全ての方法を図解で解説!美容のプロがまとめた脱毛の仕組み

「私が受けるエステの脱毛ってどんな仕組みかな?」「永久脱毛って他の方法と違うの?」と、脱毛の仕組みについて気になっていませんか?

脱毛方法はいろいろありますが、仕組みを知っていないと本当に効果があるか不安になったり、ウソの脱毛法にお金をつぎ込んだりしてしまう可能性があるので注意が必要です。

このページは、元エステティシャンとして10年以上女性のお肌に向き合ってきた私が、あらゆる脱毛の方法の仕組みについてまとめたものです。

  1. 7つの脱毛法の特徴まとめ
  2. クリニックの脱毛の仕組みまとめ
  3. サロンの脱毛の仕組みまとめ
  4. 自宅の脱毛の仕組みまとめ
  5. その他の脱毛の仕組みまとめ
  6. 脱毛の仕組みに関するQ&A

このページを読めば脱毛の仕組みが分かり、ウソ情報にだまされなくなりますので、ぜひご覧ください。

1. 7つの脱毛法の特徴まとめ

脱毛する方法はいくつもありますが、病院、サロン、自宅という脱毛できる場所ごとに分類したのが下の図です。

脱毛効果は脱毛して効果が続く長さ、おすすめ度は値段や痛みの少なさを考慮して★で比較しました。

分類方法脱毛効果おすすめ度特徴
病院レーザー★★★★★★★★★永久脱毛のスタンダード。
ニードル★★★★★★★☆☆永久脱毛だが、痛みは大きい。
サロンフラッシュ★★★☆★★★★☆価格がお手頃。痛みが少ない。
ワックス★☆☆☆★★☆☆☆脱毛効果は少ないが、ツルツルにできる。
自宅脱毛器★★☆☆★★★☆☆自宅で美肌にできる唯一の脱毛法。
ワックス★☆☆☆★★☆☆☆脱毛効果は少ないが、お手軽に使える。
毛抜き★☆☆☆★☆☆☆☆肌への刺激が強く、使い方に注意。

※クリックすると解説部分に行きます。(おすすめの方法に色付けをしています)

脱毛方法の効果と痛みは基本的に比例するのが、下の図のように考えておくと良いでしょう。

※脱毛器はレベルを落とせば、ワックスや毛抜きよりも痛みを落として使うこともできます。

どこで脱毛するべき?

医療機関での脱毛は永久脱毛効果が期待できるので、「もう二度と生えてこないように脱毛したい」という方におすすめです。

サロンでの脱毛は、「お手頃な値段で、痛みの無い方法で脱毛したい」という方に向いています。

自宅での脱毛は「自分のペースで、好きなように脱毛したい」という方におすすめです。

このページでは、1つ1つのメリット・デメリットをご紹介していくので、自分に合ったものを選んでください。

2. クリニックの脱毛の仕組みまとめ

病院やクリニックなど、医療機関の脱毛には、レーザー脱毛とニードル脱毛の2つがあります。

脱毛とはそもそも医療行為であり、毛根を殺して生えてこないようにするのはエステやサロンでは許されていません。

クリニックでは肌トラブルがあっても医師に治療してもらえるので、一番安全で一番効果的な脱毛法と言えます。

2-1. レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛とは、肌に単一の波長の光(レーザー)を照射して脱毛する方法です。

下の図がレーザー脱毛の仕組みをまとめたものです。

レーザー脱毛は従来のニードル脱毛より痛みが少なく、料金も高くないので、現在最もスタンダードな脱毛法です。

毛根(正確には毛乳頭)を破壊することで、二度と生えてこないようにします。

ニードル脱毛より痛みは少なくて価格も安いので、永久脱毛をしたいならまずはレーザー脱毛を検討しましょう。

レーザー脱毛の長所・短所

メリット・永久脱毛効果がある。
・針より痛くない。
・1年程度で脱毛が終る。
デメリット・サロンに比べると痛い。
・値段が高め。(全身5回の相場40~50万円)

レーザー脱毛の種類

レーザー脱毛の仕組みと合わせて知っておきたいポイントは、レーザーの種類と脱毛器です。

レーザー名機種特徴
アレキサンド
ライトレーザー
・ジェントルレーズ
・アポジーエリート
美肌効果が期待できる。
・肌トラブルが少ない。
・即効性がある。
ダイオード
レーザー
・ライトシェアデュエット
・ベクタス
・HAYABUSA
・ソプラノ
・メディオスター
・剛毛から細かい毛まで対応。
痛みが少ない機種が多い。
・レーザーのスタンダード的存在。
YAG(ヤグ)
レーザー
・ジェントルヤグ
・クールグライド
・日焼けや色黒肌にも使える。
VIOに効果的。
ハイブリッド型・G-Max
・エリート
・ジェントルマックスプロ
・ソプラノアイスプラチナム
・複数種類のレーザーを使える。

ハイブリッドというのは複数種類のレーザーを一度に当てられるものです。

レーザーは波長によって下のように肌への浸透度が変わります。

アレキサンドライトレーザーは即効性があり、脱毛効果を実感するのが早いです。

ダイオードレーザーは痛みが少ない機種が多く、痛みが少ない脱毛をしたい方におすすめです。

ヤグレーザーは、痛みがありますが、肌への浸透度が深く、VIOなど毛根の深い毛や、メラニンの産毛にも効果的です。

レーザー脱毛の仕組みを深く知りたい方は、こちらのページ「世界一わかりやすいレーザー脱毛の仕組み・メカニズムの解説」を御覧ください。

レーザー脱毛におすすめのクリニック

クリニックを選ぶ際は、脱毛器を複数持っているクリニックを選ぶと自分に合った脱毛器を使ってくれるのでおすすめです。

脱毛効果にこだわりたい人は、脱毛器が豊富なクリニックを選びましょう。

クリニックレーザー
フェミークリニック
ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
ベクタス(ダイオードレーザー)
ジェントルレーズ (アレキサンドライトレーザー)
G-MAX (アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー)
ジェントルヤグ(ヤグレーザー)
リゼクリニック
ライトシェアデュエット (ダイオードレーザー)
メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)
ジェントルヤグ(ヤグレーザー)
湘南美容外科
ジェントルレーズ (アレキサンドライトレーザー)
メディオスターNext Pro (ダイオードレーザー)

フェミークリニックが脱毛器種が豊富で、全てをカバーしています。

これ以外にもクリニックが知りたい方は、こちらのページ「医療レーザー脱毛クリニックおすすめ人気ランキングBest10」をご覧ください。

2-2. ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛(針脱毛)は、針を毛穴に刺して電気を流して脱毛するので、電気脱毛とも言います。

ニードル脱毛の仕組みをまとめたのが下の図です。

ニードル脱毛は、レーザー脱毛が登場する前の永久脱毛法で、一本一本確実に脱毛していくので、レーザーよりも効果が強いと言えます。

レーザー脱毛は照射して1〜2週間後に毛が抜け落ちますが、ニードル脱毛なら、施術の時に毛が抜け落ちるのでツルツルになります。

ただし、痛みが強く、値段も高いので、襟足や乳輪のムダ毛など、数本のムダ毛の脱毛には使うだけにしておきましょう。

永久脱毛をしたいなら、まずはレーザー脱毛を試し、効果を感じない場合、あるいはレーザーで毛がのこった場合に使うのがおすすめです。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット・永久脱毛効果がある。
・効果は最強。一本一本確実に脱毛できる。
デメリット・痛みが強い。
・値段が高い。(脇だけで10~20万円)

ニードル脱毛の種類

ニードル脱毛は医療機関で受けるのが基本ですが、脱毛サロンでもアメリカの方法を取り入れた美容電気脱毛を受けることができます。

美容クリニックでは電気鍼が使われますが、医療機関では医師がヤケドするリスクをおさえた絶縁針が使われるので、医療機関の方が安全と言えます。

出典:日本医学脱毛協会

では、サロンの脱毛は安全ではないかというとそうではなく、アメリカで認められた方法を行っていて、プローブという細い針を使っているので、ヤケドのリスクは少ないようになっています。

どちらも永久脱毛効果が期待できますが、永久脱毛は本来は医療機関でしか受けられないので、脱毛サロンのニードル脱毛は法律的にグレーになっています。

ニードル脱毛におすすめのクリニック・サロン

ニードル脱毛で全国展開しているクリンっクは残念ながらありません。東京なら『渋谷皮フ科医院』がおすすめです。

一方、脱毛サロンでは、100店舗以上展開している『エステティックTBC』がおすすめです。

TBCはすでに多くの実績があるので、私は十分信頼できると思います。

もし、ニードル脱毛について詳しく知りたい方は、こちらのページ「ニードル脱毛の全知識|料金から痛みまで損しないための全知識」をご覧ください。

3. サロンの脱毛の仕組みまとめ

サロンの脱毛には、主に光(フラッシュ)脱毛とブラジリアンワックスを使ったワックス脱毛があります。

どちらも医療と比べると、脱毛効果はゆるやかですが、痛みは少なく、お手頃な価格でできます。

サロンの脱毛は「医療よりもお手軽に、自宅よりも上手くできる脱毛法」なのです。

3-1. 光脱毛の仕組み

光脱毛は、光を当てて毛根にダメージを与えて脱毛する方法で、フラッシュ脱毛とも言います。

レーザー脱毛のように毛根を殺すことはできませんが、繰り返し行うことで徐々にダメージを蓄積させていき、最終的には、ムダ毛処理が不要なようにします。

レーザー脱毛は最大250℃程度まで熱くなりますが、光脱毛は70℃程度で、痛みが大幅におさえられています。

光脱毛はレーザーと比べて値段が安く、「お手頃な価格でストレスフリーでできる脱毛法」なのです。

光脱毛の長所・短所

メリット・値段がお手頃。
・痛みが少ない。
デメリット・効果の感じ方に個人差がある。
・しばらく置くと再び生えてくる場合がある。
・回数が増えると、結局は高額になってしまう。

光脱毛の種類

光脱毛には次の4つの方法があり、効果と痛みを比較すると下の図のようになります。

脱毛法効果の強さ痛みの軽さどんな人におすすめ?
IPL脱毛★★★★★☆☆☆サロンで最も効果のある脱毛をしたい方
SSC脱毛★★★☆★★☆☆IPL脱毛が痛かった方
SHR脱毛★★☆☆★★★☆日焼けしていたり、肌に黒ずみがある方
早めに脱毛を完了させたい方
ハイパースキン法★☆☆☆★★★★最も痛みの無い脱毛をしたい方

※効果や痛みの感じ方には個人差があります。

脱毛サロンは100円から試すことができますので、いろいろキャンペーンを利用してみることをおすすめします。

光脱毛の仕組みについてもっと知りたい方は、こちらのページ「世界一わかりやすい光脱毛の仕組み|4つの方法を美容のプロが解説」をご覧ください。

おすすめの脱毛サロン

脱毛法ごとに、簡単に始められるサロンをまとめておきます。

脱毛法サロン名主なコース価格特徴
IPL法ジェイエステティック
脇12回300円
顔2回5,000円
・部分脱毛プランが安い
・脇脱毛お試し300円がお得
SSC法ミュゼプラチナム
脇 300円
回数無制限
・脇脱毛がおすすめ
・全国店舗数No.1
脱毛初心者に最もオススメ!
SHR法ラココ
全身6回69,000円・全身脱毛で最安
ハイパー
スキン法
ディオーネ
顔12回72,000円円・痛みの少ないハイパースキン法
最も痛くないサロン

※クリックすると、公式サイトへリンクします。

これ以外にも脱毛サロンが知りたい方は、こちらのページ「プロ厳選!脱毛サロンおすすめ人気ランキングBest10【2017年】」をご覧ください。

3-2. ワックス脱毛の仕組み

ワックス脱毛とは、ワックスを肌に塗ってシートを貼り、ペリッとはがす方法です。

ブラジリアンワックスは、ガムテープで毛を抜くのと同じですが、肌に優しい成分で作られており、皮膚へのダメージが少ないようにできています。

ブラジリアンワックスのメリットは、光脱毛やレーザー脱毛と異なり、施術後にすぐにキレイになるということで、大事なデートの前日にきれいにしてもらうということもできるのです。

ブラジリアンワックスの弱点は、毛を生やさなくする脱毛効果(抑毛効果)がほとんど無いということで、3~4週間後には、再び生えてきてしまうということです。

つまり、デートやブライダル脱毛におすすめです。

ブラジリアンワックスの長所・短所

メリット・すぐにツルツルになれる。
・値段も高くない。
デメリット・はがす時に痛みがある。
・1ヶ月程度で生えてくる。

ブラジリアンワックスの種類

水性ワックス肌に優しいが、あまり強くない。
油性ワックス強いが、専用のクレンジングが必要になる

油性ワックスは、オイルワックス、クリームワックスに分かれ、基本的にサロンで使われるのは効果の強い油性ワックスです。

おすすめのブラジリアンワックスサロン

全国展開しているサロンはありませんので、東京でおすすめのサロンをまとめておきます。

サロン名主なコース料金住所
ANGELICAVIO 7,200円東京都渋谷区宇田川町12-7 エメラルドビル5階
FeliceVIO 7,000円東京都新宿区西新宿7-1-7新宿ダイカンプラザA館1105
JulietVIO 7,500円東京都新宿区新宿5-11-2 SOビル502
MartiniVIO 3,980円(初回)東京都渋谷区恵比寿4-3-1QIZビル(クイズビル)
Virgin WaxVIO 4,980円東京都豊島区池袋1丁目2-6 1F

