酵素ドリンクの正しい効果と飲み方完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Fotolia_98646455_XS

酵素ドリンクの購入を検討しているものの、テレビや雑誌、インターネットの情報を信じきれずに購入を躊躇していませんか。

「ダイエットにいい」「便秘に良い」など、巷で噂される効果は実に様々。でも、全ての噂が本当なのかを確認するのは難しいですよね。

実はインターネットで囁かれているこうした噂の中には、事実とは異なるものや、飲み方や飲む時期によって効果が変わるものも含まれています。しかし、「とにかく酵素ドリンクはいいものなんだ」という盲目的な多数の情報に流されてしまい、なかなか目につきにくいものです。

このページでは、インターネットなどでよく紹介されている酵素ドリンクの効果の中から、実際に多くの人に検証されている効果、逆に実証されていない効果を、事例を挙げてご紹介します。また酵素ドリンクの効果を正しく理解するために、そのメカニズムや効果的な飲み方についても合わせてご紹介します。

1. 酵素ドリンクによる本当の効果

1-1. 実証されている2つの効果

効果1. 痩せやすい体を作ってくれる

酵素ドリンクを飲むことで、ダイエットの鍵となる体内酵素の生成を助けることができるため、痩せやすい体を作ることができます。

酵素とは、私たちの体内の様々な場所で、エネルギーの生成や吸収、代謝などといった、生きていくうえで必要不可欠な役割を果たしてくれている物質です。そんな体内酵素の中でも、ダイエットに関係するのが代謝酵素と呼ばれるもの。その名の通り代謝に関係する酵素のことで、代謝酵素を補うことで代謝が高まり、体が痩せやすくなると言われています。

しかし、代謝酵素は不足しがちな酵素でもあります。なぜなら、体内酵素の中でもっとも生成が優先されるのは消化酵素と呼ばれる物質だからです。消化酵素は、同じく体内酵素の一つで、消化を助ける酵素のこと。消化酵素も代謝酵素も、元々は同じ体内酵素で、体の状態に応じてどちらになるかが決定されます。

酵素ドリンク ダイエット

肉や魚などの動物性タンパク質や、消化しにくい小麦粉などをたくさん食べていると、どうしても消化に時間がかかるため、代謝酵素の生成を抑えて、消化酵素を多数生成する体になってしまいます。逆に、野菜や豆、海藻類など、消化にいいものや食物酵素を多く含むもの、カロリーの低いものを食べていると、消化に負担がかかりにくいため、代謝酵素が生成されやすい体を作ることができるのです。

効果2. 便秘に良い

胃や腸に過度な消化の負担をかけないことや、水分を取る習慣がつくことから、便秘が解消されると言われています。

一般的に女性が見舞われやすい便秘の原因は、大きく3つに分けることができます。

種類 原因
弛緩性便秘 大腸の運動が低下することで起こる 運動不足・水分や食物繊維不足など
けいれん性便秘 大腸が緊張することで起こる ストレスや環境の変化など
直腸性便秘 直腸に便がたまることで起こる 排便を我慢する、寝たきりなど

この内、弛緩性便秘については、酵素や食物繊維を多く含むものや水分を意識的に摂取することにより、改善する可能性があることがわかっています。

酵素ドリンクを飲む場合、割り物として水や炭酸水などを摂取するため、自然と水分摂取量が多くなります。また、原材料に発酵成分をしっかり使用している酵素ドリンクを飲むことで消化酵素の負担を減らすだけでなく、消化を助け、体調の運動を活発にすることもできます。

実際にインターネットの口コミサイトなどでも、ダイエットには成功しなかったものの、便秘が解消されたという声が多く見られます。

酵素ドリンクのおかけでみごとに便秘解消!
参考:Twitter

やっぱ毎日一杯酵素ドリンク飲むと、便秘になりにくい気がする…☆(((o(*゚▽゚*)o)))
参考:Twitter

ただし、効果は人それぞれ。便秘が治らなかったという人もいますので、誰でも便秘解消が狙えるということではないのでご注意を。

ご飯を酵素ドリンクに置き換えるやつだから普通にご飯食べてる私には最初何日かは辛かった(∵) 炭酸で割って飲んでたけど飲みやすかったよー!夏とかピッタリ! ただ便秘にすごい効果ありますってのを口コミで見た割には私は全く実感出来ませんでした(;ω;)
参考:Twitter

1-2. 効果があると言われているが実際に効果がないこと

飲むだけで痩せる

残念ながら酵素ドリンクは、ただ飲むだけでは痩せることはできません。酵素ドリンクがサポートしてくれるのは、あくまで「痩せやすい体をつくること」のみ。また、飲み方によっても効果に違いが出るため、飲むだけで痩せるという夢のドリンクというわけではないのです。

特に勘違いされやすいのが、酵素ドリンクを飲んでいれば、他に何を食べていても痩せられるというもの。これは大きな誤解で、より酵素ドリンクの効果を発揮したいなら、一日の飲食スケジュールをしっかり考えることが大切です。

酵素ドリンクの正しい飲み方については「酵素ドリンクを飲む本当の意味と正しい飲み方のポイント」でご紹介していますので、酵素ドリンクを飲む前には、是非チェックしておいてください。

