口コミに騙されるな!青汁の真の効果と徹底比較からわかったおすすめ

「青汁って効果あるの?」「口コミを参考にして青汁を選びたい」など、青汁の口コミが気になっていませんか?

青汁の口コミは宣伝やライバルによる悪意あるものも多いため、口コミはあくまで参考程度に、話半分として聞いておくべきと私は考えています

このページでは、17年以上青汁を飲み続けている青汁マニアの私が、300以上の口コミからわかった効果から、あなたにぴったりの青汁を見つけるためのポイントやおすすめまで解説します。

  1. 青汁の口コミってどうなの?
  2. 信頼できそうな口コミからわかった4つのこと
  3. あなたにぴったりの青汁を見つけるための3つのポイント
  4. 本当に選ぶべき目的別のおすすめ青汁4選
  5. 青汁の効果を最大にするために意識すべきこと
  6. 青汁の効果に関してよくあるQ&A

すべて読めば、青汁の口コミに惑わされずに、あなたが本当に選ぶべき青汁がわかるでしょう。

1. 青汁の口コミってどうなの?

SNSなどで青汁を紹介している有名人は多いですが、本当に効果があるのかよくわからないと、実際に試した人の口コミが気になりますよね?

たしかに参考になる口コミもありますが、青汁の宣伝やライバルによる悪意ある口コミも多いため、あくまで話半分として参考にすべきと私は考えています

私自身ダイエットや肌荒れなどに悩んでいたこともあって、SNS、口コミサイト、ネットの掲示板など300以上の口コミを過去のコメントも遡って調べてまとめたのが、以下の図です。

上のように特に便秘解消が実感されていましたが、特に「痩せない」という口コミが多く、ダイエット効果は評価が分かれていました

この結果について私は、「あのモデルさんみたいに青汁で痩せたい・綺麗になりたい」などと思って始めたけれど、結局痩せなかった人が多いのではないかと考えています。

例えば、特にダイエットや美肌効果についてよくある口コミを、それぞれご紹介します。

よくある口コミ① 飲むだけで痩せた

SNSを中心に、以下のように「飲むだけで痩せた」という口コミがたくさんあります。

口コミ・評判

@mana_w0117さん(20代女性)
『フルーツ青汁を飲むだけで痩せた』
すっきりフルーツ青汁飲むと
デトックス効果あるし
わたしの場合、飲むだけで痩せた
だから続けようかな!
フルーツみたいに甘くて飲みやすい!
ダイエットは続けることが大事!引用:twitter

上の口コミのように妙に説明口調だったり、青汁のメリットを強調しているのをみると、私は、少し違和感を感じてしまいます。

他のアカウントでも、過去のツイートまで遡って調べると、青汁ばかりアピールしているものも多かったです。

青汁はあくまで野菜不足を補うものであり、飲むだけで痩せる効果はないため注意しましょう

よくある口コミ② 飲んで数日で肌荒れが治った

SNSなどでは「青汁を飲んだらすぐに肌荒れが治った!」という口コミもよく見かけます。

口コミ・評判

@kocchon918さん(20代女性)
『飲んで2日で肌荒れが良くなった』
ねぇ青汁すごいよ。飲んで2日目なのにもう肌荒れ治ってきてる
こちょの中で歴代栄養ドリンク最優秀賞捧げるわ
気分いいからもう仕事の支度しちゃお(*´罒`*)⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎ 引用:twitter

青汁はビタミンなども多いため、もちろん肌荒れへの効果は期待できるのですが、私の経験や青汁を飲んでいる友人の話からすると、どうも効果が現れるのが早すぎる気がしています

もしかしたら数日で実感できる人もいるのかもしれませんが、効果には個人差があるため、すぐに治ると期待しすぎないことをおすすめします

じゃあ青汁って飲んでも意味ないの?

ここまでの口コミのような「特効薬」のような働きはほとんど期待できないので、広告まがいの評判にはに惑わされないように注意しましょう

ただし、青汁に最も期待できる効果は「野菜不足の解消」、野菜不足の解消には役立ちます。

例えば、青汁1杯飲むだけで、以下のように栄養をしっかり補うことができます。

引用:サンスター 

青汁を飲んで野菜不足を解消すると、特に「便秘、ダイエット、美肌」への効果に繋がります

口コミの中には、明らかに青汁の効果を誤解しているにも関わらず、「全然効果がなかった」という人もいました。

青汁の正しい効果やよくある誤解について「青汁の4つの効果とあなたにぴったりのおすすめがわかる全ガイド」にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

2. 信頼できそうな口コミからわかった4つのこと

できるだけサクラではない口コミを見つけるために、私は過去のツイートなども遡って、特にその人の生活感が感じられて信頼できそうなアカウントを探すように努めました。

その結果、特に信頼できそうな120の口コミからわかった青汁の効果は、以下の4つにまとめることができました。

  • 野菜不足の解消
  • 便秘の解消
  • ダイエット効果
  • 美肌効果

それぞれ順にご紹介します。

2-1. 野菜不足の解消:青汁を飲むと、体の調子がいい

青汁を飲むと、疲れにくくなったり、すっきり起きられるようになったなど、野菜不足解消への効果が実感されていました。

例えば、以下のように、青汁を飲んでいる時は気づかなかったけど、飲むのを止めてから効果を実感したという人も多かったです。

口コミ・評判

@Coffee_JUMBOさん(コーヒーショップのマスター)
『青汁を止めて、効果を実感』
節約のため2ヶ月前に「青汁」解約 → 疲労が全く回復せず
新メニューのPOP作成手付かず → 疲労蓄積と青汁解約期間の一致に気付き、
購入再開 → カラダの調子が・・・イイんです(^^) 引用:twitter

青汁を飲んで様々なビタミンやミネラルを摂ることで、体の調子が良くなったと考えられます。

2-2. 便秘:続けることでお腹の調子がよくなる

便秘への効果は、数日で実感したという人も一部いましたが、1〜2ヶ月くらいで実感する人が大半でした。

口コミ・評判

@usayamatuさん(薬剤師・健康にまさる宝なし)
『一番実感したのは便秘解消』
青汁飲み続けてそろそろ3ヶ月になるけど、
一番実感した効果は便秘にならなくなったことだな。引用:twitter

青汁は食物繊維が多いため、上の口コミのようにきちんと続けることで、便秘への効果が実感されている印象でした。

2-3. ダイエット:食事制限や運動と組み合わせると痩せる

青汁で痩せたという人は、過去のツイートなども遡って調べると「適度な食事制限や運動などもきちんと行なっている」ということが見えてきました。

口コミ・評判

@torako_trainingさん(diet垢)
『フルーツ青汁を飲んで2ヶ月』
カロリー気にしたり、食べる量減らしたり、運動したりもしていますが…ダイエット始めて3ヶ月で約10kg痩せました
青汁のおかげかは何とも分かりませんが…引用:twitter

上の口コミのように 「青汁で痩せた」という人は、きちんと食事制限や運動もしていたため、実は青汁に頼らなくても痩せられたと言うことができます。

ただし、栄養不足はリバウンドの原因の1つなので、青汁はダイエット中の栄養サポートにとても効果的と言えます

さらに、「青汁の選び方」や「活用法」によってもダイエット効果は変わるため、詳しくは「口コミに騙されるな!青汁のダイエット効果の真実と世界一簡単な活用法」をぜひ参考にしてみてください。

2-4. 美肌効果:続けることで肌質が変わる

以下の口コミのように、肌荒れやニキビへの効果を実感している人の大半は、1〜3ヶ月くらいで実感してしました。

口コミ・評判

@otome_meemeeさん(20代女性)
『美肌のためにケール青汁』
ケール100%青汁を美白美肌のため健康美のためと思い3ヶ月くらい続けてる
薬じゃないので即効性がある訳じゃないけど、生理前の強烈な肌荒れ(痛いくらい)は確実に無くなった引用:twitter

肌のターンオーバーは約28日周期なので、青汁でビタミン・ミネラルを補給しても、肌が綺麗になるには一定期間かかることが多いのです。

さらに、上の口コミのように、「ケール 青汁」はビタミンC, Eなどが多いため、選び方にもこだわった人ほど、美肌効果を実感しているということも見えてきました。

2-5. 信頼できそうな口コミからわかったこと

以上の口コミをまとめると、青汁に期待できる効果としては、次のことが言えます。

青汁の効果主なポイント
野菜不足の解消体調が良くなっていても、青汁を飲んでる間は実感しにくい
便秘解消毎日きちんと続けることが大切
ダイエット痩せるためには、適度な食事制限や運動も行うことが大切
美肌
  • 毎日きちんと続けることが大切
  • 特に「ケール 青汁」が効果的

さらに、どの効果についても、青汁の選び方にこだわった人ほど、効果を実感している人が多い印象でした

3. あなたにぴったりの青汁を選ぶための3つのポイント

以上のように青汁には様々な効果が期待できるため、あなたの目的に合わせて選ぶことが大切です

数ある青汁の中から、あなたにぴったりの青汁を選ぶためには、以下3つのポイントが大切と私は考えています。

  • 求める効果に合った青汁原料を選ぶ
  • 飲みやすいものを意識する
  • ムリなく続けられる「値段」を意識する

それぞれ順にご説明します。

3-1. 求める効果に合った青汁原料を選ぶ

青汁の原料ごとに特徴的な効果があるため、求める効果に応じて選びましょう

例えば、青汁の3大原料と呼ばれる「ケール、明日葉、大麦若葉」についてまとめたのが、以下の表です。

※後ほど原料別に栄養を比較していますが、「参考:3大青汁原料の成分比較表」をクリックするとすぐにチェックできます。

上の表をもとに、効果別におすすめの原料をまとめると次の通りです。

  • 野菜不足の解消・・「ケール、明日葉」
  • 便秘の解消・・・・どれでも高い効果が期待できる
  • ダイエット・・・・「明日葉」
  • 美肌・・・・・・・「ケール 」
  • (参考) 飲みやすさ・・「大麦若葉」

特に野菜不足が気になる人は、ケールや明日葉など複数の原料を使っている青汁は栄養バランスが良いためおすすめします。

また、ダイエットや美肌効果の主なポイントをまとめたのが、以下の表です。

効果主なポイント
ダイエット効果
(明日葉)
「カルコン」にはむくみやセルライト解消への効果が期待できるから
美肌効果
(ケール )
ビタミンC, Eなど、高い抗酸化作用のある成分が特に多いから

3-2. 飲みやすいものを意識する

青汁は続けるほど効果を実感しやすくなるため、飲みやすさは大切です。

クセが少なく飲みやすい順に、「大麦若葉→明日葉→ケール」です。

また、最近は飲みやすい青汁が増えていますが、以下の2つのタイプに分けられます。

  • 煎茶や緑茶などを足して飲みやすくしたもの
  • 糖質を足して飲みやすくしたもの(=フルーツ青汁など)

糖質が多いと飲みやすいですが、いわゆる野菜の栄養が少なくなるため、煎茶など素材本来の味を活かしたものを私はおすすめしたいです。

3-3. ムリなく続けられる「値段」を意識する

青汁マニアの私として、青汁の値段をまとめると以下の通りです。

(1包あたり)安め標準高め
値段50〜80円80〜140円140円以上

例えば、私が知る限りでは「値段が高いこと」を理由として青汁を止める人は多いため、続けやすい値段は大切です。

後ほどご紹介する青汁は、残留農薬検査を行なっていたり、高い品質基準をクリアしたGMP工場で作られているなど、安全性に特に問題のないものだけを選んでいるため、安心して選んでいただくことができます。

参考:特に効果が期待できる青汁一覧

世の中には本当にたくさんの青汁がありますが、実は原材料ごとの”配合量”は各社公開していないため、青汁ごとの成分は比べられないのが現状です。

以下のように過去に100種以上の青汁を試してきた私は、代表的な青汁30種について、それぞれに一番多く含まれている原料を調べました。

その結果、以下は一例ですが、最も多い原材料が「青汁原料」であった16種を、「原材料、値段、飲みやすさ」で評価しました。

商品名
(販売者)
最も多い原材料値段
(1包/1箱あたり)
(税込)
飲みやすさ
1食分のケール青汁
(ファンケル)
ケール
87円
(2619円)
畑の青汁
(キューサイ)
ケール
97円
(2916円)
ケール青汁
(キューサイ)
ケール
111円
(3333円)
はちみつ青汁
(キューサイ)
ケール
117円
(3518円)
ふるさと青汁
(マイケア)
明日葉
123円
(3694円)
極の青汁
(サントリー)
大麦若葉
97円
(8748円/90包)(3499円/30包)
緑効青汁
(アサヒ緑健)
大麦若葉
105円
(9980円)
こだわり酵素青汁
(grateful)
大麦若葉
115円
(3456円)
ヘルスマネージキトサン
(大正製薬)
大麦若葉
123円
(3694円)
ユーグレナの緑汁
(ユーグレナ社)
大麦若葉
132円
(4082円)

※あくまでご参考までですが「青汁30種の比較表」を、このページの末尾にのせています。

なお、飲みやすさについては、私が実際に飲み比べた上で、私の青汁仲間へのヒアリングも重ねて評価したものです。

「最も多い原材料」ってどうやって見分けるの?

