ウォーターサーバーをレンタルする際の注意点とおすすめ5選

「レンタルするのにどんなコストがかかるの?」「どうやって選んだらいいの?」など、ウォーターサーバーのレンタルが気になっていませんか?

レンタルできるウォーターサーバーはたくさんありますが、選び方を意識しないと思わぬ追加出費があったり、使い心地が悪くて後で後悔する可能性があるため注意しましょう

このページでは、過去にウォーターサーバーの営業経験のある私が、ウォーターサーバーのレンタルにかかるコストや注意点からおすすめまでご説明します。

  1. ウォーターサーバーはレンタルして使うのがおすすめ!
  2. ウォーターサーバーをレンタルする際に特に意識すべきこと
  3. 人気サーバーを実際にレンタルして使ってわかったタイプ別おすすめ
  4. 水道水でウォーターサーバーを使いたい人へのおすすめ
  5. イベントなど、1日〜短期間だけレンタルしたい人へ

※イベント用などで短期間で使いたい人は上をクリックするとすぐにチェックできます。

すべて読めば、ウォーターサーバーの上手な選び方からおすすめまですっきりわかるでしょう。

1. ウォーターサーバーはレンタルして使うのがおすすめ!

ウォーターサーバーのほとんどはレンタル専用で、購入できるのはごく一部に限られます。

それぞれのメリット・デメリットを比べると、私は圧倒的にメリットの大きいレンタルをおすすめします

レンタルサーバーのメリット・デメリット

レンタルサーバーには以下のように様々なメリットがあります

  • 選べるサーバーの種類が多く、初期費用0円で始められること
  • 他社のサーバーに乗り換えやすいこと
  • 解約する際はサーバーを返却するだかで、手間やコストがかからないこと

一方で、購入する場合と比べて特に目立ったデメリットは見当たらないと言えます。

サーバーを購入した場合のメリット・デメリット

もし購入すると、自分だけのサーバーとして使えるのがメリットですが、下記のデメリットがあるため注意しましょう

  • 選べるサーバーが少なく、高額の初期費用もかかること(2〜5万円程度)
  • 他社のサーバーに乗り換えるのが難しくなること
  • 解約時には自己負担でサーバーを処分しないといけないこと

以上より、私はレンタルサーバーの方がメリットが大きく、始めやすく・解約もしやすいと考えています。

※それでもまだ購入するか迷っている人は、購入する前に知っておくべきことをまとめた「プロが教えるウォーターサーバーの購入をおすすめしない全理由」もぜひ参考にしてほしいと思います。

2. ウォーターサーバーをレンタルする際に特に意識すべきこと

ウォーターサーバーはレンタル専用がほとんどで、購入して使うものはごく一部しかありません

ウォーターサーバー選びで失敗しないためには、実際のユーザーがどんなことに後悔しているか知っておくことが一番大切です。

2-1. ユーザーがよく後悔するのは「値段、交換の大変さ」

ユーザーがどんなことに後悔しているのか、SNSや口コミサイトで口コミ200件以上を調べてみました。

上のように後悔している人の約半数は「値段が高いこと」「交換の手間や大変さ」であることが見えてきました。

値段が高いという口コミ

ウォーターサーバーの月額費用(電気代込み)は「3500〜6000円程度」が目安で、以下のようなコストがかかります。

サーバーによって電気代は330〜1200円程度まで幅があるため、電気代も含めて比較することが大切です。

電気代も含めたトータルの月額費用で比べないと、「思ってたよりお金がかかる…」と後悔するリスクがあります。

ちなみに、後ほどご紹介するフレシャス・デュオは電気代が月330円(税抜)と最安値で、デザインや機能の両方で好評です。

ボトル交換が大変という口コミ

ボトル交換が大変だと、上の口コミように重たい水を持ち上げて腰を痛めてしまうおそれもあります。

交換方法には3通りあって、特に交換が楽なのは足元で交換できるタイプです。

ひと昔前は12Lボトルが多く交換が大変でしたが、近年は6〜8Lの軽量タイプも増えてきています。

しかし、軽量タイプはその分交換する回数が多くなるため、交換を面倒に感じる人も多いです。

そんな両方のデメリットを一気に解消してくれるのが「足元交換タイプ」と言えます。後ほど、足元交換できて値段も手頃な「コスモウォーター」をご紹介します。

2-2. その他にウォーターサーバー選びで意識すべきこと

他にも比較するポイントはいくつかありますが、その中でも特に重要なものを以下にまとめてみました。

  • 水の種類:天然水 or RO水?
  • 配送方式:ワンウェイ方式 or リターナブル方式?
  • 契約:始めやすさ、止めやすさは?

