雑菌対策も万全!安全にウォーターサーバーを使いこなす全知識

ウォーターサーバーを試してみたいけど、「サーバー内の雑菌って実際のところどうなんだろう」と気になっていませんか?

ほとんどのウォーターサーバーは雑菌の心配はありませんが、一部の低品質なサーバーや誤った使い方をすると雑菌が繁殖してしまう可能性があります

衛生面を特に重視するなら、正しい選び方を踏まえて主要なウォーターサーバーの中でも特に雑菌対策が万全なものを選びましょう。

本ページでは、過去にウォーターサーバーの営業経験のある筆者が、ウォーターサーバーは雑菌の心配がなく安全な理由に加えて、おすすめや安全に使うために意識すべきことをご説明します。

  1. ウォーターサーバーは雑菌の心配がなく安全な4つの理由
  2. 衛生面で特に安全なウォーターサーバー主要20社のうち唯一のおすすめ
  3. ウォーターサーバーの水を安全に使うために意識すべき6つのこと

全て読めば、ウォーターサーバーは衛生面の気になるポイントや、安全に使うためのポイントがわかるでしょう。

ちなみに、すぐに上記のおすすめサーバーを知りたい人は「2. 衛生面で特に安全なウォーターサーバー主要20社のうち唯一のおすすめ」でチェックできます。

0. ウォーターサーバーは基本的に雑菌の心配はありません

ウォーターサーバーは基本的に雑菌を気にせず安心して使えます

現在利用できるサーバーの約9割はとても衛生的ですが、一部の低品質なサーバーや間違った使い方をしてしまった場合にだけ雑菌が問題になることがあります。

1. ウォーターサーバーは雑菌の心配がなく安全な4つの理由

ウォーターサーバーの雑菌が気になる人もいると思いますが、ウォーターサーバー各社は衛生面にこだわり抜いた様々な雑菌対策をしているため安全です

基本的にどのサーバーを選んでも、以下の4つの理由から雑菌の心配をせず安心して使うことができます。

  • 理由1:雑菌が入りにくい対策がされているから
  • 理由2:定期メンテナンスがあるから
  • 理由3:ミネラル成分の少ない水であるから
  • 理由4:早く飲みきれる軽量ボトルがあるから

それでは上記のポイントを順にご説明します。

理由1. 雑菌が入りにくい対策がされているから

雑菌を含んだ空気がボトルに入ると雑菌が増える可能性がありますが、最近のサーバーは雑菌が入りにくい対策がされているため安全です。

ボトルを再利用する「回収方式」のボトルに入る空気はエアフィルターで浄化されており、ボトル回収しない「ワンウェイ方式」はボトルが収縮して空気が入らないため安心です。

理由2. 定期メンテナンスがあるから

長く使うとサーバー内に汚れがたまる可能性がありますが、回収方式のサーバーには「定期メンテナンス」があり、定期的に部品をすべて分解・洗浄するため安全性は抜群です。

ワンウェイ方式の高機能サーバーはサーバー内の「クリーニング機能」があるため、こちらも雑菌の心配はありません。

基本的に両方とも安全ですが、より安全性を重視する人は「定期メンテナンス」がおすすめです。

理由3. ミネラル成分の少ない水であるから

ミネラル成分は雑菌のエサになるため、「ミネラル成分の少ない水」がおすすめです。

ミネラル成分の少ない水にも様々な種類がありますが、最もおすすめなのはミネラル成分がほぼ0の「ピュアウォーター」です。

理由4. 早く飲みきれる軽量ボトルがあるから

一般的な12Lボトルを飲みきる目安は「開封後2週間」であり、その期間内であれば特に雑菌の心配はありません。

その上でボトル内の雑菌は時間がたつほど増えるため、より早く飲みきれる「軽量ボトル」はさらに安全です。

最近は回収方式でもワンウェイ方式でも、軽量ボトルを使えるサーバーがたくさんあります。

2. 衛生面で特に安全なウォーターサーバー主要20社のうち唯一のおすすめ

全国展開している有名な会社のウォーターサーバーであれば、基本的にどのサーバーでも衛生面での問題はありません。

全ての会社が上記の4つの対策をしているわけではありませんが、複数の対策を組み合わせて衛生面でも安心して使えます。

そういった中でも特に安全性を意識して選びたい方は、先程ご説明した4つの雑菌対策を踏まえて正しく選ぶことが大切です

このページでは、全国でも主要な20社のうち上記の4つの対策をすべて満たす「安全に特に力を入れている」3社を以下の基準で徹底比較しました。

  • 水質の安全性
  • 機能性
  • コスト

その結果、安全性が最も高い『アルピナ』は全体的なバランスも優れているため、間違いなくおすすめです。

総合 安全性 機能性 コスト
アルピナ

(ピュアウォーター)

1位
クリクラ

(RO水)

2位
アクアクララ

(RO水)

3位

それでは『アルピナ』のおすすめポイントをご紹介します。

●水質が特に安全なおすすめNo.1:アルピナ

主要20社のうち水質が特に安全なのは、南アルプスの天然水からつくられたピュアウォーターと、徹底された雑菌対策が特長のアルピナです。

ボトル内に入る空気はフィルターで浄化されており、ミネラル成分を含まないピュアウォーターなので安全です。さらに定期メンテナンスや軽量ボトルもあるので万全です。

さらに、手頃な料金に加えて、購入ノルマがなく1年契約なので、初めてウォーターサーバーを検討中の人に特におすすめです。

(税込) 水代 レンタル/メンテ料 電気代 月額合計
アルピナ  12L:

1024円

618円 1000円 24L:

3666円

8L:

741円

618円 1000円 24L:

3841円

クリクラ 12L:

1350円

450円 1000円 24L:

4150円

アクアクララ 12L:

1296円

1080円 756円 24L:

4428円

加えて、現在他社サーバーを利用中の人は、他社サーバー解約金の7000円キャッシュバック+無料ボトル4本の『乗り換えキャンペーンがおすすめです。

ここまで読んでみてアルピナにピンときた人は、キャンペーンを確実に受けるためにも公式ページから申し込みましょう。

アルピナウォーターの公式ページ:

http://www.alpina-water.co.jp

公式ページで利用できるキャンペーン:

  • ボトル最大4本無料初月レンタル料無料
  • 乗り換えキャンペーン

注意点:アルピナにも当然ですが弱点もあります。

アルピナウォーター辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!」では、アルピナの特徴や注意点を、200人へのアンケート結果も踏まえてご紹介しているので、読んでおけば後悔なくあなたに合うウォーターサーバーを選ぶことができるでしょう。

3. ウォーターサーバーの水を安全に使うために意識すべき6つのこと

衛生的に安心して使えるウォーターサーバーをせっかく手に入れても、日頃の使い方次第では雑菌が増えてしまうケースがあります。

サーバーの置き場所や日頃の使い方を少し意識するだけで、雑菌を抑えて安全に使うことができます。

以下の6つのことさえ意識すれば、後で後悔することなく快適に使えること間違いありません。

  • 直射日光の当たらない場所に置くこと
  • セットしたボトルは早めに飲みきること
  • 定期的に掃除すること
  • 手動のクリーニング機能はこまめに行うこと
  • 数週間家を空けた時は、新しいボトルに交換すること
  • サーバーの電源を切らないこと

それでは順にわかりやすくご説明します。

3-1. 直射日光の当たらない場所に置くこと

ボトルやサーバーに直射日光が当たると、水質が劣化しやすく、雑菌も繁殖しやすくなります。

なのでサーバーはできるだけ窓際に置かないようにしましょう。

もし他に置き場所がない場合には、遮光カーテンにするなど工夫して使うのがおすすめです。

3-2. セットしたボトルは早めに飲みきること

すでにご説明したポイントと重なりますが、ボトルを開封して飲みきるまでの目安は「2週間」です。

もったいないからとウォーターサーバーの水を節約して使うケースもありますが、水質は時間とともに徐々に劣化するため、早めに飲みきることを意識しましょう。

ウォーターサーバーの水をより安全に飲むための工夫として、早めに飲みきれる軽量ボトルがおすすめです。

3-3. 定期的に掃除すること

ウォーターサーバーの水を安全に使うには、業者による定期メンテ以外に、ご自身による定期的な掃除が大切です。

必ず各サーバーのマニュアルに従って行っていただく必要がありますが、基本的にはボトル交換のタイミングや月1回など、給水口・ボトル接続部・背面などをきれいにします。

引用:アルピナウォーター公式「お手入れ方法」

3-4. 手動のクリーニング機能はこまめに行うこと

サーバー内のクリーニング機能付きサーバーには、自動と手動の2つのタイプがあります。

手動の場合は定期的に作動させないと雑菌が増える可能性があるため、こまめに行うようにしましょう。

もしクリーニング機能付きのサーバーを選ぶなら、自動の方が手間がかからないため、。

3-5. 数週間家を空けた時は、新しいボトルに交換すること

旅行や出張で数週間家を空けた時は、開封ボトルの賞味期限が過ぎているため、必ず新しいボトルに交換しましょう。

もったいないと思って飲むと腹痛や下痢などになる可能性があります。

なので長期で家を空ける予定が入ったら、そのタイミングに向けて徐々に水を減らしていくのがおすすめです。

3-6. サーバーの電源を切らないこと

電気代の節約のためにサーバーの電源を抜くケースがたまにありますが、雑菌が繁殖しやすくなるため絶対にしてはいけません。

雑菌はサーバー内の温水と冷水の温度ではほぼ増えませんが、電源をきると雑菌が繁殖しやすい常温になってしまうため、衛生面で問題があるためです。

もし電気代が気になる人は、サーバーごとに省エネ性能が異なるため「ウォーターサーバーの電気代とおトクに使う3つのポイント」の記事を参考にしてみてください。

4. まとめ

いかがでしたか?

ウォーターサーバーは基本的に雑菌の心配がないことがご理解いただけたと思います。

ご説明した内容はどれも簡単なことばかりなので、本ページさえおさえておけば誰でも安心してウォーターサーバーを使うことができます。

最後に本ページのポイントをまとめると以下の通りです。

  • 主要20社のサーバーは雑菌対策が徹底されていること
  • 雑菌対策の4つのポイントをすべて満たし、バランスに優れたサーバーがおすすめであること

また、筆者が自信をもっておすすめする主要20社のうち水質の安全性が特に安全なおすすめは『アルピナ』です。

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。