大正製薬の青汁辛口レビュー|355の青汁を口コミ・成分比較してわかった真実

“トクホの青汁”としてネットで評判の「大正製薬の青汁」が気になっていませんか?

大正製薬の青汁は血糖値やコレステロールを抑える効果は期待できますが、1日3包目安なので他の青汁と比べて消費が早いこと、他にもっとコスパの優れた青汁があることに留意しましょう

もし血糖値やコレステロールが気になる人は、まずはコスパの良い青汁の中から効果が期待できるものを試すことをおすすめします。

このページでは、100の口コミからわかった「大正製薬の青汁」の特徴を交えながら、大正製薬の特徴や最安値で買う方法から事前に検討すべきおすすめまでご説明します。

  1. 大正製薬の青汁の2つのメリット
  2. 大正製薬の青汁のたった1つのデメリット
  3. 事前に検討すべきおすすめの青汁3選
  4. 大正製薬の青汁を最安値で買う方法
  5. 効果を最大にするために意識すべき4つのこと

全て読めば、大正製薬の青汁のメリットやデメリットから最安値で買う方法から他に検討すべきおすすめまでわかるでしょう。

0. 大正製薬っておすすめなの?

大正製薬の青汁は「ヘルスマネージ 難消化性デキストリン」と「ヘルスマネージ キトサン」の2つの”トクホの青汁”が人気です。

「トクホの青汁」とは、特定保健用食品(トクホ)として認定された青汁のことで、ある特定の効果が科学的に認められており、通常の青汁より効果が期待できます。

しかし、「大正製薬の青汁」は高い効果が期待できる分、1日3包目安で消費が早いため、基本的にお金に余裕のある人にしかおすすめしにくいと言えます

ちなみに、”1包あたりの値段”で他の青汁と比べても、以下の通り値段が高めと言えます。

※「青汁の有効成分」とは飲みやすさや便秘への効果を高める目的でよく使われる糖質や食物繊維を除いた「残りの成分」のことで、青汁に含まれるビタミンやミネラルなどの含有量を表します。

特にヘルスマネージ「難消化性デキストリン」は成分のほとんどが食物繊維です。食事と一緒に摂取することで食後の血糖値上昇を抑える効果が期待できますが、青汁の有効成分は少ないので栄養補給には向いていないと言えます。

●事前に検討すべきおすすめの青汁3選

「大正製薬の青汁」は特に血糖値やコレステロールを抑える効果は期待できますが、値段が高いのですべての人におすすめできるわけではありません。

そのため、まずは以下の理由から血糖値とコレステロールを抑える効果が期待できて、有効成分が特に豊富な『ユーグレナの緑汁』を試すことをおすすめします

  • ユーグレナに含まれる「パラミロン」は、コレステロールを減らす働きがあるから
  • 「イヌリン」には血糖値を抑えるインスリンの働きを促す効果が期待できるから

あるいは、もしあなたが血糖値やコレステロールを気にしていないのであれば、便秘解消、美容、ダイエットなど求める効果に応じて以下から選びましょう

以下の商品名をクリックすると、その青汁をおすすめする理由をすぐにチェックすることができます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

おすすめの青汁は後ほど詳しくご説明しますが、すぐに知りたい人は「徹底比較からわかった目的別のおすすめ3選」ですぐに読むことができます。

ここから先の1章、2章はそれでもやっぱり「大正製薬の青汁」が気になる人だけ読み進めるようにしてください。

1. 大正製薬の青汁の2つのメリット

「大正製薬の青汁」は、鷲のマークで有名な100年以上の歴史がある製薬会社がこだわり抜いて作っており、特に「トクホの青汁」が人気です。

大正製薬は4種の青汁を販売中で、トクホの青汁として特に “ヘルスマネージ” ブランドで有名です。

商品名 内容量 トクホ 主な効果
ヘルスマネージ 難消化性デキストリン 30包 食後の血糖値抑制
ヘルスマネージ キトサン 30包 コレステロールの抑制
コレスケア キトサン青汁 30包 コレステロールの抑制
からだ環境青汁 30包 野菜不足の解消

このページを書くにあたってどのようなメリットが実感されているのか、約100人のユーザーに独自アンケート調査をしました。

その結果、回答のほぼすべてが「ヘルスマネージ難消化性デキストリン」「ヘルスマネージキトサン」の2つだったので、ここからはこの2つについてご説明します。

それでは口コミからわかった「大正製薬の青汁」の2つのメリットは以下の通りです。

  • 「トクホの青汁」であること
  • 抹茶のような味で飲みやすいこと

それでは上記のメリットについて順にご説明します。

1-1.「トクホの青汁」であること

口コミではトクホの青汁の中でも「大正製薬の青汁」は好評であることがわかりました。

口コミ・評判

F・Sさん(28歳)
評価:★★★★★5 『トクホの中でも効果を実感』
青汁のトクホをいくつか試しましたが、大正製薬の青汁を飲み始めてから血糖値の検査結果がだいぶ良くなりました。この調子で正常値まで戻したいと思います。

「大正製薬の青汁」は効果や安全性など厳しい審査をクリアしてトクホとして認められている点で、他の一般的な青汁とは異なります。

トクホの青汁として、「ヘルスマネージ 難消化性デキストリン」は”血糖値の抑制”、「ヘルスマネージ キトサン」は “コレステロールの抑制”への具体的な効果が認められています。

血糖値の上昇を抑える「難消化性デキストリン」

「難消化性デキストリン」とは、とうもろこしやジャガイモのでんぷんをから得られる水溶性食物繊維のことです。

小腸での糖質吸収を抑制する働きがあって、食後の血糖値上昇を抑える効果が科学的に明らかにされています。

コレステロールの吸収を抑える「キトサン」

「キトサン」とは、キチンと呼ばれるカニやエビの殻に含まれる成分を加工して作られる不溶性の食物繊維のことです。

悪玉コレステロールの吸収を妨げる働きがありますが、普段の食事ではかなり摂りづらいためサプリなどで補給するのが一般的です。

1-2. 抹茶のような味で飲みやすいこと

口コミでは、「抹茶のようで飲みやすい、後味が爽やか」などお茶のように飲みやすいと好評でした。

口コミ・評判

A・Hさん(32歳)
評価:★★★★★5 『まるでお茶みたい』
製薬会社の青汁なのでマズいと勝手に想像してましたが、お茶と言われても気付かないくらい飲みやすいです。

青汁の味を大別すると下表の通りで「大正製薬の青汁」は青汁原料の中でも飲みやすい大麦若葉を使っているので、「ほのかな自然の甘みがある抹茶のような味」となっています。

大正製薬 青汁 味

本サイト独自にユーザーアンケートの結果では、100人中85人が美味しいと回答していました。なお、「難消化性デキストリン」の方が少し味が薄めで飲みやすいと言えます。

参考:1080円のお試しセットがあること

ヘルスマネージの2つは、通常サイズ(30包 / 10日分)を1080円で試すことができるのが好評です。

事前に味見したり毎日続けられるか試すことで、万一味が苦手で続けられないリスクを避けられるため、ほとんどの人が利用しています。

●ヘルスマネージ 難消化性デキストリンのお試しページ:

https://www.taisho-direct.jp/health-manage

●ヘルスマネージ 大麦若葉 キトサンのお試しページ:

https://www.taisho-direct.jp/health-manage

2. 大正製薬の青汁のたった1つのデメリット

逆に、口コミからわかった「大正製薬の青汁」のたった1つのデメリットは「1日3包目安だから消費が早いこと」でした。

一般的に青汁は1日1包目安であるのに対して、目安通り1日3包使うと、1箱(30包入り)は10日分なので1ヶ月で3箱が必要となるため消費スピードは3倍です。

消費スピードは早くなるものの、他のトクホの青汁と比べればの中では種類によっては「コスパ」は悪くないことに、この章で解説していきます。

 

「食物繊維」を使ったトクホの青汁との比較

代表的なトクホの1つとしてDHCの青汁と比べると、大正製薬の方が食物繊維を多く摂ることができて、グラムあたりの値段も安いためコスパがよいと言えます。

  大正製薬 DHC
商品名 ヘルスマネージ 難消化性デキストリン トクホのケール青汁+食物繊維
画像 大正製薬 青汁 デキストリン フルーツ青汁 効果 DHCトクホケール青汁
内容量 6.8g×30包 4.3g×30包
定期 3694円

123円/包

(18円/g)

2646円

88円/包

(20円/g)

目安 1日3袋 1日3袋

ちなみに、大正製薬の成分のほとんどは食物繊維ですが、DHCのトクホはケールの苦味を和らげるために糖質が多いのが特徴です。

大正製薬 青汁 成分比較(食物繊維)

「キトサン」を使ったトクホの青汁との比較

代表的なトクホの青汁と比べると、1包当たりの内容量は同じで成分もほぼ変わらないのに対して、大正製薬は「123円/包(定期)」と他2つの青汁「91円/包、117円/包」よりコスパが劣ることがわかりました。

  大正製薬 小林製薬
商品名 ヘルスマネージ・キトサン キトサン明日葉青汁
画像 大正製薬 青汁 キトサン 大正製薬 青汁 キトサン青汁(小林製薬)
内容量 3g×30包 3g×30包
定期 3694円

123円/包

2721円

91円/包

目安 1日3袋 1日3袋

大正製薬の青汁のメリット・デメリットまとめ

大正製薬の青汁は”トクホの青汁”として、血糖値やコレステロール値を抑える高い効果が期待できますが、1日3袋が目安なので消費が早いのがデメリットです

そのため、血糖値やコレステロールが気になる人は、これらを抑える効果が期待できて栄養豊富な青汁から選ぶことをおすすめしまう。

あるいは、もしあなたが血糖値やコレステロールへの効果を求めていない場合は、コスパの良い他の青汁の中から目的に合わせて選びましょう。

3. 事前に検討すべきおすすめの青汁3選

ここでは大正製薬の青汁を買う前に一度検討すべきおすすめの青汁をご紹介します。

特に『ユーグレナの緑汁』に含まれるユーグレナ(=ミドリムシ)は血糖値やコレステロールを抑える効果が期待できて、1日1包でコスパが良いためおすすめです。

まずはこの青汁を試してみて、効果が実感できなければ大正製薬に切り替えるのがおすすめです。

以下の商品名をクリックすると、その青汁をおすすめする理由をすぐにチェックすることができます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

それでは上記の青汁のおすすめポイントをご説明します。

A. 野菜不足の解消・便秘解消|ユーグレナの緑汁

ユーグレナの緑汁は有効成分の割合No.1で、注目の健康素材「ユーグレナ(=ミドリムシ)」は体内での吸収率が高いため、野菜不足の解消に最もおすすめです。

また、ユーグレナに含まれる「パラミロン」や「クロロフィル」は体の中をきれいにする効果があるため、便秘解消について明日葉・大麦若葉の食物繊維との相乗効果が期待できます。

以上を踏まえると、例えば以下のような人に特におすすめです。

  • 日頃野菜をあまり食べない人
  • 特に栄養バランスを重視する人
  • 野菜不足を補い、便秘解消も意識したい人

ほとんどデメリットはありませんが、稀に「味が薄すぎて苦手」という人もいるため、まずは500円で試せる『お試しセット』で味見してから始めるのが賢い選択と言えます。

『ユーグレナの緑汁』公式ページ:

http://www.euglena-farm.jp

お試しが注文できるのは公式ページだけなので「お試しセット」で試したい方は公式ページを使いましょう。

『ユーグレナの緑汁』を詳しく知りたい人は「300の口コミでわかるユーグレナの緑汁の全知識」の記事をぜひ参考にしてみてください。

B. 美容・ダイエット|ふるさと青汁

ふるさと青汁は明日葉青汁のNo.1で、明日葉に含まれる「カルコン」は強い抗酸化作用やむくみ解消の働きがあるため、美容・ダイエットを求める人に特におすすめです。

さらに、明日葉・大麦若葉・桑の葉という3種の青汁原料をブレンドしており、肌や基礎代謝など体本来の力を高める効果が期待できます。そのため、以下のような人に特に向いています。

  • 老化の原因である活性酸素を除去したい人
  • 肌にハリや潤いを与えたい人
  • むくみやセルライトを落としてダイエットしたい人

唯一、気になるのは青汁の有効成分や値段は標準的なのでコスパ自体は高くないということですが、美容やダイエット効果は期待できるため一押しです。

『ふるさと青汁』公式ページ:

http://www.mycare.co.jp/ashitaba

Amazonや楽天も調べましたが、「全額返金保証付き」で始められる公式サイトがおすすめです。

『ふるさと青汁』を詳しく知りたい人は「355種の青汁から徹底比較してわかったおすすめ青汁3選」の記事をぜひ参考にしてみてください。

C. バランス型・飲みやすさ重視|極の青汁

『極の青汁』は飲料水大手のサントリーが「飲みやすさ」にこだわり抜いた青汁で、「びっくりするほど飲みやすい」と好評です。

特に栄養豊富な「明日葉・大麦若葉」に、煎茶と抹茶を加えることでゴクゴク飲めるすっきりとした味わいが特長です。

青汁の苦味やクセがほとんどないため、以下のような人に特におすすめです。

  • とにかく「飲みやすい青汁」がいい人
  • 飲みやすさ・効果・値段などの総合的なバランスを重視する人
  • 今飲んでいるマズい青汁から切り替えたいと思っている人

また、ここでご紹介する他2つの青汁より「有効成分」は少なめですが、トクホにも使われる「ケルセチンプラス」によって吸収率を高め、野菜の力を引き出しています

サントリー『極の青汁』の公式ページ:

http://www.suntory-kenko.com

Amazonと楽天も確認したところ90包で10480円だったので、1700円以上安くて専用シェーカーももらえる公式ページが最もお得です。

現在入手できる青汁の中で最も飲みやすいと好評なので、すべての人にとって味や飲みやすさで後悔することはないと私は確信しています。

3章のまとめ

以上の通りおすすめ青汁をご説明してきましたが、「大正製薬の青汁」は血糖値やコレステロールの抑制について高い効果が期待できます。

しかし、その分、値段も高いため、まずは安くて同様の効果が得られる『ユーグレナの緑汁』か、あなたの求める効果に応じて最適な青汁を選ぶことをおすすめします。

また、先ほどご紹介したおすすめの青汁は以下の通りです。

以下の商品名をクリックすると公式ページですぐにチェックできます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

どれにするか迷う人は、有効成分が多く高い効果が期待できる『ユーグレナの緑汁』をおすすめします。

4. 大正製薬の青汁を最安値で買う方法

大正製薬の青汁は通販限定商品であるため、オンラインで手軽に買う方法としてAmazonと楽天で調べた結果、最安値は以下の通りでした。

商品名 内容量 最安値

(税込/送料別)

ヘルスマネージ

難消化性デキストリン

30包

(10日分)

Amazon

3060円

お試しセット

1080円

ヘルスマネージ

キトサン

30包

(10日分)

Amazon

2987円

お試しセット

1080円

コレスケア

キトサン青汁

30包

(10日分)

Amazon

2218円

からだ環境青汁

30包

(1ヶ月分)

Amazon

4800円

それぞれの商品を比べた結果が気になる人には、ここから値段を比較した結果をご紹介します。

なお、「ヘルスマネージ 難消化性デキストリン」については最安値を調べた際の画面コピーを載せていますが、その他の商品は文章量の都合から省略させていただきます。

4-1. ヘルスマネージ 難消化性デキストリン

最安値で買う方法は『公式サイトのお試し価格(1080円+送料無料)』でした。

なお、お試し以外では公式サイトの定期便より安く買えるAmazonでした→『www.amazon.co.jp』

(税込) 1箱30包当たり 送料
公式 通常 4104円 324円
定期 3694円 無料
Amazon 通常 3060円 無料
楽天 通常 5277円

●Amazon

大正製薬 青汁 最安値(アマゾン)

引用:Amazon

●楽天

大正製薬 青汁 最安値(楽天)

引用:楽天

4-2. ヘルスマネージ キトサン

「ヘルスマネージキトサン」を最安値で買う方法は『公式サイトのお試し価格(1000円+送料無料)』でした。

なお、お試し以外では公式サイトの定期便より安く買えるAmazonでした→『www.amazon.co.jp』

(税込) 1箱30包当たり 送料
公式 通常 4104円 324円
定期 3694円 無料
価格.com 通常 3088円 無料
Amazon 通常 2987円 無料
楽天 通常 5277円 無料

4-3. コレスケア キトサン青汁

大正製薬 青汁 コレスケア

引用:Amazon

大正製薬のオンラインショップでの取り扱いはなく、最安値で買う方法は送料無料のAmazonでした『www.amazon.co.jp』

(税込) 1箱30包当たり 送料
公式 通常 取り扱いなし
定期 同上
Amazon 通常 2218円 無料
楽天 通常 1979円


商品詳細

  • 3g, 30包 (コレステロールの吸収を抑えるトクホの青汁)
  • 原材料:有機大麦若葉, 還元麦芽糖, 抹茶, キトサン(カニ由来), トレハロース, 増粘多糖類

