プロ直伝!一人暮らしのウォーターサーバーの選び方と唯一のおすすめ

テレビやネットで時々みかけるウォーターサーバーって、一人暮らしでも使えるのか気になっていませんか?

一人暮らしでウォーターサーバーを使うと生活が劇的に良くなりますが、選び方を間違えてしまうと、後で予定外の支払いが増えたり、使い勝手が悪くて後悔してしまうかもしれません

本ページでは、ウォーターサーバーの営業経験のある筆者が、一人暮らしの人がウォーターサーバーを快適に使うための注意点や選び方、おすすめをご紹介します。

  1. 一人暮らしでウォーターサーバーを使う4つの注意点
  2. 一人暮らし向けウォーターサーバー選びで意識すべき5つのこと
  3. 徹底比較からわかった一人暮らし向けの唯一のおすすめ
  4. 納得して使うためのウォーターサーバーQ&A

全て読めば、一人暮らしの人にあったウォーターサーバーの選び方やおすすめが理解できるでしょう。

1. 一人暮らしでウォーターサーバーを使う4つの注意点

一人暮らしの人がウォーターサーバーを使うと、生活がすごく快適になると好評です。例えば、一人暮らしでウォーターサーバーを使い始めた方からは実際に以下のような声があります。

口コミ・評判

S・Tさん(26歳)
評価:★★★★★5 『重たい水は毎月届けてもらう』
以前は仕事帰りにコンビニで水を買って帰るのが大変でした。今は自宅に届けてもらえるし、再配達で週末に受け取れるので助かっています。あと、疲れた日の翌朝でも白湯やハーブティーで気持ちよく1日を始められるものお気に入りです。

口コミ・評判

T・Nさん(27歳)
評価:★★★★★5 『ウォーターサーバーの美味しい水』
ウォーターサーバーがあると、家でコーヒーを飲むときやカップ麺を作るときに便利ですね。お湯を沸かして待つのが面倒だったのが解消されて、水道水で作るより断然美味しいです。驚きました。

以上のように生活が劇的に便利になりますが、選び方を間違えてしまうと「予定より支払いが増えてしまった」「使い勝手がよくない」と後悔する可能性があります。

しかし、以下の点さえおさえておけば、後で後悔せず、快適に使えること間違いありません。

  • 毎月の購入ノルマがあること
  • 重たいボトルは水交換が大変であること
  • 不在時は玄関前に置いていくケースがあること
  • サーバーや水の保管に意外とスペースがとられること

それでは順にご説明します。

1-1. 毎月の購入ノルマがあること

「購入ノルマ」は、ウォーターサーバー各社が設定している水の最低購入量のことです。

「月24L」をノルマとするケースが多いですが、一人暮らしの人にはやや多いので注意しましょう

一般的なノルマ 月24L
1日平均800ml

例えば、ノルマ分を飲みきれず毎月届く水がたまると、配送を一時停止してたまった分から使います。しかし、一時停止するのに500〜1000円/月が余計にかかるケースがあります。

ノルマや配送を一時停止する際のルールを意識して選べば、余計なお金を払うことなく安心して使えます。

1-2. 重たいボトルは水交換が大変であること

ウォーターサーバーの水は12Lが一般的です。男性でも少し重たいと感じるほどなので、特に一人暮らしの女性やご年配の人には交換が大変です。

例えば、交換中に腰を痛めてしまったり、手が滑って落としてしまう不安が残ります。

あるいは、せっかくウォーターサーバーを始めても、水交換が大変で長続きせず、結局お金のムダになってしまうケースもあります。

最近は交換が楽なサーバーが増えているため、選び方さえ意識すれば安心して使えます。

1-3. 不在時は玄関前に置いていくケースがあること

サーバーによっては、エリア毎に配送スケジュールが決まっています。一人暮らしだと昼間は家にいない人が多く、直接受け取れないことが多いので注意しましょう。

不在だと玄関前にボトルを置いていくケースもよくあります。せっかくの美味しい水が、帰宅するまで外に放置では衛生面・安全面で不安が残ります

配送の日時指定や再配達ができるサーバーもあるため、選び方さえ気をつければ問題ありません。

1-4. サーバーや水の保管に意外とスペースがとられること

一人暮らしだと、部屋のスペースにあまり余裕がない人も多いと思います。サーバーを置いたら、「急に部屋が狭く感じた」という声もあります。

さらに月1回、24L前後のまとまった水が届くケースが多いため、サーバー以外にも「水の保管場所」にも留意しましょう

例えば、サントリーの注文は3箱単位なので、水が届いたら少なくとも2箱の保管が必要です。

引用:サントリーウォーターサーバー公式

ただし、後ほどご紹介するおすすめはコンパクトなサーバーなので、心配する必要はありません。

次の章では一人暮らし向けで評判のサーバーを取り上げながら、一人暮らし向けを選ぶ際に意識すべきことをご紹介します。

2. 一人暮らし向けウォーターサーバー選びで意識すべき5つのこと

本章では先ほどご説明した注意点を踏まえて、一人暮らしに最高のサーバーを選んでいただくために意識すべきことをご紹介します。

一人暮らしの人は特に、ご自身のライフスタイルに合ったサーバー選びを意識しましょう。そうしないと、余計な支払いが増えたり、使い勝手の悪さばかりが目立ってしまうからです。

  • 購入ノルマが少ないこと
  • 水の交換がしやすいこと
  • 宅配の日時指定ができること
  • コンパクトなサーバーであること
  • トータルコストが安いこと

上記のポイントさえおさえておけば、「これにしてよかった」と思えるサーバーが見つかると確信しています。それでは順にご説明します。

2-1. 購入ノルマが少ないこと

特に一人暮らしの人は、ノルマが多いと水を飲みきれない可能性があります。余計な支払いがかからないように、ノルマが少ないサーバーがおすすめです

例えば、業界に詳しい人にヒアリングしてわかった一人暮らしに好評のサーバーの中で、ノルマが最も少ないのは「6週間で8L」でした。

  クリクラミオ コスモ フレシャス サントリー
ノルマ 8L 24L 28.8L 23.4L
配送周期(最長) 6週間 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月

ただし、他3社も1ヶ月だけの配送停止なら無料でできます。一時停止をうまく活用して2ヶ月で飲みきるとすれば月12L〜14L程度で、「1日あたり500ml以下」なので安心です。

特に『クリクラミオ』はノルマが1本8Lからで、配送周期も最長6週間です。ノルマを気にせずご自身のペースで使いたい人におすすめです。

2-2. 水の交換がしやすいこと

特に一人暮らしの女性やご年配の人は、交換のしやすさを意識して選びましょう。水の交換が楽であるほど、ウォーターサーバーを快適に使えるためです。

例えば、「軽量ボトル」や「足元でボトル交換」がおすすめです。

 

ちなみに、ボトル交換したら2週間以内に飲みきるのが一般的な目安です。その点でも一人暮らしには軽量ボトルの方がおすすめです。

軽量タイプの水なのは『クリクラミオ』『フレシャス・デュオ』『サントリー』です。

2-3. 宅配の日時指定ができること

ウォーターサーバーには「ワンウェイ方式」と「リターナブル方式」があります。

一人暮らしであまり家にいない人は、使い勝手の良い「ワンウェイ方式」がおすすめです

  • ワンウェイ方式:運送業者による配送で、日時指定や再配達ができること
  • リターナブル方式:ウォーターサーバーの自社配送なので、宅配スケジュールが決まっていること

使い捨て容器なので返却しなくてよいなど、以下のような違いがあります。ワンウェイ方式は、一人暮らしの人にメリットが多いと言えます。

後ほどご紹介するおすすめを含めて、一人暮らしに好評な4サーバーはすべて「ワンウェイ方式」なので安心です。

2-4. コンパクトなサーバーであること

最近主流のコンパクトタイプは幅30cm程度なので、ちょっとした家具の間やデッドスペースを活用できます。

サーバーのサイズがほぼ同じでも、丸みのあるデザインの方がすっきり見えるためおすすめです

ちなみに、コンパクトタイプは「A4サイズ2枚分」のスペースがあれば置けることが多いです。

丸みのあるデザインなのは『クリクラミオ』と『フレシャス・デュオ』です。

2-5. トータルコストが安いこと

5つ目のポイントは一人暮らしの人に限りませんが、水代以外にレンタル料・電気代などがかかるため、トータルコストを意識しましょう。

特に電気代は「1000円/月」が目安ですが、省エネタイプなら「330〜700円/月」まで安くなるのでかなり差があります

引用:コスモウォーター公式

先ほどの4サーバーでトータルコストを比べてみましょう。容器のサイズが異なるため、月24Lを使うと仮定して比べると下表の通りです。

(税込) クリクラミオ コスモ フレシャス サントリー
水代 8L

1188円

12L

1900円

7.2L

1167円

7.8L

1242円

500ml換算 74円 79円 81円 80円
送料 0円(*) 0円 0円 0円
レンタル料 0円 0円 540円 0円
電気代 700円 436円 330円 700円
月額合計(24L換算) 4264円 4236円 4760円 4522円
  • (*)クリクラミオの送料はボトル3本以上注文すると無料、2本以下は税込540円です。ここでは3本を6週おきに配送する前提です。

上表より、トータルコストが安いのは『クリクラミオ』と『コスモウォーター』であることがわかりました。

3. 徹底比較からわかった一人暮らし向けの唯一のおすすめ

本章では、一人暮らし向けで特に高評価のサーバーの中でも、徹底比較してわかった唯一のおすすめをご紹介します。

ネットの口コミは業者が書き込んでいるものが多いため、筆者はウォーターサーバー各社の担当やコンサルタントにヒアリングをして、一人暮らし向きで高評価のサーバーを調べました。

特に評価の高い4サーバーを、2章の選び方を踏まえて評価した結果、総合的なバランスが圧倒的に優れている『クリクラミオ』がおすすめです

各サーバーの評価結果をみると、『クリクラミオ』はすべての項目で高評価で、特に「購入ノルマ」では唯一の高評価でした。

それでは一人暮らし向けで好評の4サーバーの中でも、特に総合的な評価が高い『クリクラミオ』をご紹介します。

●一人暮らし向けの唯一のおすすめ|クリクラミオ

クリクラミオ』は、一人暮らしの人にとって重要なポイントをすべてカバーしているため、総合的なバランスの良さが特長です。

ボトル1本から注文できて、最大6週ごとの配送が選べます。購入ノルマはたった8Lなので、ノルマを気にせず使えます。

普段あまり家にいない人でも、宅配は日時指定ができて、不在時には再配達があるので安心して始められます。

さらに以下のメリットもあるため、後で後悔せず快適に使えるのがおすすめポイントです。

  • 8Lの軽量ボトルで交換が楽であること
  • 丸みのあるコンパクトなデザインで、部屋がすっきりみえること
  • 電気代を含めたトータルコストが安いこと
  • 富士の天然水は美味しいと評判であること

クリクラミオ』にピンときた人は、申し込みはクリクラミオの公式ページからだけなので、ご参考までURLは以下の通りです。

クリクラミオ公式ページ:

https://www.creclamio.jp

4. 納得して使うためのウォーターサーバーQ&A

一人暮らしだとウォーターサーバーについて色々気になることもあると思います。本章では筆者がウォーターサーバーの営業をしていた頃、お客様からよく聞かれた質問に対してQ&Aという形でご紹介します。

それでは順にご説明します。

Q1. ウォーターサーバーの水は安全ですか?

A1. ウォーターサーバーの水は、衛生管理が徹底されているため安全です。

ウォーターサーバーの水には「天然水」と「RO水」がありますが、以下の点から、放射性物質の点も含めて両方とも同じくらい安全です。

  • ともに衛生管理が徹底されたボトリング工場で作られているから
  • 天然水は「数十年かけて自然にろ過された地下水」を汲み上げているから
  • RO水は放射性物質の除去にも有効とされている「高性能なフィルター」でろ過されているから

「RO水」は、一般的に水道水をRO膜と呼ばれる特殊なフィルターで不純物をほぼ完全にろ過した上で、天然水とほぼ同じ成分になるようにミネラル成分を添加した水のことです。

引用;アクアセレクト公式

ウォーターサーバーの水は安全性が高いため、安心して使うことができます。

Q2. 一人暮らしの場合、1ヶ月の利用量の目安はどのくらいですか?

A2. 飲料用だけであれば月12L程度、料理にも使うなら月24L程度です。

その上で、水の利用量はライフスタイルによって異なるため、筆者としては1日に使うであろう量をベースに考えることをおすすめします。

例えば、1日平均500mlを使うとすれば、1ヶ月の利用量は15Lです。

1日当たりの利用量 200ml 400ml 500ml 800ml
1ヶ月当たりの利用量 6L 12L 15L 24L

ちなみに、1日平均500mlは月15Lだと、一般的な購入ノルマである24Lより少ないことがわかります。このように利用量が少ない場合は、ノルマの少ないサーバーを意識して選びましょう。

先ほどご紹介したクリクラミオのノルマは、月8Lで最長6週ごとの配送なので、安心して利用できます。

Q3. 契約期間はどのくらいですか?途中で解約はできますか?

A3. 期間の定めがないものから2年契約まで様々です。ただし、途中で解約すると早期解約料がかかります。

天然水は1〜2年契約が多く、期間満了前に解約すると5000円〜1万円の早期解約料がかかるケースが多いです。

一方で、RO水であれば、期間の定めがないものを含めて1年以下のケースが多いです。さらに早期解約料も0〜5000円程度のケースが多いです。

天然水は年単位での契約が多いので、期間にあまり縛られたくない人はRO水がおすすめです。

Q4. 実際に試してみないと心配ですが、どうしたらよいですか?

A4. 無料お試しキャンペーンを活用しましょう。

ウォーターサーバーは年単位での契約も多いため、不安になる気持ちもよくわかります。そんなあなたには、一部のサーバーで利用できる無料お試しキャンペーンがおすすめです。

ただし、無料お試しの中には、以下のような悪質なケースもあるため、無料お試しの選び方に注意しましょう。

  • お試し後に契約しなかったら、支払いを請求されたケース
  • お試し後に一定期限内にサーバーを返却しなかったら、自動的に本契約に切り替わってしまったケース

具体的な無料お試しの選び方やおすすめを知りたい人は、「世界一わかりやすいウォーターサーバーの無料お試し完全ガイド」で詳しくご説明しています。

5. まとめ

いかがでしたか?

一人暮らし向けのウォーターサーバーは、多くの人が後悔しやすいポイントさえ踏まえて選ぶことが大切です。

一人暮らし向きで好評なサーバーの中でも、総合的な評価が高いサーバーを使えば、快適に使いこなせること間違いありません。

最後に、本ページでお伝えしたかったことをまとめると、以下の通りです。

  • 一人暮らしの人を特に意識した選び方が大切であること
  • 本ページのおすすめを使えば、後で後悔せず快適に使いこなせること

また、一人暮らし向けウォーターサーバーとして、筆者が自信をもって唯一おすすめできるのは『クリクアミオ』です。

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。