脇の黒ずみにおすすめな市販商品と効果が薄いNG商品まとめ 

脇の黒ずみを市販で買えるもので脇の黒ずみを簡単にどうにかできたらラクちんですよね。

脇の黒ずみを改善するための対策として、市販で買える商品は良いものもあればおすすめできないものもあります。

そのため、脇の黒ずみに対して何を解決できるものなのか、商品の特性を理解し、効果が高いものを選ぶことをおすすめします。

あなたが、脇の黒ずみを少しでも早くでキレイにするために、下記の流れで必要な情報をお伝えしていきます。

  1. 脇の黒ずみの3つの原因に合わせた対策が必要
  2. 古い角質、皮脂汚れを解消できる市販商品
  3. メラニン色素沈着が原因の脇の黒ずみにおすすめの市販のクリーム
  4. 埋没毛やムダ毛が原因の黒ずみを急に何とかする必要があるときにおすすめの市販の除毛クリーム
  5. 脇の黒ずみには効果が薄くおすすめできない市販の商品
  6. 脇の黒ずみを解消するために必要な3つの対策

元、美容エステティシャンとして10年間女性のお肌と向き合いながら、私自身も体の黒ずみに悩みました。あらゆる方法を試し黒ずみを解消してきた経験から、女性のお肌の悩みを解消するお役に立てればと思っています。

このページを読んでいただければ、効果がない市販の商品がわかるので、脇の黒ずみ対策で失敗する確率をグッと下げることができるでしょう。

1. 脇の黒ずみの3つの原因に合わせた対策が必要

「手軽に買えるもので何とか簡単に脇の黒ずみを解消できないかな?」と考えていませんか?脇の黒ずみに悩む女性が多いだけあって、そう簡単に治るわけではありません。

脇の黒ずみの原因は主に3つあり、その原因に合わせた対策施し、1つずつ解消していかなければ黒ずみを解消することはできません。

脇の黒ずみの原因に合わせた対策をするためにも、まずは原因を理解しましょう。

主に脇の黒ずみの原因は主に3つのタイプがあります。

  • メラニン色素沈着
  • 皮脂や古い角質の汚れ
  • 埋没毛

1-1. 皮脂・古い角質の汚れ

皮脂や角栓、汚れなどが原因で脇の黒ずみになっていることがあります。

毛穴に皮脂が詰まると、空気に触れて酸化した皮脂は黒っぽい角栓となったり、皮膚は常に新しく生まれ変わり続けていますが、生活習慣の乱れや、加齢などによって、古くなった角質が剥がれずに皮膚表面に居座ることにあります。

また、脇は、皮脂も汗も分泌しやすい部分で、皮膚も薄く、シワになりやすい部分でもあり、皮脂や汚れがたまりやすくなっています。

ピーリングなどによって、古い角質や汚れを除去することで黒ずみを薄くすることができます。

1-2. メラニン色素沈着

脇の黒ずみの原因の1つはメラニン色素という黒っぽい色をした色素にあります。

メラニン色素は外部の刺激から体を守るために作られる色素で、普段から衣類と脇の摩擦や、脇のケアなどの際に刺激が加わることによって、メラニン色素が作られてしましまいます。

メラニン色素は皮膚の奥底で作られているので、表面だけ念入りに洗ったり、ピーリングなどで古い角質を除去しても黒ずみの解消ができません。

脇はとてもデリケートな部分なので普段から刺激を与えないように注意が必要で、黒ずみを消すためにはメラニン色素を作られないようにするか、美白効果のあるクリームなどでメラニン色素の合成を抑える必要があります。

1-3. 埋没毛やムダ毛

埋没毛やムダ毛が黒ずんで見えているケースがあります。

毛抜きなどでムダ毛を処理していると、途中でちぎれてしまうことがありますが、ちぎれた毛が変な方向へ成長し皮膚の中に伸びてしまうことがあります。

あるいは、カミソリなどで毛穴付近が傷つくことで、かさぶたができ、そのまま毛穴が塞がってしまうことで毛が皮膚の外に出ることができず、皮膚の中に埋まったままになってしまうこともあります。

