酵素ドリンクを飲む本当の意味と正しい飲み方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
pixta_15508300_S

酵素ドリンクを購入したものの、飲み方がよくわからずに困っていませんか?

実際に、メーカーから推奨された飲み方で置き換えダイエットに挑戦したものの、うまく行かずに断念してしまったという人も多いです。

実は、酵素ドリンクによる置き換えダイエットは「酵素ドリンクを飲む本当の意味と正しい飲み方のポイント」をおさえるだけで、成功する確率が劇的に上がります。

逆に、「酵素ドリンクが体内の酵素の役割を補ってくれている」「とにかく酵素ドリンクに置き換えれば痩せられる」とお考えなら、残念ながらダイエットは失敗してしまうでしょう。

このページでは、酵素ドリンクを飲む本当の理由と正しい飲み方について、私自身の体験も含めた徹底的なリサーチをもとに、以下の流れでわかりやすくご紹介します。

このページでは、酵素ドリンクを飲む本当の理由、そして正しい飲み方についてご紹介します。

1. 酵素ドリンクでは体内の酵素の役割は補えない

残念ながら酵素ドリンクに入っている酵素は、体内の酵素の役割を果たすことができません。

実は酵素ドリンクの中の酵素は、出荷前の熱殺菌によって機能を失っています。万が一生きていたとしても、体外から取り込まれた酵素は胃で消化されてしまうため、体内酵素として働くことができないからです。

単に酵素ドリンクを飲むだけでは、体内の酵素を増やすことができないのはこうした理由によるもの。だからこそ、酵素ドリンクは他の食事や飲み方に気を使う必要があるのです。

1-1. 酵素ドリンク内の酵素が機能を失っている理由

よくインターネット上では「酵素ドリンクをホットにして飲むと酵素が死ぬ」という言葉を見かけますが、酵素はそもそもタンパク質であり、生物ではないため、酵素が死ぬことはありません。

しかし、酵素は高温にさらされると、その構造が壊れ、酵素の持つ機能が失われてしまうという性質を持っているため、酵素本来の酵素が失われるという意味では、死ぬ(壊れる)と言えるかもしれません。

ただ、酵素ドリンクは食品上の分類、「清涼飲料水」として分類されているため、販売前には65度以上の熱で殺菌処理されています。ほとんどの酵素は、50度以上で構造が壊れてしまうため、すでに酵素ドリンクに含まれている酵素は、熱によってほとんどが機能を失っていると言えます。

参考:清涼飲料水等の規格基準(厚生労働省)

実際に、有名酵素ドリンクの表記を調べてみると、多くが「清涼飲料水」と表記されています。

商品区分
A社 植物性発酵エキス飲料(清涼飲料水)
B社 植物性発酵飲料(清涼飲料水と同じです)
C社 清涼飲料水(植物性発酵飲料)
D社 植物性発酵飲料(清涼飲料水)
E社 栄養補助食品

一度熱変性を起こした酵素は、基本的には温度を下げてもその機能が戻ることはありませんから、「酵素ドリンクで生きた酵素を取り入れる」「体内の酵素を酵素ドリンクで補う」ということはできないのです。

1-2. それでも酵素ドリンクを飲むべき理由

では、なぜ酵素ドリンクを飲む必要があるのでしょう。それは、酵素ドリンクに含まれる成分をエサにして、体内の酵素を増やすことが、酵素ドリンクを飲む本来の目的だからです。

酵素自体の機能はすでに失われているものの、酵素ドリンクには、体内酵素を増やすための成分(材料)がたくさん含まれています。

酵素は私たちが生きていく上で、なくてはならないものです。食べ物を消化するときはもちろん、息をするときも、運動するときにも、私たちの体内では何らかの酵素が働いています。

しかし、酵素はストレスや飲酒、喫煙や不規則な生活などによって消費されることもわかっています。酵素が不足すると、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、代謝が落ちて痩せにくくなったりと、体にさまざまな悪影響が起こるため、私たちは何らかの方法で体内の酵素を増やす必要があるのです。

その手段の一つとして、体内酵素を増やすための食品(材料)を摂取するという方法があります。

体内酵素を増やすためには、以下3つのポイントを押さえて、食事を摂ることが大切です。

  • 添加物のように酵素を大量消費しない食品を選ぶこと
  • 酵素が増える材料となるものを摂ること
  • ミネラルやビタミンといった、
    酵素を作るために必要な補酵素と呼ばれるものを摂取すること

この3点を押さえたものが、酵素ドリンクです。ただし、酵素ドリンクの中にも上記を満たしていないものがいくつかあるため、成分などをしっかり確認する必要があることも、覚えておいてください。

2. 酵素ドリンクの正しい飲み方

酵素ドリンクを飲む本当の意味がわかったところで、酵素ドリンクの正しい飲み方についてご紹介します。

2-1. 飲む量・頻度

1回の適量は商品によって異なります。必ずパッケージやホームページに記載されている量を守って飲むことを心がけましょう。

また飲む頻度については、基本的には酵素ドリンクは置き換えダイエットですので、例えば3食全てを酵素ドリンクに置き換える場合は1日3回、朝食のみを置き換える場合は1日1回という形で、置き換える食事の回数に合わせるのが望ましいでしょう。

飲む量が多いと成功しやすいの?

