知らないと危険!肌荒れで症状別に選ぶべき化粧水5選と全注意点

スキンケアの基本である化粧水。より一層キレイになるために、自分のお肌に良いと思う化粧水を選んだり日々お肌をいたわってスキンケアをしていたハズなのに、逆に「肌荒れ」や「吹き出物」や「ニキビ」といった肌トラブルに悩まされてしまった経験がある方は多いですよね。

「肌荒れ」の原因は、化粧水が肌に合っていない・ストレス・スキンケアの方法が合っていないなど様々ですが、焦らずに原因をしっかりと把握できれば今の自分に合った化粧水とスキンケア方法で対処することができます。

ここでは美容業界に携わる自身の視点から、化粧水にテーマを置きながら「肌荒れ」の原因別の対処法・おすすめの化粧水とその使い方を紹介しています。

  1. 肌荒れの原因をチェックしよう|簡単2ステップ
  2. 原因に合わせた肌荒れ改善3つのアプローチ
  3. 肌荒れ時におすすめの化粧水厳選5つ
  4. 肌荒れ時に実践したい生活習慣おすすめ2選

最後まで読んでいただければ、自分の肌荒れの原因をきちんと理解でき、肌状態に合った化粧水と使い方を実践することで効果的に肌荒れを改善していくことができるでしょう。

1. 肌荒れの原因をチェックしよう|簡単2ステップ

お肌が荒れてしまった時は焦らずに、何が原因で肌荒れが起きたのかを今一度見つめ直して確認しましょう。

お肌の状態は刻々と変化しますので、通年同じ方法で美肌を維持することは非常に困難です。原因に合わせて今の自分のスキンケア方法とアイテムを切り替えることで、本当にひどくなってしまう前に対処ができます。

また以下のようなスキンケアは、逆に肌荒れを悪化させるので注意が必要です。

  • 肌荒れが気になって、頻繁に顔を洗うようになる
  • 肌をキレイに保とうとして、クレンジングや洗顔を長時間念入りに行ってしまう
  • 肌荒れに効くと言われている化粧品を安易に選んでしまう
  • 保湿したくて化粧水をはたき込むようにパッティングしてしまう

上記の様に、良いお肌を取り戻したいがためにスキンケアが過剰になってしまう方が多いですが、これらは全て肌荒れを悪化させてしまい、お肌が改善に向かいません。

原因によって、使うべきアイテムや行うべきスキンケア方法は変わってきます。適切な方法をとるためにも、自分の最近の生活や今の季節や使っているアイテムなどから落ち着いて原因がなんなのかを理解しましょう。

step1. 肌荒れが起きた時の時季を確認する

普段と同じアイテムを使っていたにも関わらず、洗顔後や化粧水をつけた時にヒリヒリするような感覚があれば、原因はその時の時季にあることが多いです。

実は肌荒れの原因は「使っているアイテムが合わない」のではなく「肌の状態が変わったことで使っているアイテムが合わなくなった」ことの方が圧倒的に多いです。

ここでは、時季が原因によって肌荒れが起きる事例を紹介していきます。

  1. 季節の変わり目に起きる肌荒れ
  2. 生理前に起きる肌荒れ
  3. 妊娠中や出産後に起きる肌荒れ
  4. 体の不調による肌荒れ

季節の変わり目に起きる肌荒れ

実は、肌荒れは気温差と密接な関係があります。

昼と夜の寒暖の差が大きい3月4月と9月10月11月は、見えない肌ストレスが溜まりやすいです。

更に3月4月は花粉が多く飛んでいる時期でもありますので、これらの時期に肌荒れが起きた場合は化粧品が合わないのではなく、季節に合わせたスキンケアが出来ていないケースが多いです。

また、梅雨時期の6月は急激な湿度の変化で皮脂の分泌量が増します。それによって肌荒れを招くこともありますので注意が必要です。

生理前後に起きる肌荒れ

生理前はホルモンバランスの変化により、皮脂量が増えて結果的に肌荒れを招くことがあります。

また、生理前は肌のバリア機能も低下するため、外からの刺激に敏感になりがちです。

また、PMS(月経前症候群)やむくみなどでストレスを溜め込みやすい時期であることから肌荒れにつながるケースも考えられますので、変化に合わせたスキンケアに切り替えてあげることが重要です。

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。

妊娠中や出産後に起きる肌荒れ

妊娠中や出産後も、生理前の時と同様ホルモンバランスの変化が原因で、皮脂が増加して肌荒れを起こしやすいです。

また、つわりなどにより栄養・水分不足や黄体ホルモンの増加による便秘。妊娠中期から後期に多い睡眠不足なども肌荒れの原因となることがあります。

スキンケアの方法ももちろんですが、無理をせずに心と体を休めてあげることが大切です。

体の不調による肌荒れ

忘年会シーズンなどでお酒の量が増えたり、ストレスからくる暴飲暴食やチョコレートなどの甘いものの摂取。深夜の飲食は胃腸に負担をかけます。

それらの食生活が結果として吹き出物ができたり肌荒れを招いてしまいます。

また、タバコ(喫煙)は体内のビタミンCを消費します。ビタミンCは肌の新陳代謝に関係していますので肌荒れを招く原因の1つと言えます。

step2. 化粧水を変えた後に肌荒れが起きたかを確認する

お肌に良いと思って使った化粧水が肌に合わなかったことで、肌荒れを起こすことがあります。

step1のチェックに当てはまることが無かったにも関わらずに肌荒れが起きた場合は、今使っている化粧水に原因があるのかもしれません。

そのため、最近アイテムを切り替えたかどうか、1度思い返してみましょう。

化粧水の配合成分で肌荒れ時に好ましい成分

肌荒れは、基本的に肌の水分量が足りていないことが原因で、皮脂の量が増えたり乾燥・敏感肌を招いてしまうことがほとんどです。

化粧水の種類は様々ですが、特に肌荒れを起こしている場合は高保湿タイプの化粧水を使うことが大事です。

その中でも特にセラミドが配合された化粧水は肌の水分量を高めるのに効果的ですので、好ましいです。

まとめると次のような化粧水が肌荒れ時には好ましいと言えます。

  • セラミド配合化粧水
  • 肌の刺激となり得る成分が少ない
  • 肌と同じ弱酸性
  • ノンコメドジェニック化粧品

また、ニキビ肌の人なら1度は聞いたことがある「ノンコメドジェニック」という化粧品はニキビの原因となる油分やアクネ菌のエサとなる油分を含んでいない物の総称です。

ニキビを治す効果が認められた商品ではないことを理解した上で、選択肢の1つと捉えると良いです。

化粧水の配合成分で気をつけておきたい成分

肌が敏感な状態で気をつけたい成分としては、次のような成分があります。

  • アルコール
  • 着色料
  • 鉱物油
  • 香料
  • パラベン(防腐剤)
  • 合成界面活性剤

これらの成分を極力避けることでリスクを減らし、安心して使える化粧水の指標にしましょう。

「敏感肌向け」「肌にやさしい」という表現の商品は下記の成分を使っていないか、可能な限り減らしたものがほとんどです。

しかしながらこれら6つの成分を全て取り除いた化粧水はほとんど無いのが現状です。あまり過敏にならずに参考程度にしてください。

また、美白成分としても有名な「ビタミンC誘導体」も皮脂の分泌を抑制する効果があり、人によってはそれが肌バリア機能の低下を招き乾燥する原因を作る場合があります。油分も肌の健康には一定量必要だと心得ましょう。

不安を感じたらパッチテストで確認してみる

もし、使っている化粧水が肌に使って大丈夫なものか確かめるのであれば「パッチテスト」をすることをおすすめします。

方法は以下の通り簡単なので、悩みすぎる前に試してみましょう。

  1. 絆創膏のガーゼ部分に化粧水をつける
  2. 二の腕の内側などの皮膚が薄い部分に貼り付ける
  3. 約2日(48時間)ほど経過を見て、かゆみや赤みや腫れが出ていないか確認する

この工程でも不安がある場合は、お顔の目立たない部分に化粧水を少量つけてみて経過を確認してみてください。万が一、異常が出た場合はすぐに洗い流してください。

症状が続くようであれば、使用しているアイテムを持って医師の診断を受けましょう。ご自身の肌に合わない成分が特定できればスキンケアはグッと行いやすくなります。

2. 原因に合わせた肌荒れ改善3つのアプローチ

自分の肌荒れの原因を確認できたら、今度は具体的に肌荒れを改善していく3つのアプローチを実践しましょう。

  • スキンケア方法を変えるアプローチ
  • スキンケアアイテムを変えるアプローチ
  • 生活習慣を見直すアプローチ

これら3つのアプローチを原因に合わせて実践していくのが効果的です。

2-1. スキンケア方法を変えるアプローチ

お肌が荒れている時は、まずはじめにスキンケアの方法を変えることが必要です。方法を変えずにアイテムを変えても、結果はついてきません。デリケートな状態のお肌に負担をかけにくいクレンジング〜洗顔の方法をご紹介しますので、マスターしましょう。

肌荒れ時に実践したいクレンジング・洗顔

肌荒れを防ぐためにもクレンジングと洗顔は合計でも3〜4分以内に済ませましょう。

クレンジングや洗顔は汚れを落とすために必要ですが、必要な水分・油分を奪わないためにも最小限の時間で終わらせるのが理想です。

それでも、肌荒れがおさまらない時には、水(ぬるま湯)洗顔のみにして、お肌の回復を待つことが必要です。

肌荒れ時のクレンジング時の注意点

クレンジングはパワーの強いものから弱いものまで様々です。自分のお肌にあった強さのクレンジング剤を選びましょう。

筆者のおすすめは「ミルクタイプ」です。保湿成分があわせて入っているものがほとんどなので、潤いを損ねずに汚れを落とせます。

注:クレンジング剤の強さ

クレンジング剤は、強い順に 「拭き取りタイプ」→「オイルタイプ」→「ジェルタイプ」→「クリームタイプ」→「ミルクタイプ」です。もちろん強いほど肌への負担が増しますので、ミルクタイプから順に試して、最適なクレンジング剤を見つけることが重要です。

肌荒れ時の洗顔時の注意点

荒れがちなお肌の洗顔の場合、「皮脂を落としすぎないこと」を意識した洗顔が大事です。

洗顔時に気をつけることは大きく次の3つです。

  1. ぬるま湯で流す(32℃前後)
  2. 洗顔に時間をかけすぎない(目安1〜1.5分)
  3. 夜も朝も洗顔するなら、朝はぬるま湯ですすぐ程度にする

また、シャワーを直接当てたり、強く擦ってはお肌が傷む原因になります。

これらの注意点を意識して行えば、お肌を自分で傷めることがなくなりますので、ぜひ実践しましょう。

肌荒れ時の正しいクレンジング&洗顔まとめ

  • クレンジングと洗顔どちらもスピーディーに行う
  • クレンジング剤はミルクタイプがおすすめ(濃いメイク部分は使い分けする)
  • 流すお湯はぬるま湯(32℃前後)程度にする
  • 強く擦ったりなどの刺激や摩擦を極力与えないようにする

2-2. スキンケアアイテムを変えるアプローチ

肌荒れをした時、もしくは肌荒れしそうな時はまず上記のようにスキンケア方法を変えましょう。その上でスキンケアアイテムを変えることは大切です。

特に肌が最も敏感な状態で使う化粧水は重要なアイテムとなってきます。

このページでも「おすすめ肌荒れ時の化粧水」をご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

2-3. 生活習慣を変えるアプローチ

上記のように「スキンケアの方法」「スキンケアのアイテム」を変更してもイマイチ肌荒れが改善されない時は、おそらく普段の生活スタイルや食生活にも問題があります。

肌荒れが原因で化粧ができなかったり、ヒリヒリしたりかゆみが出たりというお悩みは女性の生活ではとても大きなストレスとなります。

このページでは簡単に実行できる「肌荒れ時に実践したい生活習慣」をご紹介していますので、合わせてチェックしましょう。

3. 肌荒れ時におすすめの化粧水5選

ここでは、低刺激処方の化粧水が数ある中でも、特に肌荒れ時におすすめしたい敏感肌化粧水をユーザーからのヒアリングや業界内でも信頼の厚いアイテムを厳選して、肌質ごとにおすすめを紹介します。どれも安心して使える低刺激処方なので、ぜひ参考にしてください。

商品名 商品画像 保湿力 低刺激 コスパ お肌の質
 オルビス クリアローション M  ◯    全ての肌質におすすめ
アヤナス ローションコンセントレート    △ 乾燥性敏感肌
シーボディVCローション シーボディVCローション    ◯  △ 油性敏感肌
 ヒフミド エッセンスローション ヒフミドエッセンスローション  ◯  ◯  ◯  アトピー肌
アルージェ モイスチャーミストローションⅡ  アルージェモイスチャーミストローションⅡ  ◯    △ アレルギー性敏感肌

どれを選べばいいか悩む場合は、どの化粧水も1000円程度でトライアルを購入できるので、まずは試してみてください。

その際は、どのタイプの敏感肌にも対応している『オルビスクリアローション』から試すことをおすすめします。

(油性敏感肌の方は「さっぱりタイプ」を、それ以外の方は「しっとりタイプ」を選びましょう。)

オルビスクリアを使ってもしっくりこない場合は、それぞれのお悩み別に下記を試してみてください。

それぞれの特徴と、使用者の口コミをご紹介します。

3-1. オルビス薬用クリアローションM|全ての肌質におおすすめ

  • 保湿力    ★★☆(コラーゲン、ヨクイニンエキス)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★★

もともと大人のニキビ肌用の化粧水ということもあり繊細に商品開発されているため、乾燥性、油性など、どのタイプの敏感肌の方も安心して使うことができます。

※油性の方は「Lタイプ(さっぱり)」、それ以外の方は「Mタイプ(しっとり)」を選びましょう。

ホルモンバランスの乱れで起きる、バリア機能の低下を防ぐ紫根エキスをはじめ、うつろいやすい大人女性の肌にスッと馴染む使い心地です。

大人ニキビ用をうたってはいますが、敏感肌の方でリピーターがもっとも多い化粧水なので、筆者としてはおすすめNo.1です。

悩んだらまずはこちらの化粧水を使ってみましょう。

口コミ・評判

ともこ さん(25歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
肌全体の乾燥もありましたが、仕事で疲れたりすると出てきていた吹き出物やニキビがこれを使ってから出てきてなくてビックリ!季節関係なく使える化粧水を探していたのでこれはお気に入りです。ヒリヒリしたりしないので安心して使えています♪

商品詳細

  • 180ml 1620円(税込)
  • つめかえあり 180ml 1404円(税込)
  • シリーズトライアルセットあり 1296円(税込)
  • 2015.4月MAQUIA月間口コミランキング化粧水部門第1位
  • @cosme 口コミ平均 4.6/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://orbis.co.jp/

3-2. アヤナス ローション コンセントレート|乾燥性敏感肌の方におすすめ

  • 保湿力    ★★★(セラミド2)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★☆☆

肌馴染みのよい使い心地で、お肌にスーッと潤いを届ける乾燥・敏感肌用ブランドの化粧水です。

独自配合のコウキエキスが肌の炎症を整えて潤いの浸透しやすい肌状態を保ちます。他にも消炎成分などが配合されているので安心して使えるのが特長です。

敏感肌でも使えるように処方されている分、高い効果を望むのなら化粧水だけに頼らずにシリーズで使ってあげることをおすすめします。

先ほどご紹介した『オルビス薬用クリアローションM』と『ファンケルアクティブコンディショニングEX』が合わなければ試してみましょう。

口コミ・評判

さおり さん(30歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
もうずーっとリピートしてます!だって自分が安心して使える化粧水ってこれくらいだし、朝も夜も両方使っても潤うのにサラッとして気持ちいいから、もう手放せません!!前に、化粧水を浮気した時肌荒れしたし、やっぱこれだね♩って再確認。

商品詳細

  • 125ml 5400円(税込)
  • 10日間のシリーズトライアルセットあり1480円(税込)
  • 定期会員価格による割引あり 4860円(税込)
  • all about 通販ベストコスメ 敏感肌部門 大賞
  • @cosme 口コミ平均 4.5/7.0

トライアル購入(公式ページ):  http://decencia.co.jp/g/gk048/

3-3. シーボディ VCローション|油性敏感肌の方におすすめ

シーボディVCローション

  • 保湿力     ★★★
  • 低刺激     ★★★
  • コスパ     ★☆☆

お肌に浸透した後のビタミンC変換がスムーズになった新型ビタミンC誘導体が配合されています。

このほかビタミンA・Eが配合されていることで一層肌の活力が高まる処方になっております。

お肌のコンディションが崩れやすい方には通年使える強い味方になってくれますので是非1度試してほしい化粧水です。

低刺激ながら肌が引き締まるようなさっぱりと気持ち良い使用感です。

確実に良い化粧水である反面、プチプライスではないのでキチンと使い続けられる計画性が大切と言えます。

口コミ・評判

のりこ さん(35歳/油性肌)
評価:★★★★☆4
友人のススメで使い始めました。テカリやべたつきがどの季節も気になって、そのわりには乾燥もしやすくて困っていましたが、VCローションをつかうと肌の調子がすごくよいです!高いですけど、値段相応の価値があります。

商品詳細

  • 150ml 8640円(税込)
  • 1週間分のVCスターターセットあり 1944円(税込)
  • 定期購入による割引あり
  • 無添加処方
  • @cosme 口コミ平均 5.0/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://sibody.co.jp/vc/

3-4. ヒフミド エッセンスローション|アトピー肌の方におすすめ

211149_xl

  • 保湿力    ★★☆(セラミド1・2・3、リピジュア)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★☆

3種類のヒト型セラミドに加え、さらに高保湿成分の「リピジュア(R)」も配合で保湿成分が豊富です。少しとろみのあるテクスチャーですが、つけるとベタつきはあまり感じません。

配合成分のセラミド1は、肌バリア機能の改善に効果的でこの価格で配合されているのはなかなかありません。

防腐剤として若干のアルコール成分が入っています。まずはトライアルセットで試して、お肌との相性を確認してから使いましょう。

口コミ・評判

ともこ さん(25歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
セラミド化粧水がずっと気になってて何種類か試して、私が落ち着いたのがコレです!少しトロッとして付けた感もあるし、季節関係なくヒリヒリしたりしないので私は気に入っています♩セラミドは肌がモチッとするから良いですね〜。

商品詳細

  • 120ml 3240円(税込)
  • 大容量サイズあり 180ml 4644円(税込)
  • 初回限定トライアルセットあり 980円(税込)
  • ヒフミドローションチャレンジセットあり  1500円(税込)
  • @cosme 口コミ平均 4.9/7.0

トライアル購入(公式ページ):  http://lp.kobayashi.co.jp/seihin/lt/

3-5. アルージェ モイスチャーミストローションⅡ|アレルギー性敏感肌の方におすすめ

アルージェモイスチャーミストローションⅡ

  • 保湿力    ★★☆(ビオセラミド、ヒアルロン酸)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★☆

ともかく低刺激にこだわった化粧水です。パッチテストやアレルギーテスト済の優しい処方で、保湿を助けるセラミドも配合されています。

ミストタイプなので、お肌の負担となる摩擦などを防げるのも嬉しいところです。

優しい処方ゆえに保湿が物足りないとの声もあります。コスパも比較的良いので、惜しまず使うか、クリーム・乳液などとの組み合わせが大切です。

口コミ・評判

きょうこ さん(35歳/敏感肌)
評価:★★★★☆4
今まで季節の変わり目には絶対皮膚科にお世話になっていた私が、初めてお肌の調子を落とさずに使い続けられた化粧水でした。ミストタイプなので、つけるのも手軽で個人的には気に入っています!ちょっと潤いがもの足りない気もするけど、安心して使えることの方がずっとありがたいです。

