騙されるな!乳首の黒ずみにリップクリームをおすすめしない2つの理由

「リップクリームが乳首の黒ずみに良いらしい!」そんな噂を聞いて、本当に効くのか?と気になっていませんか?

残念ながらリップクリームには乳首の色を薄くする効果は期待できないでしょう。本当に乳首の黒ずみを解消したいなら、しっかりと効果が出るものを試したいですよね。

元、美容エステティシャンとして10年間女性のお肌と向き合いながら、私自身も体の黒ずみに悩み、あらゆる方法を試し解消してきた経験から、女性のお肌の悩みを解消する役に立ちたいと思うようになりました。

そこで、なぜリップクリームでは乳首の色を薄くできないのか?薄くするためにどうすればいいのかについて下記の流れで紹介していきます。

  1. 試してわかった!乳首の黒ずみにリップクリームはおすすめしない2つの理由
  2. 乳首にリップクリームを塗って得られる唯一の効果
  3. 乳首の黒ずみを解消するために抑えておきたい3つのポイント
  4. 乳首の黒ずみを可愛いピンクにしたいならおすすめの美白クリーム
  5. 乳首の黒ずみを隠せる3つの方法

このページを読んでいただければ、皮膚科でできる乳首の黒ずみ治療の方法やデメリットなどがわかり、可愛いピンク色のバストトップを手に入れるための一歩となるでしょう。

0. はじめに

乳首の黒ずみを改善するための方法はリップクリーム以外にもいくつも見つけることができますが、何が本当に効くのかわからないですよね。

私自身も、乳首の黒ずみに悩んだ経験から、乳首の黒ずみに良いと世の中で言われているあらゆる方法を試し、調べてきました。

その結果わかったことを下記の表に示しています。

黒ずみ対策 効果 即効性 副作用 費用 オススメ度
民間療法 バイオイル × × 3
★★★☆☆
ヨーグルトパック × × 2
★★☆☆☆
石鹸 × × 3
★★★☆☆
リップクリーム × × 1
★☆☆☆☆
医薬部外品 美白クリーム 5
★★★★★
病院での治療 治療薬 × 4
★★★★☆
レーザー治療 × × 4
★★★★☆

民間療法に当てはまる3つの方法は、黒ずみに対しての効果は証明されておらず、乳首の黒ずみを解消するほどの効果はないので、そこまで注力しなくてもいい方法です。

病院での治療は、効果は高いですが、高額な治療費や、副作用のリスクがあるため、まずは、安心で手軽な美白クリームから対策をしていくことをおすすめします。

残念ながら今回紹介するリップクリームは黒ずみを解消するためにはあまりおすすめできる方法ではありませんが、どんな効果が期待できるのか、なぜおすすめしないのかその理由を解説していきます。

1. 試してわかった!乳首の黒ずみにリップクリームはおすすめしない2つの理由

「リップクリームを塗れば乳首の黒ずみに本当に効果があるのか」と気になっていませんか?

私も、「濃い茶色の乳首を何とか色を薄くしたい」そんな思いで、「Christian Dior のアディクトリップグロウリップバーム」をAmazonで購入し塗ったことがありました。