残念ながら、酵素ドリンクは「たくさん飲めば、その分結果が出やすい」という、夢のような商品ではありません。

酵素ドリンクの中には、飲みやすいよう工夫されているものもありますが、ジュース感覚でガブガブ飲んでしまうと、逆に糖分を摂り過ぎてしまいます。

同じ原理で、例えば1日3食全てを酵素ドリンクに置き換える場合も、3回分を1度に飲まずに、3回に分けて飲むようにしましょう。

3回分を一度に飲んでしまうということは、3食分の糖分を取ることになってしまいますし、なにより空腹感に耐えられず、つい何かをつまんでしまうかもしれません。

どんな酵素ドリンクにも、必ず1回の適量が書かれているはずですので、どんな商品でも必ず表記を確認するようにしましょう。もし書かれていない商品があれば、できれば購入は控えたほうが良いでしょう。

2-2. 酵素ドリンクの割り方

水割り、炭酸水割、または50度以下のお湯割りがおすすめです。

なぜ50度以下がいいのかというと、酵素ドリンクに酵母菌が含まれている場合、お湯が高温だと酵母が死んでしまう場合があるためです。

酵母菌とは菌類の一つで、酵素と違い、こちらは生物です。酵母は私たちの体内で、糖質の吸収抑制や、便通改善の働きをしてくれることがわかっています。

ほとんどの酵母菌は60度前後で死んでしまうのですが、まれに熱に強い酵母菌を含んでいる酵素ドリンクがあります。

酵母の活動は30度から体温程度の温度が、最も活動しやすい温度だと言われていますので、温かくして飲む場合は人肌程度か、高くても50度程度にして飲むのがよいでしょう。

3. 酵素ドリンクを美味しく飲む方法

水や炭酸水では物足りないという場合は、トマトジュースや100%果汁のオレンジジュース、牛乳や豆乳で割るのがおすすめです。

3-1. トマトジュース

できれば糖分をあまり含まないものを選ぶようにしましょう。これは、酵素ドリンク自体に糖分が多く含まれるためです。

ただし、市販のトマトジュースはカロリーが少し高めなので、数回に一度の頻度で飲むのがおすすめです。

3-2. 100%果汁のオレンジジュース

美味しく飲めるだけでなく、甘味料を使っていない果汁100%のものを選ぶことで、酵素を増やすために必要なビタミンCも摂ることができます。

できれば保存料などを使っていないものを選んだほうが良いですが、市販では難しいかもしれませんので、果汁100%を目安に選んでみましょう。

3-3. 牛乳・豆乳

牛乳や豆乳にほんのり味がつき、とても飲みやすくなります。どうしても空腹感に勝てない場合は、ヨーグルトにかけて食べるというのもひとつの方法です。

4. 朝だけ酵素ドリンクを飲む際のポイント

朝食を酵素ドリンクに置き換える場合は、昼と夜の食事にも気を使う必要があります。

昼と夜に極端に脂肪分や油分の多い食事をとったり、朝の分を取り返そうといつもより量を多くしてしまうと、朝食を食べられなかった分、体が昼食と夕食から栄養素を搾り取ろうとするため、逆に太ってしまう場合があります。

昼と夜の食事は栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。また、サラダやきのこ類から食べ始めると、食事の糖分や脂肪分の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を緩やかにする効果があることが知られています。触感も良いので、満腹感が得られやすいというのも大きなポイントです。

5. 酵素ドリンクを絶対に飲んではいけない人

以下いずれかの項目に当てはまる方は、酵素ドリンクによる置き換えダイエットを行わないようにしましょう。

病気療養中の方

酵素ドリンクだけでは、体を回復させるために必要な栄養素が十分に摂れない可能性があります

糖尿病を患っている方

酵素ドリンクには糖分が含まれているので、医師の診断が必要となります

食物アレルギーをお持ちの方

酵素ドリンクには野菜を中心としたさまざまな食品の抽出液などが入っています。どうしても飲みたい場合は、必ずかかりつけの医師にご相談ください。

妊娠中の方

子どもに必要な栄養素が摂れない可能性があります。

さいごに

酵素ドリンクは「酵素を体に取り入れることで体内酵素を増やす」ものではなく、あくまで「体内酵素のエサとなるものがたくさん含まれている」ものです。酵素ドリンクを飲めば、その他の食事に気を使わなくても、自然と酵素が増え、体が健康になるという、魔法のドリンクではありません。

その点を知れば、暴飲暴食がいけない理由や、酵素ドリンクを飲むだけでは簡単には酵素が増えない理由がお分かりいただけると思います。

酵素ドリンクを飲む本当の理由を理解した上で、正しい飲み方をすれば、きっと結果はついてくるはずです。

皆様が、健康的で豊かな生活を送れますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket