騙されるな!日焼け止めスプレー購入前の注意点とおすすめ5選

日焼け止め スプレー

「髪が日焼けするのを防ぎたい」「メイクの上からでも使えるし、手軽なスプレーが欲しい」「背中など手が届きにくい場所にも使いやすい」と思い、本当におすすめの日焼け止めスプレーを探していませんか?

日焼け止めのスプレーは300種類以上ありますが、実はスプレータイプには基本的に添加物が含まれており、肌への刺激が強いため「なんとなく紫外線をカットする力が強そうなのを選んだけど、強くて刺激が強くて肌がかぶれてしまった…」など後悔してしまいます。

このページでは、美容に関わる会社に過去4社ほど勤務し、自身も美容オタクとして様々な日焼け止めをリサーチして試している経験から、日焼け止めスプレーに関して下記の流れでご紹介します。

  1. 日焼け止めスプレーを購入する前の注意点
  2. 日焼け止めスプレーおすすめ5選
  3. 日焼け止めスプレーの効果を最大に出す正しい使い方

全て読んでいただければ、買ってから後悔することなく、自分にぴったりのスプレーで、日焼け止め対策を万全かつ楽々できるようになるでしょう。

1. 日焼け止めスプレーを購入する前の注意点

日焼け止めスプレーは確かに、手軽に使用でき便利な商品ですが、多くの場合にはおすすめできない商品なので、一度購入を思いとどまった方がいいかもしれません。

口コミ・評判

A.M さん(20代女性)
「スプレーしたのに日焼けしてしまった…」
手の届かない所に使えるということで購入したのに、背中にスプレーして海に入ったらしっかり焼けた。
気軽に使えるのはいいけど、使っていてもそれなりに日焼けをしてしまう。

口コミ・評判

R.K さん(30代女性)
「肌が乾燥してガサガサに…」
スプレータイプは塗る日焼け止めよりサラサラで使いやすい!と思っていたのもつかの間、1日使っただけで肌が乾燥してガサガサになってしまった。
効果も本当にあるのかはわからなかった。

こういった口コミも少なくありません。

それぞれ、場合に分けてその理由をご紹介します。

1-1. 塗るのが面倒だからメインとしてスプレーを使おうしている場合

日焼け止めスプレーは、実は水分に弱く、持続時間が短いという特徴があるため、下記の場合を除いてはおすすめできません。

  • ちょっとだけ外出をする場合
  • 洗濯を干すのに少し日に当たる場合
  • 通勤で10分〜15分程度歩く場合

なぜなら、スプレーの場合は液体タイプなので、汗で流れてしまったり、海やプールの場合流されてしまいます。

日焼け止めスプレーの効果、持続時間は塗る日焼け止めに比べると、効果・持続時間ともに劣っているのが現状です。

  塗るタイプ スプレータイプ 飲むタイプ
効果  ◎ ×
耐水性  ◯ ×
持続性  ×

実際に、上図のようにタイプによって効果や耐水性、持続性が異なってくるので、自分の目的にあわせた日焼け止めを選ぶことが重要です。

なので、特に海やプールに行く場合や外でキャンプやBBQをする場合は、面倒でも「塗る日焼け止め」と「飲む日焼け止め」を併用することをおすすめします。

1-2. 塗り直しのときだけ、スプレーを使いたいと思っている場合

しっかりと塗る日焼け止めを使用し、途中で塗りなおす時に日焼け止めスプレーを使用する場合は、スプレータイプはとても便利と言えます。

また、髪の毛や手の届きにくい背中、足の指などの細かい部分にも時間をかけずに手軽に使用できます。

しかし、この場合もこまめに使用することを前提とし、海やプールの場合はおすすめできません。

また、スプレータイプだと目や鼻に入ってしまう可能性もあるため、顔に使用するのもおすすめできません。

1-3.スプレータイプは効果があるのか購入を考えている場合

上記の内容で日焼け止めスプレーのみで日焼け対策をすることは不可能ということがよくわかったと思います。

そこで、日焼け止めスプレーのデメリットを大きく覆すのが飲む日焼け止めとなり、日本ではまだまだ浸透していませんが、アメリカなど欧米諸国では既に流行しており、日焼け止め=塗る、から日焼け止め=飲む、に変わりつつあるのです。

飲む日焼け止めの仕組みは、塗る日焼け止めが外から防御するのに対して、飲む日焼け止めは身体の中から紫外線による老化現象(シミやシワ)や黒くなる現象を防ぐのです。

つまり紫外線の肌への侵入を完全に防ぐといったものではなく、身体の内側から肌細胞の抗体を作り、紫外線による害を浄化してしまうのです。

pixta_2485470_S1

内側からは飲む日焼け止め、外側から塗る日焼け止めを併用し、重ね塗りや塗り直しで日焼け止めスプレーを使用して徹底的に日焼けをしないため、将来の自分のための最善策となります。

ここまで読んできて、「日焼け止めスプレーを購入したい!」という方は下記のおすすめを参考にしてください。

日焼け止めを塗るシチュエーションは人それぞれなので、自分にあった正しい選択で、日焼け止めスプレーを選びましょう。

2. 日焼け止めスプレーおすすめ5選

300種類を超える日焼け止めスプレーの中から、下記の基準で選定しました。

・髪、顔、体全身に使えて、肌に負担になりにくく、尚且つコストパフォーマンスがより良いもの。

目的によって、おすすめの日焼け止めスプレーが変わるので、下表を参考にしてみてください。

効果 肌への優しさ 値段
ハーバルガーデンSPFスプレー
 リヴェルタUVプラス
HCサンカット Q10スプレー
アジャステUVカット  ◯  ◎
ライオスEXプレミアムローズ  ◯  ◯

注:日焼け止めスプレーは「効果」と「肌への優しさ」は両立できない

日焼け止めスプレーは、中に入っている液体を噴射しやすくし、使い心地もサラッとしたものにするために、「添加物」を加えて改良しており、肌への刺激が大きいです。

そのため、肌への負担を気にする人は「SPFやPA値(紫外線への防御力)がそこまで高くないもの」を選択せざるを得ないので、どうしても効果としては見劣りしてしまいます。

2-1. 『SPFスプレー(ハーバルガーデン)』|子供と一緒に使えるお母さん向けスプレー

SPFスプレー(ハーバルガーデン)

SPF22・PA+++  120ml  / 1,500円

子供と一緒に使える、ミストタイプの日焼け止めスプレー。

虫除けの効果もあり、その他の合成香料は不使用で、自然な香り。

パウダーインでさらさら感がアップし、ヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分が肌をケアします。

口コミ・評判

まりこさん(26歳)
評価:★★★★☆4
SPFがちょっと不安ですが、まめに塗りなおせばいいかなと思い使っています。スプレーが賛否両論あるようですが、私は使い勝手が良いです。塗りたい部分に結構近づけてシュッとするので、周囲に飛び散ることもなく、液体状でスッと伸びるので塗りやすいです。ただその伸びると言うのが、日焼け止めとしての効果に不安を覚える要因でもあったりするのですが。でも日焼け止め特有のベタつきもなく伸ばしやすく、ハーブの香りがして、気に入っています。

口コミ・評判

アヤノさん(30歳)
評価:★★★★☆4
虫が嫌いだと言われているシトロネラール、レモングラス油、ハッカ油を配合しているので、虫よけ効果があり、UVケアも出来る1つで2役のスプレー。こどもも安心して使える弱酸性タイプなので、からだから顔までOKなのも嬉しいポイント。シュッとかけてあとは手で伸ばすだけで簡単に塗れて本当に便利です。香りもハーブの香りで爽やか。サラサラしているし日焼け止めを塗った時のつっぱる感じや白くなる感じもなくて使用感もGOOD。
商品詳細
  • 「日焼け止めと虫除けスプレーを同時につけるのが面倒」というママの声から生まれた日焼け止めスプレー
  • 無着色・無鉱物油・パラベンフリー・合成香料不使用でお肌に優しい弱酸性
  • 紫外線吸収剤がお肌につきにくく日焼け止め特有のベタつきを抑制
  • 植物由来のアロマ成分シトロネラール、ハッカ油を配合し保湿成分も4種類配合

2-2. 『UVプラス(リヴェルタ)』|スキンケアとUVケアを同時にするスプレー

リウェルタ

SPF50+・PA++++  80ml  /1,800円

日本最高値PA4+の強力UVカットスプレーで無香料・無着色・無鉱物油。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方と保湿美容成分配合で、肌を優しくいたわりながら1本でUVカットとスキンケアが同時にできます。

汗、水、皮脂に強くサラッとした使用感のウォータープルーフタイプです。

公式サイトを見る

口コミ・評判
恵美子 さん(29歳)
評価:★★★★★5
まずスプレータイプだからどこにでもシューっとするだけで手軽にUVケアができて便利。スプレーだから塗っている手がベタベタすることもなくてイイ感じ。それに塗りムラだって、ほとんど出来ないのはスプレータイプのメリットよね。誰でも簡単にケアできるのもステキ。ただあんまり近くでスプレーしちゃうと白く残ってしまうので要注意よ。ちゃんと離してシューするのよ。髪の毛だってもちろん日焼けするんだけど乳液やクリームタイプだと頭に塗るわけにはいかないし…こんな時にもスプレーって便利よね~。ひとりでは手の届きにくい背中だって楽々よ!