実際にやってみるとよくわかるのですが。乳首の黒ずみにはリップクリームはおすすめできません。その理由をご説明しておきます。

1-1. 乳首の黒ずみは薄くならない

乳首の黒ずみの原因の1つに摩擦や紫外線などの刺激があります。皮膚の乾燥なども刺激になるため、リップクリームを塗ることで保湿ができ、予防にはなるかもしれません。

しかし、黒ずみの原因はメラニン色素であり、それを解消するためには、メラニン色素をつくりにくくする成分が必要ですが、リップクリームには保湿効果しかありません。

リップクリームはあくまでも唇に塗るために作られたもので、デリケートな乳首には逆に刺激になってしまうかもしれません。

1-2. 乳首の周りがベタつく

乳首にリップクリームを塗ると、ブラでこすれてすぐに取れてしまいます。

そして、とれないようにとたくさん塗ると、ブラの中で胸に広がりベタベタして気持ちがいいものではありませんでした。

特に夏はさらにべたつきが気になりますし、効果もないのでおすすめできません。

2. 乳首にリップクリームを塗って得られる唯一の効果

乳首にリップクリームを塗って1つだけ「おっ!!」っと思ったことがありました。

それは、乳首がプルンとしっとりして、色っぽい見た目になったことです。そして、少し色が明るくなったように見えることです。

薄目に塗らないとただべたついて、テカって見えてしまうので注意してください。

ただ1つ言えるのは、ヌード写真でも撮らない限り使えるタイミングがないことです。ブラをつけたり、水に浸かるととれてしまうので、やはり、根本的に乳首の色を薄くする対策をすることをおすすめします。

3. 乳首の黒ずみを解消するために抑えておきたい3つのポイント

乳首の黒ずみを解消できるという噂の方法はいくつも出回っていますが、多くのものは予防的なもので効果がわかりにくかったり、根本の解決になっていないものだったりして、イヤになってしまいます。

この章では、乳首の黒ずみを解消できる方法として抑えておきたい3つのポイントについて紹介します。

  • 保湿ができること
  • 美白成分が入っていること
  • 刺激が強くないこと

3-1. 保湿ができること

特に冬は、乳首が乾燥してカサカサしてしまうという人も少なくありません。そういった乾燥なども刺激となり、乳首の黒ずみの原因となってしまいます。

そのため、なるべく保湿しておくことに越したことはありません。特に乾燥肌の人はカサカサになっていないかはきにするようにしましょう。

3-2. 美白成分が入っていること

厚生労働省が効果を認めた美白に有効な成分がいくつもあります。

化粧品などにも美白成分が入っていることが多いですが、美白成分の効果で、黒ずみの原因であるメラニン色素の合成を抑制するなど、黒ずみに対して直接的に対策を打つことができます。

そのため、乳首の色を薄くしたいなら、絶対に美白効果がある対策を行いましょう。

3-3. 刺激が強くないこと

化粧品やシャンプー、石鹸など、ボディーケアに使うものの中には、刺激の強い成分が含まれていることも多いです。

有名な会社の製品だから大丈夫だろうと思って使っていると実は大間違いだったりします。

手や顔、乳首など、皮膚の場所によって皮膚の薄さは大きく異なります。ちゃんとした美白クリームや美容クリームであれば、特定の部位に合わせて作られているはずなので、なるべく皮膚に刺激を与えないように、目的に合った部位に対応した製品を使うようにしましょう。

4. 乳首の黒ずみを薄くしたい人にリップクリームがダメな理由とおすすめの美白クリーム

乳首の黒ずみを薄くキレイな色にするためには、リップクリームでは効果は期待できないでしょう

保湿効果があるリップクリームですが、どうしてだめなのでしょうか?そして、乳首の色を薄くするために必要な効果について下記の流れで解説していきます。

  • 乳首の黒ずみを薄くしたい人にリップクリームがダメな理由
  • 美白クリームの効果
  • 最もおすすめの美白クリーム「ホスピピュア」

4-1. 乳首の黒ずみを薄くしたい人にリップクリームがダメな理由

リップクリームは確かに保湿効果はあります。

保湿をすることで、皮膚への刺激を抑えることはできるかもしれませんが、あくまでも乾燥という刺激にしか効き目はありません。

また、保湿だけしても、今存在している黒ずみの原因である色素に対して、何も対処になっていないので、薄くならなくて当然です。

そのため、3章でお伝えした3つのポイントを満たしている必要があります。

そして、その3つを満たしているのが、美白クリームでしたので、次の章で紹介します。

4-2. 美白クリームの効果

美白クリームには、美白効果があるとされている、「トラネキサム酸」やハイドロキノンとブドウ糖を結合した「アルブチン」など、が含まれています。

皮膚の奥深くでメラニン色素が作られることによって黒ずみとなりますが、有効成分によって、このメラニン色素がつくられるのを抑える作用があります。

主に医薬部外品に分類されていて、副作用のリスクがほとんどなく使えることがメリットです。現在、乳首の黒ずみをキレイにする対策としては美白クリームが最もおすすめの方法です。

4-3. 最もおすすめの美白クリーム『ホスピピュア』

参考までに私が最もおすすめしている乳首の黒ずみ専用クリーム『ホスピピュア』を紹介しておきます。

出典:http://www.co-medical.jp/item/hospipure/

ホスピピュア』は天然成分にこだわり、敏感肌にも使える美白クリームです。トラネキム酸を配合しており、皮膚でメラニン色素の合成を抑え、皮膚の奥底から黒ずみの根本原因に対処することができます。

Amazonや楽天などあらゆるネットショップでもランキングで1位を獲得し、乳首の美白で今一番人気となっています。

もし気に入らなかったり何かあった場合でも、90日間の全額返金保証が付いているので安心です。

容量 30g/1ヶ月分
定価 ¥9,000
定期コース ¥5,500

ホスピピュア公式ページ

http://www.co-medical.jp/item/hospipure/

2回目の購入が3500円も安くなるなどお得なキャンペーンも実施されているので、こちらのページからが最も安く購入できます。

5. 乳首の黒ずみを一時的にピンクに近づける3つの方法

「乳首の黒ずみを隠したい!」一時的にであったとしても黒ずみを何とかする必要にせまられてる人もいるかもしれません。

そんな場合に、乳首の黒ずみを一時的にピンクに近づける3つの方法について紹介します。

①ファンデーション

出典:Amazon

色が濃い目の方は、ライトなファンデーションを塗ることで、乳首の黒ずみの色を薄くすることができます。パウダータイプのものではなく、クリームタイプのものがいいです。

ファンデーションは比較的濃いめの色の人でも薄くしやすい方法です。

ファンデーションは皮膚を覆ってしまい毛穴を防ぐため、皮膚の刺激になりお肌にはよくないので、あまりおすすめできる方法ではありません。

わざわざ何かを買う必要もなく、今お使いのもので試してみてはいかがでしょうか?

もしファンデーション使う場合は、落ちやすく、ブラについてしまうので、注意してくださいね。

②ティントコスメ

出典:Amazon

ティントコスメは塗るというよりも、染めるような感覚に近く、よりナチュラルに色味を抑えることができます。

色が少し明るくなって、ぷるんとした仕上がりになりますが、大きく色を隠せるわけではないのでご注意。

唇に直接ティントを塗ると乾燥してガサガサになってしまうほど、刺激があるものなので、乳首に塗るのはあまりおすすめしませんが、水などでも落ちにくいのがメリットです。

③口紅

出典:Amazon

ピンクや赤系の口紅を塗ることで、乳首の色を明るくすることができます。ただし、色が黒に近い方には色の変化が出にくいかもしれません。

薄い茶色からピンクに近づけたい人にはいいかもしれませんが、塗りすぎは真っ赤になりますのでご注意ください。

6. 最後に

乳首の黒ずみの改善に効果があるという噂のリップクリームについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リップクリームには保湿効果があるので、乳首の黒ずみの予防にはなる可能性はありますが、乳首の色を薄くする効果は期待できないのでおすすめできません。

乳首の色を薄くキレイな色にしたいなら、美白成分がしっかりと入った美容クリーム『ホスピピュア』を使って対策することをおすすめします。

もし、どうしても一時的にキレイに見せたいのであれば、ファンデーションや口紅などを使うとよいでしょう。ただし、あくまでも水に塗れたり、ブラをつけると取れてしまって意味がなくなってしまうので気をつけましょう。

あなたの乳首の悩みが軽くなることを心から祈っています。