妊娠中の脱毛はNG!妊婦さんにおすすめのムダ毛処理法

「妊娠中は脱毛はどうするの?」「止めないとダメなの?」と、妊娠した場合はどうやって脱毛するか気になっていませんか?

妊娠中は、エステやクリニックに行くことも、ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器も使うべきではなく、まずは赤ちゃんのこと、そして、ご自身の体のことを第一に考える必要があります。

このページは、元エステティシャンとして10年以上女性のお肌に向き合ってきた私が、妊娠したら脱毛はどうするべきかについて解説しています。

  1. 妊娠中は脱毛するべきではない3つの理由
  2. 妊娠期間中におすすめのムダ毛処理法
  3. 妊娠した場合の脱毛サロン・クリニックの対応まとめ
  4. 妊娠と脱毛に関するQ&A

このページを読めば、妊娠したらどうするべきか、全て分かりますのでぜひご覧ください。

1. 妊娠中は脱毛するべきではない3つの理由

妊娠期間中は、エステやクリニック、それに家庭用脱毛器など、効果的な脱毛は全てNGになりますが、それは、次のような理由があるためです。

  1. ホルモンバランスが変化して脱毛効果が出にくいから
  2. 肌が敏感になって痛みを感じやすくなるため
  3. 体調を崩しやすいため

赤ちゃんに悪影響を与えるということは全くありませんが、お母さんの肌質が変化するためだということです。

それぞれ解説します。

1-1. ホルモンバランスが変化して脱毛効果が出にくいから

妊娠期間中は、平常時のホルモンバランスが崩れ、脱毛効果が出づらくなります。

妊娠期間中のホルモンバランスの変化を示したのが下の図です。

妊娠すると、毛の成長を促すプロゲステロンが、毛の成長を抑制するエストロゲンよりも増え、生えていなかった部分にまで生えることがあります。

また、乳腺の発達を促すホルモン「プロラクチン」も妊娠に合わせて増加しますが、このホルモンが増えると、レーザー脱毛しても逆に毛が増える「多毛症」の原因になる場合があると言われています。

こういう時期に医療機関のレーザー脱毛やサロンのエステ脱毛脱毛を行っても逆に毛が増えてしまうことがあるため、妊娠期間中は脱毛NGとなっているのです。

1-2. 肌が敏感になって痛みを感じやすくなるため

妊娠期間中は、肌が敏感になっており、肌が乾燥したり、肌荒れが起きたりする場合があります。

これもホルモンバランスが崩れることが原因で、「ブスホルモン」という悪名もあるプロゲステロンがエストロゲンよりも優位になるためです。

こういう肌の状態で、刺激の強い除毛クリームを使ったり、カミソリや毛抜きで処理するのは肌荒れを悪化させる原因になります。

1-3. 体調を崩しやすいため

妊娠期間中は、どうしてもつわりなど体調が崩れやすいですが、こういう時期に脱毛を頑張って体調を崩さないようにするべきです。

同じ体勢で長時間いるのは体に負担をかけ、脱毛サロンやクリニックでももしもの場合に補償できるわけはないというのも、脱毛を断る1つの理由です。

また、自宅での脱毛も、臭いのキツい除毛クリームを使ったりして、体調を崩したりしないようにしましょう。

2. 妊娠期間中におすすめのムダ毛処理法

自宅での脱毛法は、主に次の10個がありますが、妊娠期間中におすすめできるのは、電気シェーバーとローションだけです。

区分 方法 おすすめ度 一言解説
除毛 電気シェーバー ★★★ 低刺激でおすすめ
クリーム ★☆☆ 肌への刺激が強い
カミソリ ★★☆ ローションを使うならOK
スプレー ★☆☆ おすすめできる商品なし
脱毛 脱毛器 ★☆☆ 脱毛効果は期待できない
ワックス ★★☆ 痛みが少ないならOK
テープ・シート ★★☆ 痛みが少ないならOK
毛抜き ★☆☆ 肌への刺激が強い
抑毛 ローション ★★★ 保湿効果もありおすすめ
石鹸 ★☆☆ おすすめできる商品なし

※★1つは控えるべきで、★2つは条件つきで、★3が最もおすすめできるものです。

ちなみに、除毛、脱毛、抑毛を紹介したのが下の図です。

それぞれご紹介します。

2-1. 妊娠期間中は電気シェーバーで乗り切る

妊娠期間中に重宝するのは、低刺激で除毛できる電気シェーバーで、これだけでもOKだと思います。

1章でも書きましたが、ホルモンバランスが崩れるせいで毛が濃くなるば合うがあるので、それを電気シェーバーでキレイにしましょう。

おすすめの電気シェーバーを1つご紹介しておきます。

フェリエ ES-WF40』は、体用だけならず、顔用でも人気・評判No.1の電気シェーバーです。

厚み約0.12mmのうす刃で根元からカットすることができ、また、肌を傷つけにくい丸い刃先になっているので、肌トラブルの危険性も少ないです。

顔だけでなく、全身にも使うことができ、脱毛サロンやクリニックに通う際にも役立つので、買っておいて損はありません。

2-2. 妊娠期間中の荒れやすい肌を保湿する抑毛ローション

電気シェーバーは除毛だけで脱毛効果は期待できませんので、それが残念に思う方は、抑毛ローションがおすすめです。

妊娠期間中は、プロゲステロンが増えて肌荒れが起こりやすく、保湿することが大切になってきますが、そこで役に立つのが抑毛ローションです。

抑毛ローション自体は効果は強くありませんが、肌に優しく使うことができるので、妊娠期間中はこれがベストだと考えられます。

妊娠期間中も使用できるおすすめ抑毛ローションをご紹介します。

パイナップル豆乳ローション』(鈴木ハーブ研究所)はシリーズ累計355万本出ている人気商品で、塗るだけの簡単ケアで、ムダ毛が気にならないツルスベ肌にすることができます。

マンダリンオレンジ果実エキスが配合されているなど、肌へのやさしさにこだわった商品で、多くの抑毛ローションランキングで1位を獲得しています。

妊娠中は肌が敏感になっているので、目立たない部分に少し塗って2日ほど様子を見て、問題ないなら使うようにしましょう。(加えて医師に相談すると、さらに安心です)

<パイナップル豆乳ローション 購入ページ>

https://cp.s-herb.com/PPK18B_T0_1504

公式ページではアマゾンよりも700円安く購入できます。

また、返金保証が受けられるのは、公式ページだけなので、こちらで購入することをおすすめします。

2-3. あまりおすすめしないが、条件次第ではOKなもの

カミソリはからぞりで使うと肌への刺激が強いですが、シェービングクリーム・ローションを使えば大丈夫です。

また、ブラジリアンワックスやワックスシートも肌への刺激が強いのであまりおすすめしませんが、使ってみて痛みをそれほど感じないなら、使っても問題はありません。

セルフ脱毛専科』は敏感肌向き用の脱毛ワックスシートで、デリケートゾーン(Vライン可)と顔以外は全て使うことができます。

妊娠期間中は肌が敏感になっているので、敏感肌向きのタイプを試すのをおすすめします。

2-4. 妊娠期間中はおすすめできない方法

脱毛器や毛抜き、除毛スプレーや抑毛石鹸は1つもおすすめしません。

脱毛器は平常時なら一番おすすめですが、セルフ脱毛の中では効果が強く、肌への負担が心配されます。

また、除毛クリームはチオグリコール酸カルシウムという成分が毛のタンパク質を溶かすのですが、肌のタンパク質も溶かしてしまうので、肌が敏感な時期に使うべきではありません。

それに、毛抜きや除毛スプレー、抑毛石鹸は、妊娠していようと妊娠してまいとおすすめできるものではありません。

3. 妊娠した場合の脱毛サロン・クリニックの対応まとめ

妊娠期間中は、脱毛サロンやクリニックに通えないので、妊娠が判明したらすぐに通っている所に連絡しましょう。

ほとんどのサロン・クリニックは妊娠中の休会制度がありますが、サロン・クリニックごとに違いがありますので、妊娠する可能性があるなら前もって確認しておくことをおすすめします。

  • 解約できるか?(手数料はあるか)
  • 休会はできるか?(保証期間はいつまで)
  • 出産後の再開はいつから?

この3つを確認しておくと安心です。

3-1. 妊娠した場合の脱毛サロンの対応

妊娠した場合、どのように対応してもらえるか、人気脱毛サロンの対応についてまとめました。

サロン名 妊娠への対応
ミュゼプラチナム
・解約に手数料かからない。
・連絡すれば休会OK。
・出産後、生理2回来てから再開。
銀座カラー
・解約する場合は手数料10%。
・連絡すれば休会OK。
・出産後、生理2回来てから再開。
キレイモ
・解約に手数料かからない
・回数制プランは2年の保証期間延長が可能
・出産後、生理2回来てから再開。
ディオーネ
・解約する場合は手数料10%
・休会可能。
・授乳期間終了後、再開。
ジェイエステ
 ・解約できる期間があるので注意。
・休会すれば回数が減ることはない。
・出産後、生理が来れば再開。
エピレ
・解約する場合は手数料10%。
・契約日から4年保証があるのでチェック。
・出産後、生理2回来てから再開。
 脱毛ラボ ・月額制は休止してもしはらいが続く。
・回数制は延長料金かかる。
1年12,000円、2年2万円。
  ラ・ヴォーグ
・解約する場合は手数料10%。
・連絡すれば休会OK。
・出産後、生理2回来てから再開。
 シースリー
・解約金の有無はコースによる。
・永久保証なら問題なし。
・授乳期間終了後、再開。
  ラココ
・解約する場合は手数料10%
・連絡すれば休会OK。
・出産後。
ストラッシュ
・解約する場合は手数料10%
・連絡すれば2年間期限延長。
・出産後。
リンリン
・解約する場合は手数料10%
・ 有効期限延長を申請すれば休会OK。
・生理2回来て、授乳期間終了後、再開。
  コロリー
・解約する場合は手数料10%。
・無期限などで、休会の必要なし。
・出産後。
 ヴィトゥレ
・解約する場合は手数料10%。
・連絡すれば休会OK。
・出産後。
プリート
・解約する場合は手数料10%
・連絡すれば休会OK。(最長1年)
・出産後。

ここではネットで分かる限りのことをまとめていますが、最新の規定を確認したい方は直接お問い合わせください。

解約は有効期限が過ぎると返金されない場合もあるので、カウンセリングで確認しておきましょう。

3-2. 妊娠した場合の脱毛クリニックの対応

人気の脱毛クリニック10院の対応をまとめました。

クリニック名 妊娠への対応
 湘南美容外科
・解約手数料なしで返金可。
・期限がないので、休会必要なし。
・出産後、3ヶ月から再開。
リゼクリニック
・解約手数料なしで返金可。
・連絡すれば休会OK。
・授乳期間後、再開。
アリシアクリニック
・解約手数料なしで返金可。
・1年半のコース延長可能。
・ 授乳期間後、再開。
フェミークリニック
・解約規定なし。(返金なし)
・妊娠中は出力をおさえて脱毛。
・契約の有効期限なし。
椿クリニック
・解約手数料は残り回数分の30%
・妊娠時は有効期限1年延長可。
・出産後、再開。
レジーナクリニック
・ほぼ返金なし。
・有効期限8ヶ月しかなく、伸ばせない。
クレアクリニック
・医療ローン以外、解約手数料なし。
・連絡すれば休会OK。
・ 授乳期間後、再開。
KMクリニック
・解約する場合は手数料3~6%。
・連絡すれば休会OK。
・ 授乳期間後、再開。
中央クリニック
・解約規定なし。(返金なし)
・期限無しなので、手続き不要。
聖心美容クリニック
・解約規定なし。(返金なし)
・1年の期限延長が可能。

※クリニックは解約時に返金が無いところが多いこと、また、医療機関はクーリングオフが使えないことに注意してください。

ここではネットで分かる限りのことをまとめていますが、規定が変わる場合も考えられますので、最新の規定を確認したい方は直接お問い合わせください。

解約は有効期限が過ぎると返金されない場合もあるので、カウンセリングで確認しておきましょう。

4. 妊娠と脱毛に関するQ&A

妊娠と脱毛に関して良くある疑問をQ&A形式でまとめました。

  1. 脱毛は胎児に悪影響は本当に無いのですか?
  2. 妊娠すると脱毛効果はなくなるのですか?
  3. 妊娠中に毛を増やさないためにできることはありますか?
  4. 妊娠してムダ毛が薄くなることもあるのですか?
  5. 子連れで脱毛サロンに通えるのですよね?
  6. 解約すればどうすれば良いですか?

クリックすると該当部分に行きます。

4-1. 脱毛は胎児に悪影響は本当に無いのですか?

脱毛が悪影響を与えることはありません。

医療脱毛で使用されているレーザーは755nm程度の可視光線であり、紫外線やX線などとは異なります。

そのため、フェミークリニックでは妊娠中も脱毛できるクリニックは存在するのです。

4-2. 妊娠すると脱毛効果はなくなるのですか?

妊娠しても脱毛効果は無くなりません。(特に、病院で受けるレーザー脱毛の場合)

ただ、ホルモンバランス次第では「意味なくなったかも💧」と感じられるだけです。

あまり気にせずに、理想の肌へ向けて脱毛を再開しましょう。

4-3. 妊娠中に毛を増やさないためにできることはありますか?

妊娠期間中は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンがプロゲステロンよりも少なくなって肌トラブルが起こるので、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを取ると、毛の成長を抑えることができますし、美肌にもつながります。

ただし、イソフラボンの取りすぎは胎児に悪影響を与えますので、指定された摂取量を守るようにしてくださいね。(豆腐なら豆腐1丁が一日の上限になります)

妊娠期間中は、美肌のことよりも、お子様とご自身の体調を第一に考えて生活することが結果的に美肌にもつながるのです。

4-4. 妊娠してムダ毛が薄くなることもあるのですか?

出産を終えると今まで高かったホルモン値が一気に下がり、一気に毛が抜けるという体験をする方がいます。

しかし、ホルモンバランスが戻れば、また生えてくることになるはずです。

妊娠や出産で毛が増えたり減ったりしても、あまり一喜一憂せずに脱毛に取り組んでいきましょう!

4-5. 子連れで脱毛サロンに通えるのですよね?

残念ながら、ほとんどのサロン・クリニックは子連れで通うことはできません。

  • 狭いサロン・クリニックが多いため
  • 子供のお世話をする人材がいないため
  • 脱毛の光は子どもに悪影響を与える可能性があるため
  • 脱毛器を破損されないようにするため

このような理由があるためと考えられます。

子育て中に脱毛サロン・クリニックに通うためには次のような方法が考えられます。

  • 自分の両親に子どもを見てもらう
  • 幼稚園、保育園、託児所に任せる
  • ベビーシッターを雇う

自分のライフスタイルに合ったものを選んで、脱毛を再開させましょう。

4-6. 解約する際はどうすれば良いですか?

解約の連絡を店頭や電話でして、お店に行って手続きをすればOKです。

サロンやクリニックによって異なりますが、次のものが必要になります。

  • 会員証
  • 通帳など口座情報が分かるもの
  • 印鑑
  • クレジットカード(カード払いの方のみ)

解約期限が過ぎると、返金もされなくなってしまうので注意してください。

解約時に返金があるかは契約する時にしっかり確認しておきましょう。

5.  さいごに

妊娠した場合、ムダ毛処理はどうするかについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

妊娠期間中にムダ毛処理したい方は、肌への刺激が少ない電気シェーバーを使い、保湿をかねて『パイナップル豆乳ローション』のような抑毛ローションを使うのがベストです。

妊娠中は、赤ちゃんのこと、そして、ご自身の体調を第一に考えて、脱毛のことはあまり気にするのは止して、元気な赤ちゃんを生んでから、脱毛を始めてください。

このページが、読者の皆さまの美肌づくりにお役に立てることをお祈りします。