他の地域の方は、「ブラジリアンワックス さいたま市」のように地名で検索してみてください。

4. 自宅の脱毛の仕組みまとめ

自宅の脱毛法には、主に、脱毛器、ワックス、毛抜きの3つの方法があります。

セルフ脱毛は、予約も必要もありませんし、気軽にできますが、肌トラブルは自己責任になるということに注意しておきましょう。

肌に異変が起きた場合は、早急に皮膚科の医師に診断してもらうことをおすすめします。

4-1. 家庭用脱毛器の仕組み

家庭用脱毛器には、主に3つのタイプがあります。

タイプおすすめ度脱毛効果痛み安全性特徴
フラッシュ式★★★★★☆★☆☆★★★・弱い光で脱毛。最もスタンダード
レーザー式★★☆★★★★★☆★☆☆・強い光で脱毛。海外製しかない
サーミコン式★☆☆★☆☆★★★★★☆・熱で毛を焼き切る

フラッシュ式というのは光脱毛、レーザー式はレーザー脱毛と仕組みなので、そちらをご覧ください。

サーミコン式とは熱で焼き切る方式で、次のような仕組みになっています。

毛根に毛が残ってしまうので、正確には脱毛ではなく「除毛」と言います。

脱毛器のメリット・デメリット

メリット・いつでも使うことができる。
・美肌効果がきたいできる。
デメリット・エステより効果は弱い。

おすすめの脱毛器

それぞれの種類で一番のおすすめの脱毛器をご紹介しています。

種類商品名価格特徴
フラッシュ式ケノン
69,800円・脱毛器人気No.1
・美顔機能あり
・10段階レベル調節
レーザー式トリア
54,800円・レーザー脱毛器はこれだけ
・家庭用脱毛器では効果最大
・5段階レベル調節
サーミコン式ノーノーヘア
8,550円・サーミコン式では最も人気
・使うとチクチクしない
・毛を焼く臭いが出る

一番オススメはケノンです。

4-2. ワックス脱毛の仕組み

ワックス脱毛の仕組みはサロン脱毛のところでお話した通りなので、そちらをご覧ください。

ワックスを貼って、シートを上から貼り付け、毛と一緒にベリッとはがすだけです。

ただ、家庭用のワックス脱毛には2つの方法があります。

ワックスサロンと同じタイプで、ワックスとシートが別々。
シート・テープワックスとシートが一体になっているタイプ。

要するに、ワックスとシートが別々のと、一体型のものがあるということです。

初めてセルフで使うなら、シートタイプがおすすめです。

ブラジリアンワックスの長所・短所

メリット・すぐにツルツルになれる。
・値段も高くない。
デメリット・はがす時に痛みがある。
・1ヶ月程度で生えてくる。

 おすすめのワックス・ワックスシート

順位商品名価格特徴
ワックスアンジェリカ
5,800円
単体3,600円
・全身に使え、肌に優しい
・サロンでも使われている
・教科書つき
ブラビアンカ
3,600円・全身に使え、肌に優しい
・2個以上でお買い得
シートセルフ専科
480円/20枚
(24.0円)
全身(顔以外)
女性用
メンズゴリラ
1,480円/40枚
(37.0円)
全身(顔以外)
男性用

