プロが教える「水道水」の危険性と安全に飲むための全ポイント

「水道水をそのまま飲んで大丈夫なのか」「水道水のカルキ臭いをなんとかしたい」など、水道水について気になっていませんか?

世の中には水道水の安全性について様々な見方がありますが、日々に生活に欠かせない大切な水として、より安全な方法で使うことが大切と私は考えています

そのため、このページを参考に水道水の危険性や水道水の安全な飲み方を正しく理解しましょう

本ページでは、大手飲料水メーカーで過去5年間ミネラルウォーターの開発に携わってきた私が、水道水の安全性について評価が分かれていることや、水道水をより安全に使うためのポイントをご説明します。

  1. 水道水は安全とされている2つの理由
  2. 水道水は危険とされている2つの理由
  3. 水道水をより安全に使うための4つのポイント
  4. 水道水とそれ以外の飲料水の徹底比較
  5. 水道水に関するよくあるQ&A

全て読めば、水道水の安全性からより安全に使うためのポイントまで、あなたが水道水をより安全に使うために必要なすべてを理解できるでしょう。

0. 水道水の安全性について

水道水は安全という人もいれば危険という人もいますが、世界的にみれば日本の水道水は安全性が高いと言えます。

日本では水道水を飲み水として使う人は4割程度です。特に水道水が美味しい地方ではその割合が高く、逆に東京や大阪など都心部では水道水以外を選ぶ人が多いです。

しかし、水道水は殺菌するための残留塩素の問題があるため、日々の生活に欠かせない水として、水道水の安全性を正しく理解して使いましょう。

1. 水道水は安全とされている2つの理由

水道水は厳しい品質基準をクリアしているため、仮に水道水を一生飲み続けても問題ないとされています。

例えば、塩素の水質基準は0.1〜1mg/Lであり、世界保健機関の水質ガイドランが定める「5mg/L」を大幅に下回っています。

そして水道水は安全という見方は、一般的に以下の2つの理由によるものです。

  • 水道法で厳しく管理されているから
  • 水道水の事業者が安全対策にこだわり抜いているため

それでは水道水は安全と言われている理由を、順にご説明します。

1-1.水道法で厳しく管理されているから

水道水は「水道法」で定められた世界的にも厳しい51項目もの基準をクリアしているため、安全性は高いとされています。

詳しく知る必要はまったくありませんが、水道水の水質基準は水道法第4条に基づく省令で定められています。

水道事業の主体は地方自治体であり、水道法に基づいて安全性や品質管理を監督しています。

1-2. 水道水の事業者が安全にこだわり抜いているから

実際の水事業は、東京都水道局のような厚生労働大臣に認可された事業者のみが運営しています。

世界的にみても厳しい水質管理など、安全にこだわり抜いた取り組んでいるため安全とされています。

例えば、東京都心では有害物質のもととなる原因をほぼ除去できる高度浄水施設が順に導入されており、利根川水系の全ての浄水場で導入されています。

引用:東京都水道局

2. 水道水は危険とされている2つの理由

殺菌する際に使われる塩素など、水道水をそのまま飲むのは危険という声は以前からありました。

もちろん健康に直ちに問題があるようなレベルではありませんが、あくまで長期的に飲み続けた場合のリスクを否定しきることはできません。

上記を踏まえて、水道水が危険という見方がされているのは主に以下の2つの理由からです。

  • 塩素などの有害物質が含まれているから
  • 水道管が老朽化している可能性があるから

それでは水道水が危険とされている理由をご説明します。

2-1. 塩素などの有害物質が含まれているから

水道水は、河川やダムの水を浄化する際に使われる塩素など様々な有害物質を含むため、健康への悪影響を心配する声があります。

特に「トリハロメタン」は塩素と水分中の有機物が反応してできる発ガン性物質で、大量に摂取すると様々な症状を引き起こすとされています。

さらに、震災以降、各地で水道水から放射性物質が検出されてるため、特に妊娠中の女性や乳幼児は避けることをおすすめします。

2-2. 水道管が老朽化している可能性があるから

老朽化した膨大な水道管が全国に約7500kmあるとされており、鉛やサビが水道水に溶け込んでいる可能性があります。

耐用年数40年ですが、あまりに膨大な量なので交換されず、以下のようにさびた水道管がそのままになっているケースが多数あります。

引用:フジケン

古いマンションの排水管や貯水タンクは要注意!

古いマンションなどの集合住宅では排水管がさびてしまっていたり、貯水タンクが汚れてしまっている可能性があります。

せっかく水道水がきれいでも、排水管や貯水タンクを通る時に雑菌やさびが入る可能性がある点を理解しておきましょう。

例えば、お住いの集合住宅の排水管や貯水タンク内の汚れが気になる人は、まずは管理人に相談してみるのがいいと思います。`

3. 水道水をより安全に使うための4つのポイント

水道水には塩素やトリハロメタンなど様々な有害物質が含まれるため、より安全に使うための方法をまとめました、

以下の4つのポイントをおさえておくだけで、水道水をこれまで以上に安全に使うことができます。

  • ふたをしないで、約15分沸騰させること
  • 一度沸騰させた水道水は早めに使うこと
  • 朝一番の水は飲み水以外に使うこと
  • ペットや水槽用などは、日光にあてておくこと

それでは、水道水をより安全に使うためのポイントをご説明します。

3-1. ふたをしないで、約15分沸騰させること

水道水を沸騰させると残留塩素を除去できて、他の菌も殺菌できるため、実践している人も多いと思います。

しかし、発ガン性物質であるトリハロメタンだけは、実は沸騰直後をピークとして増えるため注意が必要です。

引用:Waseda United

以上の通り、約15分連続で沸騰させると、トリハロメタンをほとんど除去することができます。

さらに、トリハロメタンや塩素は気体として抜けるため、やかんや電気ケトルの蓋をとっておくことが大切です

3-2. 一度沸騰させた水道水は早めに使うこと

水を沸騰させるのは面倒だから作り置きしたいと思うかもしれませんが、衛生面の観点からおすすめできません。

なぜなら、沸騰させて塩素を除去した水道水は雑菌が繁殖しやすくなっているためです。

そのため、一度沸騰させた水道水は早めに使うようにしましょう。

3-3. 朝一番の水は飲み水以外に使うこと

朝一番や旅行から戻った後の最初の水は、長時間溜まったままなので飲み水以外に使うようにしましょう。

ちなみに、特に長期間使用していない時や引越しをして開栓直後の水は、念のためバケツ1杯分くらいを飲み水以外に使うことをおすすめします。

3-4. ペットや水槽用の水などを、日光に当てること

水道水の塩素は、日光に半日程度当てると手軽に除去できます。なお、この方法で処理した水を日向水(ひなたみず)と呼ぶことがあります。

ちなみに、少し手間ではありますが、水道水の残留塩素は緑茶の茶葉や活性炭を通すことでも除去できます。

4. 水道水とそれ以外の飲料水の徹底比較

正直ここまで読んで「水道水を安全に飲むのは面倒」と思われた方もいるかもしれません。

飲料水としては、水道水以外にも浄水器、ペットボトル、ウォーターサーバーを使う方法があるため、それぞれを比較しました。

浄水器は基本的に蛇口に付けて水道水をきれいにするものであり、ウォーターサーバーは安全な水を自宅に届けもらって使うものです。

上記の4つを安全性、味、便利さ、費用で徹底比較した結果を以下のとおりまとめました。

  安全性 便利さ コスト
水道水を直接飲む
浄水器を通して飲む
ペットボトルを買って飲む
ウォーターサーバーを使って飲む

それぞれの飲料水のポイントをご説明します。

4-1. 安全性の比較

まず法律的な違いとしては、水道水は「水道法」が適用されるのに対して、ペットボトルとウォーターサーバーの水には「食品衛生法」が適用されます。

よく「検査項目が多い水道水の方が安全」と説明されているケースもありますが、実際にはどちらも検査基準などを定めた法律に則っているため安全と言えます。

一方で、水道水には塩素や水道管の問題があるため、地下水を浄化してそのままボトル詰めするペットボトルやウォーターサーバーの水の方が安全性が高いです

4-2. 味の比較

もちろん水道水の中にも美味しいものはありますが、一般論として水道水には「カルキ臭」があります。仮に浄水器で除去しても結局は水道水なので味に大差はありません。

それに対して、ペットボトルやウォーターサーバーは各地の天然水を使っているため、美味しいと評判です。

4-3. 便利さの比較

水道水は蛇口をひねればいつでも飲めるという点で便利であり、ウォーターサーバーはいつでも温水・冷水が使えるという点で便利です。

一方で、ペットボトルの場合は買って帰るのが大変だったり、捨てる時にかさばるなどのも不便さがあります。

4-4. コストの比較

コストは水道水が圧倒的に安く、浄水器の初期費用は安いものなら3〜5000円程度です。

一方、ペットボトルとウォーターサーバーの水代を比べるとはほぼ同水準です。

4章まとめ

以上のとおり、上記の飲料水を比べるとウォーターサーバーが最も優れていることがわかります。

また、3章で紹介したような面倒な注意点も意識せずに毎日簡単に安全な水を飲むことができます。

そのため、水道水以外の飲料水のうち、飲料水のプロとして私のおすすめはウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーには格安で使えるものから高性能なものまで幅広くあります。「プロが選ぶあなたにぴったりなウォーターサーバーおすすめ4選」で比較してみたので、ウォーターサーバーに興味があればみてみましょう。

参考:日常のシーン別の使い分

以上でご説明のとおり、水と言っても様々な種類があるため、日常のシーンにそれぞれあった使い方をご紹介します。

●飲み物・料理

飲み物や料理を作るときに、普段の水道水の代わりにペットボトルやウォーターサーバーの水を使うと味がグンっと美味しくなると評判です。

特にコーヒーを作るときやお米を炊く時に使うのがおすすめです。

●赤ちゃんのミルク

ミルクを作る時はミネラル成分を含まない赤ちゃんに優しい水として「ピュアウォーター」がおすすめです。

赤ちゃんは未熟なのでミネラル成分が多いと過剰になってしまうため、粉ミルクメーカーの赤ちゃん専用水はほぼすべてがピュアウォーターです。

和光堂 ピジョン 赤ちゃん本舗
赤ちゃんの純水 赤ちゃんのピュアウォーター 赤ちゃんの純水
2L: 206円 2L: 257円 2L: 税込145円

ちなみに、ミルク作りで湯冷ましなどが手間に感じる人は、ピュアウォーターを使ったウォーターサーバー『アルピナ』がよいかもしれません。

●お風呂

水道水に含まれる残留塩素は、飲料水以外であっても肌質によくないため、特に肌が敏感な人などは避けるのが望ましいと言えます。

最近では、特に肌の弱い人や健康意識の高い人向けに塩素除去機能があるシャワーヘッドもあります。

●植物

植物の水やりには、ミネラルウォーターに含まれるミネラルは必ずしも植物に良いわけではないので、水道水を使えば十分です。

例えば、水道水に含まれる塩素で細菌や害虫予防が期待できるとされています。

5. 水道水に関するよくあるQ&A

水道水についてまだ気になることがある人のために、水道水に関するよくあるQ&Aを以下の通りまとめました。

以上の通り、水道水によくあるQ&Aをご説明します。

Q1. 水道水を簡単に美味しくするには、どうしたよいですか?

A1. コップ1杯にレモン汁を数適入れるだけで、カルキ臭が消えて美味しく飲むことができます。

これは、レモン果汁のビタミンCが塩素と結合して塩素を除去するため、美味しいだけでなく安全な水にする方法です。

Q2. 水道水にはどのような成分が入っていますか?

A2. 水道水に含まれる成分としては、4大ミネラルはカルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムです。

特に水道水では上記のミネラル成分のバランスがよくて、塩素濃度が低いものが美味しい水とされています。

Q3. 水道水の保存期間はどのくらいですか?

A3. 「冷暗所で3日程度」が目安です。

水道水は時間が経つほど雑菌が繁殖しやすくなるため、基本的に早く飲みきるようにしましょう。

その上で、もし保存して使いたい人は以下の点に気をつけましょう。

  • 清潔な容器であること
  • 保存容器に直接口を付けないこと
  • 冷蔵庫などの冷暗所で保管すること

Q4. 時々見かける「pH」とは何ですか?

A4. pHは「酸性・アルカリ性」の度合いを表しす指標で、水道水質基準にも定められています。

Q5. 水道水に違和感を感じた時は、どうすればよいですか?

A5. 最寄りの水道局に相談することをおすすめします。

違和感を感じた時は、まず他の蛇口でも同じかチェックしてみましょう。

その上、よくあるケースとその原因を踏まえて最寄りの水道局に相談しましょう。

●水が赤い

特に朝一番で起こるときは、水道管のサビが原因の可能性があります。

赤い水が出なくなるまで水を出しっ放しにしましょう。

●水が濁る

水道管の中に溜まった空気が泡となって放出されて、一時的に水が濁った可能性があります。

しばらく水を出しっ放しにすると透明に戻ります。

●変な臭いがする

カルキ以外の変な臭いがする場合は、配管の劣化や近隣での工事などの可能性があります。

最寄りの水道局に連絡してみましょう。

6. まとめ

いかがでしたか?

水道水の誤った情報に惑わされず、安全に使うための方法をご理解いただけたことと思います。

最後にまとめとして、このページをまとめると以下の通りです。

  • 水道水は水道法や事業者の企業努力によって安全管理が徹底されていること
  • 一方で、残留塩素やトリハロメタンの問題があるため、安全な使い方を意識すべきこと
  • 水道水を沸騰させる時は、ふたをとって15分程度沸騰させること
  • このページでご紹介したより安全に使うポイントを意識すること

以上を参考にあなたのより安全で健康的な生活を心から願っています。