このような埋没毛やムダ毛が原因でポツポツとした毛が黒ずんで見えている場合があります。

なるべくムダ毛が生えてこないように脱毛処理を行うことが脇の黒ずみを解消する最も近道です。

市販の商品でも対策できるものとできないものがありますので、次の章で原因別に紹介していきます。

他のサイトでは、用途が違うクリームや商品が混ざっていて、とてもわかりにくいので、原因に合った対策ができるように紹介していきます。

2. 古い角質、皮脂汚れを解消できる市販商品

古い角質や皮脂よごれを解消するための対策はいくつもありますが、おすすめの方法とそうでない方法がありますので、紹介していきます。

古い角質や皮脂汚れを解消する方法は4つです。

  • ピーリング
  • 石鹸
  • スクラブ
  • ケミカルピーリング (美容クリニック)

この方法の中ではピーリングと石鹸がおすすめです。

重曹

出典:Amazon

重曹はどこでも安く手に入り、最も手軽に対策ができるのが重曹です。重曹を使って、ペースト状のパックを作り、ピーリング効果やスクラブの効果を得ることができます。

ネットで買えるものは容量が多かったり、掃除用のものが多いので注意してください。上記の写真の重曹は食用で、比較的安く699円で購入できます。

詳しい作り方や方法については「 重曹 」の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

白ワキ姫

出典:Amazon

白ワキ姫』は薬局などでも買える市販のピーリング剤です。フルーツ系の成分が入ったピーリング剤で、「塗ってこするだけでボロボロと剥がれて気持ちい」ということで人気を集めています。

Amazonなどでも1,350円ほどで購入でき、口コミの評価も非常に高いので一度試してみても良いかもしれませんね

刺激にならないように、こすりすぎには注意してくださいね。

ロゼットゴマージュ

出典:Amazon

 『ロゼットゴマージュ』はネットや薬局などでも買えるピーリングジェルです。フルーツ系の酸などの成分が入っており、ピーリングの効果で皮脂や油汚れ、古い角質を剥がしてキレイにしてくれます。

400円前後でお手軽に購入できます。

ワキレホワイト

出典:Amazon

ワキレホワイト』などのワキ用の黒ずみ商品もいくつかあり、1000円で程度で購入できますが、効果は主にクレンジングであり、皮脂などの汚れに対するものなので、脇の黒ずみには効き目はありません。

皮膚の薄さは場所によって大きく違いがあり、なるべく部位に特化したもので対策をする方が敏感なお肌にも刺激を与えなくて済みます。

3. メラニン色素沈着が原因の脇の黒ずみにおすすめの市販のクリーム

メラニン色素の沈着が原因の黒ずみには、メラニン色素が合成を抑制することができるクリームで対策をしましょう。

だいたいの黒ずみ対策をうたっているクリームには厚生労働省が効果を認めた美白有効成分が入っています。

しかし、成分によって効果の強さや浸透力に違いがあり、下記の表の中でもなるべく期待できる効果が高いものを選ぶことをおすすめします。

成分  作用 期待できる効果の高さ
リン酸Lアスコルビル・ビタミンC誘導体 メラニン色素合成抑制・還元作用・浸透力弱い 1
★☆☆
アルブチン メラニン色素合成抑制 2
★★☆
トラキネム酸 プラスミン抑制によりメラニン色素の合成抑制 3
★★★

残念ながら、薬局などで売っている美白クリームにはメラニン色素に対して効果がある成分を含んだクリームはほとんど見つけることができませんでした。

また、薬局などで売っている商品は安く販売するために、皮膚に刺激になるような添加物が入っているため、あまりおあすすめできません。

これから紹介するクリームはネットでしか買えない商品で、それなりの値段はしますが、安全で美白効果が高い成分が入っているのでおすすめです。

ホスピピュア

出典:http://www.co-medical.jp/item/hospipure/

ホスピピュア』は湘南美容外科がプロデュースし天然成分にこだわり、敏感肌の人にも使える無添加美白クリームです。美白成分としてトラネキム酸を配合しており、メラニン色素の合成を抑制する効果が期待できるので、黒ずみの根本原因に対処することができます。

あらゆるネットショップでランキングで1位を獲得し、2016年のモンドセレクション金賞、医療関係者が使ってもっともよかったケア商品部門1位など、美白クリームとして今一番人気となっています。

もし気に入らなかったり何かあった場合でも、90日間の全額返金保証が付いているので安心です。

容量 30g/1ヶ月分
定価 ¥9,000
定期コース ¥5,500

公式ページを見ると、乳首の黒ずみ対策として大きく打ち出していますが、脇やビキニラインなど、全身に使えるクリームです。部分毎に打ち出しているクリームも見かけますが、あまり関係なく、メラニン色素沈着を解消するならホスピピュアがおすすめです。

ホスピピュア公式ページ

http://www.co-medical.jp/item/hospipure/

2回目の購入が3500円も安くなるなどお得なキャンペーンも実施されているので、こちらのページからが最も安く購入できます。

VL WHITE(ヴィエルホワイト)

出典:http://www.sept-inc.jp/lp/vlw-a2/

ヴィエルホワイト』は、女性誌でも多数紹介され、芸能人やモデルの方々の間でもとても話題の商品です。

美白成分としてはトラネキサム酸、保湿成分としてヒアルロン酸やエクトイニンを配合しています。

塗り込んでいくと指に吸い付くような使用感で、この吸い付き感を得られるのはヴィエルホワイトだけです。そして期待感が高まるのが93.7%という驚きのリピート率です。

黒ずみケア用品はクリームタイプなのに対してヴィエルホワイトは珍しいリキッド型で、サラサラした使用感が好きな人におすすめです。

容量 30ml/1ヶ月分
定価 ¥9,960
定期コース 初回¥4,390 (2回目以降¥4,770)

デリケートゾーンや対策として大きく打ち出していますが、脇やビキニラインなど、全身に使える商品です。部分毎に打ち出しているクリームも見かけますが、あまり関係なく、メラニン色素沈着を解消するならホスピピュアがおすすめです。

ヴィエルホワイト公式ページ

http://www.sept-inc.jp/lp/vlw-a2/

定期購入をすると51%も割引され毎月5000円以下で使えるお得なキャンペーンも実施されているので、こちらのページからが最も安く購入できます。

4. 埋没毛やムダ毛が原因の黒ずみをにおすすめの市販の除毛クリーム

埋没毛やムダ毛が原因の黒ずみ対策をするなら、毛抜きやカミソリなどでの処理を辞め、脱毛サロンや美容クリニックなどで光脱毛やレーザー脱毛によって、半永久的に毛が生えてこないように処理をすることをおすすめします。

しかし、時間やお金がかかるので、どうしても急なお誘いなどで脇の黒ずみを解消する必要が出た時は、市販の除毛クリームで応急処置をすると良いでしょう。

除毛クリームを使えばムダ毛や埋没毛を溶かし黒ずみを解消してくれます。

緊急時には仕方ないですが、皮膚の刺激となって、メラニン色素沈着などで黒ずみを悪化させる恐れがあるため、ちゃんと脱毛処理をしましょうね。

ヴィート

出典:Amazon

ヴィート』は脱毛クリームとして人気、売上No1の脱毛クリームです。amazonや薬局などでも1000円程度で購入できます。

お風呂場でシャワーを流しながらでも除毛ができ、忙しい人にも時間を節約しながらできる嬉しい商品です。

クリームを塗って5分ほど放置してあとは付いてるスポンジで洗い流すだけです。敏感肌の人にも使えるためおすすめです。

5. 脇の黒ずみには効果が薄くおすすめできない市販の商品

薬局などでも売っている市販のクリームで、黒ずみに対応していると表現されているものや、通販で買える脇の黒ずみ対策商品でおすすめランキング1位とされているようなクリームの中には、実は全くおすすめできない商品も存在します。

