ウォーターサーバーの雑菌を抑えて安心して使うための全知識

「雑菌が増えやすいってほんと?」「水道水より安全性が低いってほんと?」など、ウォーターサーバーは雑菌が増えやすいのか気になっていませんか?

ほとんどのウォーターサーバーは雑菌の心配はありませんが、一部の低品質なサーバーや誤った使い方が雑菌が繁殖しやすいため、正しい選び方や使い方が大切です

このページでは、ウォーターサーバーの元営業マンである私が、ウォーターサーバーは雑菌の心配がなく安全な理由に加えて、おすすめや安全に使うために意識すべきことをご説明します。

  1. 近年のウォーターサーバーはしっかり雑菌対策がされている!
  2. 雑菌を抑えて安心して使えるウォーターサーバー選びのポイント
  3. 徹底比較からわかったより衛生的に安心して使える唯一のおすすめ
  4. 雑菌を抑えて安心して使うために意識すべき6つのこと

すべて読めば、ウォーターサーバーは衛生面の気になるポイントや、安全に使うためのポイントがわかるでしょう。

雑菌の心配なく安心して使えるおすすめをすぐに知りたい人は、「3. 徹底比較からわかったより衛生的に安心して使える唯一のおすすめ」をクリックしてください。

1. 近年のウォーターサーバーはしっかり雑菌対策がされている!

一昔前は低品質の一部のウォーターサーバーで雑菌が問題となることがありましたが、近年では基本的に雑菌を心配しなくても大丈夫と言えます。

ではなぜ、世の中では雑菌が繁殖しやすいと言われているのかについてご説明します。

世の中でウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすいという見方には主に下記3つあります。

  • 空気中の雑菌がボトルやサーバーに入るから
  • ミネラル成分が多いと雑菌が繁殖しやすいから
  • ウォーターサーバー内部は自分でお手入れできないから

ここではそれぞれのポイントを順にまとめました。

1-1. 空気中の雑菌がボトルやサーバーに入るから

従来のウォーターサーバーは空気中の雑菌が、ボトル内やタンク内に入るから雑菌が増えやすいという声があります。

それに対して、近年は水が減ると容器が圧縮されて空気が入らない容器や、サーバー内に入る空気はすべてフィルターを通すサーバーが主流になってきているので安心です。

1-2. ミネラル成分が多いと雑菌が繁殖しやすいから

ウォーターサーバーの水は、雑菌のエサとなるミネラル成分(カルシウム、マグネシウムなど)を含むので雑菌が繁殖しやすいという見方もあります。

ミネラル成分が多いほど雑菌が増えやすく、ミネラル成分が少ないほど雑菌を抑えやすいというわけです。

しかし、特別な処理をしない限りどの水もカルシウムなどのミネラル成分が含むので、ウォーターサーバーだけの話ではありません。

ミネラル成分の量は採水地や処理方法などによって各社で異なるため、選び方で意識すべきことを後ほどご説明します

水道水の方が雑菌が繁殖しにくいから衛生的という人もいますが、塩素を足していたり、水道管のサビが混入している恐れもあるため体への悪影響が心配されます。

1-3. ウォーターサーバー内部は自分でお手入れできないから

ウォーターサーバーの外側は自分でお手入れできますが、サーバー内は自分で掃除できないから雑菌が繁殖しやすいという見方もされています。

しかし当然ウォーターサーバー会社も対策を講じているため、過剰に心配する必要はないと言えます

基本的にサーバー内をきれいに保つ方法には以下2タイプがあります。

どちらも同じくらい安全なので、クリーニング機能で毎日きれいにするか、1年に1回プロの定期メンテナンスを受けるか好みで選ぶことをおすすめします。

もし迷う人は、毎日より衛生的に使えるクリーニング機能付きのサーバーをおすすめします。

さらに、ウォーターサーバーを清潔に使うためには、日々のお手入れも欠かせないため、後ほど「4. 雑菌を抑えて安心して使うために意識すべきこと」でご説明します。

2. 雑菌を抑えて安心して使えるウォーターサーバー選びのポイント

近年ウォーターサーバーを使う人がどんどん増えているため、残念ながら低品質なサーバーも一部出回っているため注意しましょう。

安心して衛生的に使うためには主要10社くらいの中から、特に意識すべきポイントを以下3つにまとめまsちあ。

  • 常に新品でより衛生的な「使い捨て容器」がおすすめ
  • ミネラル成分の少ない「ピュアウォーター」が安心
  • より早く飲みきれる「軽量タイプ」がおすすめ

これらのポイントさえおさえておけば、赤ちゃんにも安心して与えることができます。

2-1. 常に新品でより衛生的な「使い捨て容器」がおすすめ

ウォーターサーバーは使い捨て容器で届けてもらえる「ワンウェイ方式」と、ボトルを回収して再利用する「リターナブル方式」に分けられます。

リターナブルも徹底的にきれいにはしていますが、常に新品の容器が使えるワンウェイ方式の方が衛生的と言えます

「ワンウェイ方式」は使いやすさでもおすすめ!

ワンウェイ方式は宅配業者が配送するので、不在の時には再配達してもらうことができます。

しかし、リターナブル方式は各社のスタッフが配送するため、配送曜日が決まっていたり、不在だと玄関前に置いて

例えば、それぞれの違いをまとめたのが以下の表です。

2-2. ミネラル成分の少ない「ピュアウォーター」が安心

ウォーターサーバーはどれも天然水と思っている人も多いですが、実は下記の3つがあって各社によって扱う水は異なります。

  • 天然水
  • RO水のうち、RO膜でろ過した後にミネラル成分を足した水
  • RO水のうち、RO膜でミネラルや不純物をほぼ完全にろ過したピュアウォーター

RO水とは井戸水などをNASAも使うフィルター(RO膜)できれいにした水のことです。水の味を美味しくするためにミネラルを足したものが多いですが、ピュアウォーターのままでも大きく味が見劣りすることがありません。

先ほどの通りミネラル成分が少ないほど雑菌が増えにくいため、私はピュアウォーターをおすすめします。後ほど『アルピナウォーター』などピュアウォーターを使えるサーバーをご説明します。

ミネラル成分が多い水は赤ちゃんにとって負担がかかってしまうため、ピュアウォーターは赤ちゃんに最適な水とも言えます。

赤ちゃんにも使う場合は、チャイルドロックなど安全面をより重視して選ぶ必要があるため、「ランキングに騙されるな!赤ちゃん向けウォーターサーバーの真のおすすめ」に知るべきポイントをすべてまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

2-3. より早く飲みきれる「軽量タイプ」がおすすめを意識すること

基本的に主要サーバーはいずれも雑菌対策がされていますが、どのような水でも一度開封すると水質は徐々に落ちていくためできるだけ早めに飲みきることが大切です。

業界では12Lボトルが一般的ですが、特に一人暮らしなどは飲みきるまでに時間がかかるため、私は軽量タイプを意識しましょう。

さらに、軽量タイプなら早く飲みきれるだけでなく、ボトル交換が楽でより快適に使えるため特に女性におすすめします。

3. 徹底比較からわかったより衛生的に安心して使えるおすすめ

ウォーターサーバーを衛生的に使うためには、先ほどの「配送方式、水の種類、ボトル、機能/サービス」に加えて、電気代を含む月額トータルコストで比べて選ぶことが大切です。

ここでは主要20社まで広げて各社のサーバーを徹底比較した結果、総合的な評価の高いものを並べました。

※以下をクリックすると、詳細をすぐに公式ページでチェックできます。

販売元
(月額コスト)
方式水の種類ボトル機能・サービス

アルピナウォーター

(4171円〜)

ワンウェイ

ピュアウォーター

 

軽量ボトル

 

クリーニング機能※

サントリー

(4578円)

ワンウェイ

天然水

軽量ボトル

クリーニング機能

フレシャス

(5579円)

ワンウェイ

天然水

軽量ボトル

クリーニング機能

ふじざくら命水

(4176円)

ワンウェイ

天然水

12Lボトル

クリーニング機能

コスモウォーター

(4606円)

ワンウェイ

天然水

12Lボトル

クリーニング機能

ハワイアンウォーター

(5802円)

ワンウェイ

ピュアウォーター

12Lボトル

定期メンテナンス

クリクラ

(4536円)

リターナブル

RO水

12Lボトル

定期メンテナンス

アクアクララ 

(4428円)

リターナブル

RO水

12Lボトル

定期メンテナンス

以上のとおり、ピュアウォーターが使える軽量タイプのワンウェイ方式で、自動クリーニング機能もあって、さらに月額トータルコストも安い『アルピナウォーター』が私の一押しです。

アルピナウォーター:雑菌を抑えて安心して使いたい人に一押し!

アルピナウォーター』は雑菌を抑えて安心したい人に最もおすすめなウォーターサーバーです。

特に8Lの軽量ボトルで自動クリーニング機能付きなので楽チンで、他にも定期メンテナンスのあるシンプルなサーバーも選べるのも◎。

さらにピュアウォーターを使えるのは主要20社のうち2社だけで、水代が安くて省エネタイプなので月額トータルコストも手頃です(月24Lあたり4171円)

加えて、最近は2年契約のサーバーが増えていますが、このサーバーなら1年契約なので始めやすいと言えます。

以上を読んでピンときた人はぜひ一度チェックしてみることをおすすめします。

「アルピナウォーター」公式ページ:

https://www.alpina-water.co.jp/8L-plan

4. 雑菌を抑えて安心して使うために意識すべき6つのこと

より衛生的に安心して使えるウォーターサーバーをせっかく選んでも、日頃の使い方次第では雑菌が増えやすくなります。

サーバーの置き場所や日頃の使い方を少し意識するだけで、雑菌を抑えて安全に使うことができます。

特に意識すべきことを以下6つにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 直射日光の当たらない場所に置くこと
  • セットしたボトルは早めに飲みきること
  • 定期的に掃除すること
  • 手動のクリーニング機能はこまめに行うこと
  • 数週間家を空けた時は、新しいボトルに交換すること
  • サーバーの電源を切らないこと

それでは順にわかりやすくご説明します。

4-1. 直射日光の当たらない場所に置くこと

直射日光が当たると、水質が劣化しやすく、雑菌も繁殖しやすくなります。

そのため、例えばサーバーを窓際などに置かないようにしましょう。

もし他に置き場所がない場合には、遮光カーテンにするなど工夫して使うのがおすすめです。

その他に置き場所で注意すべきことは?

4-2. セットしたボトルは早めに飲みきること

先ほどのボトルを開封したら早く飲みきるのがよいご説明しましたが、一般的に飲みきるのは「2週間」が目安とされています。

人によってはもったいないからと節約して使うケースもありますが、水質は時間とともに徐々に劣化するため、早めに飲むことを意識しましょう。

4-3. 定期的にお手入れすること

雑菌をおさえてきれいに使うためにはプロによる定期メンテナンスの他に、定期的にご自身で掃除することも大切です。

基本的にボトル交換のタイミングや月1回など、給水口・ボトル接続部・サーバー背面などをきれいにします。

引用:アルピナウォーター

サーバーによってお手入れ方法は異なるため、必ずマニュアルに従ってお手入れするようにしましょう。

4-4. 手動のクリーニング機能はこまめに行うこと

サーバー内のクリーニング機能付きサーバーには、自動と手動の2つのタイプがあります。

手動の場合は定期的に作動させないと雑菌が増える可能性があるため、こまめに行うようにしましょう。

もしクリーニング機能付きのサーバーを選ぶなら、自動の方が手間がかからないため、。

4-5. 数週間家を空けた時は、新しいボトルに交換すること

旅行や出張で数週間家を空けた時は、開封ボトルの賞味期限が過ぎているため、必ず新しいボトルに交換しましょう。

もったいないと思って飲むと腹痛や下痢などになる可能性があります。

なので長期で家を空ける予定が入ったら、そのタイミングに向けて徐々に水を減らしていくのがおすすめです。

4-6. サーバーの電源を切らないこと

電気代の節約のためにサーバーの電源を抜くケースがたまにありますが、雑菌が繁殖しやすくなるため絶対にしてはいけません。

雑菌はサーバー内の温水と冷水の温度ではほぼ増えませんが、電源をきると雑菌が繁殖しやすい常温になってしまうため、衛生面で問題があるためです。

もし電気代が気になる人は、サーバーごとに省エネ性能が異なるため「ウォーターサーバーの電気代とおトクに使う3つのポイント」の記事を参考にしてみてください。

5. まとめ

ここまでウォーターサーバーの雑菌についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

ウォーターサーバーは各社がボトルやサーバーなど、しっかり対策を講じているため、過剰に雑菌を心配する必要がないと言えます。

ご説明した内容はどれも簡単なことばかりなので、このページを参考にウォーターサーバーを安全に使いましょう!

最後にこのページをまとめると以下の通りです。

  • 最近のウォーターサーバーは基本的にしっかり雑菌対策されていること
  • 雑菌を抑えて安全に使うには、選び方や使い方が大切
  • 他社サーバーと比較して選ぶのがおすすめ

また、このページでご紹介した雑菌をおさえて最も安心して使えるおすすめはアルピナウォーターです。

以上を参考に安全で快適にウォーターサーバーを使えることを心より願っています。