

http://www.mycare.co.jp/ashitaba

Amazonや楽天も調べましたが、「全額返金保証付き」で始められる公式サイトがおすすめです。

『ふるさと青汁』を詳しく知りたい人は「355種の青汁から徹底比較してわかったおすすめ青汁3選」の記事をぜひ参考にしてみてください。

C. バランス型・飲みやすさ重視|極の青汁

『極の青汁』は飲料水大手のサントリーが「飲みやすさ」にこだわり抜いた青汁で、「びっくりするほど飲みやすい」と好評です。

特に栄養豊富な「明日葉・大麦若葉」に、煎茶と抹茶を加えることでゴクゴク飲めるすっきりとした味わいが特長です。

青汁の苦味やクセがほとんどないため、以下のような人に特におすすめです。

  • とにかく「飲みやすい青汁」がいい人
  • 飲みやすさ・効果・値段などの総合的なバランスを重視する人
  • 今飲んでいるマズい青汁から切り替えたいと思っている人

また、ここでご紹介する他2つの青汁より「有効成分」は少なめですが、トクホにも使われる「ケルセチンプラス」によって吸収率を高め、野菜の力を引き出しています

サントリー『極の青汁』の公式ページ:

http://www.suntory-kenko.com

Amazonと楽天も確認したところ90包で公式ページが1700円以上安くて、専用シェーカーももらえるため最もお得です。

現在入手できる青汁の中で最も飲みやすいと好評なので、すべての人にとって味や飲みやすさで後悔することはないと私は確信しています。

4. まとめ

ここまで青汁を成分だけで選ぶ典型的な失敗例から、成分を意識した選び方や目的別のおすすめまでご説明してきましたが、いかがでしたか?

青汁選びでは青汁原料や種類だけでなく、糖質と食物繊維を除いた「有効成分の含有量」を意識することが大切です。

あなたにとって最高の青汁を手に入れるためには、このページでご紹介した青汁から選ぶことをおすすめします。

最後にまとめとして大切なポイントを整理すると以下の通りです。

  • 成分を重視して選ぶためには、「有効成分の量」を意識すること
  • 青汁ごとの強み・弱みを理解して、あなたの求める効果に応じて選ぶこと

また、徹底比較からわかったあなたが目的に合わせて選ぶべき青汁は、以下の3つだけです。

以下の商品名をクリックすると公式ページですぐにチェックできます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

どれにするか迷う人は、有効成分が多く高い効果が期待できる『ユーグレナの緑汁』をおすすめします。

以上を参考にあなたが青汁の成分について見極められることを心より願っています。