4-4. からだ環境青汁

大正製薬 青汁 からだ環境青汁

引用:大正製薬

最安値で買う方法は、公式サイトの定期便より安く買えるAmazonでした『www.amazon.co.jp』

(税込) 1箱30包当たり 送料
公式 通常 5400円 無料
定期 4860円 無料
Amazon 通常 4800円 無料
楽天 通常 5400円

商品詳細

  • 4.5g×30包 (トクホではありません)
  • 原材料:大麦若葉末, 水溶性食物繊維, オリゴ糖, 還元麦芽糖, 甘藷若葉末, ケール末, ビール酵母, きな粉, 高麗人参末, 田七人参末, 桑の葉末, ウコン末, 米胚芽末, ドクダミ末, 甘草末, 無臭ニンニク末, グァバ葉抽出物, 杜仲葉抽出物, エゾウゴキ抽出物

5. 効果を最大にするために意識すべき4つのこと

青汁は日頃の心がけで効果を高められるので、せっかく大正製薬の青汁を使うならその飲み方や使い方を意識してみましょう。

効果を最大にするために意識すべき4つのことは以下の通りです。

  • 毎日続けること
  • 効果的なタイミングで飲むこと
  • 運動や食事制限を心がけること
  • しっかりと水分補給すること

本章では上記の点にをわかりやすくご説明します。

5-1. 毎日続けること

一般的に青汁の効果を実感するには「最低3ヶ月」とされており、毎日続けることで着実に体質が改善するためです。

5-2. 効果的なタイミングで飲むこと

青汁を飲む決まったタイミングはありませんが、粉末なら「食事の前」か「朝起きた時」がベストとされています。

5-3. 運動や食事制限を心がけること

酵素青汁の効果を最大にするには、腸の働きを改善したり体の様々な機能を整えてあげる必要があります。そのためにはただ飲むだけではなく、適度な運動や食事制限、十分な睡眠との組合せが重要です。

もし運動するまとまった時間をとれなければ、例えば以下のように日々の生活の中で有酸素運動の量を増やすのが効果的です。

5-4. しっかりと水分補給すること

酵素青汁には豊富なビタミン・ミネラルが含まれるため、代謝機能を高めることでも効果を高ることができます。

成人体内の60~65%を占める水が重要で、不足すると栄養素や代謝物の運搬、体温調節に支障が生じて、すぐに症状が現れます。

飲料水は約1リットルと通常であればかなり多めですが、青汁であれば毎日一定量を補給でき、適度な水分は便秘解消を促す効果もあるためおすすめします。

6. まとめ

ここまで大正製薬の青汁を詳しくご説明してきましたが、いかがでしたか?

大正製薬の青汁は “トクホの青汁” として高い効果が期待できるのが特長で、血糖値やコレステロール値を抑えたい人に特におすすめです。

一方で1日3包で値段が高いため、ほぼ同じような効果が得られるコスパの高い『ユーグレナの緑汁』も検討してみるのもおすすめです。

最後にまとめとして整理すると以下の通りです。

  • 血糖値の上昇やコレステロールを抑えるのに効果的であること
  • 口コミで飲みやすいと好評だったまるで抹茶のような味であること
  • まずは1000円のお試し価格がおすすめであること
  • 効果を最大にするには使い方を工夫することが大切であること

また、大正製薬の青汁の詳細は以下のリンクから公式ページで詳細をチェックできます。

商品名 内容量 トクホ 主な効果
〔ヘルスマネージ〕 難消化性デキストリン 6.8g×30包 食後の血糖値抑制
〔ヘルスマネージ〕 キトサン 3g×30包 コレステロール値の抑制
コレスケア キトサン青汁 3g×30包 コレステロール値の抑制
からだ環境青汁 4.5g×30包 野菜不足の解消

また、徹底比較からわかったあなたが目的に合わせて選ぶべき青汁は、以下の3つだけです

以下の商品名をクリックすると公式ページですぐにチェックできます。

目的 商品名
A. 野菜不足の解消・便秘解消 ユーグレナの緑汁
B. 美容・ダイエット ふるさと青汁
C. バランス型・飲みやすさ重視 極の青汁

どれにするか迷う人は、有効成分が多く高い効果が期待できる『ユーグレナの緑汁』をおすすめします。

以上を参考にあなたにとって最高の青汁を見極められることを心より願っています。