酵素ドリンクで体内酵素を補う

酵素ドリンクに含まれている酵素と、私たちの体で活躍してくれる酵素は種類が異なります。また、酵素ドリンクに含まれる酵素は、胃や腸で消化されてしまいます。体内酵素を補おうという目的で酵素ドリンクを飲むのはやめたほうが良いでしょう。

酵素ドリンクに含まれる酵素は食物酵素と呼ばれるもので、あくまでも体内酵素を増やし、代謝酵素を活発にするためのエサです。酵素ドリンクを飲むことは、体内酵素を増やし、腸内環境を整えたり、代謝酵素を増やして代謝を上げたりすることが目的なのです。酵素ドリンクのメカニズムについては、「酵素ドリンクを飲む本当の意味と正しい飲み方のポイント」で詳しくご紹介していますので、こちらをチェックしたうえで、酵素ドリンクを飲むことをおすすめします。

酵素ドリンクに含まれる酵素が、体内酵素と同じ働きを果たしてくれることはありませんが、体内に食物酵素を取り入れることで、消化の負担を抑えたり、腸内環境を改善してくれたりと、体に良い影響を与えてくれることが知られています。ただし、こうした効果は一日で現れるものではなく、継続することが大切です。酵素ドリンクを一度飲んだからといって、すぐに体内酵素が補われ、効果が発揮されるわけではないのはこのためです。

酵素ドリンクを飲む際は、即効性があると考えず、正しい飲み方で続けていくことが大切です。

2. 酵素ドリンクの効果を高めるために

前述した通り、酵素ドリンクはただ飲むだけで痩せたり、体の調子がよくなるものではありません。酵素ドリンクの効果を高めたいなら、期間中、そして期間前後の食事や体調にも気をつけるようにしましょう。

例えば酵素ドリンクを飲む期間の前後に、準備期と回復期を入れると、ダイエットの場合リバウンドを防ぐことができますし、酵素ドリンクを長く続けやすくなります。また、朝だけ酵素ドリンクを取り入れる場合は、昼や夜の食事にも気を使うほうが、より効果を高めることができます。肉や魚などの動物性タンパク質や小麦製品など、消化酵素を消費しやすいものを避けるだけでも、結果が変わることがあります。

こうした点については、「酵素ドリンクのダイエット効果と成功させるための全知識」で詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

また、酵素ドリンクは飲めば飲むだけ効果があるというものではありません。各酵素ドリンクのパッケージやホームページには、必ず適量が書かれています。毎回適量を守って飲むことも、酵素ドリンクの効果を高めるためには大切なことです。

他にも、酵素ドリンクの割り方に気をつけることも重要なポイントです。おすすめは水割り、炭酸水割、または50度以下のお湯割りですが、継続しておいしく飲み続けるためには、トマトジュースや100%果汁のオレンジジュースなどで割るのもおすすめです。

酵素ドリンクの量やおいしい飲み方については「酵素ドリンクを飲む本当の意味と正しい飲み方のポイント」で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

3. こんなときは酵素ドリンクを控えましょう

酵素ドリンクはいつでも効果を発揮してくれるわけではありません。下記期間に飲むのは効果の面でも健康面でも控えたほうが良いでしょう。

  • 激しい運動が必要なとき
  • 体調が悪い時
  • 妊娠中
  • 生理中

激しい運動が必要なとき

特に酵素ドリンクを使ってファスティングを行う場合は、激しい運動や労働をしない時期を選んだほうが良いでしょう。軽い運動なら問題ありませんが、一日中重労働が必要な期間などは、酵素ドリンクだけではカロリーや栄養が不足する場合があります。

体調が悪い時

風邪などで体調不良の時は、体が栄養を欲しがっている時期。痩せたい、便秘を改善したいという気持ちはわかりますが、まずは体調を万全な状態に戻すことが大切ですし、栄養が足らずに更に体調を悪化させる場合もあります。

体調が悪い時は、無理をせずにしっかり栄養を取り、体調回復を優先させましょう。

生理前および生理中

生理前は、妊娠に関連するプロゲステロンというホルモンの働きにより、水分や脂肪を蓄えやすく、痩せにくい時期だということが知られています。

また生理中は、エストロゲンというホルモンが減少してしまうため、美しく痩せられない(痩せにくい)ことも分かっています。生理前および生理中に酵素ドリンクを飲むことは悪いことではありませんが、特にダイエットを目的にしている場合、この期間は避けたほうが良いでしょう。

逆に、生理後エストロゲンが増加する卵胞期の時期は、女性が痩せやすい時期ですので、この時期に酵素ドリンクダイエットを行うと、より高い効果を得られると言われています。

妊娠中

妊娠中は赤ちゃんの体を作るために、葉酸やビタミン、カルシウムなど、様々な栄養素をいつも異常にしっかり取るべき時期。しかし、酵素ドリンクだけではこうした栄養素を十分に補うことはできません。

生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、妊娠中は酵素ドリンクを控えることをおすすめします。

4. さいごに

巷で言われている酵素ドリンクの効果には、実証されているものとそうでないものがあります。噂に踊らされず、実証されている効果を確認すること、そして酵素ドリンクのメカニズムを理解したうえで、より効果の高い飲み方を取り入れることが大切です。これから酵素ドリンクを飲み始める人も、酵素ドリンクで失敗した経験のある人も、今回のポイントを押さえたうえでチャレンジしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket