野菜を食べないリスクと子供が食べない時の年齢別の対処法

「野菜は本当に食べないといけないのか」「子供が野菜嫌いで全然食べない」など、野菜を食べないとどうなるのか気になっていませんか?

結論として、野菜を食べないと将来病気になるリスクが高まるため、食習慣の見直しや野菜不足の解消を意識することが大切です

このページでは、過去にパーソナルトレーナーとして230人以上の食生活の見直しのお手伝いをしてきた私が、野菜を食べないリスクや、手軽な野菜不足の解消法やレシピをご紹介します。

  1. 野菜を食べない3つのリスク
  2. 徹底比較からわかった野菜を食べない人におすすめの手軽な予防策
  3. 野菜不足の解消に効果的なおすすめ2選
  4. 離乳食期に野菜を食べない時に意識すべき3つのポイント
  5. 野菜を食べない子供に意識すべき4つのポイント

全て読めば、野菜を食べないとどんなリスクがあるのか、また手軽に野菜不足を解消する方法が分かるでしょう。

離乳食期の赤ちゃんや、子供の野菜嫌いについて知りたい人は「4. 離乳食期に野菜を食べない時に意識すべき3つのポイント」と「5. 野菜を食べない子供に意識すべき4つのポイント」ですぐにチェックすることができます。

1. 野菜を食べない3つのリスク

世の中には野菜を食べなくても健康的に過ごしている人はいますが、例えば以下の2点を踏まえると、将来もずっと健康でいられるかはかなり疑問です。

●全国の野菜摂取量ランキングで男女ともに1位の長野県は、実は平均寿命ランキングでも1位であること

●全国の長寿村・短命村の食生活を調査をした結果、「短命の村」では野菜をあまり食べない傾向があるという研究報告があること

以上のように野菜をよく食べる人ほど健康的に過ごせる可能性が高いため、「野菜を食べない人」は以下の3点に注意しましょう。

  • 将来、病気になるリスクが高まること
  • 便秘や生活習慣病などが治りにくくなること
  • 野菜を食べない期間が長いほど、食生活を変えるのが大変になること

ここではTwitterなどで調べた実際の口コミを踏まえながら、「野菜を食べないリスク」を順にご説明します。

1-1. 将来、病気になるリスクが高まること

野菜を食べなくても健康に問題ないから大丈夫と思っている人も、ある日突然、病気になることがあります。

例えば、野菜を食べない人は特に「痛風」になりやすく、足の親指や膝に強い痛みがでて、症状が酷いとまともに歩けなくなります。

口コミ・評判

@Rmcl919さん
20代・痛風の悩み
お肉っ♪お肉っ♪っとかいって最近野菜を食べない生活してたら痛風になる寸前。足の親指の付け根が急に痺れ出した。まーーぢ笑えないぞー(´;ω;`)引用:Twitter

安静にすれば1〜2週間で治りますが、同じ食生活を続ける定期的に発症したり、痛風腎や高血圧など合併症を引き起こすおそれがあります。

また、痛風以外にも野菜のビタミン・ミネラル、食物繊維が不足すると、様々な病気にかかるリスクが高まるという研究報告も多数あります。

1-2. 便秘や生活習慣病などが治りにくくなること

便秘や生活習慣病・肥満などに悩んでいる人は、野菜不足が主な原因である可能性があります。

例えば、以下のように野菜を食べることで便秘や検査結果の改善を実感している人が多数ありました。

口コミ・評判

@mezase55さん
20代女性・便秘の悩み
10日で2キロ減った(((o(*゚▽゚*)o))) 便秘解消したからなんだけどさっっ やっぱ野菜中心の生活大事ー!! 引用:Twitter

口コミ・評判

@ines426さん
20代女性・生活習慣病の悩み
すでに生活習慣病だわわたし…orz あっでも野菜食べるとめっちゃ血圧下がるよ!すげえ野菜!引用:Twitter

以上のように日頃の野菜不足が原因の可能性があるため、まずは食生活を見直してみることが大切です。

もちろん、野菜不足以外にも生活スタイルやストレスなどが原因のケースもありますが、まずは野菜不足を解消して変化なければ、別の方法を検討するのがおすすめです。

1-3. 野菜を食べない期間が長いほど、食生活を変えるのが大変になること

野菜を食べない人でも、「野菜を食べないのは健康によくない」「野菜食べてないけど大丈夫か」と心配な人も多いことがわかりました。

口コミ・評判

@askafeyokumuraさん(20歳)
20代女性・大好きなラーメンが止められない
今もラーメンを食べていて罪悪感しかないです。でも食生活はなかなか変えられない引用:Twitter

口コミ・評判

@tigerman_yy771さん
一人暮らし・パスタ中心の食事
俺毎日パスタ食べてる野菜ずっと食べてない。だから一人暮らしはあかんのよw 引用:Twitter

以上のように野菜を食べない期間が長くなるほど、野菜不足の食生活が強化されたり諦めてしまうため、食生活の見直しが難しくなります。

惰性で今の食生活を続けるのではなく、1日でも早く野菜不足の解消に取り組むことをおすすめです。

2. 徹底比較からわかった野菜を食べない人におすすめの手軽な予防策

野菜を食べない人は多いですが、例えば以下のように「野菜は高い」「自炊が大変」「食材ロス」など野菜を食べない理由は様々です。

口コミ・評判

@Nao_naO6さん
30代女性・金銭的な理由
野菜中心の健康的な食生活はお金がないとできない。とそばとそうめんとうどんとパンはなぜか大量に家にある。。 引用:Twitter

口コミ・評判

名前 さん(20歳)
20代女性・自炊の大変さや食材ロス
日によっては疲れて自炊できない日ももちろんある。食材ロスは悲しい引用:Twitter

以上のように、基本的に野菜を食べたいけど、加工食品や外食と比べてコストや手間がかかるために野菜を食べない状態が続いてしまっています

以上を踏まえて、ここでは野菜不足を解消する方法として、市販されていて手軽な方法を比べると以下の通りです。

以上を踏まえると、野菜不足の解消法としては以下の3つの理由から『青汁』をおすすめします。。

  • 最もコスパが高いのは青汁だから
  • 最も低カロリーなのは青汁だから
  • 青汁は栄養の吸収率が高いから

それでは青汁が理由を順にご説明します。

2-1. 最もコスパが高いのは青汁だから

青汁とは、ケールや明日葉など栄養豊富な野菜を粉末状にして栄養を凝縮させた栄養補助食品です。

特に青汁は栄養価の高い野菜を使っており、その他の健康素材や乳酸菌、酵素などを配合したものもあるため、青汁は栄養抜群です。

また、1日あたりのコストを比べると以下の通り、青汁は「1日90〜100円」で市販のスムージーや野菜ジュースより安く、コスパが高いと言えます。

※ 栄養補助サプリは格安のものもありますが、安いと効果を実感できないものも多く効果はピンキリであるため、コスパの評価が正直難しいと言えます。

青汁はネットで気軽に購入できるものが多いため、わざわざ買いにいかなくても定期的に届けてもらえるのもメリットです。

2-2. 最も低カロリーなのは青汁だから

野菜不足の解消には「野菜ジュース」をイメージするかもしれませんが、野菜ジュースはカロリーの点からおすすめできません。

カロリーを比べると、青汁・野菜ジュース・スムージーの目安は以下の通りです。

以上より、野菜不足の解消に加えて、カロリーを抑えてダイエットも意識したい人には特に『青汁』をおすすめします。

特に市販の野菜ジュースは健康的なイメージがありますが、飲みやすい野菜ジュースほど大量の糖質を含んでいるケースが多いため注意しましょう。

2-3. 青汁は栄養の吸収率が高いから

青汁は野菜の栄養を凝縮した粉末を水などに溶かして飲むもので、栄養の吸収をサポートする酵素などを配合したものもあるなど、吸収率が高いためおすすめです。

一方、安いサプリメントでは合成ビタミンがよく使われており、吸収率ははっきりとした情報が限られますが、米国の医薬品集では以下の通りとされています。

以上の通り、錠剤やカプセルタイプの吸収率は低いためおすすめしません。

そのため、サプリは例えば「◯◯が◯mgも入っています」という表示があっても、その全てが吸収されるわけでは点に留意しましょう。

3. 野菜不足の解消に効果的なおすすめ2選

青汁は手軽な野菜不足の解消法として間違いなくおすすめですが、せっかく始めるなら最もコスパの高いものを使いたいですよね?

私がパーソナルトレーナーとして日頃の野菜不足解消にベストな方法を調べる中で、栄養管理の専門家やプロスポーツ選手のトレーナーの方々にヒアリングをしたことがあります。

その結果として、私は青汁の中でも『ユーグレナ・ファームの緑汁』を飲むのがベストと考えています。

ただし、どうしても味が苦手という人には牛乳や豆乳でわったり、後ほどご紹介する青汁サプリを使うことをおすすめします。

それでは野菜不足解消におすすめの青汁をご紹介します。

3-1. 粉末タイプ|ユーグレナ・ファームの緑汁

引用:ユーグレナ社

ユーグレナ・ファームの緑汁』は栄養豊富な大麦若葉や明日葉に加えて、栄養豊富な注目素材である「ユーグレナ(=ミドリムシ)」を使っており、コスパが最も高いためおすすめです。

ユーグレナは植物性・動物性栄養素の両方を含む唯一の存在で、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など計59種含有機栽培の大麦若葉・明日葉を使っており栄養価抜群です

さらに、通常野菜から栄養を摂ると吸収率は40%前後ですが、ユーグレナは93%と驚異的な吸収率が特長で、例えば効果を実感している以下のような口コミがあります。

口コミ・評判

U・Tさん(27歳)
評価:★★★★★5 『体調がすっかり良くなりました』
飲み始めて2週目にはすっかり便秘や貧血が良くなりました。さらに朝もすっきり起きれるようになって嬉しいです。

通販限定商品であるため、まずは”ワンコイン” でお試しできる「お試しプラン」をおすすめします→「http://www.euglena-farm.jp/

商品詳細

3-2. 青汁サプリ|ステラ贅沢青汁

引用:ステラ漢方

青汁は野菜不足解消に効果的ですが、独特の風味があり味が苦手な人には青汁サプリの中でも、栄養抜群で小粒で飲みやすい『ステラ贅沢青汁』をおすすめします。

以下の通り、”緑黄色野菜の王様”と呼ばれるケールと、最高品質のクロレラと長命草を使っているのが特長です。

唯一の弱点である”苦味や強いクセ”を克服した優れた青汁で、以下のように野菜不足解消による効果を実感している声が多数ありました。

口コミ・評判

O・Tさん(31歳)
評価:★★★★★5 『手軽に野菜不足を解消』
始めて2週間でスッキリを実感できるようになり嬉しいです。その後も以前より体調が軽くなった気がしていて、1日3粒で続けやすいのでリピしています

アマゾンや楽天より、最もお得に始められる公式ページ限定の特別キャンペーンをおすすめします→「http://www.stella-s.com/」

商品詳細

4. 離乳食期に野菜を食べない時に意識すべき3つのポイント

離乳食期の野菜は、生後6ヶ月頃の離乳食の初期から与えることができます。

特に離乳食期に野菜の与え方で失敗すると、その後野菜を食べなくなることがあるため注意しましょう。

特に離乳食期に注意すべきポイントを以下の3点にまとめました。

  • 赤ちゃんは「苦味」や「酸味」に特に敏感であること
  • 離乳食におすすめの野菜を使うこと
  • 離乳食の初期は避けた方がよい野菜を意識すること

それでは離乳食期の野菜嫌いに関するポイントをご説明します。

※ ちなみに、生野菜を与えるのは1歳過ぎた頃が目安です。

4-1. 赤ちゃんは「苦味」や「酸味」に特に敏感であること

赤ちゃんの味覚は大人より敏感であり、生まれながらに「毒を反射的に見分けるため」とされています。

そのため、以下の理由から「トマト・ピーマン・ゴーヤー」などを食べない傾向があります。

子供の味覚は成長と共に変わるため、離乳食期に食べなかった野菜も自然と食べるようになるため必要以上に心配する必要はりません。

4-2. 離乳食におすすめの野菜を使うこと

離乳食はまず10倍がゆから始めて、慣れてきたら徐々に野菜を与えるようにしましょう。

柔らかく茹でた野菜をペースト状にしたり、野菜の茹で汁をスープにして与えるのがおすすめです。

離乳食期にはクセやアクが少なく、消化しやすい野菜として以下がおすすめです。

与え方としては、初日は「10倍がゆ+にんじんペースト」、翌日は「10倍がゆ+かぼちゃペースト」というように野菜を順番に野菜の味に慣れさせていくのがポイントです。食べ飽きるのを防ぐ意味もあります。

