騙されるな!安いウォーターサーバーを正しく選ぶ完全ガイド

お金は節約したいけど、使い勝手が良くて一度使うと手放せないと聞いて「安いウォーターサーバー」が気になっていませんか?

『安いウォーターサーバー』はあなたの生活を驚くほど快適にしてくれる可能性がありますが、安いだけで飛びついてしまうと毎月厳しいノルマを買うことになり、結局支払額が多くなってしまう可能性があるため注意が必要です

本ページでは、過去にウォーターサーバーの販売で関東地区No.1になった実績もある筆者が、安いウォーターサーバーの正しい選び方と口コミからわかったおすすめをわかりやすくご説明します。

  1. 口コミでわかった安いだけでサーバーを選んだ失敗事例
  2. 安いウォーターサーバーを正しく選ぶための6つのポイント
  3. 口コミからわかったタイプ別おすすめのウォーターサーバー5選

全て読めば、安いウォーターサーバーを正しい方法で選べるでしょう。

1. 口コミでわかった安いだけでサーバーを選んだ失敗事例

ウォーターサーバーを始める理由は健康や美容目的・お子様のため、重たい水の持ち運び解消など様々ですが、“業界最安値”という宣伝文句にに飛びついてしまったために、余計な出費など最終的に高くついてしまったケースがあることがわかりました

本章では、このページを書くにあたって、本サイト独自に主要20社についてそれぞれ200人へのユーザーアンケート調査を行ないました。

ウォーターサーバーをこれから始める人が同じ失敗を繰り返さないためにも、口コミからわかった安いウォーターサーバー選びの典型的な失敗例をご紹介します。

  • 失敗例1:水の消費が追いつかないケース
  • 失敗例2:契約期間や早期解約違約金の条件が厳しいケース

上記は多くの人がはまりやすい点でもあるため、順にみていきましょう。

1-1. 水の消費が追いつかないケース

失敗例として口コミで最も多かったのは、安いウォーターサーバーで契約したものの、水の消費が追いつかなくて追加費用が発生したというケースでした。

口コミ・評判

S・Uさん(27歳)
評価:★★☆☆☆2 『追加費用が発生』
契約前は毎月のノルマを気軽に考えていたのですが、結構大変で追加費用までかかってしまいました。。

安いウォーターサーバーでは「定期配送」が一般的で、 “ノルマ”とも呼ばれる「毎月の最低購入量」が決められているケースがほとんどです。

各社によってその条件は大きく異なり、水の消費が追いつかない場合には通常1ヶ月は無料で一時停止できますが、例えば1ヶ月以上になると追加費用が発生する場合もあります。

ノルマや追加費用などのの詳細は、次の章でご説明します。

1-2. 契約期間や早期解約違約金の条件が厳しいケース

続いて、口コミでは、契約期間や早期解約違約金の条件をしっかり確認しなかったために、契約後に他社より契約条件が厳しいことに気づいた人が多いことがわかりました。

口コミ・評判

S・G さん(28歳)
評価:★★★☆☆3 『他社より条件が悪い』
思ってたより安かったので勢いで契約したものの、他社と違って早期解約金が1万円以上もするのでとりあえず続けています。

安いウォーターサーバーの中でも契約期間な早期解約違約金などの条件は大きく異なるため、料金だけでなく契約条件もきちんと比べてから決めることが大切です。

ちなみに、実は会社は別でも同じサーバーや非常に似たサーバーを扱っているケースがあるため、その場合は料金や条件を比べて最も良いところを選ぶことが大切です。

第1章のまとめとして、失敗例のほとんどはウォーターサーバーの正しい選び方を意識すれば誰でも避けることができます

次の章では正しく選ぶためのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

2. 安いウォーターサーバーを正しく選ぶための6つのポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際に安さを重視する人は多い一方で、”安さ”を売りにしている会社は多く、特に一見すると安く見えるように工夫しているケースもあるなど惑わされないことが大切です。

