美容のプロ直伝!オーガニック日焼け止めの選び方とおすすめ10選

「オーガニックの日焼け止めって効果あるかしら?」「オーガニックの日焼け止めってどんな美点があるの?」と、オーガニックの日焼け止めが気になっていませんか?

オーガニックの日焼け止めは通常の日焼け止めよりも肌に優しいという印象がありますが、肌に合わない場合もあるので注意が必要です。

このページは、エステティシャンとして10年以上女性のお肌に向き合ってきた私が、オーガニックの日焼け止めの魅力や注意点について解説しています。

  1. オーガニック日焼け止めの魅力
  2. オーガニック日焼け止めの選び方
  3. オーガニック日焼け止めのおすすめめ10選
  4. オーガニック日焼け止めを使う際の注意点
  5. オーガニック日焼け止めに良くあるQ&A

これを読めば、自信を持って選べるようになりますので、ぜひご覧ください。

1. オーガニック日焼け止めの魅力

オーガニックの日焼け止めとは、化学的成分を全く使用せず、自然由来の成分を中心に作られた日焼け止めです。

日焼け止めには、紫外線を反射させる紫外線散乱剤と紫外線を吸収する紫外線吸収剤がありますが、オーガニックタイプの日焼け止めは紫外線散乱剤で、吸収剤よりも肌に優しいと言われています。

これらのことから、オーガニックの日焼け止めは、「肌に良い」「お子様にも安心して使える」など様々なメリットがあります。

オーガニックの日焼け止めを使っている方の感想をご紹介します。

口コミ・評判

J さん
評価:★★★★☆4
1歳半の子どもに使っています。ドラッグストアで買った赤ちゃん用の日焼け止めだと吹き出物が出来ちゃって困っていたのですが、これは肌に合うのか、問題なく使えています。

感想を見ると、オーガニックの日焼け止めはお子様に使っている方が多いです。赤ちゃんだけでなく、お子様はまだ肌が強くないので、やはりいたわってあげたいものですね。

口コミ・評判

M さん
評価:★★★★☆4
オーガニックなので、とても安心して使えます。少し白浮きするので、ガーデニングするときや、ちょっとご近所へという時に使っています。SPF33なので、日常に使うには十分です。(中略)わたしは面倒くさがりなので、ちょっと遠くにお出かけの時は他の日焼け止め、日常はこれと、使い分けています。

出典:amazon

それに、オーガニックの日焼け止めはデイリーに使っている方が多いですね。

どんな日焼け止めを使っても基本的に問題はありませんが、毎日使うわけですから肌に良いものを選んだ方が良いのは確かです。

2. オーガニック日焼け止めの選び方

オーガニックの日焼け止めを選ぶ際は、次の3点をチェックすることがおすすめです。

  • SPFとPA
  • タイプ
  • 成分や効果(保湿、美肌など)

この3つをしっかりおさえるなら、購入して後悔するリスクを大幅に減らすことができます。

2-1. SPFとPA

SPFとPAは、お肌に悪い紫外線をどれくらい防げるのかを示す指標で、肌につける日焼け止めには必ず表示されています。

SPFは肌を火傷させる紫外線B波(UVB)をどれくらい防げるか10〜50の数値で表わしており、PAは肌を黒くする紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを+(プラス)の4段階で表わしています。

下の図は、環境省がおすすめする使い分けです。

SPFやPAが高いものは肌への刺激が強いものが多いので、日常生活は低いもの、外でレジャーを楽しむ時は高いものを選んだ方が良いというわけです。

2-2. タイプ

日焼け止めには、大きく「塗るタイプ」「スプレータイプ」「パウダータイプ」「飲むタイプ」の4つに分けることができます。

どれもメリット・デメリットがあるので、自分のニーズやTPOに合わせて使い分けるのがベストです。

タイプ おすすめ度 特徴 おすすめな人
塗る ★★★☆ ・種類が豊富
・スタンダード的存在
・日常的に使いたい方
飲む ★★★★ ・塗り忘れに最適
・シワ、たるみを防ぐ
 ・敏感肌の方
・簡単に対策したい方
・汗をかきやすい方
スプレー ★☆☆☆ ・届かない所に届く
・顔に使えない
・夏のレジャーへ行く方
・髪に使いたい方
パウダー ★★☆☆ ・化粧の上からOK
・塗り直しが簡単
・塗るタイプが合わない方
・外出先で塗り直したい方

