痩せるために世界一上手に青汁を活用するためのポイント集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fotolia_125905166_xs

青汁を使って本当に痩せるのか気になっていませんか?

青汁は健康的に痩せるのに効果的であり、実際に多くの人にその効果が実感されていますが、その本質的な効果を正しく理解しないとあなたの期待する効果はまったく得られないかもしれません

本サイトでは青汁の痩せる効果が実感されているのか調べるため、300人の青汁ダイエット経験者にアンケート調査を行いました。

本ページでは、そのアンケート結果を交えながら、青汁で健康的に痩せるポイントとおすすめNo.1青汁をご紹介します。

  1. 青汁で痩せたという声はたくさんある!
  2. 口コミからわかった青汁で健康的に痩せる5つの理由
  3. 健康的に痩せるためのおすすめNo.1青汁
  4. 効果を最大にするために意識すべき3つのこと

全て読めば、青汁の効果を正しく理解することができます。

1. 青汁で痩せたという声はたくさんある!

青汁は様々なダイエット法の中でも特に “健康的に痩せる効果” があるため、「無理な食事制限をせず健康的に痩せるダイエット法」として青汁ダイエットと呼ばれることもあります。

青汁は「栄養価の高い緑黄色野菜の搾り汁」を使った健康食品であるため、短期的な減量効果は期待できません。青汁の本質的な効果とは健康的に痩せやすい体を作ってくれることです

ちなみに、筆者は後ほどご紹介するおすすめNo.1青汁を置き換えダイエットと組合せることで6ヶ月で12.5kg減量に成功しました。

置き換えダイエット 結果

多くのモデルや有名人も青汁を愛用していることが知られています。

●SHIHOさん(モデル)→「ベジパワープラス

●杉本彩さん(女優)→「キューサイの青汁

●大倉士門さん(モデル)→「すっきりフルーツ青汁

●GENKING (芸能人)さん→「めっちゃたっぷりフルーツ青汁

さらに、ツイッターで調べてみるても、青汁ダイエットで痩せている人がたくさんいることがわかりました。例えば、以下の通り体重を落として足回りをすっきりさせた人もいました。

脚やせがんばってます!すっきりフルーツ青汁ダイエットもがんばってます٩(^‿^)۶まだまだ太いからがんばります♡目指せ美脚!青汁 痩せる 美脚

引用:Twitter

2. 口コミからわかった青汁で健康的に痩せる5つ理由

ここからは300の口コミからわかった「健康的に痩せるための5つの理由」をご説明します。

  • 青汁原料に特有のダイエット効果があるから
  • 体の中からスッキリさせる効果があるから
  • 無理な食事制限をしなくてよいから
  • 置き換えによるカロリーカットができるから
  • リバウンドしにくいから

上記のポイントについて順に見ていきましょう。

2-1. 青汁原料に特有のダイエット効果があるから

青汁の原料はケール・大麦若葉・明日葉などいくつかありますが、その中で特にダイエット効果が高いのは「明日葉」と「桑の葉」です。

2-1-1. 「明日葉」に特有のダイエット効果

口コミでは、明日葉を使った青汁は特にむくみ解消やボディラインをすっきりせせてくれると好評でした。

口コミ・評判

S・Iさん(21歳)
評価:★★★★★5 『むくみ解消』
立ち仕事なので足のむくみがひどかったのですが、明日葉を使ったふるさと青汁でみるみる良くなりました

明日葉に特有の「カルコン」は他の青汁原料にはない成分であり、以下の働きでむくみやセルライトを解消できるためダイエットに効果的です。

  • 血流やリンパの流れを促すこと
  • カリウムが体内の水分バランスを調整すること
  • 老廃物の排出を促して脂肪を落としやすくすること

セルライトはダイエットで特に落としにくいところであり、明日葉青汁を使えばカルコンが直接アプローチしてくれます。カルコンやむくみを解消すればすっきりとした体をつくることができます。

2-1-2. 「桑の葉」に特有のダイエット効果

口コミでは、複数の青汁を試した中で「桑の葉」が最も痩せられたという声で多くありました。

口コミ・評判

H・Eさん(23歳)
評価:★★★★★5 『ダイエット効果が高い』
ダイエット効果の高い青汁を探した結果、桑の葉にしたのですが、そのダイエット効果には満足しています!