ウォーターサーバーの種類は多いのでどれを選んだらよいのかわからない人も多いと思いますが、安いサーバーを比べる際にポイントさえおさえておけば正しく選べます。

上記を踏まえて、安いウォーターサーバーを正しく選ぶための6つのポイントは以下の通りです。

  1. 電気代を含めたトータルのコストで比べること
  2. 水代の安さに騙されないこと
  3. 毎月のノルマを確認すること
  4. 水の利用量に応じて比べること
  5. 早期解約料を確認すること
  6. ウォーターサーバー以外の選択肢も検討してみること

それでは、上記の点について順にわかりやすくご説明します。

2-1. 電気代を含めたトータルのコストで比べること

ウォーターサーバーの料金は「電気代を含めたトータルのコスト」で比べることがとても重要です。

一般的にウォーターサーバーの料金体系は「初期費用・レンタル料・配送料・定期メンテナンス」の4つですが、サーバーを比べる際にはここに電気代も加えるべきと筆者は考えています。

WS 安さ 料金体系

引用:コスモウォーター公式「料金体系」(ただし電気代は筆者が追記)

一般的なサーバーの電気代は毎月1000〜1200円程度であるのに対して、省エネサーバーは「330〜800円」にまで安くなるためトータルのコストへの影響が大きいためです。実は、各社の料金シミュレーションでは電気代が含まれていないケースが多いため、注意が必要です。

例えば、電気代が最安値の「フレシャス・デュオ」を一般的なサーバーと比べると、「1ヶ月で約900円、1年間では1万円以上」も安くなります

もし、フレシャス・デュオが少し気になる人は「フレシャス辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!」の記事にまとまめていますので一度チェックしてみてください。

さらに、天然水とRO水でそれぞれ代表的な計4社の電気代を含めた月間コストを下表の通り比べてみました。

天然水とRO水で500ml当たりの水代には大きな差がある一方で、月間コストはあまり変わらないことからも、トータルコストで比べることが大切と言えます。

(税込) コスモウォーター フレシャス・デュオ クリクラ アクアクララ
画像 コスモウォーター サーバー ロング フレシャス デュオ クリクラ  サーバー アクアクララ サーバー アクアスリム
容量 12L 7.2L 12L 12L
初期費用 0円 0円 0円 0円
水代 1900円 1167円 1350円 1296円
500ml当たり 79円 81 円 56円 54円
送料 0円 0円 0円 0円
レンタル代 0円 540円 0円 0円
メンテナンス料 0円 0 円 450円(*) 1080円
電気代 436円 330円 1000円 756円
月額合計(24L換算) 4236円 4760円 4150円 4423円
500ml当たり 88円  99円 86円 92円

(*)クリクラは年1回定期メンテナンス時に払う「税込5400円」を12ヶ月で割った450円/月を加算しています。

2-2. 水代の安さに騙されないこと

基本的にウォーターサーバーの水には「天然水」と「RO水」の2種類があり、各社の公式ページでは水代の安さが強調されているケースのほとんどは、天然水ではなく、RO水です。

RO水は以下の通り安全性には問題がなく放射性物質も除去できるとされている一方で、基本的に”水道水”からつくっているため、天然水にこだわる人も少なくありません。

「RO水」とは、一般的に水道水を「RO膜」と呼ばれる1000万分の1mmの超微細な穴のフィルターで徹底的にろ過して作った99.99%ピュアウォーターに、人工的にミネラル成分を配合したものです。

ミネラル成分を調整しておいしさや栄養を変えられるため、「デザインウォーター」と呼ばれることもあります。

アクアクララ RO膜 説明

引用:アクアクララ公式「お子様にも安心、水へのこだわり」

主要20社の料金を筆者がまとめた結果、天然水は500ml当たり税込「70〜80円」程度であるのに対して、RO水は「40〜55円」程度とかなり安いです。

  500ml当たりの水代 電気代を含めた月間コスト(24L換算)
天然水 70〜80円程度 4000〜5000円
RO水 40〜60円程度 3500〜4500円

2-3. 毎月のノルマを確認すること

近年は水代だけのシンプルな料金体系が主流で、天然水もRO水も両方結構安くなってきていますが、特に水代だけの料金プランや格安のプランは”ノルマ”とも呼ばれる「毎月の最低購入量」の条件が厳しいため注意が必要です

サントリー 料金体系

引用:サントリー公式「初めてでも安心の料金体系」

最も一般的なのは、あらかじめ決めた数量・間隔で定期的に配送される「定期配送」です。毎月飲みきれる場合には問題ありませんが、水がたまってくると配送の一時停止できますが、通常「500〜1000円/月」の追加費用がかかる可能性があります。

  • 2ヶ月連続で一時停止すると手数料がかかるケース
  • 年間決められた回数を超えて一時停止すると、それ以降毎回手数料がかかるケース

例えば、毎月のノルマが「28.8L」というプランもありますが、これは「1日当たり960ml」とかなりの量であるため、1人暮らしや利用量の少ないご家庭には向かないと言えます。

逆に、レンタル料を毎月払うプランの中には、ノルマがなかったり何回でも一時停止ができる場合もあるので便利です。例えば「アクアクララ」や「富士おいしい水」があります。

2-4. 水の利用量に応じて比べること

一般的に水の平均利用量は「大人1名1ヶ月 → 12〜24L」とされています。世帯人数別の水利用量の目安は一般的に下表の通りで、特に利用量の多いご家庭では水代が安いプランがお得です。

平均利用量
1人暮らし 12〜24L
2人暮らし 24〜36L
4人家族 48〜60L
20名程度の企業 180〜200L

上表の目安を踏まえて、それぞれに合わせた水利用量を意識して比べることが大切です。

2-5. 早期解約料を確認すること

近年、1年契約や2年契約が増えてきている中で、途中解約すると違約金がかかるケースがほとんどなので、契約期間と早期解約料を確認しましょう。

例えば、一般的に早期解約料の目安は「5000〜1万円」程度ですが、3年契約や、デザイン性・機能性が高いサーバーの場合には1万円以上になることもあります。

2-6. ウォーターサーバー以外の選択肢も検討してみること

ウォーターサーバーは様々な理由で選ばれていますが、一方で単純に天然水の値段だけでくらべるとウォーターサーバーは割高なので、他の選択肢も一度は検討してみるのもよいかもしれません。

例えば、『サントリーのウォーターサーバー』は「南アルプスの天然水」で好評ですが、現時点でAmazonなら南アルプスの天然水2L×6本を、500ml換算で送料を含めても1本当たり10円安く買えます。

(税後) 容量 料金 500ml換算
サントリー 7.8L 1242円 79.6円
Amazon 2L×6本 1320円+送料350円 69.6円

一方で 、実際の口コミをみると、例えば以下のようなウォーターサーバーのメリットを考慮すると、水代が若干高くても十分その価値はあるという声が多数でした。

  • 冷水・温水をいつでも飲めること
  • 赤ちゃんのミルクを作るのに便利であること
  • 災害対策のストック用としてペットボトルより便利であること

ちなみに、サントリーのウォーターサーバーが気になる人には「サントリーウォーターサーバー辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!」の記事を参考にしてみてください。

(参考) もし、重たい水を定期的に運んできてくれるなら冷水・温水機能もいらないという人には専用ラックが無料で利用できる『良水市場』がおすすめです。水だけでは購入できない会社がほとんどなので珍しいサービスであり、レンタル料や電気代の節約、定期的なセルフメンテナンスが不要です。

良水市場 ウォーターラック

本章のまとめとして、安いサーバーを選ぶ際に注意すべきポイントが多すぎて少し不安になった人がいるかもしれませんがご安心ください。上記6つのポイントを踏まえて、筆者が主要20社を徹底的に調べた目的別おすすめを次の章でご紹介します!

 3. 口コミからわかったタイプ別おすすめのウォーターサーバー5選

実は”安いウォーターサーバー”と言っても様々なタイプがあるため、最適なものを手に入れるにはあなたが重視するポイントに応じて選ぶことが大切です

そうすることで、第2章でご説明したポイントをより効果的に使って納得したウォーターサーバー選びができると筆者は考えています。

本章では、本サイトの独自アンケート調査を踏まえて、主要20社の36サーバーからわかった最も安いウォーターサーバーに加えて、筆者が自信をもっておすすめできるタイプ別安いウォーターサーバーのおすすめNo.1は以下の通りです。

業界最安値・・・・・・『富士おいしい水

天然水の最安値・・・・『アクアセレクト

軽量タイプの最安値・・『サントリー

交換が楽な最安値・・・『コスモウォーター

コスパNo.1・・・・・・『フレシャス・デュオ

ちなみに、安いウォーターサーバーのTop5は下表の通りRO水が多い中で、天然水が1社だけランクインしています。

(税込) 500ml当たり 月額合計(24L換算) 水の種類 方式
富士おいしい水 40円 3314円 ミネラルウォーター 使い切り
良水市場 45円 3610円 RO水 使い切り
アルピナ 43円 3666円 RO水 回収方式
アクアセレクト 64円 3816円 天然水 回収方式
クリクラ 56円 4150円 RO水 回収方式

それでは上記のタイプ別おすすめNo.1を順にご紹介します。

3-1. 業界最安値|富士おいしい水

富士おいしい水 サーバー

主要20社の中で電気代も含めたコストが安いウォーターサーバーNo.1は、500ml換算で40円で業界最安値の『富士おいしい水』が絶対おすすめです!

業界最安値ですが、水道水を使ったRO水ではなく富士の地下水を汲み上げたミネラルウォーターである他、ノルマや契約期間の縛りがなく早期解約料も発生しないなど契約条件が緩いのがおすすめポイントです。

人気のワンウェイ方式は口コミでも評判で、時間指定の受取りができて、使用後はかさばらず捨てられるため回収方式のように保管・返却する手間がありません。

ちなみに、水代が最安値なので例えば月5本60L使う場合でも主要20社中の最安値ですので、利用量の多いご家庭には特におすすめです。

【商品詳細】

初期費用 0円 500ml換算(税込) 40円
レンタル料 0円 契約期間 期間の縛りなし
電気代 800円 配送地域 全国 (*沖縄・離島を除く)
平均月額(税込) 3314円 早期解約手数料(税込) なし(*ただし利用期間に関わらず返却手数料3,240円)
ノルマ なし (*いつでも定期配送を一時停止できます)

サーバーの電気代800円/月は、一般的な電気代1000〜1200円より安いため、長く使うほどお得になる「富士おいしい水」が気になる人は、公式ページ「http://fujiwater.co.jp」でぜひ一度確認してみてください!

ただし、全国どの地域でも送料がかかるため上記料金は関東〜関西で計算しています。それ以外の地域の人は公式ページの「料金シミュレーション」で料金をご確認ください。

3-2. 天然水の最安値|アクアセレクト

アクアセレクト サーバー

天然水の中で最も安いウォーターサーバーをお探しの人には、Top5の中で唯一ランクインした天然水の業界最安値の『アクアセレクト』は絶対おすすめです。

通常天然水はRO水よりコストがかかりますが、アクアセレクトは利益よりも地域貢献を重視し適正利益しか乗せていないため、「税額3650円/月」という低価格を実現!

さらに、全国水質No.1の最上流部で採水した最高水準の天然水であるため水質の面でも安心です。

【商品詳細】

初期費用 0円 500ml換算(税込) 64円
レンタル料 0円 契約期間 1年
電気代 750円 配送地域 全国 (*沖縄・離島を含みます)
平均月額(税込) 3816円 早期解約手数料(税込) 5560円
ノルマ 3ヶ月間でボトル6本未満の場合、税込1080円/月のレンタル料発生

天然水の中で断トツ安いウォーターサーバーをもう少し知りたい人は公式ページで「http://www.aquaselect.jp」チェックしてみてください。こちらからチェックできます!

 

3-3. 軽量タイプの最安値|サントリー

サントリー サーバー

特に女性やご年配の人に優しい軽量タイプの水をお探しの人には、7.8Lの軽量ウォーターパックで「南アルプスの天然水」が手軽に飲めて、サントリーがこだわり抜いた高機能サーバーが評判の『サントリーのウォーターサーバー』が断然おすすめです!

