野菜不足を青汁で補う5つのメリットとおすすめ青汁10選

青汁で野菜不足を補うことができるのか気になっていませんか?

野菜不足を補うにはいくつかの方法があり、その中で青汁は最も手軽で効果的な方法ですが、正しく使わないと栄養の偏りを解消できないかもしれません

本ページでは青汁で野菜不足を補う際に意識すべきことや、メリットやデメリットをわかりやすくご説明します。

  1. 1日に必要は野菜の量はどのくらい?
  2. 青汁で野菜不足を補う5つのメリット
  3. 青汁で野菜不足を補う2つのデメリット
  4. 野菜不足解消に絶対使うべきタイプ別おすすめ青汁10選

すべて読めば、青汁の野菜不足解消に必要なすべてのポイントを理解した上で安心して始められるでしょう。

1. 1日に必要は野菜の量はどのくらい?

厚生労働省によれば、野菜の目標量は「1日350g」です。その内訳は厚生労働省がまとめた「健康日本21」で「緑黄色野菜120g + 淡色野菜230g = 合計350g」とされています。

数種類の野菜だけで”量”を摂ればよいわけではなく、バランス良く野菜を摂るのがポイントです。一方で、上記目標を満たすには以下の通りたくさんの野菜が必要で、特に一人暮らしの人や外食が多い人にとっては非常にハードルが高いこともわかります。

野菜不足 青汁 1日当たりの野菜の量

引用:タニタの健康応援ネット

ちなみに、「野菜不足を補う方法」は主に①野菜の多い食生活を変える、②青汁を使う、③野菜ジュースを飲むの3つが考えられますが、あなたにとってどの方法が最適かこれから見ていきましょう。

2. 青汁で野菜不足を補う5つのメリット

青汁で野菜不足を補うことの5つのメリットは、以下の通りです。

  • 簡単に野菜を補えること
  • 安いので続けやすいこと
  • 野菜ジュースより栄養が豊富であること
  • 子どもや妊婦でも安心して使えること
  • 便秘解消や美肌効果も期待できること

それでは順にご説明します。

2-1. 簡単に野菜を補えること

特に働き盛りの20〜40代の野菜不足は「350g – 約250g = 約100g」と、現在の平均摂取量を約1.5倍に増やさないと目標には届きません。

桑の葉 青汁 野菜不足350g

引用:ダイレクトショッピング

一方で、一般的に青汁1杯で50〜100gの野菜を摂れるため、上記の不足分「100g」をほぼカバーでき効果的と言えます。さらに、各種栄養素をバランスよく摂取するには、青汁の中でも特に栄養バランスの優れたものを選ぶと良いかもしれません。

2-2. 安いので続けやすいこと

野菜不足を補う方法として最も理想的なのは、「野菜の多い食生活」に変えることとされています。例えば、1日30品目以上の食品を摂ることが推奨されています。

他にも、「1日5皿」野菜中心の料理を小皿(70g)で食べて1日350gを目指す方法もありますが、生鮮野菜が徐々に値上がりする中で、生鮮野菜は傷み易く廃棄ロスも多く、買い物への交通費や水光熱費なども考慮するとそのコストは決して小さくありません。

野菜不足 青汁 1日5皿

引用:青森市役所

一方で、青汁は「1日当たり100円前後」と生鮮食品と比べてコスパが圧倒的で値段も安定している他、買い物や準備に時間や手間をかける必要もありません。

2-3. 野菜ジュースより栄養が豊富であること

野菜ジュースを昼食時に飲んで野菜不足を補っている人も多いと思いますが、野菜ジュースの栄養価は一般的に思われているほど高くはない理由は以下の通りです。

  • 加熱処理の過程で熱に弱いビタミンCなどは損なわれること
  • “◯種類の野菜を使用”であっても、その大半が添加物のケースがあること
  • 野菜ジュースは絞りかすは使われないため食物繊維はほぼ含まれないこと
  • 糖質やカロリーが高いものが多いこと

特に、野菜ジュースは美味しく野菜が摂れるのが魅力ですが、例えば「カゴメ野菜生活」には大量の糖質が含まれており、糖質を摂りすぎる可能性があるため注意しましょう。

青汁 糖尿病 野菜ジュース

引用:Byokan sunday

一方で、青汁は糖質など添加物を一切使ってないものも多く、カロリーも極めて低いため野菜不足を補いつつ健康促進が期待できます。

2-4. 子どもや妊婦でも安心して使えること

青汁メーカー各社が特定のユーザーや効果に特化した商品を出しているため、これらは目的に応じて活用することで野菜不足を効果的に補うことができます。

例えば、野菜嫌いの子どもの野菜不足を補う手段として、あるいは、妊娠中・授乳中に葉酸を補う手段として広く使われています。

2-5. 便秘解消や美肌効果も期待できること

青汁の成分には便秘解消・アンチエイジング効果・美肌効果・生活習慣病対策など様々な効果が期待できるため、青汁原料や商品ごとの特徴を踏まえて、野菜不足を補うのと同時にプラスαの効果も期待できます。

3. 青汁で野菜不足を補う2つのデメリット

2章では5つのメリットをご説明しますが、一方で青汁で野菜不足を補う際のデメリットをおさえておくことは大切です。

本章では、青汁で野菜不足を補うことの2つのデメリットをご説明します。

  • 青汁だけで必要な栄養をすべて補えるわけではないこと
  • 青汁独特の苦味やクセがあること

それでは順にご説明します。

3-1. 青汁だけで必要な栄養をすべて補えるわけではないこと

青汁を飲むだけでは1日に必要な野菜摂取量をクリアできず、淡色野菜はもちろんのこと、それ以外の食品からもバランスよく栄養を摂ることが大切です。

野菜不足 青汁 野菜のバランス

たしかに青汁は栄養価が豊富ですが、青汁だけを飲んでいては栄養に偏りが出てしまいます。特にビタミンB群などはそれぞれの成分がお互いに助け合って作用するため、各種ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが大切です。

3-2. 青汁独特の苦味やクセがあること

いわゆる「青汁=まずい」というイメージは独特の苦味やクセのある「ケール」を原料とした従来の青汁によるものですが、近年ではクセが少なく飲みやすい「大麦若葉」を使ったものや製法を工夫することで飲みやすい青汁が非常に増えました。

ですから、青汁独特の苦味やクセが苦手な人には、粉末タイプであれば大麦若葉を主原料としたもの、あるいは青汁のサプリを利用することをおすすめします。

4. 野菜不足解消に絶対使うべきタイプ別おすすめ青汁10選

青汁のメリットの1つは様々な種類の青汁があるため、あなたの目的・予算・好みなどに応じた最適な青汁を選べることです。

本章では、上記メリット・デメリットを踏まえて、野菜不足を解消できた私が「絶対使うべきタイプ別おすすめ10選」を粉末とサプリをそれぞれご紹介します。

以下の「タイプ別」をクリックするとそこからすぐに読むことができ、「商品名」をクリックすると公式ページで詳細をチェックできます。

タイプ別 粉末 サプリ
栄養バランス重視 ユーグレナの緑汁 ステラの贅沢青汁
無農薬・無添加を重視 モリンガパウダー 桑葉つぶ
味・飲みやすさ重視 極の青汁 モリンガサプリ乳酸菌プラス
コスパ重視 桑の葉青汁  酵素青汁111選セサミンプラス
妊娠中・授乳中の人 やわたのおいしい青汁 (該当なし)
子供向け青汁 (該当なし) パインとリンゴの青汁ゼリー

それでは順にタイプ別のおすすめ青汁をご紹介します。

4-1. 栄養バランス重視

「栄養バランス」を重視する人へのおすすめの粉末とサプリを順にご紹介します。

4-1-1. 栄養バランス (粉末)|ユーグレナの緑汁

ユーグレナ ダイエット 緑汁

引用:ユーグレナ社

栄養バランス重視の人におすすめは、植物性・動物性栄養素の両方が豊富で、通常の野菜の2倍以上の吸収率が期待できる『ユーグレナの緑汁』です。

ユーグレナ(=ミドリムシ)は植物性・動物性栄養素の両方を含む唯一の存在で、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など計59種含み、有機栽培の大麦若葉・明日葉を使っており栄養価抜群です。

口コミ・評判

U・Tさん(27歳)
評価:★★★★★5 『体調がすっかり良くなりました』
野菜不足解消のために「緑汁」を始めました。2ヶ月目には便秘も解消し、体調がすっかり良くなったので効果大です!

さらに、通常野菜の吸収率は40%前後ですが、ユーグレナは植物と異なり細胞壁がないため「吸収率は93%」で、野菜不足解消に効果的です。

通販限定商品であるため、まずは”ワンコイン” できる公式ページ「http://www.euglena-farm.jp/」のお試しプランをおすすめします。

商品詳細

4-1-2. 栄養バランス (サプリ)|ステラ贅沢青汁

ケール 青汁 ステラ贅沢青汁

引用:ステラ漢方

栄養バランス重視の人におすすめは、”緑黄色野菜の王様”と呼ばれるケールと、最高品質のクロレラと長命草を使った『ステラ贅沢青汁』です。

500種以上から厳選された3野菜の栄養価を粒に凝縮することで、唯一の弱点である”苦味や強いクセ”を克服、野菜不足解消に高い効果が期待できます。

口コミ・評判

O・Tさん(31歳)
評価:★★★★★5 『手軽に野菜不足を解消』
「ステラの贅沢青汁」はバランスよい栄養素を凝縮した粒タイプなので、粉末より手軽に野菜不足を解消できるので愛用してます。
主なポイント
ケール 特に「ビタミンC・カルシウム・葉酸」が豊富
クロレラ
  • 最高品質の「福岡産のブルガリス種八女クロレラ
  • 他のクロレラより吸収率が高いこと
長命草
  • 長寿の秘訣“とも言われる高い栄養価。
  • 沖縄伝統野菜の中でポリフェノール含有量がNo.1

通常の定期便より「毎月500以上もお得」に始められるキャンペーンは、公式ページ限定です→「http://www.stella-s.com/」

商品詳細

4-2. 無農薬・無添加を重視

「無農薬・無添加」を重視する人へのおすすめの粉末とサプリを順にご紹介します。

4-2-1. 無農薬・無添加 (粉末)|モリンガパウダー

引用:天草モリンガファーム

無農薬・無添加を重視する人へのおすすめは、農薬不使用で保存料や着色料などを一切使っていない安心のモリンガ100%の『モリンガパウダー』です。モリンガはチアシードやアサイーよりも優れるスーパーフードで、モリンガ青汁の粉末タイプの中では圧倒的なコスパがおすすめポイントです。

口コミ・評判

M・Yさん(34歳)
評価:★★★★★5 『色々試してこれにしました』
野菜の代わりに摂るものなので、無農薬・無添加の青汁を色々試した結果、最終的に「モリンガパウダー」に落ち着きました。
(税込) モリンガパウダー モリンガのパウダー モリンの青汁in乳酸菌
1日当たり 83円 106円 193円

販限定商品のためAmazonと楽天を調べた結果、最安値で購入出来る公式ページがおすすめです。

商品詳細

  • 60g (30日分)
  • 税込2500円 (83円)

4-2-2. 無農薬・無添加 (サプリ)|桑葉つぶ

引用:桜江町桑茶生産組合

無農薬・無添加を重視する人へのおすすめは、有機JAS認定された桑の葉100%の『桑葉つぶ』です。

農薬を使わず有機栽培を徹底、保存料や着色料、固形化するための添加物を使わず、圧力で粒状にしているのが高評価です。

口コミ・評判

H・Tさん(32歳)
評価:★★★★★5 『粒タイプでは珍しい完全無添加』
粒タイプで無農薬・無添加のものは少なく、やっと見つけたのが「桑葉つぶ」でした。おすすめですよー。

桑の葉は昔から漢方で使われるほど栄養豊富で、桑の葉特有の「DNJと」いう成分は糖質の吸収を抑える働きがあります。

そのたま「糖尿病対策」「生活習慣病の予防」「ダイエット」への効果が期待できます。

通販限定商品なので公式ページから詳細をチェックできます→「http://www.kuwakuwa.tv」

商品詳細

  • 360粒, 毎食後3粒
  • 通常:税込4104円(1回3粒当たり34円)
  • お試し(120粒):税込1944円

4-3. 味・飲みやすさ重視

「味・飲みやすさ」を重視する人へのおすすめの粉末とサプリを順にご紹介します。

4-3-1. 味・飲みやすさ (粉末)|極の青汁

明日葉 極の青汁

引用:サントリーウェルネス

味・飲みやすさを重視する方へのおすすめは、サントリーが飲料会社として美味しさを追求した『極の青汁』です。

熊本阿蘇産の大麦若葉、屋久島産の明日葉に、宇治煎茶と抹茶を配合して「上品な抹茶風味」で美味しいと好評です。

口コミ・評判

M・Aさん(25歳)
評価:★★★★★5 『感動の美味しさ』
「極の青汁」を一度試してみたらあまりの美味しさに感動してすぐにリピしました!

さらに、野菜ポリフェノールの一種「ケルセチンプラス」を配合し吸収率を大幅アップさせているため、野菜不足解消に効果的です。

通販限定商品であり、下記の通販限定特典がもらえる公式サイト「http://www.suntory-kenko.com/」からが最もお得です。

商品詳細

  • 30包 (目安:1〜3包/日)
  • 30包 税込3402円(113円/包)
  • 通販限定の特典:10%増量+青汁シェーカー付き

4-3-2.味・飲みやすさ (サプリ)|モリンガサプリ乳酸菌プラス

引用:天草モリンガファーム

味・飲みやすさを重視する人におすすめは、小粒で飲みやすくチアシードやアサイーより優れるとされるモリンガサプリ『モリンガサプリ乳酸菌プラス』です。

口コミ・評判

Y・Sさん(24歳女性)
評価:★★★★★5 『小粒で飲みやすい』
サプリを飲むのが苦手でしたが、このサプリは小粒で飲みやすいです

モリンガ本来の効果に加えて、生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌の相乗効果で野菜不足への高い効果が期待できます。

初めて試す方は公式ページの『お試しセット』がお得です→「http://amakusa-moringa.com/」

商品詳細

  • 300粒 (1ヶ月分)
  • 定期:税後2790円 (1日当たり93円)
  • お試し(150粒):税込980円

4-4. コスパ重視

「コスパ」を重視する人へのおすすめの粉末とサプリを順にご紹介します。

4-4-1. コスパ (粉末)|桑の葉青汁

桑の葉 効能 太田胃散

引用:太田胃散

コスパ重視の方におすすめは「1包当たり38円(定期便)」とコスパが圧倒的な『桑の葉青汁』です。

仮に朝食と夕食前に「1日2回でも76円」と、青汁粉末の目安である「1日100円」から約25円もお得です。

口コミ・評判

U・Yさん(28歳)
評価:★★★★★5
1日2包飲んでも「1日76円」なんてすごい!太田胃散の「桑の葉青汁」はコスパが最高です!

Amazonと楽天も調べましたが、最安値で買える公式ページの定期便がおすすめです→「http://www.ohta13.jp/」

商品詳細

  • 60包 (1ヶ月分)
  • 税後2268円 (38円/包)
  • お試し(15包):税後2160円

4-4-2. コスパ (サプリ)|酵素青汁111選セサミンプラス

モリンガ サプリ 酵素青汁セサミンプラス

引用:Organic label

コスパを重視する人におすすめは、1日2粒(99円)で「青汁約36杯分」に相当する栄養が摂れる『酵素青汁111選セサミンプラス』です。

チアシードやアサイーより優れるモリンガを主原料として、酵素エキスや明日葉・長命草など111種類の原料を使っているのが特長です。

野菜不足への解消はもちろんのこと、便秘解消・ダイエットサポート・美肌効果など沢山の効果が期待できます。

口コミ・評判

H・Rさん(24歳)
評価:★★★★★5
野菜不足を補うために青汁を徹底的に調べたら「酵素青汁111選セサミンプラス」が最もコスパが高いことがわかりました。1ヶ月もしないうちにかなり良くなりました!

本物を確実に手に入れて野菜不足を解消するには公式ページ「https://organic-label.jp」をおすすめします。

商品詳細

  • 1ヶ月分 (1日2粒)
  • 税込2970円 (1日2粒あたり99円)
  • 特別キャンペーン:定期便の初回分が実質無料

4-5. 妊娠中・授乳中の人|やわたのおいしい青汁

大麦若葉 やわた おいしい青汁

引用:やわた

妊娠中や授乳中の人におすすめは、1包当たりの葉酸含有量が最も多く、産地や原材料などの面で安心・安全の『やわたのおいしい青汁』です。

無農薬・有機栽培の8原料から50種の栄養素が同時に摂れるため、妊娠中に必要な栄養を手軽に補うことができると好評です。

口コミ・評判

T・Iさん(32歳)
評価:★★★★★5
葉酸が最も多いことを知り始めました。妊娠中から授乳が終わるまでこの青汁のおかげて母子ともに健康に過ごすことができ感謝してます!

通販限定商品であるため、購入の際は買い忘れがなく割引価格で購入できる公式ページ「https://www.yawata.tv」での定期便がおすすめです。

商品詳細

  • 30包
  • 税込3894円 (1包当たり130円)  *定期解約条件:なし

もしサプリをお探しなら、青汁よりも妊娠・授乳期に特化した「葉酸サプリ」の方が好ましく、その中でも特に妊娠期の葉酸の推奨量を十分補える”400μg配合”の『ベルタ葉酸サプリ』をおすすめします。

4-6. 子供向け青汁ゼリー|パインとリンゴの青汁ゼリー

子供向け青汁をお探しの人におすすめは、創業90年の医薬品メーカーの青汁マイスターが開発し、95%の園児が美味しいと認めた『パインとリンゴの青汁ゼリー』です。

青汁 ゼリー パインとリンゴの青汁ゼリー

引用:天洋社ショップ

子供たちが大好きなパインとリンゴ味が好評である一方、大麦若葉・ケール・明日葉を使っているため栄養も豊富です。

口コミ・評判

R・Uさん(39歳)
評価:★★★★★5
息子の野菜嫌いが悩みでいつも苦労していましたが、「パインとリンゴの青汁ゼリー」であれば毎日おやつ代わりに自分から食べるようになりました (笑)。

子供が喜んで食べるように一部糖質が加えられていますが、子供は運動量が多く体内で糖質はエネルギーに変換され消費されるため肥満の心配はありません。

子供の健康のためにも公式ページから本物を手に入れることをおすすめします→「https://www.tenyosya-shop.jp」

商品詳細

  • 30本
  • 通常:税込6912円 (1日1本当たり230円)
  • 2個まとめ買い:税込5530円/個 (1日1本当たり184円)

5. まとめ

青汁は野菜不足を補う方法として最も手軽で効果的であることがご理解いただけたことと思います。

必要な野菜摂取量を満たすには、緑黄色野菜の他に淡色野菜も必要であるため、食事からの栄養バランスも意識することが大切です。

最後に重要なポイントをまとめると以下の通りです。

  • 野菜摂取目標は「緑黄色野菜120g + 淡色野菜230g = 350g」
  • 青汁を使うことで、目標値への不足分約100gを補えること
  • 青汁は緑黄色野菜が中心なので、積極的に淡色野菜も摂ること

また、野菜不足解消のために私が自信をもっておすすめできる青汁は以下の通りです。

タイプ別 粉末 サプリ
栄養バランス重視 ユーグレナの緑汁 ステラの贅沢青汁
無農薬・無添加を重視 モリンガパウダー 桑葉つぶ
味・飲みやすさ重視 極の青汁 モリンガサプリ乳酸菌プラス
コスパ重視 桑の葉青汁 (太田胃散) 酵素青汁111選セサミンプラス
妊娠中・授乳中の人 やわたのおいしい青汁 (該当なし)
子供向け青汁 (該当なし) パインとリンゴの青汁ゼリー

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。