青汁の原材料によって期待できる効果が変わるため、最も多い原材料の見分け方を知っておくと便利です。

以下のように、原材料表示をチェックするだけですが、簡単で効果的な方法と言えます

4. 本当に選ぶべき目的別のおすすめ青汁4選

以上の選び方のポイントを踏まえて、ここでは目的別におすすめの青汁をご紹介します。

求める効果によって選ぶべき青汁を、青汁原料、飲みやすさ、値段の観点から、私の経験も活かして以下のようにまとめてみました。

  • 野菜不足の解消におすすめの青汁
  • 便秘解消におすすめの青汁
  • ダイエットにおすすめの青汁
  • 美肌におすすめの青汁

もしどれにするか迷う場合は、まずは野菜不足の解消におすすめの『ユーグレナの緑汁』から試してみることをおすすめします

それぞれ順にご説明します。

4-1. 野菜不足の解消におすすめの青汁

野菜不足の解消にはケールや明日葉を使っていて、複数の青汁原料や栄養の多い素材を足しているなど、特に栄養の多さを重視しました。

その結果、特に栄養バランスが優れている『ユーグレナの緑汁』を私はおすすめしたいです。

引用:「ユーグレナの緑汁」公式

『ユーグレナの緑汁』は、明日葉と大麦若葉に加えて、ユーグレナ(=ミドリムシ)も足しているため、特に栄養バランスが優れているのが特長です。

ユーグレナは59種もの栄養があり、テレビや雑誌でも特集されるほど注目されています。

特に、ユーグレナにだけ含まれる「パラミロン」は体の中をきれいにする効果があるため、食物繊維との相乗効果が期待できます。

ほとんどデメリットはありませんが、稀に味が苦手な人もいるため、まずは500円で試せる『お試しセット』で味見することをおすすめします。

「野菜不足の解消」が特に期待できるおすすめ:ユーグレナの緑汁

http://www.euglena-farm.jp/special

4-2. 便秘の解消におすすめの青汁

どの青汁を選んでも、便秘解消への効果が期待できるため、飲みやすくて続けやすい青汁を選ぶことをおすすめします

飲みやすさで言えば、サントリーの『極の青汁』の一択と私は考えています。

引用:サントリー

私は100種以上の青汁を飲み比べてきましたが、『極の青汁』は圧倒的に飲みやすいためおすすめします

サントリーが飲みやすさにこだわり抜いた青汁で、煎茶や抹茶を加えて上品なお茶のような味わいです。

私だけでなく、定期購入者の満足度は97%なので期待外れに終わる心配はほとんどないと考えています。

さらに、1包97円〜と青汁全体でみても手頃な値段なので、続けやすさを重視する人に特におすすめです。

「便秘解消」が特に期待できるおすすめ:極の青汁

https://www.suntory-kenko.com/aojiru

4-3. ダイエットにおすすめの青汁

ダイエット効果を求める人は、「明日葉」を重視して選ぶことが大切です。

引用:ふるさと青汁

青汁30種の中で、明日葉を最も多く含むのは『ふるさと青汁』だけなので、ダイエット効果を重視する人にはこの一択と私は考えています。

栄養の多い八丈島産の明日葉にこだわっており、特にカルコンによるむくみやセルライト解消への効果が期待できます。

さらに、1日1包123円と手頃な値段で、味も特に気にならない程度と私は感じています。

もし試してみて味が合わなくても全額保証付きなので安心です。

「ダイエット効果」が特に期待できるおすすめ:ふるさと青汁

https://www.mycare.co.jp/special

4-4. 美肌におすすめの青汁

美容効果を求める人は、「ケール青汁」の中から選ぶのがおすすめですが、濃厚な味で続けられない人が多いため、私はケール100%青汁はおすすめしません。

私は、ケール青汁の中でも、特に飲みやすさと値段のバランスが重要と考えています。

ケール青汁の中で、ファンケル 1食分のケール青汁特に効果・値段・飲みやすさの総合的なバランスが良いのが特長です。

ケールの栄養をしっかり摂ることができ、美肌に欠かせないミネラル成分の吸収率を高める工夫がされています。

ケールはクセのある味なので、まずは『お試しセット』で味見することをおすすめします20日分で780円と良心的です。

私が調べた限りでは、お試しの後に続けなくてもしつこい電話営業などはないため、安心して試すことができます。

「美肌効果」が特に期待できるおすすめ:1食分のケール青汁

http://www.fancl.co.jp/campaign

5. 青汁の効果を最大にするために意識すべきこと

青汁の効果を最大限に引き出すためには、その飲み方も意識することが大切です。

青汁マニアとしての経験から、特に意識すべきは以下の3つと考えています。

  • 毎日続けること
  • 効果的なタイミングで飲むこと
  • 飽きないために飲み方を工夫する

それぞれ順にご説明します。

5-1. 毎日続けること

青汁の効果はすぐに現れるわけではなく、体に変化が現れるには一定期間がかかるため、毎日きちんと続けることが大切です

また、体に溜めておけない栄養もあるため、一度にたくさん摂るよりも、毎日摂ることが大切です

効果が現れるまでには個人差がありますが、一般的に「1〜3ヶ月」が目安とされています。

5-2. 効果的なタイミングで飲むこと

青汁を飲むのに決まったタイミングはありませんが、私は「朝一、食前、間食」で飲むことをおすすめします

「朝一」:吸収されやすい

寝ている間に汗をかいて、朝一は水分が吸収されやすいタイミングなので、青汁も朝一で飲むと吸収されやすいとされています。

「食前20〜30分前」:太りにくくなる

食物繊維は糖質や脂質を吸収しにくくする働きがあるため、食前20〜30分前に青汁を飲むだけで、太りにくくなる効果が期待できます。

「間食」:カロリーをおさえて栄養補給できる

例えば、ダイエット期間中だけでも、間食の代わりに青汁をカロリーを減らして、太りにくくする効果が期待できます。

5-3. 飽きないために飲み方を工夫する

青汁は粉末を、水や牛乳でわるのが一般的ですが、正直毎日だと飽きる人もいるため飲み方を工夫することをおすすめします

ここではこれまで私が試して、特に飲みやすかったもの、気に入っているものをご紹介します。

青汁+豆乳

豆乳はビタミンE、B1、葉酸、鉄分など栄養豊富で、牛乳より低カロリーなので、豆乳でわるとダイエット中におすすめです。

美容効果を高めたい人は「きなこ・ゴマ」をプラスするのもおすすめです。

青汁+野菜ジュース

もし青汁が少し飲みにくいと感じる人は、100%野菜ジュースを混ぜて徐々に青汁の味に慣れるのもよいでしょう。

ただし、糖質の多い野菜ジュースだと糖質を毎日飲むと、糖質の摂りすぎに繋がるため注意しましょう。

ちなみに、ニンジンのジュースは青汁の酵素やビタミンを損なう可能性があるとされているので念のため避けましょう。

青汁+フルーツジュース

青汁独特の風味を抑えたい人は、フルーツジュースとわることをおすすめします

飲みやすくなる以外にも、フルーツジュースに含まれるビタミンや酵素を同時に摂るメリットがあります。

青汁+緑茶

ある意味で当然と思われるかもしれませんが、緑茶でわるとかなり飲みやすくなります。

緑茶は、ウーロン茶や紅茶とは違って、抗酸化作用のあるビタミンCなどが多いため、美肌への効果も期待できます。

ホット青汁

体が冷えると、代謝が落ちてカロリーが消費されにくくなるため、青汁をホットで飲むとダイエットに効果的です。

上の口コミのように、青汁をホットにすると、よりまろやかになって飲みやすくなるメリットもあります。

ただし、ビタミンCなど熱に弱い栄養も一部あるため、熱湯ではなく、少し冷ましたお湯などで割ることをおすすめします。

なお、ホット青汁のレシピはこちら→クックパッドの「ホット青汁」のレシピ一覧

青汁サイダー

ダイエット中の空腹を紛らわせるのに効果的な炭酸水を、青汁に活用することもできます

引用:キューサイ

例えば、もし炭酸水が苦手な人でも、市販のレモンサイダーなどを使えば爽やかな風味でグッと飲みやすくなります。

もしレシピが気になる人はこちら→青汁レモンサイダーのレシピ

参考:青汁の風味を和らげるためのコツ

以下の2点の方法でも、青汁の風味を和らげることができます。

甘みを加える:ハチミツ、メープルシロップ、黒糖など

甘味を加えると、マイルドな味にすることができます。ハチミツ、メープルシロップ、黒糖は、砂糖より低カロリーで、栄養が多いためおすすめです。

青臭さを和らげる:柑橘系の絞り汁を加える

柑橘系の絞り汁を少し加えるだけでも、青汁の青臭さを和らげて飲みやすくなります。

6. 青汁に関してよくあるQ&A

もともと私は食生活が乱れていて体調を崩すことも多かったため、青汁の効果を色々調べたり、実際に試して青汁に詳しくなりました。

時々、親しい友人から相談を受けることもありますが、多くの人が気になることはある程度共通しているため、よく受けた質問をQ&A形式でまとめました。

それでは順にご説明します。

Q1. 他にも青汁に期待できる効果は?

「野菜不足や便秘の解消、ダイエット、美容」の他に、青汁に期待できる効果をまとめたのが、以下の表です。

期待できる効果主なポイント成分
免疫力アップ風邪などにかかりにくくなるビタミン・ミネラル
お腹の調子を整える体調がよくなる食物繊維など
生活習慣病の対策

(高血圧、動脈硬化などの予防)

血液がサラサラになるポリフェノール
目の健康を守る目の疲れを和らげるルテイン
ストレスを和らげる気持ちが落ち着くメラトニン

青汁を飲むだけで、上のように様々な効果が期待できます。

参考:食生活も見直すとより効果を実感しやすくなります。

せっかく青汁を飲んでも、食生活が乱れていると、期待する効果の半分も得られないおそれがあります。

食生活も見直すと、特に肌荒れ、乾燥肌、髪質の改善、生活習慣病への効果がより期待できます。

Q2. 青汁原料にはどんな栄養が含まれていますか?

「ケール、明日葉、大麦若葉」の栄養を比べて、どの栄養がどの原料に多く含まれているかをまとめたのが、以下の表です。

 栄養主なポイント
ケールビタミンC抗酸化作用
カルシウム骨や歯を強化
マグネシウムカルシウムの吸収に必要
ビタミンB群脂肪燃焼をサポート
葉酸血を作る働き
明日葉ビタミンA抗酸化作用・美肌
ビタミンB群脂肪燃焼をサポート
ビタミンE抗酸化作用
カリウムむくみ解消
食物繊維便秘の解消
大麦若葉貧血の予防

以上から、特に栄養が多いのはケール・明日葉であることがわかります。

一方、大麦若葉に多いのは鉄分しかありませんが、大麦若葉の最大の強みは「飲みやすさ」なので、他の青汁原料も加えるケースがほとんどなので栄養面で心配する必要はありません。

ちなみに、「粉末にする際に加熱処理すると栄養が損なわれから、非加熱処理やスプレードライ法の青汁がいい」という人もいますが、熱に弱いビタミンCなどもすべて損なわれるわけではないため、そこまで気にしなくてよいと私は考えています。

参考:3大青汁原料の成分比較表

ケール、明日葉、大麦若葉に含まれる栄養を、ビタミン・ミネラル・食物繊維の順にまとめたのが、以下の表です。

<ビタミン>
(単位)ケール明日葉大麦若葉
A

(μg)

290053002538
B1

(mg)

0.10.10.1
B2

(mg)

0.20.20.1
B6

(mg)

0.20.20.1
B12

(μg)

0.00.00.1
C

(mg)

81417
E

(mg)

2.42.61.2
葉酸

(μg)

12010040
<ミネラル>
(単位)ケール明日葉大麦若葉
カルシウム

(mg)

2206529
マグネシウム

(mg)

442616
カリウム

(mg)

420540320

(mg)

0.81.04.2
<食物繊維>
(単位)ケール明日葉大麦若葉
食物繊維

(g)

3.75.64.1

上表の数値は日本食品標準成分表(2015年版)の「可食部・生・100g当たり」の数値です。なお、大麦若葉はデータがないため「山本漢方製薬の栄養成分表」を参考に算出しました。

Q3. 青汁を使ったダイエットのおすすめは?