口コミ・評判

satoriさん(25歳)
評価:★★★★☆4
スプレータイプだから手の届きにくい所にも、外出先でもサッと楽にUVケアできちゃいます。2~3時間ごとに塗り直すからさっそく持ち歩いてます。ベタつくことなく気持ちいい程サラッとしたつけ心地で、顔・ボディはもちろん髪にも使える…あたしが1番惹かれたポイント髪も含めてこれ1本でUVケアができるなんて助かります。

商品詳細

  • SPF50+PA++++の製薬会社のUVカットで紫外線とお肌の乾燥を防いでくれるスプレータイプ。
  • 紫外線吸収剤は使わず、ノンアルコール・無香料・無着色・無鉱物油・ノンパラベン。紫外線散乱剤使用。
  • 全身にスプレーできるので、ミルクやクリームでは手が届かない身体の部分もしっかりUV対策可能。
  • うるおい美容成分がプラスされているので、紫外線による乾燥からお肌を守ってくれる

2-3. HCサンカットQ10スプレー| 保湿ケアとダメージケアを同時にするスプレー

サンカット

SPF50+・PA+++ 60ml  /1,023円

コラーゲンやヒアルロン酸など美容保湿成分が贅沢に配合され、紫外線防御力は国内最高基準値。

さらにウォータープルーフ処方で無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

薄付きでべたつかず、白くならない使用感で、 使いやすいよう逆さで使えるようになっています。

そして保湿ケアとダメージケアを同時にかなえる、スキンケア処方の日やけ止めです。

 

口コミ・評判

メグミさん(30歳)
評価:★★★★☆4
UVの強いものは肌の負担が大きく、肌荒れの原因になってしまいます。
しかしこれは化粧の上からでも顔にサンカット出来ますし(手にとってから肌に置く)腕や他の部分はスプレーして、手軽に何度でも出来ます。 刺激が無いし、白浮きしないので重宝しています。

口コミ・評判

yukaさん(32歳)
評価:★★★★☆4
スプレータイプの日焼け止めは他のメーカーでもありますが、臭いがキツイイメージでした。でもDHCのサンカットQ10 50プラススプレーは臭いが気にならないので気にいっています。 忙しい朝、さっとスプレーするだけでとても簡単、便利です!白浮きすることもありません。美容保湿成分配合で時間が経っても乾燥せず優秀!スプレーした瞬間はちょっとひんやりして暑いこの時期には気持ちがいいです。首の後ろや背中などにもスプレーしやすく2年続けて使用中です。

商品詳細

  • SPF50・PA+++という高いUVカット力を保ちながら軽い使用感を実現した、スプレータイプの日焼け止め。
  • 手が届きにくい背中・首すじ・脚もすばやく簡単。肌表面にムラなく広がり、少量で高いUVカット力。
  • コエンザイムQ10、オリーブバージンオイルといった美肌成分を配合。肌のうるおいをキープ。
  • 専用クレンジング不要。普段使用しているボディソープやシャンプーで落とすことが可能。

2-4.Ajuste(アジャステ) / エアリータッチ |大容量でコスパの良いものを重視するなら

アジャステ

SPF50+・PA++++     200ml  /1,200円

容量を気にせず、たくさん使用したい方におすすめの180g(約23日間分)大容量です。

清潔感あふれるクリーンシャボンの香りで、7種の自然由来保湿成分、皮脂テカリ防止成分配合。

専用クレンジングは不要で汗、水に強いく速乾透明タイプ。

口コミ・評判

もえさん(21歳)
評価:★★★★★5
安くて大量に入ってて、1番のおすすめ!
私は日焼け止め独特の匂いとベタベタ感がとっても苦手なのですが、これはそのどちらもない!手軽につけれて匂いも無臭のものもあって、とっても気に入っています!
ただスプレータイプなので直接塗るものより少し日焼け止め効果は薄れているかもしれません。
私はこれを使っていて、とても焼けたとかそういうのはありません!

口コミ・評判

美香さん(25歳)
評価:★★★★☆4
安くて大容量ですなので惜しみ無く使用中。シャボンの香りも好みですし、白くなったりスプレーした所が水っぽくなったりせず使用感が良いです。汗に強くて細かなミストで保湿成分があるから顔にかけてもあまり、怖くない。大きいので持ち運びは悪いですが、お値段も手頃で続けやすい。

商品詳細

  • 皮脂テカリ防止成分ポリメチルシルセスキオキサン配合
  • お肌に優しいフリー処方
  • 7種の保湿成分配合
  • 汗に強く逆さでも使えるきめ細かな噴射ミストタイプ

2-5.ライオスEX  プレミアムローズ | メイクを崩したくない方向け

ライオスプレミアムローズ

SPF50+、PA++++  70ml  /1,200円

紫外線吸収剤をシルクカプセルコーティングしているため、メイクの上から使用しても崩れにくくつけ心地は滑らかです。

スーパーヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスをはじめとする22種類の美容成分を配合し、お肌にハリ、ツヤ、潤いを与えます。

ローズの香りで汗や水に強いウォータープルーフタイプ。

紫外線が当たると色が変わるキャップが採用されています。

口コミ・評判

アンリさん(29歳)
評価:★★★★☆4
SPF50+ PA+++もあるのに、紫外線吸収剤直接お肌に触れぬようマイクロカプセルコーティングがされていてお肌への刺激が少なく、スーパーヒアルロン酸等美容成分たっぷりで潤いも保てる日焼け止めスプレー。髪やメイクの上からでもOKで逆さでも使えるから太ももの裏などにも使いやすいところも気に入りました。
スリムな缶で重くないので鞄に入れていても邪魔になりません!この夏はこちらで乗り切ります!

口コミ・評判

hitomiさん(27歳)
評価:★★★★☆4
紫外線吸着材が肌に直接触れない設計もうれしいし、保湿系美容成分が配合されているおかげでつけたあと、ぱっさぱさに乾くことがないのが一番うれしい!

商品詳細

  • SPF50+、PA++++という国内最高基準値でUVA(紫外線A波)もUVB(紫外線B波)もカット
  • スーパーヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスなどお肌にハリツヤ潤いを与える22種類の美容成分を配合。
  • つけた時に白くなりにくく、汗や水に強いウォータープルーフタイプ
  • ノンパラベン、ノンアルコール、タール系色素不使

3. 日焼け止めスプレーの効果を最大に出す正しい使い方

自分に適切な日焼け止めを選んだ後、次に気になるのがその使い方です。日焼け止めスプレーは正しく使い、しっかりと紫外線を防止することが重要です。

3-1. 使用前には保湿をして清潔な状態にする

使用前に、保湿をして清潔な状態にしておくことが日焼け止めスプレーを使う際にはなにより重要です。

具体的には、化粧水やウェットティッシュなどで肌を軽くふき取り、保湿をしてから使うと良いでしょう。

なぜなら、肌が乾燥してたり汗や汚れがついた状態だと、お肌にも負担がかかり日焼け止めがしっかり付着しないことにもつながってしまうからです。

こうなってしまうと、せっかくスプレーをした意味がなくなってしまうので、注意が必要です。

3-2. スプレーをムラなくかける

スプレーをかける際は、近づけすぎず・遠すぎずの適切な距離で使うことを意識しないと、焼けてしまう箇所が出てきます。

肌全体にムラなくかかるようにするのがポイントで、ベストな距離は肌から15㎝〜30㎝ほど離した位置です。

また注意点としては、顔に直接スプレーをかける際は顔用のものであっても、目などに入ることを防ぐため、一度手にかけてから顔につけた方が良いでしょう。

3-3. スプレーしたら密着させる

スプレータイプはミスト状で軽いため、しっかり密着させないと効果は半減してしまいます。

スプレーした後はこすらず、肌を抑えるようにして密着させることが大切です。

3-4. 2〜3時間おきにかけ直す

スプレータイプの日焼け止めは塗るタイプの日焼け止めに比べると、日焼け止め効果はどうしても劣ります。

日焼け止めスプレーは液体タイプなので、水分に弱いという性質を持っているため、どうしても取れやすくなってしまうのです。

その為、海やプールなどの水遊びや、夏場野外での水をよく使うレジャーにはあまり向いていないといえるでしょう。

水に強い日焼け止めでも、塗る日焼け止めに比べると長時間の効果は期待できないので、時間を見てこまめにかけ直し重ね塗りすることで、紫外線予防の効果を高めます。

4. まとめ

紫外線対策は毎日行うことが大事です。

スプレータイプの日焼け止めをうまく使って、毎日ストレスなく自分にあった日焼け対策をしていきましょう。

この記事があなたの日焼け止めスプレー選びの参考になりますように!