水道水を使うウォーターサーバーで後悔しないための9つの注意点

テレビCMやネットでみかけた「水道水を使うウォーターサーバー」や「水道水とペットボトル・ウォーターサーバーの水にはどんな違いがあるのか」気になっていませんか?

水道水を使うウォーターサーバーは定額で水をたくさん使えますが、実は水の安全性や味・使い勝手の面では「宅配水ウォーターサーバー」にかなり見劣りすると言えます

以上の理由から、私は自宅に水を届けてもらえる「宅配水ウォーターサーバー」が間違いなくおすすめです

このページでは、過去5年間のウォーターサーバーの営業経験を活かして、水道水を使うウォーターサーバーよりも宅配水ウォーターサーバーを使うべき理由をご説明します。

  1. 水道水を使うウォーターサーバーの9つの注意点
  2. 宅配水ウォーターサーバーをおすすめする4つの理由
  3. 人気の宅配水サーバー8種を実際に契約してわかったおすすめ
  4. 水道水を使うウォーターサーバーの主要6社の徹底比較
  5. 水道水・ペットボトルの水・ウォーターサーバーの水の徹底比較

すべて読めば、水道水を使うウォーターサーバーの特徴を踏まえて、本当にあなたが選ぶべきウォーターサーバーがわかるでしょう。

0. 水道水を使うウォーターサーバーの2つのタイプ

「水道水を使うウォーターサーバー」は定額で水をたくさん使えるのが特長です。水道水をカートリッジで浄化して使うため、“浄水器一体型ウォーターサーバー” とも呼ばれます。

ウォーターサーバーをとにかく安く使いたい人を中心に認識されつつあり、以下の2つのタイプがあります。

それぞれのサーバーの概要とイメージは、以下の通りです。

「水道直結型サーバー」:水道管とサーバーを直接繋ぐ

その名の通り、水道管や蛇口の根元を分岐させて水道とサーバーをホースで直接繋ぐタイプです。

ホースが邪魔にならないように壁や床に固定するために、業者が初期工事を行います。

引用:楽水

「水道水補充型サーバー」:サーバーに都度補充する

水道水をポットなどでサーバーのタンクに都度補充するタイプです。

自分で補充する手間はありますが、サーバーをどこでも置くことができます。

引用:シャインウォーター公式

上記の水道水ウォーターサーバーにはそれぞれ致命的なデメリットがあるため、使う前に知っておくべき注意点を両方に共通するものと個別のものに分けて、次の章でご説明します

1. 水道水を使うウォーターサーバーの9つの注意点

水道水サーバーは良さそうに思うかもしれませんが、実際には安全性や味・使い勝手の面で見劣りするため注意しましょう

さらに、ただの水道水を簡易的にきれいにしただけの水に月3〜5千円も払うより、私は、ほぼ同じ値段で安全で美味しい水を届けてもらえる「宅配水サーバー」をおすすめします

ここでは9つの注意点を、すべての水道水サーバーに共通のものと、「水道直結型」「水道水補充型」に分けてご説明していきます。

水道水サーバーにはたくさんの注意点がありますが、後ほどご紹介する宅配水サーバーなら、水道水サーバーのデメリットをすべてカバーしているため間違いなくおすすめです

1-1. すべての水道水サーバーに共通する2つの注意点

特に宅配水サーバーと比べるち、すべての水道水サーバーに共通する注意点は以下2つです。

  • 宅配水サーバーと比べて、安全性の面でかなり見劣りすること
  • 高性能なカートリッジは高く、味や使い勝手も見劣りすること

それぞれ順にご説明します。

宅配水サーバーの水と比べて、安全性の面でかなり見劣りすること

水道水は塩素やトリハロメタン・サビなどを含み、一般的な浄水器では除去できない有害物質もあるため、安全性に不安が残ります

さらに水道水からは放射性物質が検出されるケースもあり、飲料用としての水は避けるのが好ましいと言えます。

高性能なカートリッジは高くて、味や使い勝手も見劣りすること

高性能なフィルターならより多くの有害物質を除去できますが、その分数万〜数10万円まで値段がグンっと高くなります

また、水の味の決め手になるミネラル成分も除いてしまうので、天然水より味が見劣りするという声や、浄水するのに時間がかかるという声もありました。

1-2.「水道直結型」の4つの注意点

「水道直結型」は水道とサーバーをホースで繋ぐため、様々な制約や衛生面など下記4つに注意しましょう。

  • 設置場所が限られること
  • 初期工事が高いこと
  • 長く使うとホースの中に雑菌が繁殖しやすいこと
  • 契約期間が長いケースがあること

それでは、「水道直結型」をおすすめしない理由を順にご説明します。

設置場所が限られること

水道とサーバーをホースで繋ぐため、基本的にキッチンが中心で置き場所が限られてしまいます。

もちろんキッチン以外でも使えますが、水道から遠くなるほどホースが室内を横切ってしまうため、固定するための工事が必要です。

一旦サーバーを設置したら置き場所を変えられないため、検討中の人は特に注意しましょう。

初期工事が高いこと

水道とサーバーを繋ぐのは業者が行うケースがほとんどで、初期費用は1〜2万円程度です。

そのため、初めてサーバーを検討中の人にはハードルが高いと言えます。

引用:ジャスト

さらに賃貸にお住まいの人は工事内容によっては貸主の承諾を得ないといけない可能性があります。

ホースの中に雑菌が繁殖しやすいこと

水道とサーバーを繋ぐホースは定期的にメンテナンスしないと、雑菌が繁殖しやすいため注意しましょう。

特に自分でメンテナンスするタイプのサーバーを選んでしまうと、ホースを交換しないままになるケースが多いので注意しましょう。

契約期間が長いケースがあること

水道直結型は1〜3年など、契約期間が長いケースがあるため注意しましょう。

せっかく導入しても、例えば急な引越しなどで早期解約すると追加費用までかかってしまいます。

例えば、人気のクールクーは3年契約で解約条件が厳しい(違約金21600円+サーバー撤去料金19440円)など、契約内容はきちんと確認しましょう。

1-3.「水道水補充型」の3つの注意点

「水道水補充型」はどこにでも置けて一見良さそうですが、以下3つに注意しましょう。

  • 水道水を補充するのが手間であること
  • 専用タンクをこまめに洗わないといけないこと
  • 災害対策の備蓄水を別に用意しないといけないこと

それでは上記を順にご説明します。

水道水の補充が手間であること

水道水サーバーのタンクは1.5L〜6L程度が一般的で、タンクが小さいと頻繁に補充しないといえません。

逆に、タンクが大きいと満水にするため水道とサーバーを往復しないといけない可能性があります。

引用:shinewater

専用タンクをこまめに洗わないといけないこと

水道水サーバーはタンクをご自身でこまめに洗う必要があります。

ご自身でのクリーニングを怠ると、雑菌が繁殖するおそれがあるため注意しましょう。

引用:shinewater

一方で、水を届けてもらって使う宅配水ウォーターサーバーであれば、サーバー内のクリーニング機能付きが主流になってきています。

そのため、お湯を入れた時にスープなどがはねて汚れやすい給水口などを2週間に1回くらい、軽く拭いてお手入れすればokです。

災害時の備蓄水を別に用意しないといけないこと

水道水サーバーは災害時に断水になると使えないため、本当に必要な時に水が使えないのは致命的と言えます。

もしペットボトルで準備するとスペースがかなりとられてしまいます。さらに賞味期限がきたら入れ替える手間もあります。

「水道水サーバー」は上記のようなたくさんのデメリットがあるため、せっかくなら他のサーバーも並行して検討することをおすすめします。

宅配水サーバー」の方が圧倒的に優れているため、「宅配水サーバー」を使うべき4つの理由を次の章でご説明します

2. 宅配水ウォーターサーバーをおすすめする4つの理由

宅配水サーバーとは、ペットボトルの水のような綺麗な飲み水を自宅に届けてもらえて、蛇口をひねる感覚でいつでも温水・冷水で出すことができる装置です。

水道水サーバーの注意点を踏まえると、私は安全性や便利さなど圧倒的にメリットが大きい「宅配水サーバー」を使うべきと考えています

水道水サーバーと比べて、私が宅配水サーバーをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 宅配水サーバーは安全性が高いから
  • コストは水道水サーバーとほぼ同水準だから
  • 使い勝手が良いから
  • 美味しい水を選べるから