商品詳細

  • 150ml 2484円(税込)
  • 大容量サイズあり 220ml 3240円(税込)
  • 2日間のお試しセットあり 540円(税込)
  • @cosmeミスト状化粧水ランキング1位
  • @cosme 口コミ平均 5.0/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://arouge.com/

4. 肌荒れ時に実践したい生活習慣おすすめ2選

肌荒れしやすい方は、皮膚のバリア機能が低下しています。優しく外から保湿することの重要性は上記で書きましたが、体の内側からできることとしてここでは2つご紹介します。

  • 肌のバリア機能を損ねないような食事を意識する
  • 腸内フローラでお肌の調子を整える

この2つをスキンケアとあわせて意識しておくことで、お肌は良い調子を保ちやすくなります。

4-1. 肌のバリア機能を損ねないような食事を意識する

お肌のバリア機能を高めるためにも、食事には気をつけたいところです。

お肌の元となる動物性タンパク質はもちろんの事、ビタミンA・C・Eなどの栄養素も積極的に摂りましょう。しかし、α-リノレン酸は少量ならお肌にとっても良いのですが過剰に摂取しすぎると肌のバリア機能を損ねてしまうので、注意が必要です。

注:油っぽい食事はお肌のバリア機能を損ねます

揚げ物や炒め物、マーガリン・ドレッシング・ラーメン・インスタント食品などに含まれるリノール酸という成分は、過剰に摂取してしまうと体内でアラキドン酸が合成され、結果としてお肌のセラミドが減少してしまいます。その他、アトピー性皮膚炎や動脈硬化などを引き起こす要因にもなるので、食べすぎないように意識しておいた方が良いでしょう。

4-2. 腸内フローラでお肌の調子を整える

私たちの腸の中には無数の菌が棲んでいて、それらが腸内のバランスをとっています。ですが便秘などによりバランスが崩れてしまうと体内でビタミンB群が不足し、肌荒れを招いてしまいます。そうならないためにも、「善玉菌」の働きがとても大事です。

腸の中で、善玉菌が働きやすい環境を作るためには2つのポイントがあります。

  • 善玉菌のエネルギー源となる食物繊維(ゴボウなど)を摂る
  • 発酵食品(キムチなど)で、体内に善玉菌を補給する

この2つを意識すれば、体の内側から健やかな肌を育んでいくことができますよ。

敏感肌におすすめしたい食生活まとめ

  • 油っぽい食事を避けて、α-リノレン酸の摂りすぎを防ぐ
  • お肌の元となる動物性タンパク質やビタミンA・C・Eを積極的に摂る
  • 食物繊維がたくさん摂って、善玉菌の働きやすい環境を作る
  • 発酵食品などから、善玉菌を腸内に補給する

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。肌荒れはスグには解決しにくいですが、正しいスキンケアと生活習慣を意識していけば着実にお肌の調子は良くなってくれることでしょう。

おさらいすると、肌荒れ時の化粧水選びのポイントは次の通りです。

  • お肌のバリア機能を担う「セラミド」が配合されているか
  • 無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーであるか
  • その他お肌の刺激になり得る成分が配合されていないか
  • 不安ならトライアルセットを試すかパッチテストで使えるか確認する

大事なお肌をいたわりながら、健やかにおしゃれも楽しめる美肌を目指していきましょう。

化粧水選びに迷ったら、下記の化粧水がおすすめです。

どれを選べばいいか悩む場合は、どの化粧水も1000円程度でトライアルを購入できるので、まずは試してみてください。

このページが、あなたの美しさに一段と磨きをかかる手助けになれば幸いです。