赤ちゃんにも安心なウォーターサーバー|選び方と唯一のおすすめ

赤ちゃんに水道水をあげるのは心配だけど、ミネラルウォーターもよくないという話もあるため、「赤ちゃんにウォーターサーバーを使っていいのか」「どのサーバーを選んだらよいのか」気になっていませんか?

赤ちゃん向けにウォーターサーバーを使うと育児の負担がかなり軽減されますが、実は選び方を間違えてしまうと赤ちゃんに余計な負担をかけてしまうため、正しい方法で選ぶことが大切です

このページでは、本当にあなたがウォーターサーバーを使うべきなのかメリット・デメリットを客観的にご説明した上で、赤ちゃんのことを最優先した選び方で厳選した「あなたが買うべきたった1つのウォーターサーバー」をご紹介します。

  1. 赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う4つのメリット
  2. 赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う際の3つの注意点
  3. 赤ちゃん向けウォーターサーバー選びで意識すべきこと
  4. 赤ちゃん向けウォーターサーバーの唯一のおすすめ

全て読めば、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うべ正しく理解できるでしょう。

1. 赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う4つのメリット

特に新生児のママは数時間おきのミルク作りや赤ちゃんの夜泣き、家事や買い物などとても大変ですが、もしウォーターサーバーを使えば、その大変さやストレスを大幅に軽減する効果が期待できます。

例えば、ツイッターでは以下のようなママたちの嬉しい声がたくさんありました!

口コミ・評判

@minami_2543さん(20歳)
評価:★★★★★5 『ミルク作りが楽!』
夜中のミルク作りが大変で大変でウォーターサーバーを導入しました!夜中のミルク作りが楽になりもう手放せません♪ しかもコスモウォーターなので安いw

口コミ・評判

@lastmoon45さん(新生児のママ)
評価:★★★★★5 『育児の便利アイテム!』
ママがウォーターサーバー頼んでくれてた〜(泣) もう頭あがりませんほんとに😢😢😢、これは助かる❤️ しかも実家のと違って超ハイテク!!😍

口コミ・評判

@green_oさん(2児のママ)
評価:★★★★★5 『赤ちゃんに安全な水』
待ちに待ったにウォーターサーバーがやっと届きます〜!!気にしすぎと言われることもあったけど、、赤ちゃんにはできる限りのことをしてあげたいから

一方で、そうは言ってもウォーターサーバーを使うと何がよくなるのかまだ具体的なイメージが湧かない人はまず、ウォーターサーバーを使うメリットとデメリットを正しく理解することが大切と筆者は考えます。

上記を踏まえて、本章でご紹介する「赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う4つのメリット」は以下の通りです。

  • メリット1:水の安全性が高いこと
  • メリット2:ミルク作りが最短1分でできること
  • メリット3:水を自宅まで届けてもらえること
  • メリット4:冷蔵庫のスペースを確保できること

それでは、上記の点について順にわかりやすくご説明します。

1-1. 水の安全性が高いこと

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う大きなメリットは、水道水より衛生的で安全性が高いことです。

1-1-1. ウォーターサーバーの水の安全性は高い!

一般的に「天然水」と「RO水」の2種類がありますが、どちらの場合でも衛生管理が徹底されたボトリング工場で作られているため安全性が高いと言えます。

さらに、特に心配な放射性物質については以下の通り水道水よりも安全性が高いことに加えて、ほとんどの会社が数ヶ月に1回放射性物質の検査結果を公式ページ上で更新しているので安心です。

  主なポイント
天然水 数十年かけて自然に濾過された地下水を汲み上げるケースが多く、放射性物質が含まれる可能性が限りなく低いため
RO水 RO膜は不純物を99.99%除去できる特殊フィルターでNASAでも使われているなど、 放射性物質の除去にも有効とされているため

「RO水」とは一般的に水道水を「RO膜」と呼ばれる1000万分の1mmの超微細な穴のフィルターで徹底的にろ過して作った99.99%ピュアウォーターに、人工的にミネラル成分を配合したものです。

アクアクララ RO膜 修正

引用:アクアクララ公式「お子様にも安心、水へのこだわり」

1-1-2. 水道水はあまり衛生的ではなく安全性が低い!

水道水には微量ではあるものの塩素やトリハロメタンなどの有害物質が含まれているため、特に生まれたばかりの新生児に与えることはおすすめできません。

加えて、水道管内部は老朽化と共に錆びがひどくなるため、仮に味・色・臭いで分からなくても、その他有毒物質の可能性を否定しきれません。

WS 赤ちゃん 水道管2

引用:(株)フジケン「古い水道管」

さらに、現時点で直近の水道水の調査結果では「東京や神奈川を含む関東〜青森」にかけて広く放射性物質が検出されており、その最高値は意外にも”東京”であるなど、水道水を避けることが望ましいと言えます。

白湯 放射性物質 モニタリング

引用:原子力規制委員会「上水(蛇口水)のモニタリング」

ちなみに、放射性物質は蛇口につける浄水器では除去できず、仮に沸騰させてもセシウムは水中に残るとされていました(当サイト調べ)。

1-2. ミルク作りが最短1分でできること

新生児には1日5〜10回程度のミルクを与える必要がある中で、水道水を使った従来のミルク作りはお湯を沸騰させた後で流水で人肌まで冷ますので、特に夜中のミルク作りは大変でした。

しかし、ウォーターサーバーの水なら沸騰させる必要がなくいつでも手早く作れるため、生活全体のストレスを和らげる効果も期待できます

さらに、粉ミルクにベストな温度「70℃以上」に対して、一般的に温水は80〜90℃、省エネモードでも70〜80℃程度である点でも最適です。もちろん離乳食にも役立ちます!

ちなみに、「ウォーターサーバーを使ったミルクの正しい作り方」を本章の末尾でご紹介しますので、もし興味ある人はぜひ参考にしてみてください。

1-3. 水を自宅まで届けてもらえること

ウォーターサーバーを導入すると定期的に自宅まで届けてもらえるため、重たい水を持ち運ぶのから解放されて、買い物の大変さが大幅に軽減されます。

ただでさえペットボトルの水の持ち運びが大変ですが、特に赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーで移動するようになるとその大変さは2倍以上です。

1-4. 冷蔵庫のスペースを確保できること

赤ちゃんのために2Lのペットボトルの水を使っている人も多いと思いますが、ウォーターサーバーに切り替えると冷蔵庫のスペースを有効活用できるようになります。

見落とされがちな点ですが、赤ちゃんが生まれると買い物の回数が減って、買いだめするようになるので地味に嬉しいメリットと言えます。

(参考) ウォーターサーバーを使った正しいミルクの作り方

ここでは、世界保健機関(WHO)が作成したガイドラインをもとに、日本宅配水&サーバー協会が作成した「安全な調乳ガイドライン」による方法をご紹介します。

① 粉ミルクとお湯の必要量を確認して、先にお湯を入れます。もし粉ミルクを先に入れると哺乳ビンの底にダマができてしまうためです。

赤ちゃん ミルク 作り方1

② 粉ミルクを入れたら、やけどしないように清潔なふきんなどを使ってよく混ぜます。

赤ちゃん ミルク 作り方2

③ よく混ざったら、流水で冷ますか、冷水に入れて冷まします。この時に中身を汚染しないように「冷却水は哺乳ビンのキャップより下」に当てることが大切です。哺乳ビンの外側についた水を清潔なふきんで拭き取ります。

赤ちゃん ミルク 作り方3

ウォーターサーバーの冷水は衛生的であるため、直接哺乳ビンに入れて冷ましてもよいという見解もあります。

④ 腕の内側にミルクを数滴垂らして、人肌の温度になっていたらミルクを与えます。適温については、「生暖かく感じる程度で、熱くなければ大丈夫」とされています。

赤ちゃん ミルク 作り方4

⑤「調乳後2時間以内」に使わなかったミルクは必ず捨てましょう。

赤ちゃん ミルク 作り方5

【注意!】ミルクを温める際に絶対に電子レンジを使用してはいけません!ミルクの中の一部が高温になり、赤ちゃんが口にやけどする可能性があるためです。

引用&参考:日本宅配水&サーバー協会「安全な調乳ガイド」

2. 赤ちゃんにウォーターサーバーを使う際の3つの注意点

先ほどご説明の通り、ウォーターサーバーは様々なメリットがありますが、赤ちゃんに使うべき水やペットボトルの水との違いを正しく理解しないと、赤ちゃんに余計な負担をかけてしまうため注意が必要です。

本章では、赤ちゃんにウォーターサーバーを使う際に意識すべき3つの注意点をご説明します。

  • 赤ちゃんに優しい水の目安を守ること
  • 水道水やペットボトルの水よりお金がかかること
  • 置き場所を確保する必要があること

それでは、それぞれのポイントを順に見ていきましょう。

2-1. 赤ちゃんに優しい水の目安を守ること

ミネラル成分が多い水はまだ胃腸が未熟な赤ちゃんにとって負担になってしまいます。特に明治の公式ページでは、赤ちゃんに優しいミネラルウォーターの目安は「硬度60以下の軟水」とされているため、この目安を守りましょう。

「硬度」は水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まるため、硬度が低いほどミネラル成分が少なく赤ちゃんに優しいと言えます。

一方で、ウォーターサーバー各社が赤ちゃん向けにおすすめしている天然水やRO水は「硬度30以下」が大半ですが、不純物をほぼ完全に取り除いた”硬度1未満”のピュアウォーターも一部あります。

例えば、代表的なサーバーの硬度は以下の通りなので、正しく選べばウォーターサーバーの水も安心して使えます。

ちなみに、粉ミルクメーカーが販売する”赤ちゃん専用水”はほぼすべてが「ピュアウォーター」であることから、最も赤ちゃんに優しい水はピュアウォーターであると言えます。

以上のまとめとして、硬度60以下のミネラルウォーターならミルク作りに使っても問題はありませんが、筆者としては硬度60以下の水の中でも、特に「天然水から作ったピュアウォーター」を優先的に選ぶのがよいと考えます。

2-2. 水道水やペットボトルの水よりお金がかかること

ウォーターサーバーにはサーバーレンタル代や電気代がかかるため、単純に値段だけ比べると水道代やペットボトルの水の方が安いです。

例えば、有名なサントリーの「南アルプスの天然水」でAmazonの値段と比べてみると、ウォーターサーバーの方が「送料込みで500mlあたり10円高い」と言えます。もしスーパーや量販店の特売なら、もっと安く買えるかもしれません。

容量 税込 500ml当たり
ウォーターサーバー 7.8L 1242円+送料0円 80円
Amazon 2L×6本 1320円+送料350円 70円

ちなみに、ウォーターサーバーはAmazonより少し高いですが、いつでも冷水・温水を使えることや冷蔵庫から出し入れする手間が不要、捨てる時にかさばらないなどのメリットがあります。

2-3. 置き場所を確保する必要があること

ウォーターサーバーは置き場所を確保する必要があるため、ペットボトルの水と比べて部屋のスペースをとってしまいます。

十分な広さのある家であれば特に問題となりませんが、スペースがある程度限られる部屋の場合にはやや圧迫感がでてしまう可能性があります。

しかし、最近のウォーターサーバーはコンパクト化が進んでおり、床置きタイプの面積はA4用紙2枚分程度で、高さは1m以下が一般的です。写真では結構大きく見えても、「実際に見ると意外とコンパクト」という口コミが多数あります。

赤ちゃん サーバーサイズ

引用:オーケンウォーター公式「コンパクトでお洒落なデザイン」

「A4用紙2枚分の面積」とは、サーバーの幅約30cm×奥行き42cmです。ただし、冷蔵庫と同じように壁や家具との間を「背面10cm、左右5〜10cm」空ける必要があるのでご留意ください。

電気代 A4用紙

3. 赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びで意識すべきこと

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使いたい人は、通常よりも特に「水質・サーバーの安全性」を重視して選ぶことが大切です。水質やサーバーの安全性を確認する際に必ずチェックすべきポイントがいくつかあるため、本章で正しく理解しておきましょう。

それでは、赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びで意識すべき5つのことは以下の通りです。

  • 天然水を使ったピュアウォーターが最適であること
  • できるだけ交換が楽なものを選ぶこと
  • 最低2年に1回は定期メンテナンスがあること
  • チャイルドロックが安全であること
  • 放射性物質検査を数ヶ月に1回行っていること

それでは上記のポイントをわかりやすくご紹介します。

3-1. 天然水を使ったピュアウォーターが最適であること

すでにご説明の通り、赤ちゃんに使える水は「硬度60以下の天然水」か「ピュアウォーター」の2種類です。赤ちゃん専用水はほぼすべてピュアウォーターであることから、その中でも特に「天然水を使ったピュアウォター」が最適と筆者は考えます。

実はウォーターサーバーのピュアウォーターは”水道水”からつくったものが主流で、放射性物質の観点でも安全性は高いとされていますが、念のため、赤ちゃんのためには天然水から使ったものをおすすめします。

ちなみに、RO水の大手3社の違いとしては、天然水からつくったピュアウォーターが「アルピナウォーター」で、水道水でミネラル配合が「アクアクララ、クリクラ」です。

赤ちゃん ピュアウォーター

3-2. できるだけ交換が楽なものを選ぶこと

業界標準の12Lボトルは重たいため、特に女性やご年配の人は以下のような交換が楽なサーバーを意識することをおすすめします。

3-2-1. 7〜8Lの軽量タイプ

近年主流になりつつある軽量タイプは、軽量ボトルとウォーターバッグの2種類があり、12Lと比べて格段に使いやすいと男性も含めて多くの人に選ばれています。

赤ちゃん 軽量タイプ

ちなみに、ウォーターパックタイプは、例えば「注文単位が1箱4パック」というケースもあり1箱30kg近い重さで届くこともあります。その場合には、腰を痛めないためにも一旦箱を開けてウォーターパックを順番に運ぶことをおすすめします。

3-2-2. 12Lボトルだけど、交換が楽なタイプ

4人以上の家族など利用料が多い場合は、軽量ボトルだと交換回数が多くなって手間に感じる人もいるため、12Lボトルで交換が楽なサーバーとしては『コスモウォーター』がおすすめです。

足元でボトル交換ができるため一度も高く持ち上げる必要がなく、専用バスケットも付いているため、特に女性やご年配の人に好評です。

コスモ 足元ボトル

もし、このサーバーが少し気になる人は『コスモウォーター辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!』の記事を参考にしてみてください。

3-3. 最低2年に1回は定期メンテナンスがあること

ウォーターサーバーのメンテナンスについては、基本的に以下の3パターンがあります。

  • 無料の定期メンテナンスがあり
  • 有料の定期メンテナンスがあり
  • 定期メンテナンスが不要のパターン

定期メンテナンスは1年または2年ごとがほとんどで、無料か有料かは各社のスタンスが現れます。特にサーバー内のクリーニング機能付きのサーバーでは、サーバー内が清潔で衛生的に保たれるという理由で定期メンテナンス不要としているケースが多いです。

正直、どのパターンが一番良いのか難しいですが、筆者としてはもし聞かれた時には基本的に「最低2年に1回」は定期メンテナンスがあるサーバーをおすすめしています。

その理由は、サーバー内のメンテナンス以外に1週間や1ヶ月に1回程度ご自身で行うメンテナンスが必要になりますが、筆者の経験上、これが不十分なケースが多いためです。

赤ちゃん サーバー お手入れ

引用:アルピナウォーター公式「サーバーのお手入れ方法」

特に吸水口はコーヒーやカップ麺の汁などがはねて付いてしまうと、それがもとで雑菌が繁殖するため、変な味や変な臭いの原因となる可能性があります。

3-4. チャイルドロックが安全であること

赤ちゃん向けでは特にチャイルドロックの安全性が重要であり、サーバーよって様々なタイプがあります。

  • 高機能サーバー:2重ロック、ボタンを長押し、高い位置にロック解除ボタンなど
  • 一般的なサーバー:注ぎ口のレバー

必ずしも温水・冷水の両方に付いているわけではありませんが、少なくとも冷水にも希望する場合には取り付けてくれるのがほとんどです。

3-5. 放射性物質検査を数ヶ月に1回行っていること

筆者が主要20社を確認したところほぼすべてで検査結果の証明書を公式ページに掲載しており、確認できた分はすべて非検出でした。

基本的に、天然水は数十年かけて自然にろ過された地下水を汲み上げている他、RO水は放射性物質にも有効とされているRO膜でろ過した99.99%のピュアウォーターであるため、特に大きな問題はないと言えます。

ただし、細かい点を言えば、各社の検出限界値には幅があるため、各社の直近の検査結果を踏まえて筆者がまとめてみました。下表の通り、主要20社の中で最も高いのは1.0ベクレル/kgで、最も低いのは「アクアクララ」「0.28 – 0.42Bq/kg」です。

社名 検出限界値(Bq/kg) 評価
ダスキン 1.0 最高水準
プレミアムウォーター 1.0 最高水準
アクアセレクト 1.0 最高水準
クリクラ

0.6 – 0.9

コスモウォーター

0.5 – 0.8

アルピナウォーター

0.5

アクアクララ

0.28 – 0.42

最低水準

ちなみに、放射性物質で汚染されていない食品を専門に扱うホワイトフードでは「0.5ベクレル/kg」が基準とされています。

4. 赤ちゃん向けウォーターサーバーの唯一のおすすめ

本章を書くにあたって、第3章でご説明した選ぶ際に意識すべきことをすべて踏まえた上で、筆者が主要20社を徹底調査しました。

その結果、その中で筆者が自信をもっておすすめできる唯一のウォーターサーバーは、天然水からつくったピュアウォーターの中でも、電気代を含めた月々のトータルコストが他社より1300円以上も安い『アルピナウォーター』だけでした!

選ぶにあたって、天然水を使ったピュアウォーターを調べたところ、主要20社の中で「アルピナウォーター」と「ハワイアンウォーター」の2社しかありませんでした。

さらに、上記2社を比べると、サーバーの仕様と契約条件はほぼ同じである中で、「アルピナ」の電気代を含めた毎月のトータルコストは税込3814円/月と、ハワイアンより毎月1300円以上も安いため絶対おすすめです。

(税込) アルピナ ハワイアン
水代(8L) 741円 1188円
500ml換算 46円 74円
送料※  0円
レンタル料 618円 618円
メンテ料  0円 0円
電気代 1000円 1000円
月間合計(24L)  3841円 5182円

※上表の料金は軽量タイプである8Lを月3本(24L)使うと仮定して比べています。なお、一部地域は別途送料がかかります。

●サーバーの仕様の比較

ともに8Lの軽量タイプは使いきりのワンウェイ方式で、定期メンテナンスは2年に1回あるなど、基本的にほぼ同じです。

その中で、放射性物質検査はアルピナが毎月に対して、ハワイアンは年1回という違いがありますが、どちらも先ほど紹介した第3章でご説明した選ぶ際に意識すべきことを全て満たしていました。

アルピナ ハワイアン
画像
採水地 長野県大町市(南アルプス) ハワイ
サイズ 8L、12L 8L、12L
方式 12L:回収方式

8L:使いきり

使いきり
定期メンテ 2年に1回、無料 2年に1回、無料
チャイルドロック 冷水も無料オプションで可能 冷水もオプションで可能
放射性物質検査 毎月実施

(*検出限界値は主要20社中で最も厳しい水準)

年1回実施

●契約条件の比較

契約条件はまったく同じであることが下表からわかります。

アルピナ ハワイアン
契約期間 1年 1年
初期費用 0円 0円
早期解約料(税込) 5143円 5143円
配達 都度注文 都度注文
ノルマ なし なし

(補足) 実はアルピナもハワイアンも同じく「(株)トーエル」という一部上場会社が運営するブランドです。

5. まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを選ぶ際には、安全性を中心に意識すべきポイントが多いため正直大変です。しかし、本ページでは選ぶ際のポイントをすべてを踏まえた唯一のおすすめをご紹介しているため、安心して選べます。

さて、最後にまとめとして重要な点を整理すると以下の通りです。

  • 基本的にミネラルウォーターは赤ちゃんに向いていないこと
  • 赤ちゃんに使う際は「硬度60以下の軟水」を参考に選ぶこと
  • 赤ちゃんに一番優しい水は『天然水からつくったピュアウォーター』であること

本当に赤ちゃんのためを思うなら、赤ちゃんに最も優しいアルピナウォーターを公式ページ「http://www.alpina-water.co.jp」から申し込みましょう!

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。