グリーンスムージーで健康的にダイエットするための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fotolia_85857811_XS

「グリーンスムージーってダイエットに効果があるって聞いたけど本当なのかな?」と思っていませんか?

実際に、「ダイエットのためにグリーンスムージーを飲み始めたけどなかなか体重が落ちない…」などの声を意外と多く耳にします。

しかし、結論から言ってしまうと、グリーンスムージーはダイエットに効果的ですが、飲むだけで痩せる魔法の食品ではないということです。

「どのようにグリーンスムージーと付き合っていくか」というポイントを抑えないと、全くの無駄になってしまうので注意が必要です。

このページでは、今までグリーンスムージーダイエットを実践して失敗も成功も味わった経験から、「ダイエットに効くグリーンスムージーとのつきあい方」を下記の流れでご紹介します。

  • グリーンスムージーがダイエットに効果的な3つの理由
  • グリーンスムージーダイエットのありがちな失敗例
  • ダイエット以外にも効果アリ!グリーンスムージーの魅力

着実に体重を減らせる方法なので、じっくりと取り組んでくださいね。

0. グリーンスムージーはダイエットに有効!

グリーンスムージーが注目されたのは、海外セレブをはじめとした著名人がダイエットに活用し、成功したからです。

ダイエットにグリーンスムージーを活用した著名人

  • ミランダー・カー
  • レディー・ガガ
  • 優香
  • 小倉優子など

彼女たちの愛用レシピは「セレブも愛用するグリーンスムージーの目的別レシピ6選」に紹介していますので、是非確認してみてくださいね。

では、なぜグリーンスムージーがダイエットに効果的なのかを一緒に確認していきましょう。

1. グリーンスムージーがダイエットに効果的な3つの理由

なぜグリーンスムージーがダイエットに効果的だと言われているのか、3つのポイントを抑えていきましょう。

1-1. 置き換えによって、摂取カロリーが減る

最も単純ですが、見逃せないポイント。1食分をグリーンスムージーにすることによって、摂取カロリーを減らすことができます。

特に、グリーンスムージーを飲むのに最も効果的なのは朝だと言われているので、例えば朝飯をグリーンスムージーを置き換えることによって、減らせる摂取カロリーは500~700カロリー。運動で500~700カロリーを減らそうと思うと、どれぐらいの運動量が必要なんでしょうか?

・水泳(クロール)だと・・・30分程度
・ウォーキングだと・・・2時間程度
・ジョギングだと・・・1時間半程度

これ、結構大変ですよね?

消費カロリーは基礎代謝+生活代謝+運動代謝ですが、生きているだけで消費される「基礎代謝」が全体の7割を占めるんです。

考えてみれば当然ですが、心臓をはじめとする体の各機関は1日中動いています。運動をしても、基礎代謝の消費カロリーを越えるのは難しいんですね。

なので、まずは摂取カロリーを減らすこと。1日500~700カロリー減らせるということがどれだけすごいことか、わかっていただけたかと思います。

1-2. 意外と腹持ちが良いグリーンスムージー

グリーンスムージーは、意外と腹持ちが良いのです。

腹持ちの良さは、食物繊維が関わってきます。食物繊維が少ない食べ物は、食べてから短い時間で胃から腸に移動しますが、食物繊維をたくさん含んでいると胃の中で水分を吸収してかさを増すので、腸への移動が緩やかです。

それだけ消化のスピードが緩やかになるので、お腹が空きにくいというわけです。

1-3. 消化に使うエネルギーを減らしてくれる

普通の食事をする人は、1日に消費するエネルギーのうち40%が消化に使われています。

特に、疲れをよく感じる人はひょっとすると日頃食べすぎなのかもしれません。本来は体の調子を整えたり、毒素を排出するために使われるエネルギーが消化に回されてしまっている可能性があります。

スムージーはコールドプレスジュースほどではありませんが、それでも通常の食事に比べると消化に使うエネルギーは少ないものです。

体の調子を整えることや毒素を排出することにエネルギーが使われるようになると血流が促進されます。そうすると、脂肪が血中に流れやすくなるので脂肪が燃えやすくなります。

グリーンスムージーは体調を整えながら痩せやすい体を作ってくれるのです。

2. グリーンスムージーダイエットのありがちな失敗例

グリーンスムージーの良いところを紹介してきましたが、「グリーンスムージーを飲んでいるのに痩せられない」という声があるのも事実。一体、なぜなのでしょうか?

2-1. 我慢しているつもりになる

実は、一番多いのがこれなんです。

グリーンスムージーを飲んでいるだけでダイエットをしているつもりになってしまい、おやつを食べてしまったり、知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまったりというものです。

グリーンスムージーに限らず、ではありますが・・・。

皆さんもジョギングやジムに行った後などにお腹が空いてついつい食べ過ぎてしまうということはないでしょうか?繰り返しになりますが、摂取カロリーを消費カロリーが上回ることでしか体重を減らすことはできません。

カロリー制限も並行して行うようにしましょう。

2-2. タンパク質の不足

グリーンスムージーをとることにより、もともとヘルシーな食生活の方に関してはタンパク質が不足する可能性があります。

タンパク質が不足してしまうと筋肉が落ちていくことがあります。筋肉量が減ると基礎代謝として消費されるカロリーが減ってしまいますので、結果的に痩せにくい体を作ることになってしまいます。

日々の食生活を見直し、肉・魚・卵・大豆などタンパク質はしっかりと摂取するようにしましょう。

2-3.継続して摂り続けていない

手軽なダイエット法であるグリーンスムージーですが、忙しい現代人の生活ですと「そもそも朝食に時間をかけられない」という方も多いかと思います。

ミキサーの掃除や材料の確保など、意外と面倒で続けられないという人も多いのではないでしょうか?

自作が面倒という方は、水に溶かすだけで摂れる粉末タイプのものがオススメです。自分に合った栄養を・・・というのは難しいかもしれませんが、バランス良く配合されている上に低カロリーなのも魅力。

面倒でなかなか続かないという方は、「最高の粉末グリーンスムージーの選び方とおすすめ2選」の記事も参考にしてみてください。

3. ダイエット以外にも効果アリ!グリーンスムージーの魅力

3-1. 便秘解消

グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消には実に効果的です。

レシピに関しては「セレブも愛用するグリーンスムージーの目的別レシピ6選」をご覧ください。

3-2. 美肌効果

スムージーは、代謝を促進する効果があるビタミン、ミネラル、食物繊維の3つを効果的に摂取することができます。

現代人に不足しがちなこれらの栄養素は、足りないと肌荒れを引き起こしてしまうので注意が必要です。意識して摂取するようにしましょう。

自分に足りない栄養素を補うためにどの食材をスムージーに入れれば良いのかは、「スムージーの本質的な効果と目的に合わせた食材15選」をご覧ください。

4.更に効果を高めるために

基本的にレシピ通りに作って頂ければ問題ないグルーンスムージーですが、更に効果を高めるためには下記のことも意識してみてください。

4-1.空腹時に飲む

「グリーンスムージーを飲むなら朝!」と言われるのはここにも理由があります。空腹時に摂取すると、グリーンスムージーに含まれる豊富な栄養素が直接吸収されます。

前後1時間は何も食べないタイミングでの摂取を心がけてみてください。

4-2.果物を入れ過ぎない

グリーンスムージーの主役は葉野菜。最初は苦みが気になるかもしれませんが、果物の割合は多くても全体の6割程度に留めましょう。糖分の摂取量が多いと、本末転倒になってしまいます。

4-3.水分をしっかりと確保する

基本は水ですが、牛乳や豆乳を使っても大丈夫です。但し、その場合は水を別途飲むなど、水分をしっかりと摂取するようにしましょう。

また、調味料は栄養の吸収率を下げる可能性がありますので、できるだけ入れないようにしましょうね。

5. さいごに

グリーンスムージーがダイエットに向いている理由について網羅的にまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

自作でも通販でも、普通に朝食を取るよりも手軽に始められる健康的なダイエット法なので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

皆様が、健康的で豊かな生活を送れますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket