青汁の美肌効果の真実と効果を最大まで引き出す全ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
fotolia_76879286_xs

青汁が健康に良いのはわかるけど、青汁に美肌効果もあるのか気になっていませんか?

青汁は野菜不足を補う効果的な手段として、年齢・性別にかかわらず人気の健康食品ですが、実は、美肌をつくるための “美肌成分” がたくさん含まれています。

さらに青汁は粉末やサプリなので無理せず続けられるメリットがあるにもかかわらず、もしあなたが健康効果だけと思って使わずにいるのであれば、もしかしたら損をしているかもしれません

本ページでは、青汁の6つの美肌成分や選び方や口コミで最も美肌効果が実感されているおすすめ商品をご紹介します。

  1. あなたの美肌づくりに役立つ青汁に含まれる6つの美肌成分
  2. 絶対に失敗しない美肌目的の青汁選びの3つのポイント
  3. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|粉末1選
  4. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|サプリ1選
  5. 美肌効果を最大にするために意識すべき4つのこと

すべて読めば、最も美肌効果が期待できる青汁を理解して「失敗しない青汁選び」ができるでしょう。

ちなみに、おすすめの商品を知りたい方は「3. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|粉末1選」と「4. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|サプリ1選」に美肌効果にが特に実感されているおすすめの青汁をまとめましたので参考にしてみてください。

1. 青汁に含まれる6つの美肌成分

青汁は栄養豊富で野菜不足を補う手段として広く知られていますが、実は、たくさんの美肌成分が含まれており高い美肌効果が期待できます。例えば、「シミ・そばかす対策」「肌の老化を防いで若々しさを保つ」などが挙げられます。

青汁に期待できる様々な美肌効果に関して、本章では青汁に含まれる6つの美肌成分をご説明します。

1-1. ビタミンE

別名「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEには強い抗酸化作用があり、老化の原因である活性酸素を除去する働きがあるため肌を若々しく保つ効果が期待できます。

1-2. ビタミンC

ビタミンCは強い抗酸化作用ががあり、活性酸素の除去やシミ対策にも効果的であるため様々な美容ドリンクやサプリメントで広く活用されています。

さらにコラーゲンの生成に不可欠な成分であり、肌を美しく保つのに効果的です。

1-3. ビタミンB群

ビタミンB群と総称される以下の8栄養素は相互に助け合いながら体内の様々な機能を調整する働きがあるため、バランスよく摂取することが大切です。

特に美肌効果に栄養するののはビタミンB1とナイアシンですが、ビタミンB群は水溶性ビタミンで体内に蓄積できず余った分は尿と一緒に排泄されるため、”毎日摂取”すること重要です。

(参考) ビタミンB群に含まれる栄養:ビタミンB1, B2, B6, B12, ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン (計8種類 )

1-4. ビタミンA (β-カロテン)

野菜に含まれるβ-カロテンは体内でビタミンAに変換されて、肌や粘膜を守る働きがあるため美肌に効果的とされています。肌の乾燥を防ぐ保湿性に加えて、強い抗酸化作用がある点でも肌を若々しく保つのに役立ちます。

1-5. 食物繊維

食物繊維は体内の老廃物や有毒物質を排出するのを促す働きがあり、体内がきれいになると肌荒れやニキビ解消が期待できます。

青汁は食物繊維な食品を乾燥させて栄養価を凝縮しているため、通常の野菜を食べるよりもはるかに効率良く食物繊維を摂取することができます。

1-6. 青汁原料に含まれる各種抗酸化成分

明日葉・ケール・大麦若葉にはそれぞれ抗酸化作用のある特徴的な成分が下表の通り含まれており、SOD酵素などは加齢と共に体内での生成量が減るため食品から摂取することは大きな意味があります。

明日葉 ケール 大麦若葉
有効成分 カルコン ルテイン SOD酵素

2. 絶対に失敗しない美肌目的の青汁選びの3つのポイント

絶対に失敗しない美肌目的の青汁選びの3つのポイントは以下の通りです。

  • ポイント1:美肌に特化した青汁を選ぶのが特に効果的であること
  • ポイント2:青汁原料としては「明日葉」を中心に選ぶこと
  • ポイント3:糖質の少ない青汁を選ぶこと

それでは順にご説明します。

2-1. 美肌に特化した青汁を選ぶのが特に効果的であること

青汁には様々な種類がありますが、美肌目的で選ぶなら通常の青汁の効果に加えて、美肌成分が配合されている「美肌に特化した青汁」を選ぶことが効果的です。

例えば、有名な美肌成分とその特徴は下表の通りです。

特徴
コラーゲン ・美肌成分として最も有名。表皮の下にある真皮の約7割を占め、肌に弾力を与える働きがあります。

・加齢と共に体内生成量が減少するため、食品からの摂取が大切です。

コエンザイムQ10 ・肌の老化予防に効果的。

・加齢と共に体内での生成量が減少するため、積極的に摂取すべき成分です。

ヒアルロン酸 1gで6リットルの水分吸着力と言われる「うるおい成分」
プラセンタ アミノ酸たっぷりの美の宝庫として注目成分です
セラミド 様々なお肌のトラブルから守ってくれる美肌成分です

2-2.青汁原料としては「明日葉」を中心に選ぶこと

本ページでは青汁に含まれる6つの美肌成分の紹介にとどまらず、3大青汁原料とされる明日葉・ケール・大麦若葉の栄養成分を実際に比べてみました。

その結果、上記6つの美肌成分を豊富に含むのは「明日葉」であるため、青汁原料としては明日葉を中心に選ぶのが効果的と言えます。

  主な効果 明日葉 ケール 大麦若葉 単位
A 抗酸化作用・美肌・視覚 5300 2900 2538 μg
B1 エネルギーや糖質の代謝、神経機能 0.1 0.1 0.1 mg
B2 糖質や脂質の代謝、皮膚や粘膜 0.2 0.2 0.1 mg
B6 タンパク質の代謝 0.2 0.2 0.1 mg
B12 葉酸の代謝 0.0 0.0 0.1 μg
C 抗酸化作用、コラーゲンの生成、鉄の吸収促進 41 81 7 mg
E 抗酸化作用 2.6 2.4 1.2 mg
ナイアシン 糖質や脂質の代謝 1.4 0.9 0.4 mg
食物繊維 便秘解消・血液をサラサラに 5.6 3.7 4.1 g

(*) 上表の数値は日本食品標準成分表(2015年版)から「可食部・生・100g当たりの含有量」です。ただし、大麦若葉はデータがないため「山本漢方製薬の栄養成分表」を参考に算出しました。

ちなみに、大麦若葉は栄養面では見劣りしますが、青汁独特の風味が最も少なく飲みやすいため、味を整えるために配合されるケースが多いです。

2-3. 糖質の少ない青汁を選ぶこと

「糖質制限」はダイエット目的だけでなく、たるみやシワの原因になる糖化を防ぐこと効果が期待できるため美肌目的でも注目されています。

通常、糖質制限を行うと便秘になりやすくなるのですが、青汁には豊富な食物繊維が含まれるため便秘の心配もありません。

一方で、青汁独特の苦味を和らげる目的で糖質を加えている青汁が意外と多くあります。毎日飲むと糖質を摂りすぎる可能性があるため、きちんと原材料を確認して糖質を多く含む青汁を避けるのが鉄則です。

ちなみに、原材料表示は配合比率が高い順に記載されているため「上位3成分」や「青汁原料が何番目」にあるか確認しましょう。例えば、糖質の多い青汁は以下の通りです。

● 毎日1杯の青汁(伊藤園)

大麦若葉 伊藤園 成分表示

引用:伊藤園

● めっちゃたっぷりフルーツ青汁 青汁 美肌効果 たっぷりフルーツ青汁(成分表))

引用:Biesty

3. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|粉末1選

このページを書くにあたって本当に美肌効果を実感できる青汁を調べるため、本サイト独自に「最も美肌効果が実感されている青汁」について200人にアンケート調査を行いました。

青汁 美肌 アンケート

その中で”半数以上のユーザーが美肌効果を実感している青汁”から、美肌効果を最優先した上で「安全性」「飲みやすさ」「コスパ」で評価して総合点を判定しています。

その結果として、粉末タイプの中で自信をもっておすすめできる美肌効果の高い青汁は『美力青汁』です

商品名 (メーカー) 総合 美肌効果 安全性 飲みやすさ コスパ
美力青汁 (Mishii List) 4.8 4.9 4.7 4.8 4.6
桑の葉美人青汁 (ナチュラルサイエンス) 4.5 4.6 4.4 4.5 4.4
桑抹茶コラーゲン (お茶村) 4.3 4.5 4.5 4.2 4.1
ふるさと青汁 (マイケア) 3.9 3.8 3.6 3.7 3.8
極の青汁 (サントリー・ウェルネス) 3.7 3.6 3.9  4.6 4.1

それではご紹介します。

最も美肌効果が実感されていた粉末青汁|美力青汁

青汁 美肌 美力青汁

引用:高橋ミカ公式ミッシーリスト

口コミで最も美肌効果が実感されていたのは、ビタミンC+4種類の”美”成分でハリツヤを取り戻せると評判の『美力青汁』でした。フィッシュコラーゲン、セラミド、ヒラルロン酸、ローヤルゼリーの女性に優しい成分がたっぷり含まれているのが評価されていました。

「美力青汁は」はエステティシャンとしてゴッドハンドの異名をもる高橋ミカさん考案の”美肌に特化した青汁”であり、高い効果はもちろんのこと、残留農薬測定検査や放射能検査を実施しているのも評価ポイントでした。

口コミ・評判

Y・Oさん(28歳)
評価:★★★★★5
口コミで美力青汁の美肌効果がすごいと聞いて始めました。2ヶ月目には肌にハリがでてきたのが嬉しかったです。

本物の美容効果を求めるのであれば偽物の心配のない公式ページ「http://www.mishii-list.com/」から購入するのをおすすめします。

商品詳細

  • 5g, 30包
  • 通常:税込6480円 (1日1包当たり216円)
  • 定期:税込5657円 (1日1包当たり189円) *定期解約条件:3回の受取必須
  • お試し(7包):税込1697円
  • 原材料:大麦若葉粉末(九州産)、難消化性デキストリン、ブドウ糖、オリゴ糖、 デキストリン、フィッシュコラーゲン、ビタミンC、抹茶粉末、ローズフレーバー、セラミド、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸

4. 200の口コミでわかった美肌効果におすすめ青汁|サプリ1選

このページを書くにあたって本当に美肌効果を実感できる青汁を調べるため、本サイト独自に「最も美肌効果が実感されている青汁」について200人にアンケート調査を行いました。

青汁 美肌 アンケート

その中で”半数以上のユーザーが美肌効果を実感している青汁”から、美肌効果を最優先した上で「安全性」「飲みやすさ」「コスパ」で評価して総合点を判定しています。

その結果として、自信をもっておすすめできる美肌効果の高い青汁サプリは『美感青汁』です

商品名 (メーカー) 総合 美肌効果 安全性 飲みやすさ コスパ
美感青汁 (Pure plus) 4.9 5.0 4.8 4.9 4.9
酵素青汁111選セサミンプラス (ステラ) 4.4 4.3 4.4 4.3 4.5
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ (Kowa) 4.3 4.4 4.3 4.5 4.3
体内美人青汁粒 (スカイフード) 3.9 3.9 3.8 4.0 3.8

それではご紹介する。

最も美肌効果が実感されていた青汁サプリ|美感青汁

青汁 美容 美感青汁

引用:Pure plus

200の口コミで最も高い美肌効果が実感されていてた青汁サプリは、「5大美肌成分」と「マンゴー味の美味しいゼリータイプ」と評判の『美感青汁』でした。

口コミ・評判

R・Yさん(31歳)
評価:★★★★★5
「美感青汁」を始めてから肌がびっくりするくらい滑らかになりました!洗顔している時の肌触りが今までとはまったく違います!

上記2-1.でご紹介した5つの美肌成分「コラーゲン」「コエンザイムQ10」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」「セラミド」や美肌成分が豊富な明日葉を配合されており、さらに美容成分を含む青汁サプリの中でコスパが高く評価されていました。

本物の美容効果を求めるのであれば偽物の心配のない公式ページ「http://www.bikan-aojiru.jp/」から購入するのをおすすめします。

商品詳細

  • 10g, 30包 (1包当たり3kcal)
  • 通常:税込3700円 (1日1包当たり123円)
  • 定期:税込2800円 (1日1包当たり93円)  *定期解約条件:3回の受取必須
  • キャンペーン価格:定期便の初回税込2100円
  • 原材料:クマザサ抽出液、明日葉抽出液、キクイモ抽出液、大麦若葉抽出液、ガゴメ昆布抽出液、コラーゲンペプチド、ビタミンC、コエンザイムQ10、プラセンタエキス末、抹茶、ヒアルロン酸、サイクロデキストリン、こんにゃく芋粉抽出物、糊料、香料、クチナシ色素、ベニバナ色素、甘味料、乳化剤  (*健康上特に問題のある成分は含まれておりません)

5. 美肌効果を最大にするために意識すべき4つのこと

200の口コミから美肌効果が最も実感されているおすすめに続いて、本章ではその美肌効果を最大にするために意識すべき4つのことをご説明します。

  • 美肌づくりに効果的な「青汁を飲むタイミング」を意識すること
  • 美肌づくりのためには毎日続けること
  • 美肌づくりのための水分補給を意識すること
  • 美肌づくりに効果的なスキンケアの基本を意識すること

それぞれ順にご説明します

5-1. 美肌づくりに効果的な「青汁を飲むタイミング」を意識すること

美肌づくりに効果的な「青汁を飲むタイミング」を意識することで、青汁に含まれる美容成分の効果を高めることができます。青汁の美容効果を最大にするための飲むタイミングは「朝起きた時」または「食事の15〜20分前」です。

タイミング 主なポイント
朝起きた時 睡眠中に水分が失われ、体内で水分が吸収されやすい状態であるため
食事の15〜20分前 ・空腹時は体内での吸収効率が高いため

・食前に青汁を飲み食物繊維を摂取することで、糖質の吸収を抑える働きが期待できるため。

・ただし、あまりに早いと効果がなくなるため「食前15〜20分前」がベストです

5-2. 美肌づくりのための水分補給を意識すること

美肌づくりのための水分補給を実践することで体内での吸収率を高めたり、代謝機能を高めることで、青汁に含まれる美容成分の効果を最大にすることができます。

純粋な水は体内で吸収されやすく、血液やリンパを通じて全身を巡り、肌の細胞や表皮を改善する働きが期待できます。一方で、下表の通り1日当たり2〜3リットルの水分が体外に排出されるため、毎日「1リットル前後」の飲料水を飲むのが理想で、その際に気をつけるべきポイントは以下の通りです。

  • コップ1杯を1日に6〜8回に分けて飲むこと
  • 胃への負担が少ない常温で飲むこと
  • 水道水よりもできればミネラルウォーターを飲むこと
摂取量 排出量
飲料水

食物中の水分

代謝水 (*)

800〜1300ml

1000ml

200ml

尿

皮膚・肺(呼吸)

便

1000〜1500ml

900ml

100ml

合計 2000〜2500ml 合計 2000〜2500ml

(*) 栄養素の燃焼により生じる水分

(補足) 体内の水分が不足すると摂取した栄養素が体中にスムーズに行き渡らずすぐに症状が現れるため、青汁を使って”水分補給する習慣”をつくるのは効果的です。

5-3. 美肌づくりに効果的なスキンケアの基本を意識すること

青汁で内面からキレイにする一方で、外面から美肌づくりに効果的なスキンケアの基本を意識することで青汁の美肌効果を高めることができます。

美肌づくりに欠かせない効果的なスキンケアの基本として、「肌荒れや乾燥の原因と対応法」は以下の通りです。

  • 原因1:加齢により皮脂の分泌量や水分量の減少によるもの
  • 原因2:オイルクレンジング・油性ジェルなどの影響によるもの
  • 原因3:洗顔方法の間違いによるもの

それぞれ順にご説明します。

5-3-1. 原因1:加齢により皮脂の分泌量や水分量の減少によるもの

肌荒れの原因の1つは、加齢により皮脂の分泌量や水分が減り乾燥しやすくなるためであり、以下の点に気をつけましょう。

  • 肌にしみる化粧水を無理に使わない
  • 肌にしみないクリームを使いましょう
  • クリームもしみるなら、スクワランなど肌への刺激がほとんどなく、エモリエント効果に優れているものがおすすめです
  • 紫外線予防には日焼け止めクリームは使わず、パウダーファンデーションにしましょう

参考:美肌カレッジ

5-3-2. 原因2:オイルクレンジング・油性ジェルなどの影響によるもの

肌荒れの別の原因として、オイルクレンジング・ショートタイプ(ふき取り)クレンジング・油性ジェルは「強いメイクを落とす」ために使うものであり、落ちがよいからと普段のメイク落としに毎日使うと、乾燥肌になって肌が荒れてしまいます。

クレンジング料はクリームタイプ・乳液タイプ・水性ジェルタイプのものを使うようにしましょう。

5-3-3. 原因3:洗顔方法の間違いによるもの

洗顔方法の間違いも肌荒れの原因となるため、正しい洗顔方法を心がけましょう。主なポイントは以下の通りです。

洗顔の間違い 主なポイント
お湯の温度が高い 洗顔のお湯の温度は30〜34℃ (水に近いぬるま湯)で洗いましょう
指でこすりすぎている Tゾーン (額・鼻・アゴ)は指でこすっても大丈夫ですが、乾燥しやすい目元・口のまわり・ほほは洗顔料をよく泡立てて指が肌に直接触れるのではなく「泡で転がすように」洗いましょう
洗顔時間が長すぎる 肌荒れがひどい場合は洗う時間を15秒、すすぎは20秒くらいと短時間で洗いましょう

6. まとめ

いかがでしたか?

美肌効果の高い青汁を正しく選ぶことで、身体の内側からキレイになり健康的な美肌効果が期待できることや、美肌効果を高めるための「飲むタイミング」や「水分補給」などをご理解いただけたことと思います。

最後にまとめとして、重要なポイントを整理すると以下の通りです。

  • 青汁には6つの美肌成分があり、美肌作りに効果的であること
  • 美肌目的で青汁を選ぶ際は美容成分を配合したものが効果的であること
  • 青汁の美肌効果を最大にするには意識すべき本とを心がけること

また、私が自信をもっておすすめできる200の口コミからわかったおすすめ青汁は以下の通りです。

● 粉末・・・・『美力青汁

● サプリ・・・『美感青汁

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket