沖縄で使えるウォーターサーバーと徹底比較でわかった唯一のおすすめ

ウォーターサーバーに興味があるものの、沖縄ではどのようなサーバーが利用できるのか気になっていませんか?

沖縄で利用できるウォーターサーバーは他の都道府県に比べると少ないものの、その選び方を間違えてしまったことで、高い利用料や使い勝手の悪さなど、使い始めた後で後悔してしまう人も少なくありません。

本ページでは、あなたが沖縄で本当に選ぶべきおすすめのサーバーに加えて、沖縄で利用できる主要7社の全10サーバーを徹底比較した結果をご紹介します。

  1. 沖縄で利用できるサーバーの唯一のおすすめ
  2. 沖縄で利用できる主要7社の全10サーバーの比較表
  3. 本ページで評価した際の採点基準と留意点
  4. 納得して使うためのウォーターサーバーQ&A

すべて読めば、沖縄で利用できるウォーターサーバーの中から、あなたにあったサーバーが見つかるでしょう。

もし、主要7社を徹底比較した結果をすぐに知りたい人は「2. 沖縄で利用できる主要7社の全10サーバーの比較表」からみることができます。

1. 沖縄で利用できるサーバーの唯一のおすすめ

沖縄は他の都道府県と比べて、宅配水会社が少ないため選べるサーバーが少ない他、沖縄だけ高額の送料が設定されているケースもあるのが特徴です。

だからといって、あなた自身ですべてを調べなくても安心して始められるように、筆者がすべてを実際に試して徹底比較しました。

口コミもふまえて信頼できる主要7社の全10サーバーを、特に後で後悔しないために大切な点として、以下の評価軸で採点しました。

  • トータルコスト・・送料・電気代を含めたトータルコストは安心して使える金額か
  • 契約内容・・契約期間、毎月の最低購入量などはきびしくないか
  • 使い勝手・・ボトル交換は楽か、定期メンテナンスはあるかなど
  • 便利機能・・温度を微調整できるか、チャイルドロックは安全かなど

さらに後ほどご説明しますが、ウォーターサーバーの水には「天然水」と「RO水」があり、それぞれ異なる特長があります。

以上を踏まえて、沖縄で主要7社の中で総合的に優れているアクアクララの『アクアアドバンス』がおすすめです。

●沖縄で唯一のおすすめ|アクアクララの『アクアアドバンス』

アクアアドバンス』は、アクアクララが提供する高機能サーバーであり、豊富なカラーに加えて、以下のような様々な便利機能が特長です。

  • 自動クリーニング機能|サーバー内を衛生的に保てるため安全性が高いこと
  • 再加熱機能|必要なときに熱々のお湯を使えること
  • チャイルドロック|ボタンを長押ししないと解除できない安心設計であること

上記のような便利機能がある一方で、省エネ性能も高く、トータルコストは月4590円と沖縄全体でみればほぼ標準的なレベルで割安と言えます。

さらに、配送エリアは沖縄本島であり、どこでも送料無料であることや、中南部エリアなら電話1本で翌日配送してもらえるのが好評です。

ちなみに、下表の通り、アクアクララの低価格モデルの『スリムサーバー』と比べても、以下の理由から、『アクアアドバンス』の方がおすすめです。

  • レンタル料が高いものの、電気代の安さでカバーしていること
  • トータルコストでは約150円しか変わらないため割安であること
(税込) 水代(12L) レンタル料 電気代 合計(月24L)
アクアアドバンス 1296円 1620円 378円 4590円
アクアスリム 1296円 1080円 756円 4428円

さらに、初めてウォーターサーバーを検討中の人には、スタンダードサーバーであれば「1週間の無料お試しキャンペーン」があります。まずはウォーターサーバーが向いているのか試してみるのもおすすめです。

  • 仮にお試しの後に契約しなくても、一切費用の負担はなく、しつこい電話営業の心配もないため安心です。

アクアクララの『アクアアドバンス』にピンときた人は、公式ページ以外からだとキャンペーンが受けられないおそれがあるため、公式ページでの申し込みを意識しましょう。

アクアクララ公式ページ:

http://www.aquaclara.co.jp

公式ページで利用できるキャンペーン:

  • 1週間無料お試し+無料ボトル1本
  • 新規契約|無料ボトル2本+サポート料初月無料

注意点:アクアクララにも当然ですが弱点もあります。

アクアクララ辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!」では、アクアクララの特徴や注意点を、200人へのアンケート結果も踏まえてご紹介しているので、読んでおけば後悔なくあなたに合うウォーターサーバーを選ぶことができるでしょう。

ここでウォーターサーバーと聞くと天然水をイメージする人が多いと思います。しかしアクアクララが使っているのは「RO水」と呼ばれる水なので、RO水の特徴とメリット・デメリットをご説明します

※沖縄で使えるウォーターサーバーの中で天然水でおすすめできるものはありませんでした。

RO水の特徴

ウォーターサーバーの水には「天然水」と「RO水」があります。RO水は天然水より安いのが特長です

「RO水」は、一般的に水道水をRO膜と呼ばれる特殊なフィルターで不純物をほぼ完全にろ過した上で、天然水とほぼ同じ成分になるようにミネラル成分を添加した水のことです。

RO水の主な特長は以下の2点です。

  • RO膜はNASAでも使われるほど高性能なフィルターで、RO水の安全性は高いこと
  • RO水の成分は天然水とほぼ同じなので、味は天然水と比べて大きく見劣りしないこと

RO水の味はミネラル成分のバランスが大きく関係しますが、ろ過した後にミネラル成分を添加して美味しくしているケースが多いです。

ただし、「ピュアウォーター」と呼ばれるような、水をろ過した後にミネラル成分を添加しないRO水は、例えば白湯や湯冷ましのように、味に少し物足りなさを感じる人もいます。

正直、味はウォーターサーバーの天然水もRO水も予想を上回るようなすごく美味しいものはありませんが、以下のような点から、ペットボトルの水より美味しいという口コミが多いです。

  • 全国各地の銘水からの産地直送であること
  • 処理方法を工夫するなど、美味しさにこだわり抜いた水もあるため

天然水とRO水のメリット・デメリット

サーバー選びのわかりやすい目安として、以下のメリット・デメリットを見比べて、どちらの方があなたの好みにあっているか、まずはみてみましょう。

メリット デメリット
天然水 自然本来の味わい
  • 料金が高め
  • 沖縄だと送料がかかる
  • 基本的に契約内容が厳しめ
RO水
  • 料金が安め
  • 一般的に送料がかからない
  • ミネラルを無添加の純水は赤ちゃんに優しい
人工的につくられた味

どちらも安全性は同じくらい高いため、上表の通り、天然水の自然の味わいを重視するか、安さを重視するかの違いであり、あなたの好みで選べばどちらでもokです。

2. 沖縄で利用できる主要7社の全10サーバーの比較表

ネットで評判のサーバーでも沖縄では展開していないケースがあるため、沖縄で探すなら、沖縄で使えるサーバーに限定した比較表を利用するのが最も効率的です

本ページでは、以下の2点をふまえて、沖縄で使えるサーバーの中でも安心して使えるものを選びました。

  • 実績のある宅配水会社であること
  • そのサーバーを使えば基本的には後で後悔しないこと

上記2点に該当するサーバーとして、下表の通り、全7社の10サーバーを総合的に評価しましたのでおすすめ順にご紹介します。

スマホの方は画面を横にすると全て確認できます。

総合

(20pt)

トータルコスト

(24L換算)

契約内容

(契約期間/ノルマ)

使い勝手 便利機能
アクアクララ

アクアアドバンス

12.5pt

 

4590円/月

(RO水)

1年

ノルマなし

回収方式

 

高機能

 

アクアクララ

スリムサーバー

12pt

 

4428円/月

(RO水)

6ヶ月

ノルマなし

回収方式

 

最低限

 

うるのん

グランデ

10pt

 

4986円/月

(RO水)

2年

月24L

回収なし

 

高機能

 

9pt

 

5193円/月

(天然水)

2年

月24L

回収なし

 

高機能

 

ウォーターワン

JLサーバー

10pt

 

4340円/月

(RO水)

2年

月24L

回収なし

 

標準的

 

アクアセレクト

セレクトライフ

9pt

 

×

6707円/月

(天然水)

2年

月24L

回収なし

 

高機能

 

アクアセレクト

スタンダード

8.5pt

 

4916円/月

(天然水)

1年

22.7L

回収方式

 

最低限

 

うるのん

スタンダード

7pt

 

5448円/月

(天然水)

2年契約

月24L

回収なし

 

最低限

 

7pt

 

5241円/月

(RO水)

2年契約

月24L

回収なし

 

最低限

 

プレミアム

スリムサーバー

6pt

 

5204円/月

(天然水)

2年契約

月24L

回収なし

 

標準的

 

麦飯石の水

 

2364円/月

(RO水)

期間の定めなし

月19L

回収方式

配送日の指定

最低限

 

めい水屋

 

2137円/月

(RO水)

期間の定めなし

月38L

回収方式

配送日の指定

最低限

 

なお、『麦飯石の水』と『めい水屋』はトータルコストが安いですが、19Lボトルでノルマや配送日の指定もあることや、口コミでは全体的に大手で選んだ人の方が満足度が高かったため、本ページではおすすめしていません。

3. 本ページで評価した際の採点基準と留意点

冒頭でご説明した通り、ウォーターサーバーの選び方を間違えてしまうと、高い利用料や使い勝手の悪さなど、使い始めてから後悔してしまう人も少なくありません。

多くの人が後で後悔するポイントはいくつか決まっているため、本サイトでは以下の3点をふまえて評価しました。

  • 評価項目は、使い始めてから後悔する人が多い点であること
  • トータルコストだけでなく、契約内容を重視していること
  • 毎日使うものなので、使い勝手や便利機能も意識すること

それぞれのポイントを順にご説明します。

3-1. 評価項目は、使い始めてから後悔する人が多い点であること

ウォーターサーバーを使い始めてから後悔するポイントさえおさえておけば、安心して快適に使うことができます。

そこで本サイトとしては、下表の通り、項目別に後悔しやすいポイントをふまえています。

(20点満点) 配点 後で後悔しやすいポイント
トータルコスト 5
  • ペットボトルの水と比べて、だいぶ高くなってしまった
  • 送料を意識してなくて予定より高くなってしまった
  • 電気代が結構高くなってしまった
契約内容 6
  • 急に解約しなければならない時に、早期解約金がかかってしまった
  • 毎月のノルマを飲みきれず、配送を一時停止するたびに追加手数料がかかってしまう
  • 定期メンテナンスがないので、雑菌が繁殖しないか心配
  • 初期費用が思ってたより高かった
使い勝手 5
  • ボトルの受け取りや交換が手間
  • タイミングが合わず、ボトルを受け取れないことも
  • ボトルが重たくて交換が大変
便利機能 4
  • サーバー内のクリーニング機能がないので、内部が清潔なのか心配
  • 温水の温度が思ってたより低くて、カップ麺やカップスープが美味しく作れない
  • チャイルドロックが本当に安全なのか少し心配

3-2. トータルコストだけでなく、契約内容を重視していること

水代や宅配水会社への支払額を意識する人は多いですが、それ以外にも電気代や契約内容を知っておかないと、思っていたより支払いが増えてしまう可能性があります。

例えば、以下のような理由から、トータルコストや契約内容を意識した方がよいと言えます。

  • 電気代はサーバーによって大きく異なる中で、電気代を意識せず、宅配水会社に支払う料金だけで判断してしまう人が多いため
  • 毎月の最低購入量を飲みきれず、配送の一時停止をするたびに追加手数料がかかる可能性があるため

上記をふまえて、本サイトではトータルコストと契約内容は、下表の通り採点しました。

  配点 採点基準
トータルコスト 5
  • 5点:4000円以下
  • 4点:4000円超ー4500円以下
  • 3点:4500円超ー5000円以下
  • 2点:5000円超ー5500円以下
  • 1点:5500円超
契約内容 6  ●ノルマ(計2点)

  • 2点:なし
  • 1点:月24L以下
  • 0点:月24L超

●契約期間(計2点)

  • 2点:期間の定めなし
  • 1点:1年以下
  • 0点:2年以下

●早期解約料(計1点)

  • 1点:5400円以下
  • 0.5点:1万円以下
  • 0点:1万円超

●初期費用(計1点)

  • 1点:なし
  • 0点:あり

3-3. 毎日使うものなので、使い勝手や便利機能も意識すること

ウォーターサーバーは毎日使うものなので、最初は特に気にならなくても、徐々に気になってくる点もあります。

一度気になり始めると、なかなか快適に使えなくなってしまうため、あらかじめ使い勝手や便利機能を考慮してサーバーを選びましょう。

  配点 主なポイント
使い勝手 5 ●配送方式(計2点)

  • 2点:ワンウェイ方式
  • 1点:回収方式

●足元交換ボトル(計2点)

  • 2点:足元でボトル交換
  • 1点:軽量ボトル
  • 0点:12ボトルをサーバーの上にセットするタイプ

●定期メンテナンス(計1点)

  • 1点:年1回 または 2年に1回
  • 0点:なし または 3年以上に1回
便利機能 4 ●サーバー内のクリーニング機能(計1点)

  • 1点:あり
  • 0点:なし

●4段階の温度設定 または 再加熱機能(計1点)

  • 1点:あり
  • 0点:なし

●チャイルドロック(計2点)

  • 2点:2重ロック
  • 1.5点:ボタン式
  • 1点:温水と冷水の両方にある
  • 0点:温水のみ

4. 納得して使うためのウォーターサーバーQ&A

ウォーターサーバーに興味をもつようになると、色々気になることもでてくると思うので、筆者がウォーターサーバーの営業として働いていた頃、お客さんからよく聞かれた質問に対してQ&Aという形で紹介していきます。

それでは順にご説明します。

Q1. 1ヶ月の利用量の目安はどのくらいですか?

A1. 世帯人数や料理に使うかで異なるため、例えば1日にどのくらい使いそうかなど、あなたの状況に応じて考えてみることが大切です。

ウォーターサーバー各社で目安量が異なるため、ここでは、天然水の最大手であるコスモウォーターが「実際に利用中ユーザーの平均値」として公表している目安をご紹介します。

●お水の飲用、お茶・コーヒーに使用の場合

ウォーターサーバーを基本的に飲み物にだけ使う場合、1ヶ月の目安量は下表の通りです。

  1ヶ月の目安 1日平均
1人暮らし 20L 660ml
2人暮らし 30L 1.0L
3人家族 36L 1.2L
4人家族 48L 1.6L

●上記用途のほか、料理にも使用する場合

ウォーターサーバーを飲み物のほかに、料理にも使う場合、1ヶ月の目安は下表の通りです。

  1ヶ月の目安 1日平均
1人暮らし 24L 800ml
2人暮らし 36L 1.2L
3人家族 48L 1.6L
4人家族 60L 2.0L

Q2. ウォーターサーバーは赤ちゃんに使っても大丈夫ですか?

A2. ウォーターサーバーの水は安全性が高いため、赤ちゃんのミルク作りなど、安心して使えます。

天然水もRO水もともに安全性が高いことに加えて、いつでも温水を使えるため、特に夜中のミルク作りなどお湯を沸かす手間がなくて楽と評判です。

硬度が高い水は水分中のミネラルが多く、赤ちゃんに過剰な負担がかかってしまうため「硬度60以下」が目安とされていますが、以下の理由から特に心配しなくて大丈夫です。

  • ウォーターサーバー各社が赤ちゃんに優しいとしている水は、基本的に「硬度30」前後であるから
  • 赤ちゃんに最も優しい水として、ミネラル成分をほとんど含まない「ピュアウォーター」もあるから

ピュアウォーターのサーバーは少ないですが、水道水ではなく、南アルプスの天然水をろ過してつくった『アルピナウォーター』がおすすめです。

もう少し詳しく知りたい人は、「赤ちゃんにも安心なウォーターサーバー|選び方と唯一のおすすめ」を参考にしてみてください。

Q3.ウォーターサーバーは衛生面で問題はないでしょうか?

A3. サーバーの選び方と日常的なお手入れを意識すれば、特に問題ありません。

ウォーターサーバーを衛生的に保つための各社のスタンスは、以下の2つに大別されます。

  • 年1回など「定期メンテナンス」を行い、サーバーをすべて分解・洗浄したり、新しいサーバーに交換する方法
  • 例えば1日1回高温水を循環させるなど、サーバー内を衛生的に保つための「クリーニング機能」をつける方法

一般的に両方とも安全性は高いとされていますが、もし安全性をより重視するなら、以下の理由から定期メンテナンスの方がおすすめです。

  • クリーニング機能は必ずしもサーバー内のすべてを洗浄できるわけではないから
  • 数年以上使うと、どうしてもよごれなどがたまる可能性があるから
  • 個人ではサーバーを分解してサーバー内を掃除できないから

ただし、以下のとおり、もしあなたが定期メンテナンスと自動メンテナンスのどちらをとるかで、選べるサーバーの種類が大きく変わることを留意しましょう。

一方で、どのサーバーであっても、各サーバーのマニュアルに従って、以下のような日常的なメンテナンスが必要です。

サーバーの正しい選び方と日常的なお手入れを意識すれば、衛生面で特に問題はありません。

Q4. 実際に試してみないと心配なのですが、どうしたらよいですか?

A4. 無料お試しキャンペーンを活用しましょう

ウォーターサーバーは年単位での契約も多いため、実際に試してみないと不安でなかなか始められない気持ちはよくわかります。

そんなあなたには、一部の会社では無料お試しキャンペーンを用意しているため、まずは無料で試してから検討することがおすすめです。

ただし、無料お試しの中には、以下のような悪質なケースもあるため、無料お試しの正しい選び方を意識することが大切です。

  • お試し後に契約しなかったら、支払いを請求されたケース
  • お試し後に一定期限内にサーバーを返却しなかったら、自動的に本契約に切り替わってしまったケース

具体的な無料お試しの選び方やおすすめを知りたい人は、「世界一わかりやすいウォーターサーバーの無料お試し完全ガイド」で詳しくご説明しています。

Q5. ウォーターサーバーの電気代はどのくらいですか?

A5. 一般的なサーバーの電気代は、1000円前後です。

ウォーターサーバーはいつでも温水・冷水を使えるのがメリットである一方、電気代が気になる人も多いと思いますが、一般的なサーバーの場合、電気代の目安は「1000円/月」です。

最近では、高機能サーバーを中心に省エネタイプも増えており、省エネタイプの中でも「月330〜700円程度」とだいぶ差があります。

例えば、主要20社の中で最も電気代が安いフレシャス・デュオは一般的なサーバーと比べて月650円以上も安いため、年間では7800円程度も差があります。

ウォーターサーバーの電気代について知りたい人には、「ウォーターサーバーの電気代とおトクに使う3つのポイント」のページで詳しくご説明していますので、参考にしてみてください。

5. まとめ

いかがでしたか?

沖縄で利用できるウォーターサーバーの中でも、後悔しないためのポイントをふまえて比べると、サーバーごとに大きな違いがあることがご理解いただけたことと思います。

さらに、沖縄の主要7社の中でも、総合的に最も評価が高かったおすすめサーバーを選べば、安心して使えることは間違いありません。

最後にまとめとして、以下の点さえおさえておけば大丈夫です。

  • 総合的に評価の高いサーバーの中から選ぶのがおすすめであること
  • 後で後悔しないためポイントをおさえて選ぶこと
  • 本ページでおすすめするサーバーであれば、後で後悔せずに快適に使えること

また、沖縄で自信をもっておすすめできるサーバは、アクアクララの『アクアアドバンスです

以上を参考にあなたが最高のウォーターサーバーに出会えることを心から願っています。