野菜嫌いの子供に青汁を使うメリットと唯一のおすすめ青汁

青汁で野菜嫌いのお子様の野菜不足が解消できないか、気になっていませんか?

青汁は栄養豊富で、野菜嫌いのお子様の野菜不足も手軽に解消できます。ただし、”青汁独特の苦味や青臭さ” が苦手な子供も多いため、特に子供向けの選び方を意識しないとまったく飲んでもらえないかもしれません

本サイト独自に、青汁を子供に使っている女性100人にユーザーアンケート調査を行いました。

本ページでは、そのアンケート結果を交えながら、子供に青汁を飲ませるメリットや子供向けおすすめ青汁No.1をご紹介します。

  1. 口コミからわかる青汁を子供に使う4つのメリット
  2. 子供向けに青汁を選ぶ際に意識すべき5つのこと
  3. 子供に人気の3青汁を徹底比較してわかった唯一のおすすめ

全て読めば、野菜嫌いのお子様へのおすすめの青汁を理解できるでしょう。

1. 口コミからわかる青汁を子供に使う4つのメリット

青汁は「緑黄色野菜を使った自然派の健康食品」として、栄養豊富で安全であることから、野菜不足のお子様の野菜不足解消にとても効果的です

例えば、野菜不足解消のために頑張って野菜中心の食事を作ったのにいお子様に食べてもらえなかった経験がある人も多いのではないでしょうか? しかし、青汁を使えば、野菜不足についての悩みや日々のメニューを考える手間を簡単に解決できます

そんな青汁について、口コミからわかった青汁を子供に使う4つのメリットは以下の通りです。

  • メリット1:手軽に野菜不足を解消できること
  • メリット2:野菜ジュースより栄養価・コスパが高いこと
  • メリット3:種類が豊富で、子供向けや予算に応じて選べること
  • メリット4:料理に使ったりアレンジが自由であること

上記のメリットについて詳しくご紹介します。

1-1. 手軽に野菜不足を解消できること

口コミからわかった青汁を使う理由として最も多かったのは、「1日1杯」飲むだけで野菜不足を解消できる手軽さです。

口コミ・評判

Y・Rさん(38歳)
評価:★★★★★5 『青汁で子供の便秘解消』
息子が極端な野菜嫌いで便秘気味だったのですが、青汁を始めて便秘解消しました。

“たった1杯の青汁” で以下の通りたくさんの栄養を手軽に摂ることができます。特に青汁は食物繊維が豊富であるため、便秘解消への高い効果が期待できます。

ファンケル 青汁 栄養価比較

引用:ファンケル「本搾り青汁プレミアム」

1-2. 野菜ジュースより栄養価・コスパが高いこと

野菜不足の解消法として野菜ジュースを使うべきか迷っている人がいるかもしれませんが、口コミでは多くの人が栄養価やコスパの面で青汁を選んでいることがわかりました

口コミ・評判

T・Mさん(36歳)
評価:★★★★★5 『栄養とコスパで選ぶ』
子供の野菜不足解消しつつ値段は抑えたいので青汁にしました。

青汁の値段は一般的に「120円程度」です。青汁と市販の野菜ジュースを比べると、市販の野菜ジュースの多くは糖質を加えて飲みやすくしているため、毎日飲むと必要以上に摂りすぎてしまう可能性があります。

画像 栄養価 コスパ 飲みやすさ
青汁 子供 青汁 青汁
市販の野菜ジュース 野菜不足解消 カゴメ

【注意】 野菜ジュースの糖質を視覚化すると以下の通り、コーラなどの炭酸飲料と比べても大差ないことがわかります。

青汁 糖尿病 野菜ジュース

引用:Byokan sunday

1-3. 種類が豊富で、子供向けや好みに応じて選べること

口コミでは青汁は種類が豊富であり、子供向けに特化したものや好みに応じて選べることを評価する声が多くありました。

口コミ・評判

J・Uさん(38歳)
評価:★★★★★5 『種類が豊富』
青汁を調べてみたらたくさんの種類があったので、自分の好みで選べるのが良いと思います。

無農薬・無添加や、緑黄色野菜以外の健康素材を使ったものなど、様々な種類から目的に応じて選ぶことができます。

一般的な青汁は苦みや青臭さがあり子供が苦手なケースがあるため、「飲みやすい子供向けの青汁」がおすすめです。

1-4. 料理に使ったりアレンジが自由であること

口コミでは、一般的に青汁は粉末状であるため多くの人が料理に活用していることがわかりました。

口コミ・評判

S・Bさん(37歳)
評価:★★★★★5 『悩み解消』
野菜中心メニューに考えなくても、普段の料理に青汁を加えれば野菜不足を補えるので、以前よりかなり悩みが減りました

例えば以下のような飲み物や食べ物に加えれば、お子様でもかなり食べやすくなります。その他にもお好みでアレンジは自在です。

  • 牛乳・豆乳
  • ヨーグルト・アイスクリーム・パンケーキ
  • スープ・シチュー・カレー・パスタなどの麺類

1日の摂取量は1包(3g)が一般的です。例えば1日3食に分けて料理に使うと、「1食あたり1g」なので料理の味にほとんど影響しません。

2. 子供向けに青汁を選ぶ際に意識すべき5つのこと

青汁を子供に与える場合には、子供向けとして特別に意識すべき点があります。その点をしっかりおさえて選ばないと、後で後悔してしまうかもしれません。

子供向け青汁を選ぶ際に意識すべき5つのポイントは以下の通りです。

  • 子供に飲ませるのは6歳頃からが目安
  • 子供に不足しがちな栄養素を補うこと
  • 添加物ができるだけ少ないものを選ぶこと
  • 添加物が多いため避けるべき青汁
  • 子供でも飲みやすい青汁を選ぶこと

上記の点について詳しくご説明します。

2-1. 子供に飲ませるのは6歳頃からがおすすめ

青汁は「栄養価の高い緑黄色野菜の搾り汁」であるため、通常の野菜のように何歳からという決まりはありませんが、消化器官の働きがしっかりしてくる6歳頃からが目安とされています。

(補足) 授乳期は母乳やミルクから十分な栄養が摂れており、また離乳食期はまだ消化器官の働きが弱いことから、青汁を与えるのは控えましょう。

2-2. 子供に不足しがちな栄養素を補うこと

特に子供に不足しがちな4つの栄養素は以下の通りで、これらを意識的に補うことでより高い効果が期待できます。

  • ビタミン・・・特にA, B群, Cなど、栄養バランスが大切です
  • カルシウム・・骨や歯を作るため、特に成長期には重要です
  • ・・・・・・貧血予防や特に思春期の女の子に重要な成分です
  • 食物繊維・・・健康的な排便を促すには食物繊維が必要です

2-3. 添加物ができるだけ少ないものを選ぶこと

子供は特に添加物の影響を受けやすいとされているため、添加物ができるだけ少ないものを選ぶようにしましょう。

青汁によく使われる代表的な食品添加物

デキストリン

トウモロコシなどのデンプンから作られる水溶性食物繊維の一種で安全性は高いとされていますが、一度にたくさん摂取するとお腹が緩くなることがあります。食物繊維を加えたり粉末を溶けやすくする目的で使われ、コストも安いため青汁によく使われます。

還元麦芽糖水飴(=マルチトース)

青汁に使われる代表的な甘味料。還元麦芽糖(=マルチトール)を75%以上含む水飴のことで、“青汁独特の苦味が少なく飲みすい” とされている青汁の大半に使われています。毒性はないとされていますが、一度にたくさん摂ると下痢などになることも。

還元麦芽糖(マルトース)

とうもろこしやじゃがいものデンプンから作られる甘味料ですが、一度にたくさん摂るとお腹が緩くなる可能性があります。砂糖の80%程度の甘さでクセのない低カロリー甘味料として青汁やお菓子に使われます。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌の餌となり腸内と整えてくれる働きがありますが、一度にたくさん摂るとお腹が緩くなる可能性があります。

特に注意が必要な食品添加物

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物

安全性について賛否両論あるため、特に避けるべき人工甘味料です腎機能障害・脳障害・流産・胎児の未発達など様々な副作用があるという報告があります。基本的に青汁ではあまり使われませんが、有名な青汁を含めてごく一部で使われています。

2-4. 添加物が多いため避けるべき青汁

テレビ通販で有名な「青汁三昧」と、大手飲料メーカーであるヤクルトの「青汁のめぐり」は、添加物が多いため子供向けとしては避けるべきと言えます。

ここでは実際に原材料を見てみましょう。ポイントは、原材料表示のルールとして「含有量の多い成分から順に記載」されていることです。

①「青汁三昧」

主成分は甘味料と食物繊維である他、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物を含むため、特に子供向けには使うべきではありません。

還元麦芽糖水飴,   難消化性デキストリン,  大麦若葉粉末,  ゴーヤー粉末,  ケール,  ビタミンC,  ナイアシン,  パントテン酸Ca,  甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物),  ビタミンB6,  ビタミンB2,  ビタミンB1,  葉酸,  ビタミンB12

参考:公式ページ「青汁三昧」

②「ヤクルトの青汁のめぐり」

食物繊維と甘味料が多く使われており、青汁の有効成分が少ないため避けましょう。

大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス),  ガラクトオリゴ糖,  水溶性食物繊維,  デキストリン

参考:公式ページ「青汁のめぐり」

2-5. 子供でも飲みやすい青汁を選ぶこと

近年は野菜嫌いの子供の野菜不足解消のために青汁を使う人が増えているため、りんご味やパイン味などの子供向け青汁が増えてきているので、それらを使うと長く続けやすくなります。

どれだけ栄養価が高くても子供が嫌いな味では飲んでもらえないため、子供向けの飲みやすい青汁を選ぶのが効果的と言えます。

ちなみに、大人にとっても飲みやすいため、子供向け青汁を家族でシェアしているケースもあることがわかりました。

3. 子供に人気の3青汁を徹底比較してわかった唯一のおすすめ

青汁と言えば独特の苦味や青臭さを連想する人も多いと思いますが、子供の野菜不足解消の手段として、りんご味やパイン味など飲みやすい子供向け青汁を使う人が増えてきています。

そんな中で、本当におすすめする価値がある青汁を調べるために、本サイトは独自アンケート調査を行いました。

その結果、「半数以上の人に効果が実感されており、子供が嫌がらずに飲んでいる青汁」 の中から評判の3青汁を「栄養価・味・安全性・コスパ・口コミ」を軸に評価しました。

つまり、本ページさえ読めば後悔しない正しい青汁選びができます

子供青汁 アンケート

以上より、100の口コミと徹底比較をもとに筆者が自信をもっておすすめできる子供向け青汁No.1は『こどもフルーツ青汁』です。特に安全性・栄養価が決め手となり総合No.1でした。

子供 青汁 こどもフルーツ青汁

引用:公式サイト「こどもフルーツ青汁」

商品名 タイプ 総合 安全性 栄養価 コスパ 口コミ
こどもフルーツ青汁
粉末 1位
こどもバナナ青汁
粉末 2位
パインとりんごの青汁ゼリー ゼリー 3位

それでは評価軸ごとに徹底比較してわかったことをご説明します。

3-1. 安全性

下表の通り比べると、最も安全性が高いのは「こどもフルーツ青汁」です

無農薬の九州産 大麦若葉を主原料として、厳しい基準を満たしたGMP認証工場(*)で作られ残留農薬検査や放射能検査も行っているため安心です。

(*) GMP(Good Manufacturing Practice) とは、その効果や安全性などの高品質を確保するために設けられた厳しい品質基準です。

こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
安全性の評価
画像 子供 青汁 こどもフルーツ青汁 子供青汁 バナナ青汁 青汁 ゼリー パインとリンゴの青汁ゼリー
産地 大麦若葉(九州産) 大麦若葉(宮崎産) 大麦若葉(福岡産)、明日葉(鹿児島産)、ケール(大分県産)
農薬 確認できず 確認できず
保存料
着色料
甘味料
加工工場 GMP認証工場 ISO取得工場 確認できず
残留農薬検査 確認できず 確認できず
放射能検査 確認できず 確認できず

3-2. 栄養価

栄養価は原材料と栄養成分を基準に比べた結果、栄養価が最も優れているのは「こどもフルーツ青汁」と言えます。

こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
栄養価の評価

上記の評価の理由について順にご説明します。

3-2-1. 原材料で比較

原材料を比べると、どれもビタミン・ミネラルが豊富な大麦若葉をメインとして3種以上の青汁原料を使用しています。

大麦若葉が「こどもフルーツ青汁」と「こどもバナナ青汁」のそれぞれで原材料中に占める割合は1番目と2番目なので栄養をたくさん採れます。

こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
青汁原料 大麦若葉・ケール・桑の葉 大麦若葉・明日葉・ケール・桑の葉・よもぎ 大麦若葉・ケール・明日葉
成分比率 1番 大麦若葉 バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン) 還元難消化性デキストリン
2番 さとうきび糖 大麦若葉 ガラクトオリゴ糖液糖
3番 黒糖 黒糖粉末 果糖

一方で、「パインとりんごの青汁ゼリー」の大麦若葉は6番目で、最も多いのは難消化性デキストリンという “食物繊維の一種” で、2番目・ 3番目は “糖類” でした。なので栄養価は他2つより見劣りします。

なお、原材料表示のルールで配合量の多い成分から順に記載されています。それを踏まえて、それぞれの原材料をみてみましょう。

子供フルーツ青汁

大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)

こどもバナナ青汁

バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、大麦若葉末、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、りんご果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、ニガウリ末、ほうれん草末、桑の葉、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末/香料、乳化剤(原料の一部に乳、バナナ、りんご、ももを含む)

(*)特に子供向け青汁であるにも関わらず、公式サイトに上記の原材料表示が載っていないため、情報公開への姿勢にやや疑問が残りました。

パインとりんごの青汁ゼリー

還元難消化性デキストリン、ガラクトオリゴ糖液糖、果糖、パインアップル、りんご、大麦若葉(国産)、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、ケール(国産)明日葉(国産)/ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、ビタミンC、pH調整剤、甘味料(ステビア)、ビタミンA、着色料(紅花黄、クチナシ)、乳酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンD

3-2-2. 栄養成分で比較

公式サイトや商品パッケージに記載されている栄養成分を比べると、詳細な分析結果がないため単純比較はできませんが、以下のことが言えます。

  • こどもフルーツ青汁:ミネラルやビタミンに加えて、乳酸菌・ビフィズス菌が採れます
  • こどもバナナ青汁:ビタミン・ミネラルが他商品より見劣りします
  • パインとりんごの青汁ゼリー:他商品よりビタミンを多く摂れます
こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
単位 1包(4g)当たり 1包(3g)当たり 1本(15g)当たり
エネルギー 13.40kcal 11.6kcal 15.9kcal
タンパク質(g) 0.19 0.13 0.14
脂質(g) 0.06 0.03  0.0
炭水化物(g) 3.21 2.70 5.34
ナトリウム(mg) 2.21 0.7
カルシウム(mg) 140
β-カロテン(μg) 33.08
ビタミンA(μg) 897 (*)
ビタミンB2(mg) 1.56 (*)
ビタミンB6(mg) 1.44 (*)
ビタミンC(mg) 111 (*)
ビタミンD(μg) 7.0 (*)
ビタミンK(μg) 17.92
乳酸菌 140億個
ビフィズス菌 6.8億個

(*)5種類のビタミンは1日分の摂取目安量をカバーしています。

ちなみに以下の通り、大麦若葉にはたくさんの栄養が含まれています。

子供青汁 こどもバナナ 大麦若葉

引用:公式ページ「こどもバナナ青汁」

3-3. 味

甘さを出すための素材や成分として以下の違いがあり、自然素材による甘みを活かした「こどもフルーツ青汁」と「こどもバナナ青汁」の方が健康上好ましいと言えます。

  • 「こどもフルーツ青汁」と「こどもバナナ青汁」→ さとうきびや黒糖
  • 「パインとりんごの青汁ゼリー」→ 果糖・ブドウ糖液・砂糖
こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
味の評価
甘み成分 石垣島産サトウキビ、黒糖 黒糖 果糖、果糖ぶどう糖液糖、砂糖
やさしいフルーツミックス味 苦味は全然なく、ほぼバナナジュース。少しさっぱり感がある かなり甘めのパイナップルとりんごの味

3-4. コスパ

以下の通り比べると、最もコスパが高いのは「子供バナナ青汁」です。

商品特徴や値段(定期129円/日、初回限定割引) は「こどもフルーツ青汁」とほぼ同等である一方、単品購入が可能であり通常購入の送料も安いためです。

  こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
コスパの評価
内容量 4g×30包×2箱 3g×30包 15g×30本
特徴 14種の野菜+4種のフルーツ

乳酸菌140億個

カルシウム140mg/包

13種の野菜+6種のフルーツ

スピルリナ

乳酸菌150億個

ビフィズス菌

3種の野菜+2種のフルーツ
通常 8208円/箱(2個セット)

137円/包

5940円

198円/包

3456円

115円/本

定期 7797円/箱(2個セット)

130円/包

3880円

129円/包

なし
送料 通常756円, 定期無料 通常500円(沖縄1500円)、定期無料 送料別
目安 1日1〜3包 1日1包 1日1本
解約条件 3回の受取必須 2回受取必須
特典 無料サンプル定期初回時1000円割引 モニターコース(初回980円) まとめ買い割引(2個, 4個)
備考 3歳以上を推奨。ノンカフェイン 60日間返金保証 乳幼児が喉の詰まらないよう小さく切ること。アレルギー:りんご

3-5. 口コミ

100の口コミを詳しく見てみると全体的に以下のような傾向があり、口コミと徹底比較による評価は以下の通りです。

こどもフルーツ青汁 こどもバナナ青汁 パインとリンゴの青汁ゼリー
口コミの評価

こどもフルーツ青汁

口コミでは特に放射能検査を行っているのが決め手だった人が多かったです。安全性以外にも、栄養面や味も高評価で子供たちに人気でした。ただ、単品で購入できず最低2個セットなので初めて購入する際に続けられるか心配だったという声も一部ありました。

口コミ・評判

F・Oさん(31歳)
評価:★★★★☆4 『野菜不足解消』
野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのは大変ですが、これなら好きで飲んでくれるので始めてよかったと思っています。

こどもバナナ青汁

口コミでは、こどもの好きなバナナ味が好評である他、単品購入できることやモニタープランがあることが評価されていました。「129円/包(定期)」の価格もおおむね納得されていましたが、栄養成分の種類が少なくて比較できないのでもう少し詳細に載せてほしいという声も一部ありました。

口コミ・評判

S・Wさん(32歳)
評価:★★★★☆4 『まずは単品購入』
他のこども青汁は2箱セットしかないので、単品で注文できる「こどもバナナ青汁」にしました。

パインとりんごの青汁ゼリー

口コミでは、甘めのパイン&りんご味や西日本産の素材を使っている点は好評で、例えば以下のような声がありました。一方で、糖類や難消化性デキストリンなど食品添加物の多さを指摘する声がありました。

口コミ・評判

H・Nさん(34歳)
評価:★★★★☆4 『子供が大好きな味』
もうすぐ6歳になる息子ですが、毎日食べたがるのでお菓子代わりにあげるようになりました(笑)。

4. まとめ

いかがでしたか?

子供向け青汁は、特に野菜嫌いの子供の野菜不足解消法として人気ですが、買ったものの子供が全く飲まないという事態を避けるためにも正しい方法で選ぶことが大切です。

最後にまとめとして重要なポイントを整理すると以下の通りです。

  • 選ぶ際は特に安全性に加えて、子供が毎日飲んでくれる味がポイント
  • 後で後悔しない青汁選びをするには、口コミと徹底比較して選ぶこと

また、私が自信をもっておすすめできる子供向け青汁No.1は『こどもフルーツ青汁』です。

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。