騙されるな!オーガニック化粧水の真実と本当におすすめな化粧水3選

女性の健康や美容への意識の高まりから、最近は「オーガニック化粧水」が香りを楽しみながらスキンケアができて、芸能人や海外セレブにもファンが多いアイテムということで非常に注目されています。

そんな「オーガニック化粧水」も種類は様々。せっかく使うのであれば、確かな効果を実感できて使い心地も良いものを選びたいですよね。

「肌に優しそう」「敏感肌の私にも使えそう」「高品質そう」といったイメージを抱きやすい「オーガニック化粧水」ですが、これらは間違った認識です。オーガニック化粧水には、使う上で知っておくべき特徴と効果があり、これらを知らずに実際に購入して使ったために、更にお肌の乾燥を招いたり肌荒れを起こしてしまったケースもあります。

このページでは、美容業界に携わる自身の視点から、「オーガニック化粧水」について下記の流れで紹介しています。

  1. 30秒でわかるオーガニック化粧水の良し悪し
  2. オーガニック化粧水を選ぶときのポイント2選
  3. おすすめできる優秀オーガニック化粧水3選

最後まで読んでいただければ、オーガニック化粧水について正しい理解と特徴を知った上で最適なアイテムを選ぶことができ、毎日のスキンケアの時間がより一層充実したものになるでしょう。

1. 30秒でわかるオーガニック化粧水の良し悪し

ここでは「オーガニック化粧水」といわれるアイテムの特徴と効果をご紹介します。

芸能人のユーザーが多いということもあり、かなりポジティブなイメージの強い「オーガニック化粧水」というキーワードですが、オーガニック化粧水を使った方の中にはこのような感想をお持ちの方もいます。

口コミ・評判

のりこ さん(34歳)
オーガニック化粧水を使って・・・
雑誌に載っていた「脱ケミカル」を始めようと思い、それまで使っていた化粧水からオーガニックの化粧水に切り替えました。化粧水自体のパッケージや香りはものすごく気に入っていたのですが、どうも使い始めてから肌の調子が悪い・・・。1週間ほど使い続けたのですが、その頃にはお肌も少しヒリヒリするのを感じてしまったので、もったいないなぁと思いつつ、結局もとの化粧水に戻しました。
「脱ケミカル」
石油由来成分や合成界面活性剤が配合された「ケミカル化粧品」の使用をやめて、肌が本来持つバリア機能やターンオーバーの機能を高めること。
この方のように、より一層お肌の力を高めようと「オーガニック化粧水」を使ってみたら、肌荒れを起こしてしまったという例もあります。
この「オーガニック」という一言だけでは、選ぶ側も「一体何に優れているのか」という理解が出来ていないのが正直なところです。
ここでは、オーガニックの持つ意味と効果を正しく理解するために以下の流れでご紹介していきます。
  1. オーガニックと無添加の違い
  2. オーガニック化粧水=「低刺激」「肌に優しい」は間違い
  3. オーガニック化粧水のメリット・デメリット

1-1. オーガニックと無添加の違い

「オーガニック」と「無添加」。この2つを同じような意味に捉えている方が非常に多いのですが、この2つの意味は大きく違います。

無添加

2001年に薬事法が改定される前から表示が義務付けられていた「一般に刺激が強い」とされている102種類の成分(パラベン・合成界面活性剤など)を配合していない商品のことを指します。

オーガニック

「オーガニック」とは有機栽培(化学肥料を使用しない方法)で作られたもののことを指します。農薬や化学肥料を使っていない分、地球環境や人体に優しいものと言えます。

オーガニックというのは、優しい栽培方法という考え方というよりは、人・動物・植物などの健全な生存環境を守るためのありのまま自然な栽培方法のことを指すのが一般的です。

1-2. オーガニック化粧水=「低刺激」「肌に優しい」は間違い

「オーガニック化粧水」には、有機栽培された天然成分が配合されているのですが、国内にはオーガニックコスメの認証機関が無く、明確な基準が無いので、中にはかなり劣悪な商品も販売されてしまっているのが現状です。