塗るタイプには、クリーム、ミルク(乳液)、ジェルなど、種類が豊富なので、自分の好みやニーズに合ったテクスチャ(質感)のものを選びましょう。

私が一番おすすめするのは飲む日焼け止めで、塗り直す必要はなく、塗り残しや塗り忘れもありませんので安心です。

タイプ別に選びたいという方は、こちらの記事「115種類から選んだこの夏おすすめの日焼け止め21選」をご覧ください。

2-3. 成分や効果

オーガニックの日焼け止めを購入する際は、「何%がオーガニック成分なのか」「保湿効果や美肌効果など何を期待できるのか」をチェックして購入しましょう。

日本では、オーガニックの日焼け止めの基準がないので、ちょっとだけオーガニック成分が入っているだけで、「オーガニックの日焼け止めです」と名乗れてしまうのです。

オーガニックの日焼け止めは市販品よりも高いものが多いので、買って後悔しないように、前もってチェックしておきましょう。

3. オーガニック日焼け止めのおすすめ10選

ここで、おすすめのオーガニック日焼け止めを10個ご紹介します。

SPF順に並べていますので、自分の生活ニーズに合ったものを選んでください。

どれも肌に優しく全ておすすめできますが、選ぶのに迷ったら、★マークのものを特におすすめします。

  1. SPF15:岡田UVミルク
  2. SPF15:UV虫除けミスト
  3. SPF24:UVホワイトプロ
  4. SPF30:ウェアルーUV
  5. SPF33:エーデルワイス UVプロテクト
  6. SPF40:サンプロテクトクリーム
  7. SPF50:アウトドアサンスクリーン
  8. SPF50+:月桃 UVボディベール
  9. 飲む日焼け止め:インナーパラソル
  10. 飲む日焼け止め:ホワイトヴェール

※クリックすると、紹介ページにリンクします。

インナーパラソル、ホワイトヴェールの飲む日焼け止めにはSPFとPAという基準がありません。

肌につける日焼け止めと併用すればカンペキな日焼け対策になります。

3-1. 岡田UVミルク(無添加工房OKADA)|365日使う日焼け止めにおすすめ

出典:公式ページ

SPF 15 PA ++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 3,600円 容量 50g

岡田UVミルク』は植物由来の成分にこだわった日焼け止めで、デイリーに使用するのに最もおすすめできる一品です。

肌に潤いを与えるオリーブ葉やトレハロース(とうもろこし)、アロエベラエキス、カミレツ花などのエキスが配合されており、肌の乾燥が気になっている方に特におすすめできます。

初めての方は、スキンケアスターターセット(1,350円で、OKADAの商品をいくつも試すことができるセット)から始めてみると良いでしょう。

※以下全て無配合(紫外線吸収剤・シリコン・合成ポリマー・合成界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・防腐剤・合成安定剤)

口コミ・評判

Y さん
4月に、潮干狩りに行ったのですが、その時に使った、市販の日焼け止めが肌に合わず、次の日、肌に残ってしまったのか、とてもかゆくなってしまいました。
ですので、市販品を使用するのが、ちょっとビクビクだったので、こちらのノンケミカルな日焼け止めを送っていただき、安心して使う事が出来ました。
頂いた分がなくなりましたら、まだ購入させていただこうと思います。

出典:公式ページ

<岡田ミルク公式ページ>

http://www.mutenka-okada.com/item/index07.html

岡田ミルクUVは公式ページが最安価格になっています。

アマゾンでは500円以上になっていますので、損しないようにしてくださいね。

3-2. UV虫除けミスト(ALOBABY)|虫の多い夏場に使いたい方向き

出典:ALOBABY

SPF 15 PA ++
落とし方 お湯 耐水性 NO
顔・体用 体用 赤ちゃん OK
価格 2,350円 容量 80ml

UV虫除けミスト』は100%天然成分のUVスプレーでお子様も安心して使うことができます。

名前にある通り、虫よけ効果もあるので、蚊の多い夏場には大変重宝します。

SPFが低く、デイリーで使用するのにピッタリです。

日本製ですでに25万部以上も販売されており、浅田好未さん、市川海老蔵さんなど芸能人で使われている方もいるので、ぜひチェックしてみてください。

口コミ・評判

A さん
評価:★★★★★5
他の日焼け止めが合わず敏感肌でも安心なものを探し購入してみました。
肌荒れも起こらず使いやすいです。
虫除け作用もあり少し匂いもありますが私は気になりません。
何より100%天然由来なのが、うれしいです。

出典:amazon

<UV虫除けミスト公式ページ>

http://www.alo-organic.com/html/page126.html

公式ページだとアマゾンより200円以上安く購入できます。

アマソンや楽天でベストセラーになる人気商品で、

公式サイトで購入すると30日の返金保証もあるので、合わない場合も損することはありません。

3-3. UVホワイトプロ(Larネオナチュラル)|サラッと爽やかな日焼け止め

出典:ネオナチュラル通販サイト

SPF 24 PA ++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 2,680円 容量 30ml

UVホワイトプロ』は、100%自然由来の乳液タイプの日焼け止めです。

オーガニックタイプだと白浮きしてしまうものも多いですが。Larネオナチュラルは白浮きも少なく、また、石けんで簡単に落とすことができます。

サラっとした軽いテクスチャ(質感)が良いと思う方は、こちらがおすすめです。

※紫外線吸収剤・香料・保存料・鉱物油・パラベン・合成界面活性剤無添加

口コミ・評判

H さん
評価:★★★★★5
使用して10日ほど経ちました。荒れることもなくて調子いいです。
この日焼け止めをつけてしばらく置いて、ティッシュで軽く押さえてからパウダーを付けています。
崩れないしいい感じです( ´▽`)

出典:公式ページ

<UV ホワイトプロ公式ページ>

http://www.neo-natural.com/fs/life/c/lar_wp

UVホワイトプロは、ネオナチュラルという国産オーガニックコスメを販売しているサイトが販売しています。

日焼け止めに合わせて、肌に優しいクレンジングや石けんもチェックしてみると良いでしょう。

この日焼け止めは30日の返金保証があるので、安心してお試しできます。。

3-4. ウェアルーUV(HANA ORGANIC)|多機能オーガニックUV

出典:HANA ORGANIC

SPF 30 PA ++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 顔用 赤ちゃん OK
価格 4,000円 容量 30ml

ウェアルーUV』はHANA ORGANICの日焼け止めで、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの4つの機能を持つ日焼け止めです。

紫外線吸収剤やタール色素・合成ポリマーなどの石油由来成分はつかわれておらず、紫外線散乱剤(酸化チタン、酸化亜鉛)は直接肌に触れないようにナチュラルコーティングされています。

さらに、「オウゴンエキス」「イザヨイエキス」「ツバキ油」など、様々な植物成分が配合されていますので、美肌にこだわりたい方におすすめです。

口コミ・評判

Y・Eさん(40代)
リニューアル前のウェアルーUVを使った事があるのですが、以前のものより乾燥が気にならなかったです。
試した2色ともしっかり塗っても白浮きすることなく気持ちよく使えましたし、持ちも良くなっているように感じました。
ブルーライトからも肌を守るようにリニューアルされているのがいいと思いました。

出典:HANA ORGANIC

<ウェアルーUV公式ページ>

http://www.hana-organic.jp/shop/0011.html

定期購入だと3,400円になります。

HANAORGANICでは、植物原料の産地の表記や、ナノテクノロジーを利用した原料は使用しないなど、10の約束を守っており、信頼性では最高峰の一品です。

3-5. エーデルワイス UVプロテクト(WELEDA)|ヨーロッパの肌に優しい日焼け止め

SPF 33 PA ++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 2,484円 容量 50ml

エーデルワイス UVプロテクト』は天然由来成分100%の日焼け止めで、名前の通り、アルプスの高原に咲くエーデルワイスが使われています。

エーデルワイスには、タンニンヤフラボノイドなど美肌に良いとされる成分を含み、肌を保湿し、引き締めてくれます。

エーデルワイスはスイスで有機栽培されていますので、安心して使うことができます。

ベタつかず、みずみずしいテクスチャーで、多くの愛用者がいますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

