3分でわかるグリーンスムージーの好転反応【図解付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
好転反応

グリーンスムージーを始める方は、美容や健康、あるいはダイエットのためという方がほとんどだと思います。ところが、飲み続けてみると何故か以前よりも体がだるくなったり、軽い頭痛を覚える人も稀に存在します。

体質をより良いものにするためにする過程で一時的に起きる体の不調。これらは「好転反応」と呼ばれ、体が健康になっていく過程で起こる「良い兆し」として知られています。

正座をしたあとに立ち上がると、急に血行が良くなって足が痺れますよね?不自然な状態から急に正常な状態になると、体がびっくりしてしまうということです。

しかし、「好転反応だよ!」と言われても体に良いことを始めたのに急に体調が悪化するとびっくりしてしまうのも事実ですよね。

このページでは好転反応について、詳しく説明していきますので、正しい知識を身につけて、しっかり自分の体と付き合っていけるようになりましょう!

1. 好転反応とは

簡単に「好転反応」について説明すると、下記の通りです。

薬や栄養を摂ることで、体の悪いところが良くなっていく過程で発生する痛みや不具合

英語では「クレンジング・リアクション(浄化作用)」とも呼ばれ、洋の東西を問わず昔から言われている現象です。

漢方では「瞑眩反応(めんけんはんのう)」とも言われ、昔の書物には「もし、めんげんせずんば、その病いえず」とあるぐらいです。薬の効き始めは、好転反応があって確認でき、治っていくのはその後であるということです。

科学的な対処をする西洋医学とは異なり、漢方などの東洋医学は体に栄養を与え、正常にすることで免疫力を高めることで治療を行うので、思想的にはグリーンスムージーの「体本来の健康な姿を取り戻す」というところに近いものがあります。

まとめると下記のようになります。

好転反応

このような反応が起こる理由としては、大きく分けると「グリーンスムージーの持つ抗酸化作用」「デトックス効果」が関係してくるのです。

1-1. 抗酸化作用によって起きる体の反応

好転反応1

人間の体内では、ストレスや紫外線などによって活性酸素が発生します。この酸素は体を錆びつかせるもので、これによって病気や老化・・・細かいところではシミの原因になったりします。

グリーンスムージーには酵素が含まれていますし、取り入れる食材がたとえばトマトや赤パプリカなどですと、リコピンやカプサンチンが含まれています。

酵素やこういった食材には抗酸化作用があり、錆び付いた体を元の姿に戻そうと体内の中で動き始めます。

そして、体内の弱っている細胞を回復し、新しく綺麗な細胞に生まれ変わらせようとするのです。

この回復の反動が起きると、表面的には不調が出てしまう、というメカニズムです。特に弱っているところほど、この回復による反動が起きやすく、一時的には体調の悪化を感じると言われています。

1-2. デトックスによる体の反応

スクリーンショット 2015-07-28 21.48.13

デトックスによる体の浄化も、好転反応の1つの原因と言われています。

グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれています。また、水分も多くとることが推奨されています。これが意味するところは、「腸のクレンジング作用が起きやすい」ということです。

腸にはその器官の特性上、体にとってあまり良くない物質がたまりがちです。腸内にある有害物質が除去され、洗い出されることによって腸が綺麗になっていくと、皮膚細胞の回復作用が発生し、軽いブツブツができるなどの好転反応が発生することがあります。

こういった場合はたくさんの水分をとり、有害物質の排出を助けてあげましょう。数日の間に、好転反応は治まっていき、健康的な肌が戻ってくるはずです。

2. 好転反応の段階と代表的な症状

実際に好転反応が起きると、体にどのような症状が現れるのかを見ていきましょう。
基本的には「今良くないところ」に反応が出てくるのが特徴ですね。

好転反応は個人差が強く、標準のものさしを定めることが大変難しいのですが、一応の目安として段階があります。

第一段階:調整

弛緩反応や、過敏反応と呼ばれる段階です。抗酸化作用のある食材などによって、体内の良くない部分が良くなろうとし始め、体が驚いている状態です。

機能を発揮できていない部位に合わせて、他の部位も性能を落としたりしているのですが、今まで足を引っ張っていた部位が元気になると他の部位は戸惑ってしまい、体が一時的にアンバランスな状態になります。

それによってだるさ眠気を感じたり、腸内に老廃物がたまっている場合などは水のような下痢などが起きたりします。

第二段階:浄化

調整の段階が終わると、体の中にある有害なものを体外に押し出そうという働きがはじまります。大量の便が出たり、これはまだいいのですがこの段階になると吹き出物が出てくる人もいます。

これは皮膚と密接な関係のある腸が猛烈に働き出したことによるもものと、皮膚からも毒素を排出しようという作用によるものです。

見た目に出てきてしまうので女性としてはつらい時期ですが、ここを過ぎると肌は今までよりも綺麗になります。ふんばりどころですね。

第三段階:新生

血液や体液が綺麗になっていき、細胞が生まれ変わっていきます。
この身体中の細胞が綺麗なものに変わっていく現象を新生作用といいますが、悪い箇所ほどこの新生作用が強く働き、細胞の修復が行われるために反応も強く出ます。

ひどい人になると、痛みを感じる人もいるのでその場合はグリーンスムージーの量を減らしても大丈夫です。ここを乗り越えれば、好転反応は終了です。

3. 好転反応と副作用の違い

好転反応と言われても、急に体調が悪化すると「何か良くないものを取り入れたのでは?」と思うのが自然と思います。薬なんかでいう副作用が起きたような感覚ですね。この2つは何が違うのでしょうか?

簡単にまとめると下記のようになります。

好転反応:
体が正常な状態になっていく過程で発生する体の歪み。体内の弱っている箇所ほど起きやすい。

副作用:
取り入れるもの自体にその作用があるもの。自身の体調とは関係がない。

副作用を起こさないために大事なこと

非常にシンプルな話ではありますが、そもそも「副作用が起きるようなものを体に入れない」というのが大事だと考えます。

何が入っているかわからないサプリや健康食品、化粧品などは極力避けて、「内容成分をしっかりとチェックする」癖をつけていきましょう!

チョコレートを食べ過ぎてニキビが出てもあまり焦らないですよね?「あ~、そういえば最近チョコレート食べ過ぎていたなぁ」といった程度の感想しか抱かないと思います。

しっかりと自分が体に取り入れるものを確認して、何かあった時にも頭の中で結び付けられるようにしておきましょう。

自作のグリーンスムージーでしたら自分で材料を確認しているはずですので、ここは大丈夫かと思います。ご自身のアレルギーだけは念の為にチェックしておいてくださいね。

市販のグリーンスムージーを買う場合は、どの様な成分が含まれているか、前もってしっかりとチェックしましょう。

4.さいごに

グリーンスムージーを飲み始めると、便通が良くなったり肌が綺麗になったりといった効果を実感している人も多いはず。だからこそ、急に体調が悪くなるとびっくりしてしまいますよね。

筆者としては、好転反応は筋肉痛のようなものと思っています。体を強くする前には一時的に痛みが伴うような仕組みになっているんでしょうか?

ニキビや吹き出物は人目も気になるし、あまりできると困ってしまいますよね。しかし、乗り越えれば以前よりも素敵な肌が!!・・・なんとか頑張りましょう。

この記事が、好転反応に悩む方や今後グリーンスムージーを飲み始めようと思っている方のお役に立てれば嬉しいです。

皆様が、健康的で豊かな生活を送れますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket