青汁のダイエット効果の真実|着実に痩せるための完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fotolia_125904986_xs

青汁ダイエットが気になっていませんか?

青汁を使えば健康的に無理なくダイエットできますが、もしあなたが短期的に大きく体重を落としたいなら青汁以外の方法がよいかもしれません

最もダイエット効果が高い青汁を調べるために、本サイト独自に青汁ユーザー350人にアンケート調査を行いました。

その結果を踏まえて、本ページでは青汁ダイエットの本質的な効果と正しい選び方や使い方をご説明します。

  1. 始める前に必ず知るべき青汁のダイエット効果の本質
  2. 青汁で健康的にダイエットができる4つの理由
  3. 着実に体重を落とすために意識すべき4つのポイント
  4. ダイエットに最適な青汁選びで後悔しないための3つのポイント
  5. 口コミからわかった青汁ダイエットのおすすめ2選
  6. 効果を最大にするために意識すべき3つのこと

全て読めば、ダイエットに最適な青汁の選び方や効果的な使い方を理解できるでしょう。

1. 始める前に必ず知るべき青汁のダイエット効果の本質

青汁ダイエットについて口コミや青汁紹介サイトを見ていると、青汁のダイエット効果がかなり誤解されてしまっているようです。

本来青汁にしかないダイエット効果があるにもかかわらず、その効果が一部誤解されているために “青汁ダイエットは効果がないのでは?” という声があるのは残念でなりません。正しい理解として、筆者が考える青汁のダイエット効果の本質は以下の2点です。

  • ①青汁は健康的に痩せられる体づくりをサポートする効果が期待できます
  • ②正しい使い方を実践しないと体重が大きく減ることはありません

上記の点を正しく理解することが大切ですので、それぞれ第2章・第3章でくわしくご説明します。

2. 青汁で健康的にダイエットができる4つの理由

実は青汁は健康的に痩せられる体づくりをサポートする効果はありますが、健康食品であって薬ではないため短期的に痩せる効果は期待すべきではありません。筆者が青汁を使えば健康的に痩せられと考える4つの理由は以下の通りです。

  • 理由1:野菜不足や食事制限で偏った栄養を補うのに最適であるため
  • 理由2:リバウンド予防に効果的であるため
  • 理由3:ダイエット中の便秘を予防する効果があるため
  • 理由4:青汁に副作用はないため

本章ではそれぞれわかりやすくご説明します。

2-1. 野菜不足や食事制限で偏った栄養を補うのに最適であるため

健康的なダイエットには「バランスの摂れた栄養」が必須ですが、青汁はビタミン・ミネラルが豊富であるため、野菜不足や食事制限で偏った栄養を補うのに最適と言えます。

さらに、通常の食事から栄養を摂る場合には買い物・準備・後片付けなどが必要ですが、青汁なら朝食の置き換えなどで手軽に摂れるのも大きなメリットです。

栄養が偏っていると便秘など様々な体調不良になりやすく、青汁の他に通常の食事からもバランス良く栄養を摂ることが大切です。

2-2. リバウンド予防に効果的であるため

リバウンドの原因は「極端な食事制限や栄養の偏りによる基礎代謝の低下」であるのに対して、青汁は栄養豊富でバランスが良いためリバウンドを予防する効果が期待できます。

ユーグレナ ダイエット リバウンドのメカニズム

リバウンドを繰り返すと太りやすくなるだけでなく、自己嫌悪に陥りダイエットに取り組むのが難しくなることもあるため、青汁を使えばこれらの問題を防ぐことができます。

2-3. ダイエット中の便秘を予防する効果があるため

ダイエット中は①腹筋や腸の筋力低下、②腸への刺激不足、③水分摂取量の低下、④ストレスによって便秘になりやすいのですが、青汁は食物繊維が豊富で便秘予防・改善が期待できます。

ちなみに、下剤を乱用すると「強い下痢・腸の機能低下・低ナトリウム血症・摂食障害」などを引き起こす可能性があり、また自然な形での排泄ではないため基本的に下剤は使うべきではありません。

2-4. 青汁に副作用はないため

青汁は緑黄色野菜を使った健康食品であるため、副作用はないとされています。妊娠中・授乳中に使っても問題ないとされていますが、もし心配であれば念のため医師に相談することをおすすめします。

一方で、治療のため薬を服用中・食事制限をしている人や、アレルギーのある人は基本的に避けるべきとされているため、必ず事前に医師に相談するようにしましょう。

3. 着実に体重を落とすために意識すべき4つのポイント

青汁はダイエット食品や下剤ではないため、ただ飲んでいるだけでは体重が大きく減ることはありません。

しかし、正しい使い方を意識することで着実に体重を落とすことはできます。そのために必要な4つのポイントは以下の通りです。

  • 毎日続けても効果がでるには「最低3ヶ月」かかること
  • 適切な食事制限や運動をしないと、体重は大きくは落ちないこと
  • 糖質の少ない青汁を選ぶこと

それでは上記4つのポイントをわかりやすくご説明します。

3-1. 毎日続けても効果がでるには「最低3ヶ月」かかること

青汁の効果を実感するには「最低3ヶ月」とされています。続けることで着実に体内の機能が改善していくためであり、体の中からきれいになり基礎代謝が向上するには一定期間が必要だからです。

3-2. 適切な食事制限や運動をしないと、体重は大きくは落ちないこと

多くの青汁紹介サイトでは、青汁ダイエットは “青汁を毎日好きな時に飲むだけ” というような説明がされていますが、筆者はただ飲むだけではなく、「摂取カロリーと消費カロリーのバランス」を意識してを行う必要があると考えています。

ユーグレナ ダイエット カロリーコントロール

上表の通り、健康的に痩せるには「1日当たりの摂取カロリーから消費カロリーを引いた結果がマイナスになる状態」を続ける必要があります。

摂取カロリー

乱れた食生活や外食中心・野菜不足を続けていたのでは摂取カロリーは減らないため、食生活の見直しや適切な食事制限を意識する必要があります。

消費カロリー

1日のエネルギー消費量の約7割を占める基礎代謝は「筋肉量」と「体の大きさ」に比例するため、運動や筋トレで筋肉量を維持またはアップするのが効果的です。ダイエット中は筋肉量が落ちやすいため、特に大きな意味があります。

もし忙しくて運動する時間を確保するのが難しい場合は、例えば以下のようにご自身のペースで有酸素運動の量を増やすのがよいかもしれません。

  • エスカレーター・エレベーターではなく階段を使う
  • 電車・地下鉄・バスの1駅分を歩いてみる
  • 姿勢を正しく少し早足にしてみるなど

3-3. 糖質の少ない青汁を選ぶこと

青汁ダイエットは毎日続けるものであるため、「糖質の少ない青汁」を選ぶことが大切です。大半の青汁には糖質は含まれていないため基本的には問題ありませんが、例えば、フルーツ青汁・青汁三昧・毎日1杯の青汁(伊藤園)は糖質が多いため注意して選ぶ必要があります。
フルーツ青汁 ダイエット たっぷりフルーツ(原材料)

引用:公式ページ「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」

4. ダイエットに最適な青汁選びの3つのポイント

青汁は様々な種類があるため、ダイエット効果が最も高い青汁がどれか分からないという問題がありますが、筆者はダイエット効果が最も高い青汁を選ぶ方法として、以下の3つのポイントを意識する必要があると考えます。

  • ポイント1:糖質の吸収を抑える効果のある「桑の葉」から選ぶこと
  • ポイント2:味や飲みやすさを重視して選ぶこと
  • ポイント3:正しい選び方を意識すること

本章では上記3つのポイントを順にわかりやすくご説明します。

4-1. 糖質の吸収を抑える効果のある「桑の葉」から選ぶこと

筆者は青汁を選ぶ際には原料ごとの特徴を理解した上で選ぶことが大切で、特にダイエット向けには糖質の吸収を抑制する作用のある「桑の葉」を使った青汁がベストであると考えています。

桑の葉特有の成分である「DNJ」は食後の血糖値上昇を抑える働きで広く知られていますが、ダイエットにおいても、仮に食生活を変えなくても体内に吸収される糖質の量を減らせる「桑の葉青汁」を使うのは健康的なダイエットへの第一歩と言えます。

桑の葉 効能 血糖値抑制データ

引用:Toyotama

4-2. 味や飲みやすさを重視して選ぶこと

青汁は味や飲みやすさを重視して選ばないと、最初の頃は我慢できても最終的に続けられなくなる可能性があります。「マズイもう一杯!」で有名な独特の苦味があるのは「ケール」で、近年主流の「大麦若葉・明日葉」であればかなり飲みやすくなります。原料以外にも独自製法でマイルドさを出している青汁もあります。

●粉末:料理やお菓子作りにも使えるので、野菜嫌いのお子様にも無理なく食べてもらうこともできます。

●青汁サプリ:青汁の味が気にならないため青汁の味が苦手な方にはおすすめです。持ち運びに便利でどこでも手軽に摂ることができます。

(注意点) 「フルーツ青汁」は新感覚の飲みやすい青汁としてSNSや美容雑誌で大人気ですが、フルーツ青汁に最も多く含まれている成分は “糖質” であるためご注意ください。飲みやすい反面、しっかり運動も並行して糖質をエネルギーとして消費しないと痩せる効果はあまり期待できません。

ちなみに、フルーツ青汁のダイエット効果については、「騙されるな!フルーツ青汁がダイエットに向かない4つの理由」の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

4-3. 正しい選び方を意識すること

青汁原料や味で対象商品を絞り込んだら、筆者はその商品の中でも正しい選び方を意識することで最もダイエット効果の高い青汁を選ぶことができると考えています。そのために意識すべき5つのことは以下の通りです。

  • 原材料表示
  • 味・飲みやすさ
  • コスパ
  • 口コミ
  • 安全性

それぞれ大事な点であるため、ここでは具体的にご説明します。

4-3-1. 原材料表示

ダイエット目的の場合、便秘解消や整腸作用を促す成分として「難消化性デキストリン・有胞子性乳酸菌・酵素」などの成分が含まれている青汁の方が良いと言えます。また、糖質や添加物など以下のような点を踏まえて原材料を確認しましょう

原材料表示に関するポイント

  • 原材料表示のルールとして、配合比率の高い順に記載されています
  • 先頭から3番目くらいまでの主原料や、青汁原料が何番目か
  • 食品添加物の種類など

ちなみに、後ほどご紹介するおすすめには問題ないことを確認しています。

4-3-2. 味・飲みやすさ

青汁ダイエットをストレスなく長く続けるには「味・飲みやすさ」は大切です。無料サンプルやお試しを使って味を試すことは重要ですが、その一方で1〜2週間程度のお試しでダイエット効果まで判断しないように意識しましょう。

味・飲みやすさに関するポイント

  • 青汁は毎日続けることが大切であるため、できるだけ無理せず続けられる味や飲みやすさも重要な要素です。

4-3-3. コスパ

長く続けるという点ではコスパも重要なポイントであり、一般的に青汁の目安は「1日100〜120円前後」とされています。

コスパに関するポイント

  • 高い効果を求める一方で、安心して続けられる予算の中から選ぶ姿勢も大切です。

4-3-4. 口コミ

ダイエット効果を求める場合、口コミは大事な要素です。本サイトでは独自アンケートによる口コミや徹底調査もしているため、このページさえ読めばあなたにとって最適なものを選ぶことができます。

後ほどご紹介する商品は多数のユーザーに効果が実感されており、口コミで特に問題も見つからなかったもののみです。

4-3-5. 安全性

毎日飲むものであるため、以下のような点を確認してできるだけ安全性の高いものを選びましょう。ちなみに、後ほどご紹介するおすすめは安全性に問題ないことを確認しています。

安全性に関するポイント

  • 原材料・産地・農薬使用の有無 (例:JAS認証・オーガニック認証など)
  • 残留農薬検査・放射能検査・産地証明書

5. 口コミからわかった青汁ダイエットのおすすめ2選

当サイトでは便秘に最も高い効果が実感されている青汁を調べるため、約350人の青汁ユーザーに独自アンケート調査を行いました。

青汁 ダイエット アンケート

半数以上の人にダイエット効果が実感されている商品” の中から、ダイエット効果を最優先した上で、味や飲みやすさ・コスパ・安全性で評価して総合点をだしました。つまり、このページさえ読めばダイエット効果に最も高い効果がある青汁を正しく選ぶことができます

その結果として、私が自信をもっておすすめできる最もダイエット効果の高いおすすめ青汁は以下の2点です。

粉末・・・『神仙桑抹茶ゴールド (お茶村)

サプリ・・『桑の葉ダイエット (太田胃散)

【粉末】

商品名 (メーカー) 総合 ダイエット 飲みやすさ コスパ 安全性
神仙桑抹茶ゴールド (お茶村) 4.8 5.0 4.8 4.7 4.7
ふるさと青汁 (マイケア) 4.5 4.5 4.3 4.4 4.2
ユーグレナ・ファームの緑汁 (ユーグレナ社) 4.3 4.5 4.2 4.1 4.3
極の青汁 (サントリー) 4.1 3.9 5.0 4.8 4.2
桑の葉青汁 (太田胃散) 3.7 3.8 3.5 3.3 3.5
やずやの養生青汁 (やずや) 3.6 3.6 3.4 3.5 3.7
美力青汁 (Mishii List) 3.5 3.5 3.3 3.4 3.4

【サプリ】

商品名 (メーカー) 総合 ダイエット 飲みやすさ コスパ 安全性
桑の葉ダイエット(太田胃散) 5.0 5.0 4.8 4.8 4.7
酵素青汁111選セサミンプラス 4.6 4.6 4.4 4.4 4.2
ステラの贅沢青汁 (ステラ漢方) 4.3 4.2 4.5 4.6 4.3
桑葉つぶ (桜江町桑茶生産組合) 3.9 4.4 3.9 3.8 4.0
リアルサプリ桑の葉エキス (セシール) 3.9 4.3 3.6 4.8 3.5
美感青汁 (Pure plus) 3.6 3.7 3.4 3.3 3.5

それでは順におすすめ理由をご説明します。

5-1. ダイエット効果No.1 (粉末)|神仙桑抹茶ゴールド (お茶村)

桑の葉 効能 神仙桑抹茶

引用:お茶村

ダイエットのおすすめNo.1は、糖質の吸収を抑える効果がある最高級の桑の葉を使用しており、飲みやすさとコスパとのバランスが最も良く続けやすい『神仙桑抹茶ゴールド』です。緑茶のような優しい甘みで、口コミで高いダイエット効果が実感されているのにかかわらず、「1日1包当たり97円 (定期)とコスパが非常に高いのが特長です。

口コミ・評判

M・Eさん(30代女性)
評価:★★★★★5 『親子2代で愛用』
この商品を愛用している母の勧めで私も始めたところ、2ヶ月目にはお腹まわりがすっきりしてきました美味しいので長く続けられそうです。

ちなみに、桑の葉は中国産ですが、日本式の農薬不使用栽培法や茶園管理技術が認められ中国政府から「農業環境模範茶園」の認定を受けるなど最高級品で、添加物も不使用で安心です。

購入の際は最安値で買える公式サイトの定期便をおすすめします→「http://www.ochamura.com/」

商品詳細

  • 3g, 60包 (1日1包目安)
  • 初回:税込6156円 (103円/包)
  • 定期:税込5848円 (97円/包) *解約条件:3回の受取必須
  • 楽天での評価 4.5 (5段階, 786件)
  • 原材料:桑葉、茶、シモン芋の葉

5-2. ダイエット効果No.1 (サプリ)|桑の葉ダイエット (太田胃散)

桑の葉 効能 太田胃散ダイエット

引用:太田胃散

ダイエットのおすすめサプリNo.1は、ダイエットに特化したサプリとして、糖質吸収を抑える桑の葉成分による糖質制限ダイエットに最適で、口コミで効果が最も実感されている『桑の葉ダイエット』です。これを使えば健康的に痩せられてリバウンドの心配もなく、「1日当たり90円(定期便)と良心的な値段で続けやすいのがおすすめポイントです。

口コミ・評判

M・Iさん(31歳)
評価:★★★★★5
極端な方法ではなく健康的に痩せる目的で、太田胃散の「桑の葉ダイエット」を始めてもう3年になります。2ヶ月目には体重が5kgも落ちて、その後も特に食事制限をしなくても徐々に減ったり体重をキープできています。

購入はAmazon・楽天よりも安く最安値で買える公式ページの定期便をおすすめします→「http://www.ohta13.jp/」

商品詳細

  • 180粒, 1日6粒目安 (1ヶ月分)
  • 通常:税込5400円 (1日6粒当たり180円)
  • 定期:税込2700円 (1日6粒当たり90円) *定期解約条件:3回の受取必須
  • 【web限定】キャンペーン:50粒×2袋で税後1620円
  • 原材料:桑の葉エキス末(桑の葉抽出物、デキストリン)、桑の葉粉末、D-ソルビトール、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、ゲル化剤(カルボキシメチルセルロースカルシウム)、ヒドロキシプロピルセルロース、グリセリン脂肪酸エステル (*特に問題のある添加物は使用されていません)

6. 効果を最大にするために意識すべき3つのこと

たとえダイエット効果が高い青汁であっても、ただ毎日飲んでいるだけではその効果を最大限に活かすことはできません。

様々な工夫をすることで効果を高めることができますが、その中でも筆者が特に重要と考える「ダイエット効果を最大にするために意識すべきこと」は以下の点です。

  • 効果的なタイミングで飲むこと
  • 運動や食事制限を心がけること
  • しっかりと水分補給すること

上記の点を意識することでダイエット効果を最大限引き出すことができます。

6-1. 効果的なタイミングで飲むこと

青汁を飲むのに決まったタイミングはありませんが、効果を最大にするために飲むべきタイミングは粉末とサプリの場合で異なるため注意しましょう。

6-1-1. 粉末:「食前15〜20分間」

粉末タイプは「食前15〜20分前」が最も効果的とされている理由は、主に以下の通りです。

  • 空腹時は体内での吸収効率が良いため
  • 中性脂肪・コレステロールなどの吸収抑制効果が期待できるため
  • 満腹中枢を刺激し食事の量を抑える効果が期待できるため

特に5章のおすすめでご紹介した「桑の葉青汁」の場合、食前に飲むことで桑の葉特有の成分「DNJ」を先に摂ることでより糖質の吸収を抑える効果が期待できます。

桑の葉 効能 飲むタイミング

引用:桜江町桑茶生産組合

6-1-2. サプリ:「食後」

サプリは他の食べ物が吸収されるタイミングで摂取した方が吸収効率が高いとされているため、「食後」に飲むことをおすすめします。

6-2. 運動や食事制限を心がけること

青汁は痩せやすい体づくりをサポートする効果はありますが、その効果を最大にするにはただ飲むだけでは不十分で、適度な運動や食事制限、十分な睡眠などとの組み合わせが重要です。

もし運動するまとまった時間をとれなければ、例えば以下のように日々の生活の中で有酸素運動の量を増やすのが効果的です。

  • エスカレーター・エレベーターではなく階段を使う
  • 電車・地下鉄・バスの1駅分を歩いてみる
  • 姿勢を正して少し早足にしてみるなど

6-3. しっかりと水分補給すること

青汁には豊富なビタミン・ミネラルが含まれるため、体内での吸収率を高めたり、代謝機能を高めることでも効果を高ることができます。

成人体内の60~65%を占める水が重要で、不足すると栄養素や代謝物の運搬、体温調節に支障が生じて、すぐに症状が現れます。

飲料水は1リットル前後と通常であればかなり多めですが、青汁であれば毎日一定量を補給でき、便秘解消を促す効果もあるためおすすめします。

摂取量 排出量
飲料水

食物中の水分

代謝水 (*)

800〜1300ml

1000ml

200ml

尿

皮膚・肺(呼吸)

便

1000〜1500ml

900ml

100ml

合計 2000〜2500ml 合計 2000〜2500ml

(*) 栄養素の燃焼により生じる水分

7. まとめ

いかがでしたか?

青汁ダイエットは飲むだけで短期的に痩せる効果はほぼ期待できません。青汁を選ぶ際には青汁原料の特徴や続けやすさ、糖質などを意識することでより効果の高い青汁を手に入れることができます。

最後にまとめとして重要なポイントを整理すると以下の通りです。

  • 青汁は健康的に痩せられる体づくりをサポートする効果が期待できます
  • 青汁のダイエット効果は毎日続けても「最低3ヶ月」とされています
  • 正しい選び方・効果的な使い方を意識すること

また、私が自信をもっておすすめできる「青汁ダイエットに最適なおすすめ青汁」は以下の2点です。

粉末・・・『神仙桑抹茶ゴールド (お茶村)

サプリ・・『桑の葉ダイエット (太田胃散)

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket