鼻にできる吹き出物の原因と今日からできる超簡単な対策7選

ちょっと体調が悪かったり、食事生活が乱れたりすると、プチッと鼻に吹き出物ができて困りますよね。

鼻に吹き出物ができる原因は色々ですが、間違ったケアをしているばかりに症状を悪化させてしまっているケースも少なくありません。

そこで、このページでは化粧品会社の研究部門で10年間開発に携わった筆者が鼻の吹き出物について下記の流れで解説していきます。

  1. 鼻に吹き出物ができる原因
  2. 部分別にできる吹き出物の原因
  3. 鼻の吹き出物が出たら皮膚科に!
  4. 鼻の吹き出物を予防する対策7選
  5. 鼻の吹き出物に繋がるNGケア
  6. 鼻に起こりうる吹き出物や皮膚のトラブル

このページを読んでいただければ、鼻の吹き出物の原因がわかり、悩みがグッと軽くなるでしょう。

1. 鼻に吹き出物ができる原因

できてしまった吹き出物は、シミになったり、クレーターのようになってしまったりと跡が残ってイヤになっちゃいますよね。

吹き出物は正しくケアすれば、悪化を最小限に抑えることも可能です。間違った対策をしてしまっている人も多いので、まずは、吹き出物ができる原因から理解しましょう。

吹き出物ができる原因はたくさんあるのですが、大きく分けると下記の3つです。

  • ホルモンバランスが乱れ
  • ターンオーバーの乱れ
  • 外部の刺激

それぞれについて細かい原因がありますので、それらも合わせて紹介します。

① ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れる原因はいくつもあって、特定しにくいのですが、具体的には下記のようなものです。

  • 加齢
  • 慢性的なストレス
  • 栄養バランスの乱れ
  • 睡眠不足

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の増加や、皮脂の分泌を抑える作用の低下などに繋がり、ニキビができやすい環境となります。

② ターンオーバーの乱れ

皮膚を新しく作り変える機能(ターンオーバー)が遅くなることで、古い角質などがうまく代謝されず、毛穴につまりやすくなります。

詰まった毛穴に炎症がおこることでニキビになります。

ターンオーバーが乱れる原因としては下記のようなことがあります。

  • 加齢
  • 乾燥
  • 化粧品などの刺激

お肌は乾燥しやすくターンオーバーが乱れやすいので、しっかりと保湿をし、乾燥させないことがとても重要です。

③ 外部の刺激

お肌が外部の刺激を受けることで、吹き出物ができやすい状態になります。

刺激となるものは下記のように様々ですが、外からの刺激によって、皮膚のバリア機能が低下したり、皮膚に住む菌のバランスが崩れることで、吹き出物ができるきっかけとなります。

  • 紫外線
  • 皮脂の洗い残しや洗いすぎ
  • 洗顔料の洗い残し
  • 化粧品などの刺激

2. 部分別にできる吹き出物の原因

【生え際】

生え際はシャンプーや洗顔料などのすすぎ残しが生じやすい場所です。

さらに、整髪料や髪についた汚れなどが皮膚に触れやすい部分でもあり、それらが原因で吹き出物に繋がります。

対策としては、シャンプーや洗顔料、整髪料などが残らないようにしっかりとすすぐことです。

【おでこ】

おでこは睡眠不足やホルモンバランスの乱れで吹き出物が出やすい場所だと言われています。

対策としては、まずは睡眠時間を確保し、休息を取るなどしてケアをしましょう。

【眉間】

眉間の吹き出物はおでこの吹き出物と近いのですが、ストレスや自立神経の乱れが吹き出物に繋がっていると言われています。

ストレスケアをしたり、自律神経を整えるために運動や入浴をするなどしてケアをしましょう。

【鼻】

鼻は皮脂線が多く、皮脂が多く分泌されやすい場所です。

皮脂は男性ホルモンの分泌が盛んになったり、脂っこい食事などが原因で増えることがあります。

根本的な対策としては、食生活に気をつけるようにしましょう。

【頬】

頬の吹き出物は、肝臓の機能が低下したり、便秘などが関係していると言われています。

肝臓が弱ってしまう原因は様々ですが、肉類や脂肪分の多い食事、アルコールの過剰摂取などが原因である可能性もあります。

油っぽい食事を控え、野菜を多く取るように気をつけてみましょう。

【鼻の下】

鼻の下の吹き出物は男性ホルモンの過剰分泌が繋がっていると言われています。

女性の場合は、女性ホルモンが男性ホルモンの作用を抑えているため、女性ホルモンの分泌が乱れないように、ストレスやダイエット、睡眠不足など、女性ホルモンの低下に繋がる生活に注意をしましょう。

【口の周り】

口の周りの吹き出物は、鼻の下と同様の男性ホルモンの過剰分泌や、食生活の乱れによるビタミン不足などが繋がっていると言われています。

偏った食生活を見直し、野菜を多く取るように気をつけてみましょう。

【あご】

あご周辺の吹き出物は、女性ホルモンの乱れなど、婦人科系の疾患が繋がっていると言われています。

冷えや消化器官などもホルモンバランスを乱すポイントに繋がりますので、特に女性は体を冷やさないように注意し、食生活や生活習慣などを整えましょう。

3. 鼻の吹き出物が出たら皮膚科に!

鼻の吹き出物ができてしまった時にどのようにケアするのが良いのかについて結論をお伝えしていきます。

3-1. 吹き出物はどうやってケアするのが良い?

鼻に吹き出物ができてしまったら、まず気をつけるべきなのは、跡を残さないことと、悪化させないことです。

よくやってしまいがちなのが、間違ったケアをしてしまったばかりに、吹き出物を悪化させてしまったり、跡になってしまうことです。

吹き出物がひどい場合や、跡を残したくない場合は皮膚科に行ってみても良いかもしれません。炎症を抑えたり、吹き出物のケアができる薬を処方してもらうことで、悪化や跡ができる確率を最小限にできるでしょう。

3-2. 予防やセルフケアも重要!

吹き出物ができてしまったら、皮膚科に行くのは良いですが、何より重要なのは、吹き出物ができないための予防をすることと、間違った毛穴のケアをしないことです。

次の章以降で、鼻の吹き出物を予防するための対策について紹介していきますので、参考にしてみてください。

4. 鼻の吹き出物を予防する対策7選

正直、できてしまった吹き出物はキレイに治すのはとても難しいので、予防をすることがとても重要です。

そのためには、吹き出物ができてしまう原因を頭に入れて、吹き出物ができるのを未然に防ぎましょう。

これから紹介する自宅でできる対策は、肌の乾燥、肌荒れ、皮脂の分泌が過剰にならないための対策です。

下記に7つ紹介しますので、参考にしながらやってみてください。

  • 睡眠の質を高める
  • ストレスケアをする
  • 食べ過ぎない
  • 紫外線対策をする
  • 温冷トレーニングをする
  • ニキビケア商品を使う
  • 洗顔を使う

① 睡眠の質を高める

睡眠不足が続くと、免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下に繋がります。そしてこれらは皮脂の過剰分泌に繋がります。

22時〜2時は成長ホルモン最も活発に出る時間帯で、皮膚の合成や新陳代謝も活発になると言われているため、なるべく早く寝るように心がけましょう。

そうは言っても、中々早く寝るのは難しいという人は睡眠の質を高めるために寝る前に下記の対策をしてみることをおすすめします。

  • 就寝前はスマホの画面を見ない
  • ホットミルクを飲む
  • ストレッチをする
  • 入浴して体を温める

② ストレスを溜め込まない対策をする

ストレスがたまると、睡眠不足と同じく、免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下に繋がります。そしてこれらは皮脂の過剰分泌に繋がります。

ストレスを和らる効果があるとされている対策は下記の通りです。

  • 睡眠の質を高める
  • 太陽の光を浴びる
  • ハーブティーを飲む
  • ヨガ・マッサージ
  • 入浴して体を温める

忙しいという人も普段のご褒美にたまにはリラックスする時間をとるようにしましょうね。

③ 食べ過ぎない

食べ過ぎは体脂肪を増やし、皮脂が過剰に分泌される原因となります。

揚げ物や、肉の脂など、脂っぽい食事を控えるのはもちろんですが、お米や甘いものなどの炭水化物や糖分の取りすぎも皮脂の分泌に影響します。

そのため、食べ過ぎないようにこころがけましょう

下記の表にある成分は皮膚に良い影響をもたらす栄養素がたっぷり入った食べ物です。参考にしながら普段の食事に取り入れましょう。

栄養素効果食べ物
ビタミンA 皮膚を維持する、新陳代謝を活発化するいわし、さば、あなご、うなぎ、卵、牛乳、ピーマン、にんじん
ビタミンB 新陳代謝を活発化乾燥による炎症を抑える豚肉、レバー、卵、豆類
ビタミンC コラーゲンの合成、抗酸化作用レモン、いちご、柿、しいたけ、ピーマン
ビタミンE 血行促進、新陳代謝の活発化油、ゴマ、アーモンド、豆類、たらこ
セラミド 皮膚を保湿する成分豆類、こんにゃく、ほうれん草、ヨーグルト、ひじき、わかめ
リノレン酸 細胞分裂の補助えごま、大豆、小麦、柿
亜鉛 細胞分裂に必要、新陳代謝の活性化牡蠣、牛肉、たらこ、卵

④ 紫外線対策をする

紫外線はシミなどの原因になるだけではなく、細胞の組織を劣化させ、水分を保持する力を弱くすることに繋がります。

すなわち、乾燥や毛穴のたるみや毛穴が開いて見える原因になるということです。

少しの外出でも日焼け止めを使うなどして対応しましょう。

⑤ 温冷トレーニングをする

お肌を温めたり、冷やしたりすることで毛穴付近の細胞を活性化する効果があると言われています。

お肌を温めることで、血行が良くなり、ターンオーバーもスムーズになります。そして、冷やすことで、毛穴を引き締め、過剰な皮脂分泌を防ぐ効果が期待できます。

そこで効果的な温冷トレーニングの方法を紹介しますので、下記の順番でおこなってみてください。

  • 蒸しタオルで毛穴を開く
  • 冷水で毛穴を閉じる

蒸しタオルで毛穴を開く

  1. タオルを水に濡らし、絞ります。
  2. 濡らしたタオルをロールケーキのように丸めます。
  3. 電子レンジに入れて500Wで1分程度温めます。
  4. 加熱された蒸しタオルを一気に広げて冷まし、適温にします。
  5. 蒸しタオルを顔の上に乗せます。

※やけどしないように注意してください!

冷水で毛穴を閉じる

  1. ボウルに冷水を入れる。
  2. 水にタオルをつけて軽く絞ります。
  3. 水分を残したタオルを顔にのせて30秒ほど冷やします。

※氷水などでは冷えすぎてしまうので冷水で問題ありません。

⑥ ニキビケア商品を使う

ニキビを予防するために、毛穴のケアができる化粧品や洗顔などを使うという方法があります。

例えば、ビーグレンの化粧水や美容液など4種類が入ったセット7日分を1,944円で試すことができます。毛穴ケアの化粧品としてはずば抜けて人気で、口コミも良くおすすめです。

トライアルキット公式ページ→http://www2.bglen.net/ec/white/lp/index.html

⑦ 洗顔を使う

モッチモチの泡で、優しくそしてしっかりと洗い流せる今とても人気な洗顔『どろあわわ』を紹介します。

どろあわわ』は、なんと830万個も出荷している超ヒット商品です。

毛穴の角栓までしっかりととれて、つるんとしたキレイなお肌を手に入れられるでしょう。通常¥2,980が初回は¥1,490で購入できるので、手軽に始めることができます。