例えば下記の6つです。

  • ニベア
  • ケシミン
  • アットベリー
  • ピューレパール
  • パイナップル豆乳ローション
  • なめらか本舗 豆乳イソフラボン

これらの商品は脇の黒ずみにはおすすめできません。その理由や、それぞれの商品の特徴について解説します。

ニベア

出典:Amazon

ニベア』は黒ずみ対策の商品として紹介されているのを見かけることがありますが、脇の黒ずみ対策にはおすすめできません。メラニン色素の合成を抑制する作用もなければ、ピーリングなどで汚れを落とせるわけでもありません。

商品説明を読んでみても、あくまでも保湿や肌の健康を目的にしていることがわかります。

商品説明

素肌のうるおいを守り、肌を健康に保ちます。乾いた空気・冷たい外気・汚れなどの刺激から肌を保護し、荒れを防ぎます。スクワラン・ホホバオイル配合。しっとりとした肌に導きます。

乾燥などは刺激になり、メラニン色素の沈着に影響は与えますが、保湿での予防効果も微々たるものです。そのため、使うにしても、あくまでも保湿や美容を目的にしましょう。

ケシミン

出典:Amazon

ケシミン」は、顔のシミ用の製品で、1000円程度で購入できます。黒ずみの原因であるメラニン色素の合成を抑える作用を持った「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」という成分が含まれていますが、作用が弱いです。

1000円前後で購入できるので、リーズナブルですが、ネット上でもシミに対して効果がないという声がほとんどでした。

アットベリー・ピューレパール

薬用アットベリー』や『ピューレパール』は脇の黒ずみ対策用品として、様々なサイトや雑誌などでも紹介されている商品ですが、黒ずみ対策として使うことはおすすめできません。

美容や保湿に良い成分や炎症を抑える成分は豊富に配合されていますが、厚生労働省に美白効果を認められている成分が入っていないため、メラニン色素の合成を抑制することができません。

そのほか、ピーリング効果や、抑毛効果があるわけでもないので、いくら脇用として売られていても、黒ずみは改善でいないでしょう。

パイナップル豆乳ローション・なめらか本舗 豆乳イソフラボン

出典:Amazon

出典:Amazon

パイナップル豆乳ローション』や『なめらか本舗 豆乳イソフラボン』は抑毛効果やメラニン色素沈着に効果が期待できるとして、おすすめされていることがありますが、脇の黒ずみには非常に効果が薄いのでおすすめできません。

豆乳ローションにはイソフラボンという成分が含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるとされ、抑毛効果があると考えられています。しかし、その効果は女性ホルモンよりも何十倍も何百倍も少ないもので、皮膚の外からはほとんど吸収できません。

さらに、そもそも抑毛効果については効果が証明されているわけではないことから、豆乳ローションを黒ずみ対策にはおすすめできません。

美容効果や保湿効果は期待できるので、使う場合はあくまでも美容目的に使用しましょう。

6. 脇の黒ずみを治すために必要な3つの対策

これまでご紹介してきた市販の商品は、効果が期待できないものも多いので注意しましょう。

脇の黒ずみ対策はいくつもありますが、1日でもはやく黒ずみを解消するために、下記の3つの対策の中から効果の高いものから試していくことをおすすめします。

  • メラニン色素沈着が原因の黒ずみに対策する
  • 埋没毛・ムダ毛が原因の黒ずみに対策する
  • 古い角質・皮脂汚れが原因の黒ずみに対策する

① メラニン色素沈着が原因の黒ずみに対策する

メラニン色素の沈着が原因の場合が最も厄介で、改善に時間がかかります。そのため、まずはメラニン色素沈着に対しての対策を地道にしていきましょう。

下記の表にある対策が、メラニン色素に効果があると世の中で言われている方法です。

対策 おすすめ度  効果  刺激  費用
美白クリーム 3
★★★
×〜◯
ニベアクーム  1
★☆☆
×
薬局で買える市販のクリーム   1
★☆☆
× ×
豆乳ローション   1
★☆☆
×
バイオイル   1
★☆☆
×

この中で、最も効果が高くおすすめなのが美白クリームでの対策です。

美白クリームには、厚生労働省が美白の効果を認めているトラネキサム酸という成分が配合されており、メラニン色素の合成を抑制し、黒ずみの原因に対して直接改善していくことが可能です。

しかし、それ以外の方法については、保湿などがメインの目的で、メラニン色素に対しての効果は期待できないのでおすすめできません。

もし、それでもだめだった場合は美容皮膚科に行ってみてはいかがでしょうか。こちらの記事「脇の黒ずみ解消までを完全ガイド!皮膚科でできる4つの治療法」で詳しく解説しています。

②埋没毛やムダ毛が原因の黒ずみに対策する

ムダ毛の処理をカミソリや毛抜きなどでおこなっている方も多いと思いますが、自分で処理してしまうと、皮膚に傷をつけ、刺激となり、メラニン色素沈着の原因や、埋没毛のポツポツした黒ずみになってしまいます。

そのため、なるべく脱毛サロンや美容皮膚科などで、半永久的な脱毛処理をすることをおすすめします。

美容皮膚科などで脱毛処理する方法やおすすめの効果については、こちら「最速で脇の黒ずみを解消するために選ぶべき脱毛法を完全ガイド」の記事を参考にしてみてください。

③ 古い角質・皮脂汚れが原因の黒ずみに対策する

皮脂や古い角質などの汚れが原因の場合、下記の方法で対策をすることが可能です。

それぞれの方法についておすすめと特徴を表にまとめました。

対策  おすすめ度  効果  刺激 費用 
ピーリング 重曹 3
★★★
クエン酸 2
★★☆
石鹸  1
★☆☆
×〜△
スクラブ  1
★☆☆
×

重曹は費用安く、簡単に誰でもできる方法なので、おすすめの方法です。

出典:Amazon

ネットで買えるものは容量が多かったり、掃除用のものが多いので注意してください。上記の写真の重曹は食用で、比較的安く600円前後で購入できます。

古い角質や汚れが原因の黒ずみは、これらの方法を使えば1回でも効果が現れます。もし、効果が出なければ、他の原因があなたの黒ずみの原因なので、メラニン色素沈着や、埋没毛・ムダ毛の対策に力を入れましょう

重曹の詳しい情報が知りたい人はこちらの記事「プロ直伝!脇の黒ずみに効く重曹の5つの効果と4つの注意点」を参考にしてみてください。

参考:急に脇の黒ずみを隠したいときに役立つ方法

海やレジャーに誘われ「行きたい!でもワキ処理してないし・・・」と急に、脇を隠さなければならない時ってありませんか?

完璧に隠せるわけではありませんが、応急処置としてできることがいくつかあります。

もし、急なお誘いなどで、脇を隠す方法を知りたい場合はこちらの記事「女の秘策!脇の黒ずみを隠すのに最適なファンデーションの選び方」でファンデーションで隠してしまう方法を紹介しています。

7. まとめ

脇の黒ずみを解消に役に立つ市販の商品や、おすすめできない市販の商品ついて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

市販の商品にはおすすめできるものもあれば、おすすめできないものもあるので注意が必要です。クリームで対策をするなら「ホスピピュア」がおすすめです。

脇の黒ずみをキレイにするためには、1つの対策だけをおこなっていては解決しない可能性がありますので、このページを参考に脇の黒ずみの原因に対して1つずつ対策をしていきましょう。

あなたの脇の悩みが軽くなることを心から祈っています。