薄くかわいい乳首にする3つの方法と一瞬でピンクにする裏技

「黒い乳首はイヤだ!」「私もかわいいピンク色にしたい」と乳首の色を薄いピンクにする方法を探していませんか?

黒い乳首は、正しいケアをして効果的な対策をすれば、可愛いピンク色の乳首に近づけることができます。

このページは、元美容エステティシャンとして10年間女性のお肌と向き合ってきた私が、綺麗なピンク色の乳首を手に入れるために必要な情報を紹介したものです。

  1. 乳首の色を薄いピンクにする3つの方法
  2. 効果が期待できない民間療法と逆効果な方法
  3. 乳首をピンクにするのに一番おすすめな美白クリーム
  4. 美白クリームに納得できない場合におすすめな治療薬
  5. 最終手段としておすすめなレーザー治療
  6. 一瞬で乳首をピンクに変える裏技商品
  7. 乳首が黒ずむ5つの原因
  8. 男性に聞いて分かった!乳首の色の理想とイメージは?

このページを読めば、可愛いピンク色のバストトップを手に入れるために、どのようにケアをすれば良いのか分かるので、ぜひご覧ください。

口コミ・評判

著者:鈴木 サトミ(元エステティシャン)
エステ系の会社を転々と回り、通算で10年以上つとめました。
痩身エステやフェイシャルエステを中心に、脱毛エステやフェイシャルセラピストとしての経験もあります。
現在は、育児のかたわらにブログを書いています。
できるだけ詳しく分かりやすく、エステ関連の情報をお届けできるようにがんばります。

0. はじめに

乳首の色は真っ黒やピンクなど人によってさまざまですが、色の薄い可愛い乳首にしたいと思う人は多いと思います。

私自身、乳首の色に悩み、あらゆる方法を試してきましたが、下のイラストの濃い茶色からベージュと薄いピンクの間くらいまで色を変えることに成功しました!

乳首の色は「メラニン色素」という色素よって色が決まっており、生まれた時にある程度決まっています。

しかし、子供の頃に比べると明らかに乳首の色が濃くなったように感じませんか?

実は、日常の中にある刺激や摩擦などが原因となって、少しずつ色が濃くなっていきます。

乳首が黒ずむ原因については、7章「乳首の黒ずむ4つの原因」で詳しく紹介します。

1. 乳首の色を薄いピンクにする3つの方法

乳首の色をピンクにする方法は、大きく次の3つに分けることができます。

  • 民間療法
  • 医学部外品
  • 病院での治療

ネット上では様々なケアの方法が紹介されていますが、あまり効果が期待できないのも混じっていますので注意が必要です。

下の表は、乳首の色を薄くするためのケア方法とその特徴についてまとめたものです。

最もおすすめなのは美白クリームで、コスパが良くてすぐに始めることができます。

分類美白法効果即効性副作用費用
民間療法バイオイル××
ヨーグルトパック××
石鹸××
リップクリーム××
医薬部外品美白クリーム
病院治療治療薬×
レーザー治療××

※クリックすると、詳しく解説しているページにリンクします。

民間療法の3つの方法は、美白の効果は証明されておらず、あまり効果は期待できません。

病院での治療は高い効果が期待できますが、高額な治療費や、副作用のリスクがあります。

まずは、安心で手軽な美白クリームから対策をしていくことをおすすめします。

次の章から、それぞれの対策について詳しく解説していきます。

2. 効果が期待できない民間療法と逆効果な方法

ほとんど効果が期待できなくても、乳首を薄いピンクにする対策として紹介されていることがよくあります。

そこでこの章では下記について詳しく解説します。

  • あまり効果が期待できない対策
  • 乳首の黒さを悪化させてしまうNGな方法

間違ったケアをして、黒ずみをヒドくしないように気を付けましょう。

2-1. あまり効果が期待できない対策

乳首の色を薄くできると持ち上げられていることがありますが、次の3つの方法は、あまり効果が期待できません。

  • バイオイル
  • ヨーグルト
  • 石鹸

それぞれに期待できる効果をまとめました。

 対策方法期待できる効果
バイオイル美容に良いとされるバイオイルを塗る・保湿
・ターンオーバー促進
ヨーグルトヨーグルトから乳清を取り出し塗る・保湿
石鹸黒ずみ対策石鹸を使用する・刺激を減らす
・皮脂を落としすぎない

※ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことです。

これらの対策は、健康的な肌を保つ効果は期待できますが、色を薄くする効果は期待できません。

黒い乳首の色を薄くするためには、黒い色の原因であるメラニン色素を増やさない対策が必要です。

実際に、試してみた人も、効果を感じられなかった人ばかりでした。

口コミ・評判

20代 女性(バイオイル)
もともと、バイオイルを美容のために使っていましたが、乳首の黒ずみにも良いと聞いて、しばらく試してみました。
半年くらい塗っていましたが、全く変化なかったですね。

口コミ・評判

30代 女性 (ヨーグルトパック)
乳首やバストに塗っていましたが、かゆくなったり、少し赤くなってしまったのでやめてしまいました。

口コミ・評判

30代 女性(石鹸)
ジャムウの石鹸が良いと聞いて使ってみました。
使用感はとてもよく、お肌もしっとりして、皮膚にも優しそうな感じだったので、しばらく使ってました。色は変わらなかったですね。

以上のように、美容には良い対策ではありそうですが、乳首の黒ずみに対しては効果を得られない人が多いようです。

他にも「リップクリームで乳首の黒ずみを隠せる」などの情報もありますが、あまり効果は期待できません。

リップクリームの効果がない理由について知りたい人はこちらのページ「大嘘!乳首の黒ずみにリップクリームをおすすめしない2つの理由」をご覧ください。

2-2. 乳首の黒さを悪化させてしまうNGな方法

乳首の黒ずみを解決しようと努力して、逆に黒ずみをひどくしてしまう場合があるので注意が必要です。

下の表は、黒ずみを悪化させてしまう方法についてまとめたものです。

日々の生活習慣の中にも黒ずみを悪化させる可能性があるもので気をつけましょう。

方法悪化する理由
ピーリング角質を柔らかくして、ターンオーバーを整えますが、刺激が強すぎて悪化する場合があります。
スクラブ種子や樹脂などの細粒を加えた研磨剤のようなもので、古い角質を落としますが、デリケートな乳首には刺激が強すぎます。
歯磨き粉スクラブと同様に歯磨き粉も研磨剤が入っており、デリケートな乳首には刺激が強すぎます。
レモンパックレモンは酸が非常に強くデリケートな乳首には刺激となります。
ゴシゴシ洗う角質を落とそうとゴシゴシ洗う人がいますが、刺激となり逆効果となります。

肌に刺激を与えると、黒ずみの原因であるメラニン色素が活性化してしまい、乳首の黒ずみをひどくしてしまうことがあるわけです。

まら、喫煙や過度な飲酒、食生活の乱れなどは、皮膚のターンオーバーを乱れさせる原因になるので、生活習慣に気をつけた方が良いですね。

3. 乳首をピンクにするのに一番おすすめな美白クリーム

美白クリームは値段がお手頃で、病院に行く必要もなく、気軽に試すことができます。

この章では、美白クリームについて下記の流れで紹介します。

  • 美白クリームの成分と効果
  • おすすめの美白クリームランキング

3-1. 美白クリームの成分と効果

乳首の色を薄くしたいなら、必ず「メラニン色素の合成を抑制する」成分が入ったものを選ぶ必要があります。

下の表は、乳首の色を改善する効果が期待できる成分についてまとめたものです。

成分作用の強さ
リン酸Lアスコルビル
ビタミンC誘導体
2
★★☆☆☆
アルブチン3
★★★☆☆
トラネキサム酸4
★★★★☆

トラネキサム酸はもともとは医薬品に使われていた成分で、それだけ高い効果が期待できます。

メラニン色素の合成を抑制すると、なんで色が薄くなるの?

クリームでメラニンの生成を抑制すると、肌のターンオーバーで黒ずんだ古い角質が生まれ変わることで、少しずつ乳首の色を薄くしていくことができるからです。

下記の図は、メラニン色素合成の抑制効果を簡単にまとめたものです。

メラニン色素になる前の「チロシン」が酵素と結びつくのを邪魔して、メラニン色素が作られるのをおさえることができるわけです。

3-3. おすすめの美白クリームランキング

乳首の色を可愛いピンクにするために、おすすめの美白クリームをご紹介します。

高い美白効果が期待できるトラネキサム酸を含んだもので、最もおすすめなのが、『ホスピピュア』です。

美白クリームについて詳しく知りたい方は、こちらのページ「「徹底比較してわかった乳首の黒ずみ対策に唯一おすすめのクリーム」をご覧ください。

ホスピピュア

出典:https://www.hospipure.com/

ホスピピュア』はAmazonや楽天などあらゆるネットショップでランキングで1位を獲得し、2016年のモンドセレクション金賞、「医療関係者が使ってもっともよかったケア商品部門1位」など、乳首の美白で一番人気の商品です。

美白成分としてトラネキム酸を配合しており、メラニン色素の合成を抑え、黒くならないようにケアできるので、徐々に色を薄くしていくことができるでしょう。

ダイズエキス、海藻エキス、ローズマリーなど肌に優しい天然成分が配合されており、敏感肌の方にも使うことができます。

もし気に入らなかったり何かあった場合でも、90日間の全額返金保証が付いているので安心です。

容量30g/1ヶ月分
定価¥9,000
定期コース¥5,500
実際にホスピピュアを使ったことで、乳首の色が薄くできたという声がいくつも見られました。

口コミ・評判

20代 女性
評価:★★★★★5
当時付き合っていた彼氏とふと胸の話になったことがあって、「美乳がいい」「乳首はピンクがいい」「乳輪が小さい方がいい」などなど好き放題言っていました。自分のことを言われているような気がしてなりませんでした。友達がホスピピュアを使っていたこともあって、試してみましたが1ヶ月使ってあれ少し・・・?ととても期待していましたが、2ヶ月、3ヶ月と薄くなっていきました。少し彼氏にアピールしてみたりもしてますが(笑)前よりも少し自信がもてるようになりました。

ホスピピュア公式ページ

https://www.hospipure.com/

2回目の購入が3500円も安くなるなどお得なキャンペーンも実施されているので、公式ページで購入するのが最もおすすめです。

参考:8種類の美白クリーム比較

成分や価格、口コミなど、あらゆる観点で、本当に良い美白クリームを使って、少しでも早く確実に可愛いバストトップを手に入れて欲しいので、乳首の色を薄くピンクにする効果が期待できる8種類の美白クリームについて比較を行いました。

楽天・アマゾン・アットコスメなどの口コミの評価がわかるものを全て調査し、点数で表しています。

※口コミがあまりにも少なすぎたり、出品場所が少ないものは口コミの評価ができなかったものもあります。

 商品名美白有効成分保湿効果刺激性口コミ
1位
ホスピピュア

¥5500〜

トラネキサム酸
4.2/5pt
ホワアイトラグジュアリープレミアム
¥5980〜

アルブチン・ビタミンC誘導体
 3.8/5pt
2位
ヴィエルホワイト¥4,770〜

トラネキサム酸
4.1/5pt
ピンキーファインリー
¥4,800〜

アルブチン
なし
ピンキープラウド¥3,816〜
アルブチン
なし
ピューレパール¥4,750〜なし ◎3.7/5pt
イビサクリーム¥4,970〜
トラネキサム酸
 ◎3.8/5pt
薬用アットベリー¥2,980なし3.4/5pt

保湿成分についてはほとんどの美白クリームは配合されているため、差がなく、口コミにも大きな差は感じませんでした。

値段が安めの商品については、防腐剤や添加物が含まれており、お肌に刺激となる可能性があるので注意が必要です。

今回、乳首用の美白クリームは塗りやすさや、口コミの観点からホスピピュア』が最もおすすめとなりました。もし、合わない場合は『ヴィエルホワイト』を選んでみても良いでしょう。

4. 美白クリームに納得できない場合におすすめな治療薬

もし、先ほど紹介したクリームをしばらく使ってみても変化がない場合や、どうしてもはやく色を薄くしたい場合は、皮膚科や美容外科などで治療をするしか方法はありません。

美容外科や皮膚科に行くと美白の効果があるとされる下記の2つの薬があり、これらの薬を処方してもらうことになります。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

この2種類の成分の効果と副作用について紹介しておきます。

4-1. ハイドロキノンの効果と副作用

出典:https://ameblo.jp/hamakkov/entry-12129754016.html

ハイドロキノンの効果と副作用についてさらに詳しく見ていきましょう。

ハイドロキノンの効果

下記の図はハイドロキノンの作用を表しています。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるほど非常に強力な薬で、チロシンからメラニン色素が合成されるのを抑制します。

さらに、すでにあるメラニン色素を薄くする還元作用を持っており、美白効果としてはNo.1です。

ちなみに、ハイドロキノンは劣化しやすい成分であるため、使用期限を守るようにしてください。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは効果がある反面、下記のような副作用が出る可能性があります。

  • 赤み、かゆみ、炎症
  • 白斑
  • 色素沈着(黒ずみの悪化)

ハイドロキノンの還元作用が刺激となってしまい、赤みや炎症を引き起こすことがあります。

また、白斑という白いシミになる可能性があったりと、副作用がいくつもあるので、注意して検討したほうがいいかもしれませんね。

ハイドロキノンを使った人の声として、すぐに赤みが出てきたりヒリヒリするので使うのをやめてしまったという声がいくつも見られました。

口コミ・評判

nonopoko115さん
ハイドロキノン 赤み 使用中止?
シミを治したくて、皮膚科で購入したハイドロキノンクリームをしようしました。
次の日、塗った箇所よりも広範囲に赤みが出ました。 ※一部抜粋

出典:Yahoo知恵袋

赤くなったり、かゆみが出ている場合は、炎症を起こしている証拠です。

もし、赤みやかゆみが出た場合はすぐに、薬を処方してもらった医師に相談しましょう。

4-2. トレチノインの効果と副作用

出典:http://www.mg-clinic.com/hydroquinone/tretinoin.html

トレチノインは日本では認可されていない未承認薬です。そのため、一部の皮膚科や美容クリニックでしか手に入れることができません。

トレチノインは非常に高い効果がある反面、怖い副作用もあるので、注意深く見ておきましょう。

トレチノインの効果

トレチノインは、古い角質を取り除き、皮膚の再生を積極的にする役割(ターンオーバーをはやめる作用)があります。

黒い乳首は、この皮膚の表面や皮膚の少し深いところにメラニン色素が沈着した角質によって黒く見えています。

トレチノインには、色素がついた角質を排出することによって、色を薄くしていく効果が期待できるのです。

トレチノインの副作用

トレチノインの作用のおかげで、皮膚の新陳代謝がよくなり、黒ずんだ角質がどんどん剥がれていくため、色はキレイになるかもしれませんが、薄く皮がめくれるようなことがあります。

また、トレチノインは妊娠中、授乳中、妊娠予定の人は、胎児に影響を及ぼすおそれがあるので、該当する人は絶対に使わないようにしましょう。

治療薬は近所の皮膚科で処方してもらうことができます。薬の処方には診断が必要なので、「地域 皮膚科」で検索し、お近くの皮膚科を探しましょう。

5. 最終手段としておすすめなレーザー治療

出典:http://www.queens-clinic.com/ver_01/clinic/clinic_qsrl.html

美容外科や美容系のクリニックなどでは、数は多くありませんが、レーザーを照射する機械を導入しているところもあります。

現在、最も即効性がある方法はレーザー治療でしょう。

実際にレーザー治療の内容や、費用や注意点など詳しく解説していきます。

5-1. レーザー治療の効果

レーザー治療とは、黒い色素だけを破壊するレーザー(光)を色を薄くしたい乳首や乳輪に当てることで、メラニン色素を破壊し、色を薄くしていく方法のことです。

5-2. レーザー治療の費用と注意点

レーザー治療は院にもよりますが、1回あたり15,000円〜40,000円程度の費用がかかります。それに、1回で希望の薄さにできるとも限らず、中には10回ほど繰り返す人もいます。

そのため、希望の薄さにするためには高額な治療費がかかってしまう可能性があります。

さらに、高額な費用がかかるにもかかわらず、希望の色までは薄くならない可能性もあり、最悪の場合、色が逆に濃くなってしまったり、白斑が生じるリスクもあります。

効果は高い方法ですが、あくまでも最終手段にして、他の方法を全て試してからにすることをおすすめします。

レーザー治療について興味がある方はこちらの記事「乳首の黒ずみを除去する美容外科完全ガイド|費用の相場と選び方」でさらに詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

6. 一瞬で乳首をピンクに変える裏技商品

これまで紹介した方法はいつ誰に見られても大丈夫なように、乳首の色を根本から薄くする方法ですが、「すぐにどうしても何とかしたい!」そんな時があるかもしれません。

そんな時に使える一瞬で乳首をピンクに変える裏技商品を紹介します。

ただし、着色しているだけなので取れてしまうことと、着色により刺激にならないとも限らないので、基本的には美白クリームで徐々に薄くしていくことをおすすめします。

ピンキークイーントップパック

出典:Amazon

ピンキークイーントップパック』はバストトップに塗って、およそ10分後乾いたら剥がすだけでほんのりピンクにすることができる商品です。

原理は口紅などとほぼ同じで、着色してピンクにするタイプのものです。なお、着色料はベニバナです。日本製なので、比較的安心して購入できそうですね。

  • 価格:約¥1,800(Amazon)

こちらからAmazonで購入できます。→www.amazon.co.jp/dp/B008KWAHWG

7. 乳首が黒ずむ5つの原因

乳首の色が黒くなる原因がいくつもあり、仕方ない原因もありますが、何気ない普段の生活の中にも黒ずみを濃くしてしまう原因が隠れています。

ネットには、いかにも効果がありそうな対策が紹介されていますが、乳首の色を薄くするほどの効果が見込めないものも多く存在します。

間違った対策をしないためにも、まずは次の5つの原因を知っておきましょう。

  • 摩擦・刺激
  • ターンオーバーの鈍化
  • 妊娠
  • 授乳による刺激
  • アトピー 性皮膚炎

それぞれ紹介します。

7-1. 摩擦・刺激

先ほど、黒い乳首の原因はメラニン色素であることをお伝えしましたが、実はこのメラニン色素は外部の刺激から体を守るために、作られる色素です。

そのため、摩擦や刺激が加わることによって、メラニン色素が増えてしまいます。

例えば、ブラとの摩擦で乳首が擦れることで刺激となったり、乳首に直接紫外線を浴びなくとも、目から紫外線を浴びると、脳内でメラニン色素を合成するように指令が行き、黒くなってしまうこともあります。

7-2. ターンオーバーの鈍化

ターンオーバーという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

皮膚の表面の古い角質の細胞はどんどん剥がれ落ちていき、常に新しく作りかえられていきます。これをターンオーバーと呼んでいます。

一般的に、皮膚は1ヶ月で新しいものに変わるとも言われていますが、歳をとると、ターンオーバーの周期がどんどんと遅くなっていきます。

メラニン色素が作られ、黒くなった細胞ができたとしても、ターンオーバーによって細胞は表面に出て行き、やがて剥がれ落ちるので、元の色に戻ります。

しかし、加齢によってターンオーバーの周期が遅くなることで、古い角質が生まれ変わらずに皮膚の表面に居座り続けてしまい、黒くなってしまいます。

また、生活習慣の乱れなどによってもターンオーバーは乱れますので、普段から気は抜けませんね。

7-3. 妊娠

妊娠も乳首が黒くなる1つの原因です。妊娠すると女性ホルモンの1種であるプロゲステロンの量が多くなります。

このプロゲステロンは、妊娠や出産にはかかせないホルモンなのですが、その他に、メラニン色素の合成を活発にする働きがあり、その影響で乳首が黒くなってしまうと言われています。

一説には、生まれた赤ちゃんにわかりやすいように、色をつけているという噂もあります。

妊娠中は乳首の色が黒くなってしまうのは仕方ありませんので、まだ妊娠や子作りの予定がある人は全て終えてから対策をはじめて良いかもしれません。

7-4. 授乳による刺激

赤ちゃんが生まれると、お乳をあげることになりますが、赤ちゃんの吸い付き力は結構なもので、最初のうちは吸い方も下手くそで痛かったり、乳首が切れてしまうこともあるでしょう。

そして、1日のうちに何回もお乳をあげるので、当然刺激になります。

この刺激によって黒くなってしまうこともあります。

7-5. アトピー 性皮膚炎

アトピーの方は、胸の周りに湿疹ができて、かゆみを感じることもあるかもしれません。

その際に、どうしてもかゆくて掻いてしまうこともあるかと思いますが、掻いてしまうことが刺激となって色素沈着の原因になっていることもあります。

8.  男性に聞いて分かった!乳首の色の理想とイメージは?

「急に彼氏とお泊まりデートになった」「友達と温泉旅行に行くことになった」などなど、普段は見られることがなくても、時折気になる乳首の色。

女性の友達だけじゃなく、どうしても気になるのが、男性の乳首の色に対するイメージではないでしょうか?

「男性はピンクの乳首がいい」という声はよく聞きますが、本当にそうなのか確かめる為に、少しの期待を持ちながら、所属している社会人サークルの20代〜40代の男性65人に女性の乳首の色についてアンケートをとってみました。

10人いれば8人以上の男性が乳首は薄い色の方がいいと答えています。やはりそうかとは思いましたが、さらにアンケートの際に乳首の色についてコメントを書いてもらったところ、「ひどすぎる・・・」と非常にショックでした。

世の中の男性はいったい何を夢見ているのでしょうか・・・紹介しようか迷いましたが参考までに乙女心を知らないの男性の声を紹介しましょう。

口コミ・評判

20代 男性
ブラを外したら、薄暗い灯りでも分かるくらい乳首が真っ黒だったことがあって、その時は萎えましたね。

口コミ・評判

20代 男性
いったい何人の男とヤッてきたのかと思う。仕方ないんですが「汚ね〜な」と思ってしまいます。

口コミ・評判

30代 男性
それはもちろんピンクがいいですね。茶色でもいいですが、乳輪の大きくて茶色や黒はちょっと

他にも色々声はありましたが、私の今までの彼にもこんなことを思われていたんだろうかと考えると泣きたくなりました。

  • 汚い
  • セックスする気がなくなる
  • オカンかと思う

ごく一部ですが「好きな人なら何色でも愛せます」「私は特に乳首の色は気になりません」ということを書いてくれていて、何とかこういった人に出会えればと祈ったものです。

ほとんどの男性は薄い色を求めているのは間違いないので、可愛いピンクの美乳目指して一緒に頑張りましょう!

9. まとめ

黒い乳首の原因から、乳首の色を薄くしピンクにするための対策について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

乳首ケアは効果が薄い方法と効果が高い方法がありますので、しっかりと見極めた上で効果が高い方法でケアすることをおすすめします。

乳首の色を薄くキレイな色にしたいなら、美白成分がしっかりと入った美容クリームから対策をはじめることをおすすめします。

唯一おすすめの美白用品は『ホスピピュア』です。もし、高い費用や副作用のリスクを許容できる方は、皮膚科や美容外科に行って治療をしてもいいかもしれませんね。

あなたの乳首の悩みが軽くなることを心から祈っています。