これらを意識することで、あなたにぴったりのサーバーをより見つけやすくなります。

水の種類:天然水がおすすめ!

美味しい水を飲みたい人は、天然水を選べば間違いありません

ウォーターサーバーには「天然水」と、水道水を超高性能なフィルターで綺麗にした「RO水」(=純水/ピュアウォーター)の2種類があります。

どちらも同じくらい安全です。せっかくウォーターサーバーを始めるなら美味しい天然水をおすすめします。

しかし、RO水は味の決め手になるミネラル分も除くので、そのままだと味気なくて美味しくないことを知っておきましょう。

ちなみに、後ほどご紹介するサーバーは、美味しい天然水を飲めるものの中から厳選しました。

配送方式:ワンウェイ方式がおすすめ!

ボトルの配送方式には、使い捨てボトルを大手宅配業者が運ぶ「ワンウェイ方式」と、再利用ボトルを各社の専任スタッフが配送&回収する「リターナブル方式」があります。

ワンウェイボトルの方が使い勝手がいいため、近年は主流になりつつあります。

圧倒的に便利なのは「ワンウェイ方式」と言えます(時間指定や再配達できる、使い捨て容器など)。

また、安さで選びたい人や専任スタッフによる配達がいい人には「リターナブル方式」が向いています。

契約:最低利用期間や毎月のノルマをチェック!

ウォーターサーバーは、携帯の契約と同じように、期間の縛りや違約金があるものがほとんどです。

また、毎月の最低購入量(ノルマ)があるもの多いため、それらもきちんと比較して選びましょう。

チェックすべきこと 主なポイント
最低利用期間 契約後1〜2年に解約すると、違約金がかかるのが一般的
違約金 5000〜1万円程度が相場
毎月のノルマ 毎月の水の最低購入量が決められていることが多い
ただし、水が余った場合には1ヶ月配送をスキップすることもできる
(参考)キャンペーン 新規契約、乗り換えキャンペーン、無料お試しなど

これらを事前にチェックしておくだけで、解約したいのに「約1万円の違約金を払わないと解約できない」という事態を避けることができます。

3. 人気サーバーを実際にレンタルして使ってわかったタイプ別おすすめ

私はもともとウォーターサーバーの営業マンをしていて、自分の家には本当にいいサーバーを置きたかったので、実際に人気の8種契約して使ってみました

どのウォーターサーバーにも必ずメリット・デメリットがあって、それぞれ比較して私のおすすめ順に並べたのが以下の表です。

(なお、天然水には★マークをつけています)

(税込) 月額コスト 交換しやすさ 配送 契約
フレシャス
スラット

5579円

足元交換

軽量ボトル

ワンウェイ

月18.6L
2年
9720円

サントリー
天然水サーバー

4578円

軽量タイプ

ワンウェイ

月23.4L
1年
7560円

コスモウォーター
スマートプラス

4606円

足元ボトル

ワンウェイ

月24L
2年
9720円

フレシャス
デュオ

5000円

軽量タイプ

ワンウェイ

月28.8L
2年
9720円

富士桜命水
アクアウイング

4176円

サーバー上

ワンウェイ

月24L
1年
6480円

クリクラ
クリクラサーバー

4536円

サーバー上

リターナブル

月24L
なし
0円

アクアクララ
スリムサーバー

4428円

サーバー上

リターナブル

なし
6ヶ月
3240円

上記の値段:電気代込みの月額費用(24L換算 / 税込)

上記の「契約」の評価基準

  • ☆:期間の縛りがない、または、ノルマがない
  • ◎:期間の縛りが1年以下、違約金7000円以下、ノルマ24L以下
  • ◯:期間の縛りが2年以下、違約金1万円以下、ノルマ24L以下
  • △:期間の縛りが2年以上、違約金が1万円超orノルマが24L以上

最終的に私が選んだのは『フレシャス・スラット』でしたが、上記のようにそれぞれのサーバーにはメリット・デメリットがあります。

そのため私は、求めるポイントに応じて以下をおすすめします。

それでは上記を順にご説明します。

3-1. フレシャス・スラット:最終的に私が選んだおすすめ

フレシャスの『スラット』は冒頭で少しふれましたが、私が人気7種を試して最終的に選んだのがこのサーバーでした。

特に高い位置にボタンがあって小さい子供の手が届きにくく、水を屈まないで注げるにもメリットです。

上のように、給水口に奥行きがあってお鍋なども置くことができ、足元でボトル交換できることからもとても使いやすいという実感でした。

ちなみに、値段は他社と比べると値段はやや高めですが、十分価値があってインテリアにも使えるくらいおしゃれなので、むしろ安いくらいと私は思っています。

初期費用 0円 500mlあたり 87円
レンタル料 972円 契約期間 2年
電気代 410円 配送地域 全国 (沖縄を除く)
月額(月24L) 5579円 違約金 9720円〜
ノルマ 月18.6L。ただし1ヶ月なら無料で配送停止できる

「フレシャス・スラット」公式ページ:

https://www.frecious.jp/slat
乗り換えキャンペーン:最大16200円のキャッシュバック

ただし、フレシャス・デュオにも強み・弱みがあって、より納得して快適に使うためには「フレシャス辛口レビュー|実際に使った体験や口コミ・評判を徹底解説」も参考にして選ぶことをおすすめします。

3-2. サントリー・天然水サーバー:特に美味しい天然水がおすすめ

近年人気の軽量ボトルの中で、電気代を含む月額料金が月4578円と最も安いのは『サントリー・天然水ウォーターサーバー』でした。

一般的な12Lボトルは重たくて交換が大変ですが、7.8Lなので以下のように女性でも楽と好評です。

ボトル交換は上のようにセットするだけで、美味しい「南アルプスの天然水」を快適に使うことができます。

さらに、自動クリーニング機能、4段階の温度設定、二重チャイルドロックなど様々な便利機能も好評です。

初期費用 0円 500mlあたり 80円
レンタル料 0円 契約 1年
電気代 700円 配送地域 全国 (沖縄を除く)
月額(月24L) 4578円 違約金 7560円
ノルマ 2ヶ月連続で注文ないと月1080円の手数料

「サントリー」公式ページ:

www.suntoryws.com

※新規契約キャンペーン:無料ボックス2箱
乗り換えキャンペーン:JCBギフトカード4000円分+無料ボックス2箱

ただし、サントリーにも強み・弱みがあって、より納得して快適に使うためには「サントリーウォーターサーバーの辛口レビュー|実際に使った体験や口コミ・評判を徹底解説」も参考にして選ぶことをおすすめします。

3-3. コスモウォーター・スマートプラス:手頃な値段&交換が楽

惜しくもTop5には入りませんですが、足元ボトルで交換が楽と評判なのが、電気代を含めた月額合計が「4236円」とかなり割安なコスモウォーター』でした。

12Lボトルを高く持ち上げることなく足元で簡単に交換できるため、特に女性やご年配の人に人気です。

さらに、3種の天然水のうち最寄りの採水地から48時間以内に直送されるため、新鮮なままの天然水を楽しむことができます。

初期費用 0円 500mlあたり 79円
レンタル料 0円 契約 2年
電気代 436円 配送地域 全国 (北海道・沖縄を除く)
月額(月24L) 4606円 違約金 9720円
ノルマ 2ヶ月連続で注文ないと月864円の手数料

「コスモウォーター」公式ページ:

www.cosmowater.com

※新規契約キャンペーン:ボトル2本無料
乗り換えキャンペーン:5000円キャッシュバック

ただし、コスモウォーターにも強み・弱みがあって、より納得して快適に使うためには「コスモウォーター辛口レビュー|実際に使った体験や口コミ・評判を徹底解説」も参考にして選ぶことをおすすめします。

3-4. フレシャス・デュオ:特におしゃれなのはこの一択!

安さだけでなく、機能・ボトル交換しやすさ・デザインなども考慮したコスパを意識したい人へのおすすめも厳選しました。

主要20社のうちコスパNo.1として、特に注目なのは高いデザイン性と機能性を両立した『フレシャス・デュオ』でした。

電気代を含む月額料金は5000円でこの中では高めですが、どんな部屋にもあう洗練されたデザインや、天然水の軽量パックは交換が楽と好評です。

ワンウェイ方式で時間指定もできて捨てる時もかさばらず、回収方式のように使用後の保管・返却不要で便利なのもおすすめポイントです。

初期費用 0円 500mlあたり 81円
レンタル料 540円 契約期間 2年
電気代 330円 配送地域 全国 (沖縄を除く)
月額(月24L) 5000円 違約金 9720円
ノルマ 月28.8L。ただし1ヶ月なら無料で配送停止できる

フレシャスの「デュオ」公式ページ:

www.frecious.jp/dewo
乗り換えキャンペーン:最大16200円のキャッシュバック

ただし、フレシャス・デュオにも強み・弱みがあって、より納得して快適に使うためには「フレシャス辛口レビュー|実際に使った体験や口コミ・評判を徹底解説」も参考にして選ぶことをおすすめします。

3-5. 富士桜命水・アクアウイング:天然水をお試ししたい人におすすめ

富士桜命水』は、1ヶ月間ボトル2本(24L)を無料でじっくり試せるため私の一押しです

主要20社で見てもお試しができる唯一の天然水さーばーで、日本製の高機能サーバーとして様々な便利機能が特長です。

特にサーバー内の自動クリーニング機能4段階の温度設定があって便利です。さらに、注ぎ口は500mlのペットボトルが置けるくらい高さがあるためミルク作りにも便利です。

「富士桜命水」の無料お試し申込ページ:

https://www.fujizakurameisui.jp/muryou
※無料お試しは「東北、関東、中部、関西地域」のみですが、通常プランは沖縄以外で利用できます。

注意点:富士桜命水にも当然ですが強み・弱みがあります。 

富士桜命水の辛口レビュー|20商品の口コミ・評判で本当のおすすめがわかる!」では実際の口コミからわかった富士桜命水のメリット・デメリットをまとめているため、もしチェックすればより納得して選ぶことができるでしょう。

4. 水道水でウォーターサーバーを使いたい人へのおすすめ

近年はウォーターサーバーのデメリット(料金が高め、水交換が大変、ボトルの置き場所が必要)をカバーする商品として、「水道直結型のウォーターサーバー」が人気です。

NASAも使うRO膜などで不純物をほぼ完全にろ過するタイプも多く、安全な美味しい水として口コミでも好評です。

その中でも特に、料金、安全性、デザイン、アフターサービスの面での評価が最も高いのが、『ウォータースタンド』です。

ここでは特におすすめポイントをご説明します。

ウォータースタンド』はウォーターサーバーの弱点(ボトルが重たい、料金が高い、ボトルの置き場所に困る)をほとんどカバーしていて非常に便利なのが特長です。

レンタル料(月3758円〜)さえ払えば、飲料水や料理をすべて賄うのに必要な300Lを使っても、水代はわずか60円程度なので実質的に使い放題と言えます。

また、RO膜などで不純物を除去するため安全で、専任スタッフが6ヶ月に1回に定期メンテナンスの訪問サービスは無料なのも好評です。

ちなみに、ウォーターサーバーのクリクラを運営するナックが手掛けていて、アフタフォローやデザインにも定評があります。

「ウォータースタンド」公式ページ:

http://waterstand.jp

5. イベントなど、1日〜短期間だけレンタルしたい人へ

夏場などの各種イベントやコンサート・学園祭などで1日〜短期間だけレンタルして使うこともできます。

短期間だけレンタルできる会社はいくつかありますが、特に1日限りでもokでレンタル料無料でおすすめなのが「オアシスウォーター」です。

以下のように4種のウォーターサーバーから選ぶことができます。

天然水12L
(2本〜)
設置手数料 9720円
水代 2052円/本 レンタル料 0円

ちなみに、当日の流れは以下の通りです。

主な内容
1. 電話相談 日時・場所・用途などの確認
2. 事前の打合せ 具体的な内容を打合せ
3. 申し込み 利用内容が決まったら申し込み
4. 当日 指定の運送会社が配送
5. 終了後 指定の運送会社が回収

「オアシス」短期レンタルの公式ページ:

www.oasis-water.jp/tanki_rental

6. まとめ

ここまでウォーターサーバーのレンタルや選び方からおすすめまでご説明してきましたが、いかがでしたか?

レンタルできるウォーターサーバーはたくさんあるため、あなたの求めるポイントに応じて他社と比較してあなたに最適なサーバーを選ぶことをおすすめします

最後にこのページをまとめると以下の通りです。

  • レンタル料無料の場合は、その分水代に上乗せされていること
  • どのウォーターサーバーにも必ずメリット・デメリットがあること
  • 後で後悔しないためには、このページを参考にして選ぶのがおすすめ

また、このページご紹介したおすすめサーバーは以下の通りです。

タイプ別 おすすめ
最終的に私が選んだおすすめ フレシャス
スラット
特に美味しい天然水にこだわりたい人におすすめ サントリー
天然水サーバー
 手頃な値段で交換が楽なのがいい人におすすめ コスモウォーター
スマートプラス
特におしゃれさで選ぶならこの一択! フレシャス
デュオ
値段の安さを求める人におすすめ 富士桜命水
アクアウイング

どれにするか迷う人は、値段が手頃で交換が楽な『コスモウォーター』を特におすすめします。

以上を参考にあなたにぴったりのウォーターサーバーが見つかることを心より願っています。