ものによっては、オーガニック成分の配合量はごくわずかで、後は多量の科学成分配合から作られているものも多いので、注意が必要です。

1-3. オーガニック化粧水のメリット・デメリット

オーガニック化粧水は決して悪いものではありません。しかしながらもちろん万能ではなく、得意・不得意があるのです。

オーガニック化粧水のメリット オーガニック化粧水のデメリット
肌本来のバリア機能を引き出す アレルギー反応が出ることがある
天然アロマ効果でリラックスできる 作用が穏やかで、即効性に欠ける
天然成分のため副作用が出にくい 防腐効果が弱く、長期保存出来ない

マイルドな処方で、癒しの香りと穏やかな効果が魅力の反面、即効性に欠ける1面もあります。また、アレルギーをお持ちの方は十分に内容成分を確認してから使う必要があります。

オーガニック化粧水の特徴まとめ

  • 天然由来で、香り高くマイルドな使い心地が魅力
  • 科学成分を控えている分、即効性はないが肌本来の機能を引き出してくれる
  • アレルギーをお持ちの方は、カブレを起こすことがある
  • 「無添加」とは違うので、アルコールなどは配合されていることがある

2. オーガニック化粧水を選ぶときの2つのポイント

オーガニック化粧水を使おうと思った時には、信頼のおけるオーガニック化粧水を選ぶことこそが、失敗しないための重要なポイントになります。

ここではオーガニック化粧水を選ぶ際のチェックするべきポイントを2つ紹介します。

  1. 国際的な認証機関の認証を得た化粧水であるかどうかをチェックする
  2. 成分表示にも目を通しておく

下記で詳しく紹介していきます。

2-1. 国際的な認証機関の認証を得た化粧水であるかどうかチェックする

国外には「オーガニック認証機関」というものが存在しています。この機関の認証を得た商品は、相当に厳しい審査を通ったものと言えますので信頼できる品質かを確かめる一つの指針になります。

世界のオーガニックコスメ認証機関の例
ネイトゥルー エコサート
ACO BDIH
USDA SOcert

これらの機関のマークが目印となります。購入時には確認することをお勧めします。

2-2. 成分表示にも目を通しておく

オーガニックに限らず、化粧水をトラブルなく使用するためにも商品の裏の成分表示はチェックをしておきましょう。

というのも、「オーガニック=肌に優しい」ということではないからです。化粧水がお肌に合わない原因は様々ありますが、特にオーガニック製品で配合されているかチェックしておきたいのは以下の成分です。

  • パラベン
  • エタノール
  • サリチル酸

これらの成分は、認証を受けている商品中にも配合されている可能性のある成分です。配合されているとしても少量ではありますが、まれに肌の刺激となる場合があります。「オーガニックだから安心」という気持ちは持たずに、一度確認することが大事です。

3. おすすめできる優秀オーガニック化粧水3選

ここでは世界中にある様々なオーガニック化粧水の中でも、国際認証機関の認定を受けていること、日本人の肌質に合っていること、国内製造などといった選定基準を設け筆者だけでなくリサーチを通して多くの美容技術者から評価が高かった厳選の化粧水を3つご紹介します。「オーガニック化粧水を初めて使うけど、どれが良いか選べない」という方は、まずはここから試してみるのが良いでしょう。

商品名 商品画像 認証機関 低刺激 コスパ
ウェレダワイルドローズモイスチャーローション ネイトゥルー  
琉白 月桃バランスローション エコサート
ウェリナオーガニクスクリアヴェリーモイスト   USDA  ◎  

3-1. ウェレダワイルドローズモイスチャーローション(スイス発の日本人向け化粧水)

  • NaTrue認証
  • 低刺激性   ★★☆
  • コスパ    ★☆☆

少しとろみのあるテクスチャーと、ダマスクローズの癒しの香りが特徴的な商品です。ワイルドローズの成分がお肌に潤いとハリを与えてくれるので、30代〜40代の方に特におすすめです。

スイスのオーガニック化粧品メーカーが、日本人の肌と日本の気候に合わせて開発した、日本限定販売の化粧水です。

合成香料や着色料などは入っていませんが、若干のアルコール成分を含みます。アルコールが肌に合わない方は、注意が必要です。

口コミ・評判

mika さん(30歳/乾燥肌)
評価:★★★★★5
さらっとしてるようで、トロっとしたテクスチャーです。少量でもノビが良いので、割と長く使えています。使い始めの頃はローズの香りが強いかな?と感じましたが、今では慣れましたし肌もモッチリ潤うので愛用しています。

商品詳細

  • 1ooml 4104円(税込)
  • 外箱に使用期限の表示あり
  • 1本当たり3円が環境保全基金としてあてられます。
  • NaTrue認証
  • @cosme 口コミ平均 5.9/7.0

3-2. 琉白 月桃バランスローション(認証取得の国産化粧水)

  • ECOCERT認証
  • 低刺激性   ★★☆
  • コスパ    ★★☆

沖縄の海洋深層水をベースに、月桃葉エキスなどの保湿成分を配合したECOCERT認証の100%天然由来の化粧水です。

とろみのあるテクスチャーなので、使う際にはコットンパックもしくはハンドプレスで浸透させるのがおすすめです。

特にお肌が敏感な方におすすめですが、確かな効果のためには継続して使っていくことが重要です。

口コミ・評判

たか子 さん(37歳/敏感肌)
評価:★★★★★5
国産のオーガニック化粧品を探していて、見つけたのがこちらでした。海ぶどうエキスや月桃エキスなどともかく植物由来成分にこだわってるのを感じて購入。贅沢に使えるわけではないけど、刺激も無いし化粧水の時間が癒しの時間になっています。

商品詳細

  • 120ml 3960円(税込)
  • 初回限定送料無料トライアルキットあり 990円(税込)
  • 無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリー
  • ECOCERT認証(国産)
  • @cosme 口コミ平均 5.2/7.0

3-3. ウェリナオーガニクスクリアヴェリーモイスト(無添加・高保湿)

  • USDA認証
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★★

水分による保湿だけでなく、油分も配合された高保湿タイプのオーガニック化粧水です。

ホホバオイル・アルガンオイルなどの注目成分が高配合されています。使用時には水と油が分離しているので、よく振ってからハンドプレスでじっくり馴染ませましょう。

大人ニキビケアには有効ですが、脂漏性ニキビ肌の方には油分が多い処方なので、注意しましょう。

口コミ・評判

まさえ さん(30歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★☆4
オーガニック化粧水を試したいと思い、コストパフォーマンスも考慮して選んだのがこちらのクリアヴェリーでした。ゆっくりなじませながら使っています。(というか、油分が多いのでハンドプレスしないとなじみにくいかな?)お肌の調子も良いし、続けられる価格なので、継続していこうと思っています。

商品詳細

  • 100ml 2808円(税込)
  • クリアヴェリーシリーズトライアルセットあり2484円(税込)
  • 定期購入による10%割引あり
  • USDA認証
  • @cosme 口コミ平均 5.1/7.0

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。地球の雄大な自然の中で育まれた天然由来成分が用いられたオーガニック化粧水は、生き物である私たち人の肌に特別な活力を与えてくれるアイテムです。

地球環境や人の肌に配慮がなされたオーガニック化粧水にも相性があります。オーガニック化粧水の選び方をおさらいすると次の通りです。

  1. 国際的な認証機関の認証を得た化粧水であるかどうかをチェックする
  2. 成分表示にも目を通しておく

自分にぴったりのオーガニック化粧水で、肌力を高めていきましょう。

香り豊かなオーガニックフレーバーに癒されたい方

ウェレダ ワイルドローズ モイスチャーローション

国産かつ国際認証機関の認定を取得した日本人向けオーガニック

琉珀 月桃バランスローション

オーガニックの中でも、かなり高保湿なタイプ

ウェリナオーガニクス クリアヴェリーモイスト

このページが、あなたの美しさに一段と磨きをかかる手助けになれば幸いです。