※クリックすると、販売ページにリンクします。

ワックスシートについて詳しいことが知りたい方は、こちらのページ「脱毛ワックスシート21種類を紹介!使い方のコツ全まとめ」をご覧ください。

4-3. 毛抜きの仕組み

最後は、はるか昔から行われている毛抜きです。

毛抜きは、、肌への強く、埋没毛(埋もれ毛)や毛嚢炎(もうのうえん)の原因になります。

1〜2本のムダ毛処理なら正しい方法で抜けば問題ないと思いますが、脇毛全体を処理するようなことは止しましょう。

下の図が、毛抜きの正しい使い方をまとめたものです。

毛が長くて向きが分からない場合は、毛を根本付近で切ってみると、毛がどちらに向かって生えているかが分かります。

毛抜きの長所・短所

メリット・どこでも簡単にできる。
デメリット・肌を痛めやすい

おすすめの毛抜き

100円ショップの毛抜きでも良いと思いますが、値段の高いものを買うと、掴みやすさが違います。

私が家族と使っているのは『関孫六』の毛抜きです。

アマゾンやドンキ、東急ハンズでいろいろ売っていますので、良さそうなものを選んでみましょう。

5. その他の脱毛の仕組みまとめ

脱毛法を紹介してきましたが、カミソリや除毛クリームなども「脱毛」するものだと考えている人がいるので、脱毛との違いを解説しておきます。

脱毛には、実は次のような種類があります。

脱毛は根っこから引っこ抜くのに対し、除毛は肌の表面の毛だけ処理します。

また、抑毛というのは、毛を生やさないようにすることですが、使っているうちに毛が細くなると言われます。

ここでは、人気のある除毛クリームと、間違って買って後悔することが多い抑毛石鹸についてご紹介します。

5-1. 除毛クリームの仕組み

除毛クリームは、チオグリコール酸カルシウムが配合されており、毛のタンパク質を溶かすことで除毛します。

除毛クリームは刺激が強く、肌のタンパク質まで溶かしてしまうので、時間をあけて使う必要があります。

敏感肌の方にはおすすめできませんが、足など広い部位の除毛に向いていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

除毛クリームが気になる方は、こちらのページ「30種類を比較!美容のプロがおすすめする最高の除毛クリーム」をご覧ください。

5-2. 抑毛石鹸の仕組み

抑毛石鹸は、毎日使っていくことで、毛の成長を遅らせるためのものです。

毛の成長を遅らせる女性ホルモン(エストロゲン)と似た効果がある大豆イソフラボンなどの成分が配合されています。

ただ、効果を感じにくいので、本気で毛を生えてこないようにしたいなら、脱毛サロンへ通うか、自宅で脱毛器を使うことをおすすめします。

抑毛石鹸について詳しいことが知りたい方は、こちらのページ「ムダ毛処理に除毛石鹸や抑毛石けんをおすすめしない全理由」をご覧ください。

6. 脱毛の仕組みに関するQ&A

脱毛の仕組みに関して良くある疑問をQ&A形式でまとめました。

  1. そもそもなんで毛は生えてくるのですか?
  2. なんで脱毛は1回で終わらないのですか?
  3. 永久脱毛効果のあるクリームや石鹸は存在しますか?
  4. 除毛スプレーをツイッターで見かけるのですがどうですか?

クリックすると該当部分に行きます。

6-1. そもそもなんで毛は生えてくるのですか?

毛は毛根にある毛母細胞が成長して生えてきます。

毛母細胞に栄養を届けて発毛を促すのが毛乳頭で、この毛乳頭を破壊すると毛が生えてこなくなります。

ちなみに、毛には次のような役割があり、決してムダというわけではないのです。

  • 肌の保護
  • 体温調節
  • 紫外線からの保護
  • 感覚機能

脱毛すると見た目が良くなりますが、日焼け止めを塗るなど、日頃のケアは大事にしていきましょう。

6-2. なんで脱毛は1回で終わらないのですか?

毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあり、成長期の毛にしか脱毛効果はありません。

下の図が毛周期のサイクルを示したものですが、成長期の毛は生えている毛の30%程度しかないので、他の70%の毛は退行期、休止期の状態にあり、脱毛の効果が出ないのです。

このサイクルのため、2〜3ヶ月おきにサロンで脱毛をすると一番効果があるのです。

※最近では、毛周期に関係なく脱毛できるサロンが増えてきていますが、それが本当に効果的かどうかは明らかにされていません。(効果の強い医療脱毛では2~3ヶ月は間隔をあけます)

6-3. 永久脱毛効果のあるクリームや石鹸は存在しますか?

永久脱毛は基本的に医療機関でしか受けることができません。

レーザー脱毛のトリアは永久脱毛に近い効果は期待できますが、家庭用なので力はおさえられています。

まして、クリームや石鹸で永久脱毛効果のあるものはウソであり、誇大広告なので、使うのは控えましょう。

6-4. 除毛スプレーをツイッターで見かけるのですが、どうですか?

除毛できるスプレーの中でおすすめできるものはありません。

私はほとんどチェックしましたが、評判の良いものはありませんでした。

どうしても使いたいなら『デリーモ』が良いと思いますが、それなら評判の良い除毛クリームを使うことをおすすめします。

7. さいごに

脱毛法の仕組みについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

永久脱毛をしたいならクリニック、お手頃な値段でプロに脱毛してもらいたいならサロンへ行き、また、自宅で脱毛するなら脱毛器を使いましょう。

特にクリニックとサロンは選び方次第で満足どや価格ががらりと変わります。それぞれ下記ページを参考にあなたにぴったりの施設を選びましょう。

ネットで「永久脱毛級の効果のあるクリーム」など、誇大広告の商品が販売されていますが、騙されないようにしてください。

このページが、読者の皆さまの美肌づくりにお役に立てることをお祈りします。