それでは順にご説明します。

宅配水サーバーは安全性が高いから

宅配水サーバーの各社は安全な水にこだわり抜いているため、水道水以上に安心して使うことができます。

宅配水サーバーの水には「天然水」と「RO水」があって、RO水は両方とも安全な水なので間違いなくおすすめです。

  • 天然水:地下数百mのきれいな地下水を汲み上げた水だから
  • RO水:NASAでも使われている「RO膜」でろ過された水だから

近年は「サーバー内の自動クリーニング機能」が人気!

宅配水サーバーは温水を定期的に循環させるなど、自動的にサーバー内をきれいにする機能付きのサーバーが主流になってきています。

また、一般的なシンプルなサーバーには定期メンテナンスがあって、こちらも安全性に使うことができます。

どちらも同じくらい安全ですが、私は常にサーバー内をきれいに保てるクリーニング機能付きのサーバーをおすすめします。

コストは水道水サーバーとほぼ同水準だから

宅配水サーバーは様々な種類があるため、正しく選べば水道水サーバーとコストがほぼ変わらないサーバーもあります。

※水道水サーバーは一見安いように見えますが、レンタル料などを考えると宅配水のサーバーとあまり変わりません。

特に初期費用や電気代を含めた月額コストを比べると、ほぼ変わりません。

宅配水サーバー水道水サーバー
初期費用0円1〜2万円
月額コスト3000〜5000円3000〜5000円

※宅配水サーバーの月額コストは一般的な月24Lで計算しています。

使い勝手が良いから

契約期間は6ヶ月〜2年なので水道水サーバーより短く、気軽に始めやすいと言えます。

また、水道直結型はホースで繋ぐの置き場所が限られますが、宅配水サーバーであればどこにでも置けます。

美味しい水を選べるから

宅配水サーバーの水は、基本的にどれを選んでもペットボトルの水と同じように美味しい水です。

宅配水の各社は全国各地の銘水から選べて、水道水とはまったく異なる美味しい味が好評です。

以上の通り、宅配水サーバーを絶対使うべき理由をご説明してきましたが、次の章では本当にあなたが選ぶべきおすすめをご紹介します

3. 人気の宅配水サーバー8種を実際に契約してわかったおすすめ

私はもともとウォーターサーバーの営業マンでしたが、自分の家には本当にいいサーバーを置きたかったので、実際に人気の宅配水サーバー8種契約して使ってみました

その結果、どのウォーターサーバーにもメリット・デメリットがあって、実際に使ってみないと分からないことも多いと実感しました。

どのサーバーにも良いところがあって悩みましたが、最終的に妻とも相談してフレシャス・スラットを選んだ理由は以下の通りです。

  • 自動クリーン機能があって安心
  • 美味しい天然水が使える
  • 足元でボトル交換できて楽
  • 省エネ機能など様々な機能があって便利

ちなみに、実際に私が試したサーバーを選ぶ際に大切なプランを

(なお、天然水には★マークをつけています)

(税込)安全性使いやすさ月額コスト契約
フレシャス
スラット<口コミ>

自動クリーニング機能

足元交換

軽量ボトル

5579円

月18.6L
2年
9720円

サントリー
天然水サーバー
<口コミ>

自動クリーニング機能


軽量タイプ

4578円

月23.4L
1年
7560円

コスモウォーター
スマートプラス
<口コミ>

自動クリーニング機能

足元ボトル

4606円

月24L
2年
9720円

フレシャス
デュオ
<口コミ>

自動クリーニング機能

軽量タイプ

5000円

月28.8L
2年
9720円

ふじざくら命水
アクアウイング<口コミ>

自動クリーニング機能

サーバー上

4176円

月24L
1年
6480円

クリクラ
クリクラサーバー<口コミ>

定期メンテナンス

 

サーバー上

4536円

月24L
なし
0円

アクアクララ
スリムサーバー<口コミ>

定期メンテナンス

 

サーバー上

4428円

なし
6ヶ月
3240円

上記の値段:電気代込みの月額費用(24L換算 / 税込)

上記の「契約」の評価基準

  • ☆:期間の縛りがない、または、ノルマがない
  • ◎:期間の縛りが1年以下、違約金7000円以下、ノルマ24L以下
  • ◯:期間の縛りが2年以下、違約金1万円以下、ノルマ24L以下
  • △:期間の縛りが2年以上、違約金が1万円超orノルマが24L以上

上記のようにそれぞれのサーバーにはメリット・デメリットがありますが、最終的に私が選んだのは『フレシャス・スラット』でした。

ちなみに、私は求めるポイントに応じて以下をおすすめします。

※以下をクリックすると、詳細を公式ページですぐにチェックできます。

タイプ別おすすめ
最終的に私が選んだおすすめフレシャス・スラット
特に美味しい天然水がおすすめサントリー・天然水サーバー
手頃な値段&交換が楽コスモウォーター・スマートプラス
特におしゃれなのはこの一択!フレシャス・デュオ
天然水をお試ししたい人におすすめふじざくら命水・アクアウイング

なお、フレシャス・スラット以外のサーバーをご説明するスペースが限られるため、他サーバーも気になる人は「ウォーターサーバーをレンタルする際の注意点とおすすめ5選」をぜひチェックしてみてください。

フレシャス・スラット:最終的に私が選んだおすすめ

フレシャスの『スラット』は実際に使ってみて、特に使いやすさ、安全性、おしゃれなデザインが気に入って選びました。

自動のクリーニング機能でサーバー内をきれいに使えて、高い位置にボタンがあって小さい子供の手が届きにくいため安心です。

また、給水口も高いのでかがまないで水を使えて、足元でボトル交換もできるため非常に便利でした。

ちなみに、値段は他社と比べると値段はやや高めですが、十分その価値があってインテリアにも使えるくらいおしゃれなので、むしろ安いくらいと私は思っています。

初期費用0円500mlあたり87円
レンタル料972円契約期間2年
電気代410円配送地域全国 (沖縄を除く)
月額(月24L)5579円違約金9720円〜
ノルマ月18.6L。ただし1ヶ月なら無料で配送停止できる

「フレシャス・スラット」公式ページ:

https://www.frecious.jp/slat
乗り換えキャンペーン:最大16200円のキャッシュバック

ただし、フレシャス・デュオにも強み・弱みがあって、より納得して快適に使うためには「フレシャス辛口レビュー|実際に使った体験や口コミ・評判を徹底解説」も参考にして選ぶことをおすすめします。

4. 水道水を使うウォーターサーバーの主要6社の徹底比較

これまでの通り私は、基本的に水道水サーバーより「宅配水サーバー」を使うことをおすすめします

ただし、ここまで読んできたけどそれでも水道水サーバーを使いたい人のために、主要6社を徹底比較してみました。

まず水道直結型と水道水補充型の主な違いは、「工事費・設置場所・水の補充」の3点です。

上記2つのタイプの特長を踏まえて、あなたの好みやライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です

続いて、それぞれの比較表を順にご紹介します。

(それぞれをクリックすると、詳細を公式ページですぐにチェックすることができます)

4-1. 人気の水道直結型ウォーターサーバー3社の比較表

水道直結型サーバーの主要5社を比較した結果、特に評価の高かったTop3は下表の通りです。

(税込)月額料金
(電気代)
最低利用期間
(違約金)
ウォータースタンド

(計6機種)

3240〜7020円

(500〜920円)

1年

(ただし2年未満の解約は16200円)

楽水

3780円

(800円)

3年

(残り契約月数×レンタル料の40%)

クールクー

4536円

(800円)

3年

(21600円)

4-2. 人気の水道水補充型のウォーターサーバー3社の比較表

水道水補充型サーバーの主要5社を比較した結果、特に評価の高かったTop3は以下の通りです。

(税込)月額料金
(電気代)
最低利用期間
(違約金)
シャインウォーター

3240円

(省エネ時: 500円)

定めなし

(なし)

ダスキン(浄水器用)

3780円

(1000円)

1年

(5400円)

アクアバンク

4298円

(1000円)

1年

(15000円)

5. 水道水とペットボトルの水・ウォーターサーバーの徹底比較

飲料水として使うときに、水道水とペットボトルの水・ウォーターサーバーのどれを選ぶべきか気になる人も多いと思います。

本ページでは飲料水を選ぶときに特に重視される以下の3点で比較した結果、『ウォーターサーバー』が最もおすすめです

水道水ペットボトルの水ウォーターサーバー
5-1. 水の安全性
5-2. 便利さ
5-3. 値段

上記の通り、ウォーターサーバーは最もバランスが良いのに対して、水道水は安全性が低く、ペットボトルの水は不便な点が多いです

ここからは上記の評価結果の根拠を項目別にご説明します。

5-1. 水の安全性が高いのは「ウォーターサーバー」と「ペットボトル」

ウォーターサーバーとペットボトルの「天然水」は、きれいな地下水を汲み上げて使っているため非常に安全です

また、ウォーターサーバーで使われる「RO水」は、NASAも使っている技術で徹底的にろ過されているため非常に安全です。

水道水は安全性には不安が残る

水道水は塩素、トリハロメタン、鉄サビなどが含まれる可能性があるため安全性は低いです

特に老朽化した水道管は地球3周以上とも言われており、サビの混入は否定しきれません。

引用:水と環境blog

5-2. 圧倒的に便利なのは「ウォーターサーバー」

ウォーターサーバーは「生活が劇的に変わった」という声のあるくらい便利なものです。

特に、いつでも温水・冷水が使えるため、お湯を沸かす準備をしたり、お湯が沸くのを待つ必要がないため、赤ちゃんのミルクやカップ麺なども簡単に作れます。

●ペットボトルの水は手間に感じやすい

ペットボトルは買って帰るのが大変で、冷蔵庫のスペースをとったり、捨てるときにかさばるので非常に不便です。

5-3. 値段が安いのは「水道水」

水道代は地域や水の使用量によって多少異なりますが、1Lで1円未満と圧倒的に安いです。

一方で、ウォーターサーバーの水代は送料・サーバーレンタル料などが上乗せされているケースも多いです。

なのでペットボトルとの単純比較は正直難しいものの、ウォーターサーバーの水代としてはペットボトルより「500ml当たり4〜58円」程度高めです。

ペットボトルの水ウォーターサーバー
値段2L:
100〜150円程度
12L:
1〜2千円
500ml当たり25〜38円42〜83円程度(送料込み)

6. まとめ

ここまで水道水ウォーターサーバーの注意点や宅配水ウォーターサーバーをおすすめする理由をご説明してきましが、いかがでしたか?

水道水サーバーは安全性や味・便利さなどのデメリットの方が多いため、私は宅配水サーバーをおすすめします。

特に快適に使うためには、全体的なバランスに優れた宅配水サーバーを選ぶことを私は強くおすすめします

  • 水道水サーバーは水の安全性や雑菌が繁殖するおそれがあること
  • 宅配水サーバーは水の安全性が高く、味や使い勝手も優れていること
  • 宅配水サーバーの中でも全体的なバランスを重視して選ぶのがおすすめであること

また、このページでご紹介したおすすめの宅配水ウォーターサーバーはコスモウォーターです。

以上を参考にあなたにぴったりのウォーターサーバーが見つかることを心より願っています。