プロが教える敏感肌の化粧水選び完全ガイド|選び方・おすすめ・使い方まで

敏感肌 化粧水

多くの女性の悩みのタネとなっている「敏感肌」。使いたい化粧品があってもヒリヒリするから使えないなど、キレイになりたくてもなれないというもどかしさは計り知れません。

敏感肌は、様々な原因によりお肌のバリア機能が失われてしまうことで起こります。日々のスキンケアで優しく潤いを補い、お肌の調子を取り戻すことが絶対不可欠です。

一方で、デリケートな敏感肌に合った化粧水選びには絶対に忘れないでほしい選び方のコツがあります。これを怠ると大事なお肌が更に悪化することに繋がりますので十分注意しましょう。

このページでは、美容業界に携わる自身の視点から、敏感肌の為の化粧水について下記の流れで紹介しています。

  1. 化粧水で敏感肌を改善するためのコツ3選
  2. ユーザーからの信頼が厚い症状別おすすめ敏感肌化粧水6選
  3. プチプラでもおすすめできる敏感肌化粧水2選
  4. 敏感肌の改善に効果的なスキンケア習慣3つ
  5. 実践したい敏感肌改善生活2つのススメ

最後まで読んでいただければ、敏感肌でもしっかり使える化粧水を選ぶことができ、優しく潤いを補いながらお肌本来の力を取り戻すことができるでしょう。

1. 化粧水で敏感肌を改善するためのコツ3選

乾燥したお肌は、バリア機能を保つために必要な水分が不足しているので、摩擦や紫外線などの外からの刺激にとても敏感になっています。それが悪化してしまった状態が一般に「敏感肌」と言われているのです。

次のような経験が思い当たる方は、お肌が「敏感肌」になりかけているかもしれません。

  • 化粧品で肌がかぶれてしまった
  • 着ている洋服の摩擦で肌荒れしてしまった
  • 髪の毛が触れたところがかゆい
  • 肌が赤らがかって、ピリピリする

これらの経験が思い当たる方は、本来はお肌の角質層に存在している「細胞間脂質(セラミド)」が不足している状態です。セラミドは水分を抱え込みながらお肌の細胞と細胞をつなぎとめるセメントのような役割を果たしています。このセラミドが不足すると、お肌は本来の力を発揮できずに肌荒れなどの症状が出やすくなってしまうのです。

また、セラミドは日常の中で失われやすい成分でもあります。以下のような生活習慣やスキンケアを行っていると、セラミドが失われお肌は敏感肌の状態におちいってしまいます。

敏感肌の状態を招きやすい具体例

  • 誤った認識で行うクレンジングや洗顔(洗いすぎ)
  • 紫外線ケアを怠る
  • 精神的なストレス
  • ホルモンバランスの変化(月経前後・妊娠など)
  • 偏った食事や栄養不足などの食生活
  • 睡眠不足や住環境の変化などの生活習慣

実は、花粉症などのアレルギー症状が敏感肌の引き金となっていることも多いです。アレルギー体質の方は肌に触れるものに対して敏感になっていますので、普段使っていた化粧品でも急に肌荒れしてしまうことがあります。また、自分が今まで気づいていなかったアレルギー成分が化粧品に配合されていた場合も同様です。化粧品を使ってかぶれた場合は、1度お医者様の診察を受けると良いでしょう。

このように様々な要素が関係している敏感肌の方には、デリケートになっているお肌を優しく潤してくれる化粧水が必要です。

敏感肌の化粧水選びには、以下のようなコツがあります。

敏感肌の方の化粧水選びのコツ3つ

  • 敏感肌の刺激になる成分が入っていないか確認する
  • 保湿成分「セラミド」が入っているか確認する
  • プチプライスで買えるorお試しセットなどがあるか

「せっかく購入しても使えなかった」「もっと肌が荒れた」などの失敗をしないためにもこの3つのコツを1度確認しておきましょう。

1-1. 敏感肌の刺激になるような成分が入っていないか確認する

敏感なお肌には、刺激になる可能性のある成分は避けておくことをおすすめします。次の成分は特に注意してほしい化粧水の配合成分です。

  • アルコール
  • 着色料
  • 鉱物油
  • 香料
  • パラベン

※注 不安な時はパッチテストで確認してみましょう

様々な成分から化粧水は出来ていますので、中には上記の成分が少量含まれていることも多々あります。不安な時は、試しにパッチテストをして様子を見てみましょう。成分表示だけでこの化粧水が肌に合っているかどうかを判断するのは、美容のプロでも難しいのです。