口コミ・評判

Mさん
評価:★★★★☆4

重くなく、顔もボディにも使える日焼け止めを探していました。
メイクしたくない日の顔用と首に使っています。
香りも良くべたつかないので今年はこれで乗り切れそうです。

出典:WELEDA

<エーデルワイス UVプロテクト公式ページ>

https://www.weleda.jp/shopping/

UVプロテクトだけならアマゾンでも同価格で購入できます。

しかし、公式サイトだとUVスターターセットで化粧水とボディウォっシュ付きなので、アマゾンよりも断然お得です。

公式サイトだと、ヴェレダ・ジャパンが1本につき3円を環境基金に寄付しているので、社会貢献にもなります。

3-6. サン プロテクトクリーム|「紫外線が世界一強い国」の日焼け止め

出典:Julique

SPF 40 PA +++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 5,184円 容量 100ml

サン プロテクトクリーム』は、世界の中でも非常に日差しが強いと言われているオーストラリアで誕生したUVエイジングケア用品です。

3種のスーパーフルーツベリーエキス(タスマニアランセオラタ果実エキス、シジギウムレウマニ果実エキス、 クンゼアポミフェラ果実エキス)が肌に潤いを与えてくれます。

ちょっと高いですが容量が多いので、コスパを考えても悪くないと思います。

私の友人が化粧下地として使っており、ぜひ紹介してほしいと言われたので、ここでご紹介しておきます。

口コミ・評判

T・Sさん(21歳)
評価:★★★★★5

オーストラリアにワーホリで行っている時に出会った日焼け止めです。

Juliqueはオーストラリアの代表的なブランドでオーガニックコスメ販売で定評があります。

オーストラリは日本の紫外線の5倍強いと言われたりもしますが、私はこれを使ってのりきりました。

日本でも愛用しています♪

<サン プロテクトクリーム 公式ページ>

http://jurlique-japan.com/whatsnew/

juriqueのコスメを販売しているのは、ジュリーク・ジャパンです。

10,000円以上を購入するとハンドクリームがついてくるなどのサービスもありますので、ぜひチェックしてみてください。

3-7.  アウトドア サンスクリーン|世界基準「コスモス ナチュラル」をクリアした日焼け止め

出典:楽天

SPF 50 PA +++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 2,400円 容量 50g

アウトドアサンスクリーン』は100%天然成分でありながら、SPF50を達成している日焼け止めです。

「オーガニックホホバオイル」「オーガニックカルナウバロウワックス」配合で保湿がしっかりしていて、さらに、ウォータープルーフなので水にも強いです。

また、日本で一番売れているアロマスプレー、パーフェクトポーションアウトドアボディスプレーのアロマブレンドを採用しているので、とても香りが良いです。

<アウトドアサンスクリーン 購入ページ>

http://item.rakuten.co.jp/aimere/p0060066/

アマゾンや公式ページよりも値段が一番安いのが楽天でした。

日焼け止めが取得するのが非常に困難な世界統一基準「COSMOS NATURAL」を取得しており、信頼性は高く、SPFが高い日焼け止めの中で最高の一品と言えるでしょう。

3-8. 月桃 UV ボディヴェール(琉白)|沖縄の有機ウォータープルーフUV

出典:琉白

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん OK
価格 3,960円 容量 60ml

月桃 UV ボディヴェール』(琉白)は、沖縄のオーガニックコスメで、月桃という琉球時代から薬草として親しまれているショウガ科のハーブが使われています。

アロエ、カレンデュラ。ゼニアオイという抗酸化作用の強い植物エキスを配合しており、塗り重ねるほど、しっとりハリ感のある肌になります。

月桃、ユーカリ、ローズマリーをブレンドしたすがすがしい香りが特長なのでぜひ、使ってほしいおすすめの日焼け止めです。

紫外線吸収剤・ナノ化成分不使用・石油由来成分・動物由来成分・合成保存料(パラベン、フェノキシエタノール)・合成香料・合成着色料・アルコール一切不使用。

口コミ・評判

M・T さん
評価:★★★★☆4
さらっとしていて軽い感じのつけ心地が良かったです。
石鹸で落ちるのも助かります。
まだ長袖なので、今は顔のみに使用しています。肌にやさしくて気に入っています。
ありがとうございます。

出典:琉白

<月桃 UV ボディヴェール 公式ページ>

http://ruhaku.jp/item/96.html

琉白は世界的な有機認証機関エコサート(ECOCERT)の認証を受けた沖縄のオーガニックコスメを販売している会社です。

この日焼け止めは、アマゾンでは購入できないので、10%割引を受け荒れる公式ページで購入するのがおすすめです。

3-9. インナーパラソル|成分的に最も優れた飲む日焼け止め

出典:公式ページ

初回購入 990円 定期購入 5,600円
返金保証 無し 通常購入 7,000円

インナーパラソル』は有機JASを取得しているオーガニックの日焼け止めであり、飲むだけで日焼け止め対策ができるので、何度も塗り直すのが面倒な方におすすめです。

飲む日焼け止めはいくつかありますが、インナーパラソルは日焼けをおさえるニュートロサックスという成分が250mg配合されているので飲む日焼け止めの中では特におすすめできます。(効果を期待するには250mg必要と言われています)

モンドセレクションを受賞し、海外セレブも注目している日焼け止めなのでぜひチェックしてみてください。

出典:公式ページ

<インナーパラソル公式ページ>

https://finebase.jp/parasol16200_cy.html

このサプリは初回を990円で購入できますが、3ヶ月間購入を続けなければならないというデメリットがあるところが残念です。

ただ、ニュートロックスサンは90日程度継続して飲むことで効果がはっきり出ることが分かっているので、本気で日焼け止め対策がしたい方におすすめです。

ビタミンCやパインセラ、コプリーノという美肌成分も配合されているので、お肌に良いサプリを探していた方におすすめです。

3-10. ホワイトヴェール(キラリズム)|ノーリスクで始められる飲む日焼け止め

出典:公式サイト

初回購入 980円 定期購入 4,980円
返金保証 90日 通常購入 7,560円

ホワイトヴェール』は、インナーパラソルと異なり、90日の返金保証と初回980円で購入できます。

ただ、一日分のニュートロックスサンの量が125mgと少ないのが短所なので、紫外線に当たる時間が多い日には、倍の量を飲むのが良いでしょう。

飲む日焼け止めをちょっと試してみたいという方は、返金保証でノーリスクで始められるホワイトヴェールから始めましょう!

出典:公式サイト

ホワイトヴェールはモンドセレクションを受賞しており、インスタで評判でも評判で、多くの方がご利用しています。

<ホワイトヴェール公式ページ>

http://kirarithm.com/wv/8/

アマゾン等の通販サイトでも購入できますが、公式で最初に購入すると3,000円以上お得になります。

返金保証があるので、飲んで「イマイチかな?」と思ったら返金してもらえるので安心です。

ちょっとお値段が高いので、コスパの優れたピオレと併用すると良いでしょう。

4. オーガニックの日焼け止めを使う際の注意点

オーガニックの日焼け止めは肌に良いと言っても、合う合わないはどうしてもあります。

例えば、『エーデルワイス UVプロテクト』は、通販サイトで高い評価が多いですが、それでも合わなかったという方がいます。

口コミ・評判

N さん
評価:★☆☆☆☆1
塗った感じは好きでしたが、夕方に鏡を見ると、あらやだ鼻にでかでかと吹き出物が。普段鼻になんか出来ないのでこれの仕業でしょう。以前のプレストタイプの日焼け止めに戻すほかなかったです。

出典:amazon

どんなに良い日焼け止めでも肌に合わない可能性はあるので、しっかりパッチテストを行いましょう。

特に敏感肌の方はきちんとパッチテストを行うことがおすすめです。

せっかく買ったオーガニックの日焼け止めで肌を悪くすることがないようにしてくださいね、

日焼け止めを顔に塗る方法

顔へ日焼け止めを塗る時に一番大事なのは「ムラ無く、隙間無く」塗ることです。

顔の塗り方は下図にまとめました。

乳液なら500円大、クリームならパール2つ分程度の量を使いましょう。

日焼け止めを全身に塗る方法

腕や足に塗る時は棒状に伸ばしてつけて、それから手で広げていきましょう。

少量ずつつける方も多いですが、それだとムラになる原因になるので注意してください。

大切なのは塗り直すことで、2~3時間程度に1回塗り治すのがベストです。

5. オーガニック日焼け止めに良くあるQ&A

ここでは、オーガニックの日焼け止めの良くあるQ&Aについて解説していきます。

  1. ナノ化していないものを選んだ方が良いの?
  2. ノンケミカルの日焼け止め=オーガニックの日焼け止めなの?
  3. オーガニック以外で気をつけたほうが良いポイントは?

商品について聞きたいことがありました、販売サイトの方へお問い合わせください。

5-1.  ナノ化していないものを選んだ方が良いの?

ナノ化とは、物体をとても小さくする技術のことで、有効成分を肌の奥まで行き渡らせる一方で、体に悪影響をおよぼすことを懸念する声があります。

ナノ化すると酸化チタンや酸化亜鉛が体に害を及ぼすというデータもありますが、一方で、そこまでも危険性は無いという批判もあるので、規制はされていません。

私も、神経質になる必要はないと思いますが、「ナノ化が怖い」と思う方は、UVホワイトプロウェアルーUVなど、「ナノ化していません」と書いてある日焼け止めを利用しましょう。

5-2. ノンケミカルの日焼け止め=オーガニックの日焼け止めなの?

ノンケミカルの日焼け止めは「紫外線吸収剤を使われていない日焼け止め」という意味で、一方、オーガニックは自然由来の成分を使ったものという意味です。

基本的に同じだと思っても大丈夫ですが、どちらも大事なのは中身です。

オーガニックは材料の一部につかわれているだけで、「オーガニック」を名乗れますので、実際にどれくらい天然由来成分が使われているのかチェックしてください。

5-3. オーガニック以外で気をつけたほうが良いポイントは?

私は、それほど気にする必要はないと思っていますが、防腐剤や界面活性剤、着色料、保存料が使われてない方が良いという意見もありますので、ご紹介しておきます。

ただ、気にしすぎると最後は「スッピンこそ正義」というような感じになってきますので、あまり気にしすぎる必要はないですからね。

防腐剤

菌が入って品質が落ちるのを防いだり、劣化しないように入れるための成分です。

防腐剤成分:パラベン(メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン」)、安息香酸、デヒドロ酢酸Na、ヒノキチオール、フェノキシエタノールなど

敏感肌で拒否反応を起こす方は、「無添加」「防腐剤フリー」を使用しましょう。

界面活性剤

界面活性剤とは、水と油を混じり合わせるもので、自然の界面活性剤は大丈夫ですが、合成界面活性剤が皮脂膜や角質層のバリアをはがしてしまうことが懸念されます.

合成界面活性剤:ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウムパレスー3硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなど

気になる方は、「合成界面活性剤不使用」という断りがあるかチェックしましょう。

6. さいごに

オーガニックの日焼け止めについてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

オーガニックの日焼け止めでも、かゆくなったりして合わない場合があるので、パッチテストをするなどしてから使うようにしましょう。

このページで紹介したオーガニック日焼け止め10選は次の通りです。

  1. SPF15:岡田UVミルク
  2. SPF15:UV虫除けミスト
  3. SPF24:UVホワイトプロ
  4. SPF30:ウェアルーUV★
  5. SPF33:エーデルワイス UVプロテクト
  6. SPF40:サンプロテクトクリーム
  7. SPF50:アウトドアサンスクリーン
  8. SPF50+:月桃 UVボディベール★
  9. 飲む日焼け止め:インナーパラソル
  10. 飲む日焼け止め:ホワイトヴェール

この記事が、読者の皆さまの美肌にお役立てることをお祈りしています。