「南アルプスの天然水」は美味しさで選ばれてミネラルウォーター市場で20年以上連続売上高No.1なので、美味しさを重視する人におすすめのサーバーです。

さらに、口コミでは自動クリーニング機能、4段階の温度設定、二重チャイルドロックなど機能性が好評なのもおすすめポイントです。

【商品詳細】

初期費用 0円 500ml換算(税込) 80円
レンタル料 0円 契約期間 1年
電気代 700円 配送地域 全国 (*一部地域を除く)
平均月額(税込) 4522円 早期解約手数料(税込) 7560円
ノルマ 2ヶ月連続で注文ないと税込1080円/月の手数料

大手飲料メーカーとしての”サントリーブランド”や便利なワンウェイ方式で選びたい人に自信を持っておすすめできます。もし気になる人は公式ページ「http://www.suntoryws.com」で一度チェックしてみてください!

3-4. 交換が楽な最安値|コスモウォーター

コスモウォーター サーバー1

特に交換が楽なサーバーの中で最安値だったのは、天然水であるため惜しくもTop5には入りませんですが、電気代を含めた月額合計が「4236円」とかなり割安なコスモウォーター』でした!

3種の天然水と1種のRO水から選べて、12Lボトルを高く持ち上げることなく足元で簡単に交換できると、特に女性やご年配の人に好評です。

コスモウォーター トップ1

“本当に簡単”と口コミで評判の交換方法は、「コスモウォーター辛口レビュー」の記事にまとめていますのでぜひ参考にしてみてください!

さらに、今なら「ボトル2本無料キャンペーン」でお得に始められるのもおすすめポイントです。

【商品詳細】

初期費用 0円 500ml換算(税込) 79円
レンタル料 0円 契約期間 2年
電気代 436円 配送地域 全国 (*北海道・沖縄・離島を除く)
平均月額(税後) 4236円 早期解約手数料(税込) 9720円
ノルマ 2ヶ月連続で注文ないと税込864円/月の手数料

実は全く同じサーバーを提供している他社もありますが、それらは全てコスモウォーターのを使っているため、本サーバーについて一番信頼できるのはコスモウォーターです。

少しでも気になる人は公式ページ「http://www.cosmowater.com」からぜひチェックしてみてください!

3-5. コスパNo.1|フレシャス・デュオ

フレシャス デュオ

主要20社の口コミから厳選されたコスパNo.1として、筆者が一押ししたいウォーターサーバーは、高いデザイン性と機能性を両立した『フレシャス・デュオ』です!

料金だけで言えばとても安いわけではありませんが、どんな部屋にもあう洗練されたデザインに加えて、天然水の軽量パックとして水を入れ替えてボタンを押すだけで交換できる点も特に好評です。

ワンウェイ方式で時間指定もできて捨てる時もかさばらず、回収方式のように使用後の保管・返却不要で便利なのもおすすめポイントです。

【商品詳細】

初期費用 0円 500ml換算(税込) 81円
レンタル料 540円 契約期間 2年
電気代 330円 配送地域 全国 (*沖縄・離島を除く)
平均月額(税込) 4760円 早期解約手数料(税込) 9720円
ノルマ

オシャレなサーバーにこだわりたい人から圧倒的に支持されている『フレシャス・デュオ』は、信頼できる公式ページ「http://www.frecious.jp/dewo/dewo」でチェックするのがおすすめです。

4. まとめ

いかがでしたか?

安いウォーターサーバーは、水代の安さに惑わされずに、電気代を含めたトータルのコストを比べた上で正しく選ぶことが大切です。

さらに、安いウォーターサーバーの中でもそれぞれに異なる特徴があるため、好みや目的に応じて選ぶことが大切であることがご理解いただけたことと思います。

最後に、まとめとして重要な点を整理すると以下の通りです。

  • 電気代を含めたトートルのコストで比べること
  • 正しい選び方を意識して選ぶこと
  • 本ページさえ読めば、後で後悔しないサーバー選びができること

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。