青汁を使って手っ取り早くすぐに痩せたい人には、「置き換えダイエット」をおすすめします

置き換えダイエットとは、1食を青汁に置き換えてカロリーを大きく減らす方法です。

簡単で体重もすぐに落ちる人が多いですが、栄養不足になると、リバウンドしやすくなるため、青汁での栄養補給が大切になります。

ただし、置き換えダイエットは、青汁の選び方ややり方によって効果が変わります

青汁を取り入れて痩せるための秘訣を「青汁を使った世界一簡単なダイエット|青汁の真の効果と正しい活用法」にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Q4. 粉末以外にはどんな青汁がありますか?

青汁は粉末が一般的ですが、その他に「青汁サプリ、青汁ゼリー、冷凍青汁」もあるため順に説明します。

青汁サプリ:手軽さを重視したい人におすすめ

青汁サプリとは、青汁原料をメインとしたサプリのことで、粉末を水に溶かして飲むより手軽に摂れるのが人気です。

特に、忙しい人や外出先でサッと飲みたい人などにおすすめです。

例えば、以下のように、小さな粒タイプが多いため、カプセルを飲むのが苦手な人で飲みやすいと言えます

ちなみに、ステラの贅沢青汁は、青汁サプリの中でも特に原料や無添加にこだわり抜いているため、青汁サプリでならこの一択と私は考えています。

もし青汁サプリが気になる人は「400の口コミでわかった青汁サプリの特徴と目的別おすすめ」をぜひ参考にしてみてください。

青汁ゼリー:美味しさを重視したい人におすすめ

青汁ゼリーは、おやつ感覚で栄養をしっかり摂れる新タイプの青汁です。

私もすべて試しましたが、いずれも黒糖やフルーツ味などとても美味しくて食べやすく、青汁感はほとんどありませんでした。

例えば、以下のような個装タイプがほとんどなので、野菜嫌いのお子様にもおやつとして食べさせる人も多いです。

引用:「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」公式

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ』は栄養や味などのバランスが優れているのが特長です。

持ち歩きにも便利なので、栄養が足りないと思った時にさっと補うことができます。

もし青汁ゼリーが気になる人は「青汁ゼリーを使うときの5つの注意点と目的別おすすめ4選」をぜひチェックしてみてください。

冷凍青汁:青汁本来の風味を味わいたい人におすすめ

冷凍青汁は、搾りたての野菜の栄養を閉じ込めた濃い風味が特長です。

多くの有名人も美容のために取り入れています。例えば、女優の橋本マナミさんやモデルの中田絵里奈さんなどは『本搾り青汁 プレミアム冷凍』を愛用しています。

引用:橋本マナミオフィシャルブログより

飲み方は自然解凍や水に浸けて解凍するだけで、粉末青汁と比べて、しっかりした風味を楽しむことができます。

Q5. 青汁は野菜嫌いの子供にも使えますか?

青汁はお子様でも安心して飲むことができます。特に安心な青汁を選ぶためには、以下を意識しましょう。

  • 青汁は6歳頃からが目安
  • 子供に不足しがちな栄養素を補えること
  • 添加物ができるだけ少ないものを選ぶこと
  • 子供でも飲みやすい青汁を選ぶこと

逆に、特に子供が避けるべき青汁もあるため、正しい選び方とおすすめを「野菜嫌いの子供に青汁を使うメリットと唯一のおすすめ青汁」にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Q6. 授乳中に飲んでも大丈夫ですか?

基本的に、青汁は妊娠中・授乳中に飲んでも問題ないとされています。

ただし、避けること推奨しているものも一部あることから、念のため事前に医師に相談することをおすすめします。

Q7. おすすめしない青汁はありますか?

青汁は栄養補給のために飲むものなので、例えば、栄養の少ないものや砂糖の多い青汁はおすすめしません。

例えば、以下の通り、フルーツ青汁は最も多い成分は”糖質”で、成分の約9割は「糖質+食物繊維」なので、いわゆる野菜の栄養が少ないため私はおすすめしません。

さらに、極端な例ですが、ドラッグストアで安く買える「毎日1杯の青汁」は最も多い原材料が”砂糖”なので注意しましょう。

Q8. 青汁を避けるべき人は?

青汁は年齢や性別に関わらず飲むことができますが、特に以下のような人は避けることをおすすめします。

  • 妊婦さん
  • 薬を服用中の人・治療中の人
  • アレルギーのある人

もし公式ページに「妊婦さんも大丈夫」と書かれていても、妊娠中はデリケートな時期なので、念のため産婦人科で相談することをおすすめします。

7. まとめ

ここまで青汁の口コミや効果から、正しい選び方やおすすめまでご説明してきましたが、いかがでしたか?