InstagramやtwitterなどのSNSの口コミも「洗ったあとのツッパリ感がない」「すべすべする」「もちもち感がある」など良いものが見られました。

公式ページ:http://www.kenkoucorp.com

5. 鼻の吹き出物に繋がるNGケア

吹き出物ができると、それをキレイにしようとして、間違ったケアをしてしまうケースがよくあります。それが原因で吹き出物の悪化に繋がっていたり、新しく吹き出物を作ってしまう原因になってします可能性もあります。

これから紹介する内容は時に有効である場合もありますが、多くの場合、肌のターンオーバーを乱したり、毛穴を無理に広げてしまったりと、吹き出物の悪化に繋がる可能性があるため注意しましょう。

  • 洗顔を何度もする
  • ピーリング・スクラブを頻繁にする
  • ピンセットでつまみ出したり、手で押しつぶす
  • 毛穴パック

これらのケアはなぜダメなのか?どのように行えば良いのかについて解説します。

① 洗顔を何度もする

洗顔を何度も行うのはお肌には良くありません。

夜はクレンジングや洗顔料を使って洗顔を行っている人も多いかと思いますが、洗顔のやりすぎは皮脂の落としすぎに繋がり、肌が皮脂を補おうと余計に皮脂の分泌量が増える可能性があるためです。

こすりすぎたり、1日に何度もするなどやりすぎには注意しましょう。

夜は洗顔料を使うこともあると思いますが、朝は洗顔料を使わず水だけで顔を洗う程度にしましょう。

② ピーリング・スクラブを頻繁にする

ピーリングなどで皮脂や古い角質を落とし、ターンオーバーを正常化する効果が期待できるものですが、やりすぎると、皮脂の落としすぎや、角質を落としすぎて、乾燥に繋がります。

乾燥は皮膚の新陳代謝を見出し、角栓などができやすくなり、ニキビなどに繋がります。

ピーリングやスクラブはおおよそ1週間に1回が上限で、あまり行わないことをおすすめしますが、肌に刺激を感じたり、乾燥を感じる人は、頻度を落とすなどやりすぎに注意しましょう。

③ ピンセットでつまみ出したり、手で押しつぶす

安易にピンセットや手で無理やり押し出すと、毛穴が大きくなってしまいますし、毛穴の負担になります。

さらにこの時の刺激が原因でシミなどに繋がったり、炎症を起こしてニキビになってしまう可能性があります。

④ 毛穴パック

毛穴パックは「ごっそり角栓が取れて気持ちよさそう」というイメージがありますが、実は下記のような2つのようなデメリットがあります。

肌にはとても刺激のある方法ですので、注意が必要です。

  • 皮脂を落としすぎるので乾燥に繋がる
  • 毛穴が開いたままになり、毛穴のトラブルが悪化する

毛穴パックは、鼻の角栓や皮脂をごっそり除去してしまいます。皮脂は皮膚を守るバリアのような働きをしているのですが、その皮脂を取り除いてしまうために敏感肌、乾燥肌になってしまうことがあります。

毛穴から無理やり角栓を引き出すかたちとなり毛穴は自然に閉じることができず、毛穴が開いたままの状態になってしまいます。開いたままの毛穴に皮脂がたまり、ニキビに繋がる可能性があります。

6. 鼻に起こりうる吹き出物や皮膚のトラブル

鼻に吹き出物ができたとしたら、ほとんどはニキビなどが原因ですが、下記のように吹き出物と言っても、単純にニキビではない可能性もあります。

ブツブツ種類症状名症状
白いブツブツ稗粒腫(ひりゅうしゅ)白い発疹
粉瘤(ふんりゅう)大きいプックリとしたしこり
白ニキビ白い発疹
赤いブツブツ毛嚢炎・面疔(めんちょう)丘疹がポツポツと複数できる
(悪化すると痛みあり)
マラセチア毛包炎 赤い湿疹(痒み有り)
赤ニキビ赤い発疹(痛み有り)
黄色い膿があるもの黄ニキビ黄色い発疹 (痛み有り)
鼻の中にできるブツブツ鼻茸(はなたけ)鼻呼吸がしにくい・嗅覚低下
副鼻腔乳頭腫鼻ずまり

ニキビなどに比べれば、上記のような症状になる可能性は低いですが、参考までに紹介しておきますので、「ニキビじゃないかも?」と心配な方はチェックしてみてください。

稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)

稗粒腫とは、皮膚の表面近くにできる小さな(1mm〜2mm)白い袋ののようなもので、中には角質が中に溜まっています。痛みやかゆみはなく、大きさもほとんど変わりません。自然に消えることもあります。

放置していても問題ありません。鼻の周りには比較的できやすいです。

粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤は大きくプックリと盛り上がったできもので、大きは小さいものから大きいものまで様々です。

小さいうちは白っぽい色や肌色ですが、黄色や青、黒っぽい色に色に変化することがあります。

放置しておくと自然に消えることはなく、どんどん大きくなる可能性もあります。心配な人は皮膚科に行っても良いですが、小さすぎるものは除去してもらえなかったりもするのが問題です。

白ニキビ

白いニキビはニキビができはじめの初期段階です。毛穴に溜まった皮脂や角質が、溜まった状態です、

見た目は白いですが、炎症が引き起こされると黄ニキビや赤ニキビとなっていきます。

毛嚢炎(もうのうえん)・面疔(めんちょう)

毛嚢炎とは、毛穴を包んでいる毛包という組織にブドウ球菌が感染することで引き起こされます。

赤い丘疹や膿をもった袋ができることがあります。初期症状から赤いですが痛みはありません。症状が悪化すると、痛みが出てくる場合があります。皮膚病の一種ですので、皮膚科に行きましょう。

毛嚢炎が顔にできたものを面疔と言います。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は、マラセチア真菌というカビが毛穴に感染することで引き起こされる炎症のことです。毛穴に赤くて少し光沢のある小さな湿疹ができます。軽いかゆみがあります。

悪化すると痒みが増し、膿が出てくることがあり、跡が残る場合があるので、早めに皮膚科に行きましょう。

赤ニキビ

白いニキビが炎症を引き起こすと赤ニキビになります。

毛穴に溜まった皮脂にアクネ菌が増殖し、皮膚が炎症を起こしている状態です。赤く腫れて痛みや痒みがあり、化膿はまだしていませんが症状が悪化すると共に膿をもった黄ニキビへと変化していきます。

黄ニキビ

赤ニキビの炎症によって、膿が溜まったものを黄ニキビと呼びます。常在菌である黄色ぶどう球菌がニキビの表面で増殖し化膿が進みます。

触れると痛みもあり、治っても黒っぽいシミが残ってしまったり、クレーターのようなニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

鼻茸(はなたけ)

鼻茸とは鼻の中の粘膜にできるポリープのようなできもののことです、鼻の中なので摘出するまでは全貌を見ることは難しいですが、形は様々です。

悪化すると、ポリープが巨大化し、呼吸が難しくなったり、香りを感じにくくなります。

治療が必要なので、すぐに耳鼻科に行きましょう。

副鼻腔乳頭腫

副鼻腔乳頭腫は副鼻腔にできる良性の腫瘍のことです。

見た目は鼻茸と似ていますが素人では判断ができません。がんに変化する可能性があるため、鼻の中に何かできた場合はすぐに耳鼻科に行きましょう。

7. さいごに

鼻の吹き出物の原因や、自宅のケアについて詳しく紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

まず第一に、間違ったケアをしないことが重要ですが、吹き出物の原因を理解した上で、吹き出物ができないように、未然に予防対策をしましょう。

対策としては、生活習慣や食生活を整えるのが一番ですが、中々習慣が変えられないという人は、「ビーグレン」などのニキビケア商品や、「どろあわわ」のような洗顔にこだわるなど、始めやすいものから試してもいいかもしれませんね。

あなたの鼻の吹き出物についての悩みが解消することを心から祈っています。