1-2. 保湿成分「セラミド」が入っているか確認する

敏感肌を改善するためには、お肌のバリア機能と潤いを保つセラミドが必要不可欠です。

化粧水に配合されるセラミドにはいくつかの種類があり、その種類ごとお肌にもたらす効果が変わってきます。

なので、下記に「セラミド3つの効果」「その効果が特に得られるセラミド成分」をまとめました。

セラミド3つの効果
セラミド成分名
お肌のバリア機能を高める
(紫外線などの外部刺激から肌を守る)
セラミド1
お肌の保水力を高める
(水分を角質内部にとどめる)
セラミド2、セラミド3、
お肌のターンオーバーを高める
(新しい元気な肌へと切り替わる肌代謝を促進)
セラミド6、セラミド6Ⅱ

これらのセラミドが入っている化粧水かどうか、1度確認しましょう。

1-3. プチプライスで買えるorお試しセットなどがあるか

口コミ・評判

ミエ さん(30歳/敏感肌)
化粧水での失敗談
口コミで高評価の多かった敏感肌用化粧水をネットで見つけたので、購入しました。敏感肌用ということもあり、サラサラした水のような付け心地。敏感肌化粧水は大体こんな感じだな。と使い続けてみたのですが、1週間経ったあたりからお肌がポツポツと吹き出物で荒れ始めて、カサカサするようになってしまいました。とりあえず使用はストップしましたが、また次の化粧水選びに四苦八苦してしまいそうです・・・。

せっかく選んだ化粧水も、お肌に合わず使用をやめてしまったという経験はありませんか?

「良いと言われている化粧水も、また私の肌には合わないかも」「気になる化粧水があるけど、少し値段がするから、また合わなかったことを考えると・・・」と、次第に化粧水選びが出来なくなってきたという声もよく聞きます。

結論から言うと、化粧水を試さずに使えるものか・使えないものかを完全に判断することは不可能です。化粧水は様々な成分から出来ていて、成分表示だけでは判断できませんし、それぞれの成分の配合量もわかりません。

そこで、できるだけ負担なく化粧水を試す方法としては次の2つがおすすめです。

  • トライアルセットなどのお試しサイズを購入して、使ってみる
  • プチプライス化粧水を試してみる

トライアルセットなどのお試しサイズを購入して、使ってみる

化粧水は洗顔後のお肌が1番クリアな状態で使うものですので、まずはトライアルセットなどを試して化粧水が自分のお肌に合っているか確認してから、改めて通常サイズを購入するのをおすすめします。

ここのページでは、お試しサイズもしくはプチプライスで購入可能な化粧水のみを厳選してご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

プチプライス化粧水を試してみる

プチプライスの化粧水は、敏感肌の方にとっては強い味方になってくれます。敏感肌はうつろいやすく、季節にお肌の調子が左右されたり体の調子がそのままお肌に出ます。ですので、1年を通して同じ化粧水を使い続けられること自体が少ないのです。

お肌の調子に合わせて、メインの化粧水と、シンプル処方のプチプラ化粧水を使い分けできれば、お肌の負担を減らすことにつながります。

化粧水の価格が分かれる理由としては、高単価の美容成分が配合されていることや、成分を混ぜ合わせて化粧水を製造する際の精製技術の差などがあります。様々な成分が入っている分、効果を期待できますが敏感肌の人にとっては何がお肌の刺激になるか分かりません。お肌がヒリヒリした時はシンプルな処方の化粧水に切り替え、調子が戻ったら効果の期待出来る化粧水を使い分けるとお肌の負担を減らすことができます。

2. ユーザーからの信頼が厚い症状別おすすめ敏感肌化粧水6選

特におすすめしたい敏感肌化粧水をお肌の悩み・症状別にご紹介します。

敏感肌と一言に言っても原因は様々ですので、ぜひ参考にしてください。

商品名 商品画像 保湿力 低刺激 コスパ お肌の悩み
 オルビス クリアローション M  ◯    全ての悩みにおすすめ
 ファンケルアクティブコンディショニングEX    ◎ 全ての悩みにおすすめ
アヤナス ローションコンセントレート    △ 乾燥性敏感肌
シーボディVCローション シーボディVCローション    ◯  △ 油性敏感肌
 ヒフミド エッセンスローション ヒフミドエッセンスローション  ◯  ◯  ◯  アトピー肌
アルージェ モイスチャーミストローションⅡ  アルージェモイスチャーミストローションⅡ  ◯    △ アレルギー性敏感肌

どれを選べばいいか悩む場合は、どの化粧水も1000円程度でトライアルを購入できるので、まずは試してみてください。

その際は、どのタイプの敏感肌にも対応している『オルビスクリアローション』と『ファンケルアクティブコンディショニングEX』の2つから試すことをおすすめします。

(油性敏感肌の方は「さっぱりタイプ」を、それ以外の方は「しっとりタイプ」を選びましょう。)

上記どちらを使ってみてもしっくりこない場合は、それぞれのお悩み別に下記を試してみてください。

予算があわなければ、次章で紹介するプチプラも検討しましょう!

2-1. オルビス薬用クリアローションM|全ての方におおすすめ

  • 保湿力    ★★☆(コラーゲン、ヨクイニンエキス)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★★

もともと大人のニキビ肌用の化粧水ということもあり繊細に商品開発されているため、乾燥性、油性など、どのタイプの敏感肌の方も安心して使うことができます。

※油性の方は「Lタイプ(さっぱり)」、それ以外の方は「Mタイプ(しっとり)」を選びましょう。

ホルモンバランスの乱れで起きる、バリア機能の低下を防ぐ紫根エキスをはじめ、うつろいやすい大人女性の肌にスッと馴染む使い心地です。

大人ニキビ用をうたってはいますが、敏感肌の方でリピーターがもっとも多い化粧水なので、筆者としてはおすすめNo.1です。

悩んだらまずはこちらの化粧水を使ってみましょう。

口コミ・評判

ともこ さん(25歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
肌全体の乾燥もありましたが、仕事で疲れたりすると出てきていた吹き出物やニキビがこれを使ってから出てきてなくてビックリ!季節関係なく使える化粧水を探していたのでこれはお気に入りです。ヒリヒリしたりしないので安心して使えています♪

商品詳細

  • 180mL 1620円(税込)
  • つめかえあり 180mL 1404円(税込)
  • シリーズトライアルセットあり 1296円(税込)
  • 2015.4月MAQUIA月間口コミランキング化粧水部門第1位
  • @cosme 口コミ平均 4.6/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://orbis.co.jp/

2-2. ファンケルアクティブコンディショニングEX|全ての方におすすめ

  • 保湿力    ★★★(アクティブセラミド、コラーゲン)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★☆

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤フリーのお肌に優しい処方の化粧水で、全ての肌タイプにオススメできる万能タイプです。

1ヵ月分サイズの使い切りのボトルで、鮮度が高く安心して使えるのも魅力の一つです。

敏感肌の保湿に欠かせないセラミドとコラーゲンをたっぷり配合しており、肌の自活力を高めてくれます。

コストがやや高いのがデメリットですが、美意識の高い大人女性にピッタリの商品です。

多少値段が高くても質にこだわりたい方にはおすすめです。

口コミ・評判

きょうこ さん(35歳/敏感肌)
評価:★★★★☆4
ファンケルの商品は同僚や知り合いからも良い評判を聞いていたので個人的に気になっていました。タイプが2つありましたが、私は本当に肌がカサつきやすいので「しっとり」タイプにしました。使ってすぐ潤いを実感できて、病みつきになりました!

商品詳細

  • 30mL 1,836円(税込)
  • 初回購入は化粧液と乳液など6点セットで約半額の1,830円(税込、送料無料)
  • おまとめ買いでおトクに
  • 「2016.9月MAQUIA ONLINEクチコミ月間ランキング2016」化粧水部門第1位

トライアル購入(公式ページ):  http://fancl.co.jp/

2-3. アヤナス ローション コンセントレート|乾燥性敏感肌の方におすすめ

  • 保湿力    ★★★(セラミド2)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★☆☆

肌馴染みのよい使い心地で、お肌にスーッと潤いを届ける乾燥・敏感肌用ブランドの化粧水です。

独自配合のコウキエキスが肌の炎症を整えて潤いの浸透しやすい肌状態を保ちます。他にも消炎成分などが配合されているので安心して使えるのが特長です。

敏感肌でも使えるように処方されている分、高い効果を望むのなら化粧水だけに頼らずにシリーズで使ってあげることをおすすめします。

先ほどご紹介した『オルビス薬用クリアローションM』と『ファンケルアクティブコンディショニングEX』が合わなければ試してみましょう。

口コミ・評判

さおり さん(30歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
もうずーっとリピートしてます!だって自分が安心して使える化粧水ってこれくらいだし、朝も夜も両方使っても潤うのにサラッとして気持ちいいから、もう手放せません!!前に、化粧水を浮気した時肌荒れしたし、やっぱこれだね♩って再確認。

商品詳細

  • 125mL 5400円(税込)
  • 10日間のシリーズトライアルセットあり1480円(税込)
  • 定期会員価格による割引あり 4860円(税込)
  • all about 通販ベストコスメ 敏感肌部門 大賞
  • @cosme 口コミ平均 4.5/7.0

トライアル購入(公式ページ):  http://decencia.co.jp/g/gk048/

2-4. シーボディ VCローション|油性敏感肌の方におすすめ

シーボディVCローション

  • 保湿力     ★★★
  • 低刺激     ★★★
  • コスパ     ★☆☆

お肌に浸透した後のビタミンC変換がスムーズになった新型ビタミンC誘導体が配合されています。

このほかビタミンA・Eが配合されていることで一層肌の活力が高まる処方になっております。

お肌のコンディションが崩れやすい方には通年使える強い味方になってくれますので是非1度試してほしい化粧水です。

低刺激ながら肌が引き締まるようなさっぱりと気持ち良い使用感です。

確実に良い化粧水である反面、プチプライスではないのでキチンと使い続けられる計画性が大切と言えます。

こちらも、先ほどご紹介した『オルビス薬用クリアローションM』と『ファンケルアクティブコンディショニングEX』が合わなければ試してみましょう。

口コミ・評判

のりこ さん(35歳/油性肌)
評価:★★★★☆4
友人のススメで使い始めました。テカリやべたつきがどの季節も気になって、そのわりには乾燥もしやすくて困っていましたが、VCローションをつかうと肌の調子がすごくよいです!高いですけど、値段相応の価値があります。

商品詳細

  • 150mL 8640円(税込)
  • 1週間分のVCスターターセットあり 1944円(税込)
  • 定期購入による割引あり
  • 無添加処方
  • @cosme 口コミ平均 5.0/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://sibody.co.jp/vc/

2-5. ヒフミド エッセンスローション|アトピー肌の方におすすめ

211149_xl

  • 保湿力    ★★☆(セラミド1・2・3、リピジュア)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★☆

3種類のヒト型セラミドに加え、さらに高保湿成分の「リピジュア(R)」も配合で保湿成分が豊富です。少しとろみのあるテクスチャーですが、つけるとベタつきはあまり感じません。

配合成分のセラミド1は、肌バリア機能の改善に効果的でこの価格で配合されているのはなかなかありません。

防腐剤として若干のアルコール成分が入っています。まずはトライアルセットで試して、お肌との相性を確認してから使いましょう。

口コミ・評判

ともこ さん(25歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
セラミド化粧水がずっと気になってて何種類か試して、私が落ち着いたのがコレです!少しトロッとして付けた感もあるし、季節関係なくヒリヒリしたりしないので私は気に入っています♩セラミドは肌がモチッとするから良いですね〜。

商品詳細

  • 120mL 3240円(税込)
  • 大容量サイズあり 180mL 4644円(税込)
  • 初回限定トライアルセットあり 980円(税込)
  • ヒフミドローションチャレンジセットあり  1500円(税込)
  • @cosme 口コミ平均 4.9/7.0

トライアル購入(公式ページ):  http://lp.kobayashi.co.jp/seihin/lt/

2-6. アルージェ モイスチャーミストローションⅡ|アレルギー性敏感肌の方におすすめ

アルージェモイスチャーミストローションⅡ

  • 保湿力    ★★☆(ビオセラミド、ヒアルロン酸)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★☆

ともかく低刺激にこだわった化粧水です。パッチテストやアレルギーテスト済の優しい処方で、保湿を助けるセラミドも配合されています。

ミストタイプなので、お肌の負担となる摩擦などを防げるのも嬉しいところです。

優しい処方ゆえに保湿が物足りないとの声もあります。コスパも比較的良いので、惜しまず使うか、クリーム・乳液などとの組み合わせが大切です。

口コミ・評判

きょうこ さん(35歳/敏感肌)
評価:★★★★☆4
今まで季節の変わり目には絶対皮膚科にお世話になっていた私が、初めてお肌の調子を落とさずに使い続けられた化粧水でした。ミストタイプなので、つけるのも手軽で個人的には気に入っています!ちょっと潤いがもの足りない気もするけど、安心して使えることの方がずっとありがたいです。

商品詳細

  • 150mL 2484円(税込)
  • 大容量サイズあり 220mL 3240円(税込)
  • 2日間のお試しセットあり 540円(税込)
  • @cosmeミスト状化粧水ランキング1位
  • @cosme 口コミ平均 5.0/7.0

トライアル購入(公式ページ):  https://arouge.com/

3. プチプラでもおすすめできる敏感肌化粧水2選

ここでは、プチプライスで低刺激な敏感肌用化粧水をご紹介します。

ケチらずにしっかり使うことで、確かな効果も期待できるおすすめのアイテムです。

ただし、保湿力にはやはり欠けてしまいますので、

商品名 商品画像 保湿力 低刺激 コスパ
 ちふれ 化粧水 ノンアルコールタイプ ちふれ化粧水ノンアルコール  ◯     
 無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ  無印良品敏感肌用高保湿  ◯      

3-1. ちふれ 化粧水 ノンアルコールタイプ(コスパ最強でしっかり低刺激)

ちふれ化粧水ノンアルコール

  • 保湿力    ★★☆(ヒアルロン酸、トレハロース)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★★

お求めやすいプチプライスで、お肌のことを考えた低刺激な処方が魅力の商品です。

ノンアルコールで、お肌の負担となる成分を極力避けたマイルドな使い心地です。プチプライスで、ケチらず使えることからリピーターの方が非常に多い化粧水です。

保湿が物足りないとの意見もありますので、必ずこれ1本に頼らずに乳液やクリームなどと組み合わせて使うことが重要です。

口コミ・評判

まなみ さん(39歳/敏感肌)
評価:★★★★★5
化粧水を選ぶときはまず「ノンアルコール」というワードを探すくらいアルコールに敏感な私ですが、これはノンアルコールだけじゃなくコスパと使用感も気に入っている化粧水ですコットンパックで使ったり、職場にも持って行ってます。ヒリヒリしないので化粧水をつける時ももう恐くない!

商品詳細

  • 180mL 648円(税込)
  • 詰め替えサイズあり 150mL 540円(税込)
  • 保湿成分 ヒアルロン酸・トレハロース配合
  • 無香料・無着色・無鉱物油・ノンアルコール
  • @cosme 口コミ平均 4.5/7.0

3-2. 無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(低刺激でコスパも◎)

無印良品敏感肌用高保湿

  • 保湿力    ★★☆(ヒアルロン酸、トレハロース)
  • 低刺激性   ★★★
  • コスパ    ★★★

@cosmeでの人気やニベアクリームと組み合わせたコスパ最強スキンケアも紹介される程の知名度を誇るこちらの化粧水は、ベースとなる水にこだわり誰でも安心して使える低刺激性が最大の特徴です。少しトロみのある使い心地です。

セラミド成分の配合は無く、肌本来の保水力を上げる力はないのですが、乾燥が軽い季節や症状が軽いうちから予防をかねて使うのが特におすすめです。

口コミ・評判

さやか さん(31歳/乾燥敏感肌)
評価:★★★★★5
知人のから勧められていて、ちょうど前の化粧水がなくなりそうな時に無印に行ったついでに購入。まさに無印といったシンプルなイメージの化粧水ですが、きちんと潤って全くヒリヒリしないから感動しちゃいました。携帯用も売ってるので、実家にも置いておけるし旅行の時などにも重宝してます♩

商品詳細

  • 200mL 700円(税込)
  • 他のサイズあり 400mL 1200円(税込)30mL 300円(税込)
  • @cosme ベストコスメアワード2014 ベスト化粧水 第1位
  • 無香料・無鉱物油・無着色・ノンアルコール・パラベンフリー
  • @cosme 口コミ平均 4.8/7.0

4. 敏感肌の改善に効果的なスキンケア習慣3つ

実は、敏感肌の方は毎日の洗顔などスキンケア全体で意識しなければならないポイントがあります。なぜなら、洗顔やクレンジングの仕方や化粧水のつけ方すらも敏感肌を悪化させる原因になりかねないからです。

そこで、敏感肌化粧水と合わせて実践してほしいスキンケアのポイントは次の3つです。

  1. クレンジングと洗顔は時間をかけすぎずにスピーディーに行う
  2. 効果的な化粧水のつけ方をマスターして、化粧水の効果を一層高める
  3. 必ず、乳液もしくはクリームを使う

この3つを習慣にすれば、より一層お肌はバリア機能を取り戻しやすくなります。

4-1. クレンジングと洗顔は時間をかけずにスピーディーに行う

肌荒れを防ぐためにもクレンジングと洗顔は合計でも3〜4分以内に済ませましょう。

クレンジングや洗顔は汚れを落とすために必要ですが、必要な水分・油分を奪わないためにも最小限の時間で終わらせるのが理想です。

クレンジング時の注意点

クレンジングはパワーの強いものから弱いものまで様々です。自分のお肌にあった強さのクレンジング剤を選びましょう。

筆者のおすすめは「ミルクタイプ」です。保湿成分があわせて入っているものがほとんどなので、潤いを損ねずに汚れを落とせます。

注:クレンジング剤の強さ

クレンジング剤は、強い順に 「拭き取りタイプ」→「オイルタイプ」→「ジェルタイプ」→「クリームタイプ」→「ミルクタイプ」です。もちろん強いほど肌への負担が増しますので、ミルクタイプから順に試して、最適なクレンジング剤を見つけることが重要です。

洗顔時の注意点

乾燥肌の洗顔の場合も、「皮脂を落としすぎないこと」を意識した洗顔が大事です。

敏感肌の方の洗顔時に気をつけることは大きく次の3つです。

  1. ぬるま湯で流す(32℃前後)
  2. 洗顔に時間をかけすぎない(目安1〜1.5分)
  3. 夜も朝も洗顔するなら、朝はぬるま湯ですすぐ程度にする

また、シャワーを直接当てたり、強く擦ってはお肌が傷む原因になります。

これらの注意点を意識して行えば、お肌を自分で傷めることがなくなりますので、ぜひ実践しましょう。

敏感肌の正しいクレンジング&洗顔まとめ

  • クレンジングと洗顔どちらもスピーディーに行う
  • クレンジング剤はミルクタイプがおすすめ(濃いメイク部分は使い分けする)
  • 流すお湯はぬるま湯(32℃前後)程度にする
  • 強く擦ったりなどの刺激や摩擦を極力与えないようにする

4-2. 効果的な化粧水の使い方をマスターして、化粧水の効果を一層高める

ここでは敏感肌用化粧水の効果を高めるおすすめの使い方を紹介します。化粧水の正しい使い方で意識してほしいポイントは次の3つです。

  1. 化粧水は、洗顔後すぐに手でつけること
  2. 化粧水は顔全体を2回から3回、こまめに足しながらつける
  3. 顔と手をホットタオルなどで温めてから化粧水をつける

この3つを行うことで化粧水の効果が飛躍的に上がりますので、お肌への効果も実感しやすくなります。

化粧水は、洗顔後すぐに手でつけること

化粧水はコットンで付ける派、手で付ける派と様々な意見がありますが、化粧水は手で付けましょう。

筆者は仕事上では他人のお肌ですのでコットンで付けますが、セルフケアは化粧水を手で押し込むように付けるのがベスト。雑菌などを肌につけないように手を洗って、きれいな状態でつけることです。

もうひとつ、手でたたくパッティングをすることと、すり込むように手でこすったりするのは厳禁です。

コットンは気になるところに、パックのように浸して置く使い方であれば肌を傷つけないので、集中ケアとしてはおススメです。

化粧水は顔全体を2回から3回、こまめに足しながらつける

化粧水の効果を十分に引き出すために、おでこ・ほほ・鼻・口周りくらいのイメージで数回に分けて付け足すようにしましょう。

一度に手に出せる量も限りがあると思います。数回に分けてつけてあげて、つけムラをなくして正しい量で確かな効果を引き出しましょう。

小鼻や眉間、顎と下唇の間など顔にはつけにくい所があります。つけ忘れないよう意識して指1~2本を使って付けましょう。

顔と手をホットタオルなどで温めてから化粧水をつける

お顔を温めれば、肌表面が柔らかくなり浸透しやすい状態に導けます。つける際の手も同様に温めてあげることで化粧水の浸透はグッと高まりますので、試してみてください。

ただし化粧水自体は様々な成分が入っていますからあくまで常温保存で使ってください。

4-3. 必ず、乳液もしくはクリームを使う

化粧水を使った後は、必ず乳液もしくはクリームを使いましょう。化粧水だけでは、水分や栄養分はお肌には留まることができません。乳液・クリームできちんと油分も補って清潔な肌バリアを形成することが大切です。

注:クリームや乳液じゃなければお肌に届けられない保湿成分もあります

化粧水はベースが「水」なので、そこに配合できる成分は水に馴染む成分がメインになります。乳液やクリームなどはベースが「油」です。だからこそ、油と馴染む成分を配合することが出来るので、化粧水には配合できない保湿成分も、乳液やクリームならば配合できるのです。乾燥を防ぐためにも、怠ってはいけません。

5. 実践したい敏感肌改善生活2つのススメ

肌荒れしやすい方は、皮膚のバリア機能が低下しています。優しく外から保湿することの重要性は上記で書きましたが、体の内側からできることとしてここでは2つご紹介します。

  • 肌のバリア機能を損ねないような食事を意識する
  • 腸内フローラでお肌の調子を整える

この2つをスキンケアとあわせて意識しておくことで、お肌は良い調子を保ちやすくなります。

5-1. 肌のバリア機能を損ねないような食事を意識する

お肌のバリア機能を高めるためにも、食事には気をつけたいところです。

お肌の元となる動物性タンパク質はもちろんの事、ビタミンA・C・Eなどの栄養素も積極的に摂りましょう。しかし、α-リノレン酸は少量ならお肌にとっても良いのですが過剰に摂取しすぎると肌のバリア機能を損ねてしまうので、注意が必要です。

注:油っぽい食事はお肌のバリア機能を損ねます

揚げ物や炒め物、マーガリン・ドレッシング・ラーメン・インスタント食品などに含まれるリノール酸という成分は、過剰に摂取してしまうと体内でアラキドン酸が合成され、結果としてお肌のセラミドが減少してしまいます。その他、アトピー性皮膚炎や動脈硬化などを引き起こす要因にもなるので、食べすぎないように意識しておいた方が良いでしょう。

5-2. 腸内フローラでお肌の調子を整える

私たちの腸の中には無数の菌が棲んでいて、それらが腸内のバランスをとっています。ですが便秘などによりバランスが崩れてしまうと体内でビタミンB群が不足し、肌荒れを招いてしまいます。そうならないためにも、「善玉菌」の働きがとても大事です。

腸の中で、善玉菌が働きやすい環境を作るためには2つのポイントがあります。

  • 善玉菌のエネルギー源となる食物繊維(ゴボウなど)を摂る
  • 発酵食品(キムチなど)で、体内に善玉菌を補給する

この2つを意識すれば、体の内側から健やかな肌を育んでいくことができますよ。

敏感肌におすすめしたい食生活まとめ

  • 油っぽい食事を避けて、α-リノレン酸の摂りすぎを防ぐ
  • お肌の元となる動物性タンパク質やビタミンA・C・Eを積極的に摂る
  • 食物繊維がたくさん摂って、善玉菌の働きやすい環境を作る
  • 発酵食品などから、善玉菌を腸内に補給する

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。敏感肌はスグには解決しにくいですが、正しいスキンケアと生活習慣を意識していけば着実にお肌の調子は良くなってくれることでしょう。

おさらいすると、敏感肌の方の化粧水選びのポイントは次の通りです。

  • お肌のバリア機能を担う「セラミド」が配合されているか
  • 無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーであるか
  • その他お肌の刺激になり得る成分が配合されていないか
  • 不安ならトライアルセットを試すかパッチテストで使えるか確認する

大事な体の1部であるお肌を優しくケアして、いつでも健やかにおしゃれも楽しめる美肌を目指しましょう。