青汁の口コミは当てにならないものが多いため、効果の期待できる原料と続けやすさを重視して選ぶことをおすすめします

このページを参考にして理想の体を手に入れましょう!

最後にまとめると以下の通りです。

  • 青汁に最も期待できる効果は「野菜不足の解消」
  • 野菜不足の解消には「ケール ・明日葉」がおすすめ
  • ダイエットには明日葉、美肌効果にはケースがおすすめ

また、このページでご紹介したおすすめの青汁は以下の通りです。

以下をクリックすると、詳細をすぐに公式ページでチェックできます。

商品名
(販売者)
最も多い原材料税込
(1包/1箱あたり)
(内容量)
飲みやすさ
1食分のケール青汁
(ファンケル)

<詳細ページ>

ケール

87円

(2619円)

(30包)

お試し(20日分780円)

遠藤青汁
(遠藤青汁普及会)<詳細ページ>

ケール

97円(6gあたり)

(3240円)

(200g)

畑の青汁
(キューサイ)<詳細ページ>

ケール

97円

(2916円)

(30包)

ケール青汁
(キューサイ)<詳細ページ>

ケール

111円

(3333円)

(30包)

はちみつ青汁
(キューサイ)<詳細ページ>

ケール

117円

(3518円)

(30包)

お試し価格

ふるさと青汁
(マイケア)

明日葉

123円

(3694円)

(30包)

返金保証

えがおの青汁満菜
(えがお)<詳細ページ>

大麦若葉

90円

(2786円)

(31包)

飲みごたえ野菜青汁
(エバーライフ)

大麦若葉

92円

(5530円)

(60包)

お試し(10日分1080円)

やずやの養生青汁
(やずや)

大麦若葉

92円

(5783円)

(31包)

極の青汁
(サントリー)<詳細ページ>

大麦若葉

97円

(8748円/90包)

(3499円/30包)

青汁サラダプラス
(新日本製薬)

大麦若葉

104円

(3230円)

(31包)

緑効青汁
(アサヒ緑健)<詳細ページ>

大麦若葉

105円

(9980円)

(90包)

こだわり酵素青汁
(grateful)<詳細ページ>

大麦若葉

115円

(3456円)

(30包)

乳酸菌が入った青汁
(世田谷自然食品)<詳細ページ>

大麦若葉

118円

(3553円)

(30包)

お試し価格

ヘルスマネージキトサン
(大正製薬)<詳細ページ>

大麦若葉

123円

(3694円)

(30包)

お試し価格

ユーグレナの緑汁
(ユーグレナ社)<詳細ページ>

大麦若葉

132円

(4082円)

(31包)

お試し(7日分500円)

神仙桑抹茶ゴールド
(お茶村)

桑葉

97円

(5848円)

(60包)

ハッピーマジック青汁
(ビケンコ)

桑葉末

143円

(4298円)

(30包)

桑の葉青汁
(太田胃酸)
 

桑の葉

144円

(2160円)

(20包)

健康道場
(サンスター)<詳細ページ>

ブロッコリー

146円

(4374円)

(30包)

モリンガの青汁in乳酸菌
(ハーブスガーデン)

モリンガ

193円

(3860円)

(20包)

ケール+食物繊維
(DHC)<詳細ページ>

食物繊維

96円

(2873円)

(30包)

ヘルスマネージ難消化性デキストリン
(大正製薬)<詳細ページ>

食物繊維

123円(3694円)

(30包)

やわたのおいしい青汁
(やわた)

食物繊維

130円

(3894円)

(30包)

青汁三昧
(三昧生活)<詳細ページ>

還元麦芽糖水飴

50円

(3000円)

(60包)

フレッシュフルーツ青汁
(INK)

オリゴ糖

107円

(3218円)

(30包)

すっきりフルーツ青汁
(FABIUS)<詳細ページ>

還元麦芽糖水飴

125円

(2758円)

(30包)

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
(シエル)<詳細ページ>

還元麦芽糖水飴

143円

(4298円)

(30包)

めっちゃぜいたくフルーツ青汁
(pacrel)

還元麦芽糖水飴

143円

(4298円)

(30包)

毎日1杯の青汁
(伊藤園)<詳細ページ>
×

砂糖

76円

(1523円/小売希望価格)

(20包)

※「3-1. 求める効果に合った青汁原料を選ぶ」に戻るには、こちらをクリックしてください。