4-3. 離乳食の初期は避けた方がよい野菜を意識すること

赤ちゃんは一度 “苦い” と感じた野菜は食べなくなる傾向があったり、まだ胃腸が未熟なので消化しにくいものは避ける必要があります。

特に離乳食の初期は避けた方がよい野菜と、その理由は以下の通りです。

食材 主な理由
きのこ類 繊維質が多いため
ごぼう・レンコン 繊維質が多いため
オクラ、もやし 潰しにくいため
ピーマン・パプリカ 苦味があるため
山芋・里芋 かゆみが出やすいため

5. 野菜を食べない子供に意識すべき4つのポイント

子供の野菜嫌いに悩むママは多く、子供の健康のために野菜を食べてほしい気持ちはわかりますが、無理やり食べさせることは避けましょう。

なぜなら、無理やり食べさせられたことだけがトラウマとなり、成長しても生理的に野菜を食べられなくなる可能性があるためです。

野菜嫌いの子供に野菜を食べてもらうためにぜひ意識していただきたい点を以下の4つにまとめました。

  • 野菜を食べたらたくさん褒めてあげること
  • 子供が美味しいと感じるように食べさせること
  • 栄養バランスを野菜だけで考えないこと
  • 食べさせるのではなく、好きにさせる工夫を心がけること

それでは子供嫌いに関する4つのポイントをご説明します。

5-1. 野菜を食べたらたくさん褒めてあげること

子供はどんなことであれば、親に褒められると嬉しいものです。

一口かじることができただけでも大きな第一歩なので、小さなことでもどんどん褒めてあげましょう。

引用:jcpa

また、ご両親が子供に対して、「野菜を美味しく食べている姿」をいつも見せてあげることも大切です。

5-2. 子供が美味しいと感じるように食べさせること

子供が野菜を食べるようになるためには、「野菜も意外と美味しいかも」というきっかけがあると比較的うまく行くことが多いです。

まずは以下のような点を意識してみましょう。

●まずは甘みのある野菜を中心にすること

以下の野菜を中心として、野菜のもさもさした感じが苦手な子供にはスープにしてあげるのもおすすめです。

例) かぼちゃ、とうもろこし、人参、フルーツトマトなど

引用:日本野菜ソムリエ協会

●小さくカットして野菜の形状を意識させないこと

野菜の見た目が生理的に苦手なケースもあるため、まずは細かく刻んでカレーやハンバーグなどで慣れさせることをおすすめします。

引用:Happy-note.com

例えば慣れてきたら様子を見ながら、徐々に野菜のカットサイズを変えてみるとスムーズにいきやすくなります。

5-3. 栄養バランスを野菜だけで考えないこと

子供の野菜嫌いはよくあるケースではあるため、ある程度は仕方がないと割り切って、野菜から摂れない栄養をどのように補うかを意識しましょう。

例えば、雑穀ごはんはご飯を炊くときに加えるだけで、緑黄色野菜に匹敵する栄養を摂れるためおすすめです。

引用:kodawari-lab

●青汁は子供の野菜不足解消にも効果的であること

青汁は6歳以上を目安に子供にも与えることができ、成長期に欠かせない野菜のビタミン・ミネラルなどの栄養をバランスよく摂れるのが特長です。

通常の青汁は独特の風味が子供には飲みにくいため、子供用のフルーツ味やゼリータイプが効果的です。

引用:こどもフルーツ青汁

子供用の青汁が気になる人は「野菜嫌いの子供に青汁を使うメリットと唯一のおすすめ青汁」をぜひ参考にしてみてください。

5-4. 食べさせるのではなく、好きにさせる工夫を心がけること

野菜を食べさせるために工夫した料理でも、子供が全く手をつけてくれないこともあると思います。

成長して味覚が変わって野菜を食べるようになることもありますが、野菜を出さなくなると食べない習慣が強まってしまう可能性があります。

引用:nesupa

焼く、煮る、蒸すなど様々な料理法を使って、味や見た目を工夫して子供が興味をような工夫を続けることが大切です。

6. まとめ

ここまで野菜を食べないリスクや手軽な野菜不足の解消や、子供が食べない時の対処法をご説明していましたが、いかがでしたか?

野菜を食べないと、今の症状や病気が長引いたり、将来病気にかかるリスクが高くなるおそれがあるため、最も手軽な方法として『青汁』を使うのがおすすめです。

特にこのページでご紹介した『ユーグレナ・ファームの緑汁』『ステラの贅沢青汁』を使うのが効果的です。

また、子供が野菜を食べない場合は、味付けや見た目を変えるなど工夫することを意識しましょう

以上を参考にあなたが野菜を食べない食生活を見直すきっかけになることを心より願っています。