桑の葉に特有の「DNJ」は他の青汁原料にはない成分で、糖分・中性脂肪・コレステロールの吸収を抑える働きやデトックス効果があるため、ダイエットに効果的です。

特に食前20分前〜食事中に青汁を飲むことで糖分などの吸収を抑える効果を高めることができます。

桑の葉 効能 飲むタイミング

引用:桜江町桑茶生産組合

青汁独特の苦味やクセが強いのはケールであるのに対して、明日葉や桑の葉はクセが少なく飲みやすい青汁です。

青汁は毎日続けることで効果が得やすくなるため、飲みやすいものを選ぶことは大切です。

2-2. 体の中からスッキリさせる効果があるから

口コミでは、便秘解消やぽっこりお腹がすっきりしたという声が多くありました。

口コミ・評判

S・Bさん(27歳)
評価:★★★★★5 『お腹まわりがすっきり』
お腹まわりの脂肪が悩みだったのですが、青汁を始めて2ヶ月目から徐々にすっきりしてきたような気がします。

青汁は食物繊維が豊富である他、特に明日葉や桑の葉に特有の成分にはデトックス効果があるため、体の中からスッキリさせて健康的に痩せる効果が期待できます。

便秘を解消すると、ぽっこりお腹の解消や、血液がサラサラになり新陳代謝が改善が見込めるためダイエットに効果的です。

2-3. 過度な食事制限をしなくてよいから

口コミをよく見ていくと、過去に過度な食事制限で失敗して青汁を使うようになった人が結構多いことがわかりました。

口コミ・評判

N・Kさん(29歳)
評価:★★★★☆4 『健康的に痩せる』
以前は厳しい食事制限の反動でリバウンドして体重が増えてしまったため、長期的に見れば青汁ダイエットの方が痩せやすいと思います。

過度食事制限は一時的な減量効果は高いですが、その分ストレスが大きくダイエットを続けるのが難しくなるケースもあるため、青汁ダイエットのように食事制限なしで健康的に痩せるのは効果的です。

無理な食事制限をするよりも、食前20分前〜食前に青汁を飲むことで中性脂肪やコレステロールの吸収を抑えるのが健康的に痩せるポイントです

また、青汁ダイエットは続けることで効果を実感しやすくなるため、まずは一般的な目安として「最低3ヶ月」を目指しましょう。

2-4. 置き換えによるカロリーカットができるから

口コミでダイエットに成功している人は、置き換えや運動を並行しているケースが多いことがわかりました。

口コミ・評判

B・Eさん(24歳)
評価:★★★★★5 『置き換えで減量成功』
私は置き換えで5kg痩せましたが、置き換えによるカロリーカットや運動をしないでただ飲むだけなら過度な期待はしない方がよいと思います。

置き換えダイエットに最も効果的なのは夕食の置き換えです。一般的に夕食後はリラックスしたり寝るだけなのでほとんどカロリーを消費しない一方で、3食の中で最もカロリー摂取量が多いためです。

例えば、夕食のオムライス(960kcal)を青汁1杯(10〜20kcal)に置き換えるだけで大幅なカロリーカットができます

ただし、青汁は腹持ちしないのが弱点なので、以下のような方法で空腹感によるストレスを和らげることが大切です。

  • 砂糖などを含まない純粋な炭酸水でわって飲む
  • どうしても我慢できない時はフルーツを食べる

2-5. リバウンドしにくいから

青汁は栄養豊富でリバウンドしにくいダイエット法とされていますが、実際の口コミでもそうした声が多くありました。

口コミ・評判

O・Sさん(24歳)
評価:★★★★☆4 『リバウンドを防ぐ効果』
リバウンドしにくいと友達がおすすめするので始めてみました。

苦労して痩せたのにダイエット期間終了後にリバウンドしてしまった経験がある人も多いと思いますが、食事制限をすると以下の理由からカロリー消費量が減り、通常の食事に戻すとリバウンドしやすくなります。

  • 栄養が偏ると、体は代謝を抑えて消費カロリーを抑えるため
  • 筋肉量が減ると、基礎代謝が落ちて消費カロリーが減るため

ですから、青汁の中でも野菜のビタミンやミネラルをバランス良く補えるものを選ぶことが大切です

3. 健康的に痩せるためのおすすめNo.1青汁

本章では、健康的に痩せるためのおすすめ青汁をご紹介します。ちなみに、筆者が青汁ダイエットに成功した青汁もまさにこの青汁です。

本サイト独自に行ったアンケート調査からわかった「半数以上の人が3ヶ月で-5kg以上のダイエット効果を実感している青汁」の中から、「ダイエット効果・栄養価・飲みやすさ・コスパ・安全性」で評価しました。

そのため、このページさえ読めば最もダイエット効果の高い青汁を正しく選べます

青汁 ダイエット ランキング

以上より、300の口コミからわかった筆者が自信を持っておすすめできる痩せる効果の高いおすすめNo.1青汁は『ふるさと青汁』です

商品名 総合 ダイエット 栄養価 飲みやすさ コスパ 安全性
ふるさと青汁 8.9 9.2 9.3 8.8 8.6 8.4
神仙桑抹茶ゴールド 8.3 8.7 8.6 9.1 8.5 7.5
桑の葉ダイエットサプリ(太田胃散) 8.3 9.1 7.6 8.9 8.7 7.8
ユーグレナファームの緑汁  7.6 8.3 9.1 6.9 7.2 7.5
桑の葉青汁(太田胃散) 7.2 7.4 6.9 6.7 7.6 7.2

ちなみに、青汁サプリをお探しの人におすすめは、ダイエットサプリNo.1の『桑の葉ダイエットです。

それでは筆者のおすすめNo.1青汁と青汁サプリのおすすめをそれぞれご紹介します。

3-1. おすすめNo.1|ふるさと青汁

明日葉 ふるさと青汁

引用:公式ページ「ふるさと青汁」

筆者が強くおすすめしたい理由は、ダイエット効果のある明日葉と桑の葉を使った青汁ベストセラーとして、口コミでその効果が実感されている『ふるさと青汁』です

口コミ・評判

F・Iさん(25歳)
評価:★★★★☆4 『3ヶ月で6kg減』
ふるさと青汁を始めた以外は生活は同じなのに、3ヶ月で6kgダイエットに成功! この結果には本人が一番驚いています(笑)

食物繊維や腸内の善玉菌の餌となるオリゴ糖を含むため高い整腸作用もあります。口コミでは「抹茶風味で飲みやすい味」や「1日当たり税後123円(定期)のコスパ」についても高評価でした。

定期コースには契約期間の縛りもないため、本気でダイエットしたいなら公式ページから賢く始めるのがおすすめです→「2週間分のサンプル付+全額返金保証

商品詳細 → 『ふるさと青汁

  • 3g, 30包入り(約1ヶ月分)
  • 単品:税込4,104円 (1日当たり137円)
  • 定期:税込3,694円 (同上123円)   *解約条件:受取回数の指定なし
  • 原材料:あしたば葉茎末、難消化性デキストリン(=食物繊維)、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末

3-2. おすすめの青汁サプリNo.1|桑の葉ダイエット(太田胃散)

桑の葉 効能 太田胃散ダイエット

引用:太田胃散

筆者がおすすめする青汁ダイエットサプリは、糖質の吸収を抑える特有の効果がある桑の葉を使ったダイエットに特化したサプリとして、口コミで効果が最も実感されている『桑の葉ダイエット』です。

糖質制限ダイエットに最適も最適である他、ダイエット向けに設計されているため健康的に痩せてリバウンドの心配がないことや「1日当たり90円」(定期便)と続けやすい値段が高評価でした。

口コミ・評判

M・Iさん(31歳)
評価:★★★★★5 『2ヶ月で5kg減量』
2ヶ月目には体重が5kgも落ちて、特に食事制限をしなくても徐々に減った感じです。

本気で痩せるなら、Amazon・楽天よりも安く最安値で買える公式ページの定期便をおすすめします→「http://www.ohta13.jp/」

商品詳細 → 『桑の葉ダイエット

  • 180粒, 1日6粒目安 (1ヶ月分)
  • 通常:税込5400円 (1日6粒当たり180円)
  • 定期:税込2700円 (1日6粒当たり90円) *解約条件:3回の受取必須
  • 【web限定】キャンペーン:50粒×2袋で税後1620円
  • 原材料:桑の葉エキス末(桑の葉抽出物、デキストリン)、桑の葉粉末、D-ソルビトール、ショ糖脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、ゲル化剤(カルボキシメチルセルロースカルシウム)、ヒドロキシプロピルセルロース、グリセリン脂肪酸エステル (*特に問題のある添加物は使用されていません)

4. 効果を最大にするために意識すべき3つのこと

たとえダイエット効果が高い青汁であっても、ただ毎日飲んでいるだけではその効果を最大限に活かすことはできません。

様々な工夫をすることで効果を高めることができますが、その中でも筆者が特に重要と考える「痩せる効果を最大にするために意識すべきこと」は以下の点です。

  • 効果的なタイミングで飲むこと
  • 運動や食事制限を心がけること
  • しっかりと水分補給すること

上記の点を意識することで痩せる効果を最大限引き出すことができます。

4-1. 効果的なタイミングで飲むこと

青汁を飲むのに決まったタイミングはありませんが、効果を最大にするために飲むべきタイミングは粉末とサプリの場合で異なるため注意しましょう。

4-1-1. 粉末:「食前15〜20分間」

粉末タイプは「食前15〜20分前」が最も効果的とされている理由は、主に以下の通りです。

  • 空腹時は体内での吸収効率が良いため
  • 中性脂肪・コレステロールなどの吸収抑制効果が期待できるため
  • 満腹中枢を刺激し食事の量を抑える効果が期待できるため

4-1-2. サプリ:「食後」

サプリは他の食べ物が吸収されるタイミングで摂取した方が吸収効率が高いとされているため、「食後」に飲むことをおすすめします。

4-2. 運動や食事制限を心がけること

青汁は痩せやすい体づくりをサポートする効果はありますが、その効果を最大にするにはただ飲むだけでは不十分で、適度な運動や食事制限、十分な睡眠などとの組み合わせが重要です。

もし運動するまとまった時間をとれなければ、例えば以下のように日々の生活の中で有酸素運動の量を増やすのが効果的です。

  • エスカレーター・エレベーターではなく階段を使う
  • 電車・地下鉄・バスの1駅分を歩いてみる
  • 姿勢を正して少し早足にしてみるなど

4-3. しっかりと水分補給すること

青汁には豊富なビタミン・ミネラルが含まれるため、体内での吸収率を高めたり、代謝機能を高めることでも効果を高ることができます。

成人体内の60~65%を占める水が重要で、不足すると栄養素や代謝物の運搬、体温調節に支障が生じて、すぐに症状が現れます。

飲料水は1リットル前後と通常であればかなり多めですが、青汁であれば毎日一定量を補給でき、便秘解消を促す効果もあるためおすすめします。

摂取量 排出量
飲料水

食物中の水分

代謝水 (*)

800〜1300ml

1000ml

200ml

尿

皮膚・肺(呼吸)

便

1000〜1500ml

900ml

100ml

合計 2000〜2500ml 合計 2000〜2500ml

(*) 栄養素の燃焼により生じる水分

5. まとめ

いかがでしたか?

最後にまとめとして大切なポイントを整理すると以下の通りです。

  • 青汁の本質的な効果は「健康的に痩せられる体づくり」であること
  • ダイエット効果の高い青汁を使うことが最も大切であること
  • 効果を最大化する使い方を意識すること

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket