ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較と唯一のおすすめ

水道水を飲むのは心配で、安全な水としてウォーターサーバーや浄水器が気になっていませんか?

ウォーターサーバーと浄水器はそれぞれ特長が異なるため、違いを正しく理解して選ぶことが大切です

徹底比較した結果、ウォーターサーバーは水の安全性を中心に全体的に優れているため、浄水器より断然おすすめです

本ページでは、過去にウォーターサーバーの営業経験のある筆者が、ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較に加えて、サーバーを使うべき理由やおすすめをご紹介します。

  1. ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較
  2. 主要20社のうち総合的な評価の高いサーバーのおすすめNo.1
  3. ウォーターサーバーと浄水器を納得して使うためのQ&A

全て読めば、ウォーターサーバーと浄水器の違いや、あなたが本当に選ぶべきおすすめがわかるでしょう。

本ページでおすすめする総合的な評価の高いサーバーをすぐに知りたい人は「2. 主要20社のうち総合的な評価の高いサーバーのおすすめNo.1」ですぐにチェックできます。

1. ウォーターサーバーと浄水器の徹底比較

安全な飲料水を使う方法として、ウォーターサーバーと浄水器で悩む人は多いと思います。

浄水器は複数のタイプがあるため、「蛇口直結型の浄水器」とウォーターサーバーを比べた結果は下表の通りです。

  ウォーターサーバー 浄水器
水の安全性
便利さ
コスト
美味しさ

以上を踏まえると、浄水器は水道水を簡易的にろ過するだけの装置なので、浄水器より全体的に優れている『ウォーターサーバー』が間違いなくおすすめです

ここからは上記の評価結果の根拠を項目別にご説明します。

水道直結タイプ以外の浄水器は、「3章 ウォーターサーバーと浄水器を納得して使うためのQ&A」で概要をご説明します。

1-1. 水の安全性が高いのは「ウォーターサーバー」

ウォーターサーバーはきれいな地下水を汲み上げた「天然水」や、NASAも使っている技術でろ過された「RO水」を使っていて非常に安全です。

一方で、浄水器は安い簡易的な装置でのろ過なので、不純物や有毒物質をすべて除去できず、安全性は低いです。

これらのことから、安全な水を使いたいなら「ウォーターサーバー」が断然おすすめです。

1-2. 圧倒的に便利なのは「ウォーターサーバー」

ウォーターサーバーは「生活が劇的に変わった」という声のあるくらい便利なものです。

特に、いつでも温水・冷水が使えるため、お湯を沸かす準備をしたり、お湯が沸くのを待つ必要がないため、赤ちゃんのミルクやカップ麺なども簡単に作れます。

さらに、ウォーターサーバーは1回の配送で1〜2本のストックも届くため、災害対策の備蓄水としても使えます。

●浄水器は不便!

浄水器の蛇口直結タイプは水の出る位置が低くなる他、サイズが大きいものだと食器が洗いにくいケースもあります。

さらに、浄水器は災害時に断水になると使えません。これは本当に水が必要な時に役に立たないため大きなデメリットです。

1-3. コストはほぼ変わらない

コストはほとんど変わりません。

安い浄水器はたくさんありますが、高性能なものを選ばないと正直使う意味がありません。そして、高い浄水器ほど数ヶ月に1回交換するカートリッジも高いため、ランニングコストが高くなります。

一方、ウォーターサーバーは毎月の費用はかかるものの初期費用0円が多く、高性能なのに安く使えるものもあります。

  ウォーターサーバー 浄水器
高性能 安いタイプ
初期費用 0円 3万円〜 2〜5千円
水代 12L: 1000〜2000円 水道代のみ 水道代のみ
コスト 月24L: 月3〜5千円 カートリッジ:

約1万円〜

カートリッジ:

2〜5千円

どちらもお金がかかるので、コスト面で大差はないと言えます。

1-4. 水が美味しいのは「ウォーターサーバー」

ウォーターサーバーの水はペットボトルの天然水と同じくらい美味しいです。

各社は水の品質にこだわり抜いているため、基本的にどれを選んでも間違いありません。

一方で、浄水器はもともとただの水道水であるため美味しさは見劣りします。

1-5. ウォーターサーバーと浄水器の比較のまとめ

以上のように安い浄水器を付けても結局はただの水道水なので、もし水の安全性・便利さ・コスト・美味しさにこだわるならウォーターサーバーを使った方が後悔しないと確信しています

以上を踏まえて、次の章ではウォーターサーバーの中でもあなたが本当に選ぶべきおすすめをご紹介します。

2. 主要20社のうち総合的な評価が高いサーバーのおすすめNo.1

ウォーターサーバーは正直値段は高めですが、安全性や便利さ・味など、それ以上の価値があると筆者は考えています。

ウォーターサーバーを安さだけで選んでしまうと、予定外の追加費用や不便な可能性があるため、総合的なバランスを意識して選びましょう

本ページでは主要20社のサーバーを、サーバー選びで重視する点として以下の4つの評価軸で徹底比較しました。

  • 水の安全性
  • 便利さ
  • コスト
  • 美味しさ

その結果、主要20社のうちすべての項目で評価が高くバランスに優れる『コスモウォーター』がおすすめです

総合 安全性 便利さ コスト 美味しさ
コスモウォーター 1位
サントリー 2位
フレシャス 3位
プレミアムウォーター 4位

それでは『コスモウォーター』のおすすめポイントをご紹介します。

主要20社のうち総合的な評価の高いおすすめNo.1:『コスモウォーター』

コスモウォーターは、天然水ウォーターサーバーの最大手として、3種から選べる天然水の美味しさに加えて、様々な便利機能や料金の安さが好評です。

便利機能は以下の通り充実している他、「足元でのボトル交換」が特に女性やご年配の人に好評です。

  • サーバー内の自動クリーニング機能
  • ボトルの中に空気が入らないエアレス設計
  • 2重チャイルドロック
  • 省エネ機能

特に上記のように水が減るとボトルが収縮して空気が入らないため、水の安全性の面でも心配ありません。

さらに下表の通り、代表的なウォーターサーバーの中で気軽に使える安さも魅力です。

(税込) コスモウォーター フレシャス プレミアムウォーター
サーバー
水代 12L:

1900円

7.2L:

1167円

12L:

2056円

500ml 79円 81円 86円
レンタル料 0円 540円 0円
電気代 436円 330円 900円
月額コスト 24L:

4236円

28.8L:

5538円

24L:

5004円

ここまで読んでみてコスモウォーターにピンときた人は、以下の点から公式ページからの申込むようにしましょう。

  • 公式ページ以外からだとキャンペーンを受けられない恐れがあること
  • 販売代理店だと商品知識やアフターサービスが不十分な可能性があること

コスモウォーター公式ページ:

http://www.cosmowater.com

公式ページで利用できるキャンペーン

  • 新規申込:12Lボトル2本無料
  • 乗り換えキャンペーン:5000円キャッシュバック

3. ウォーターサーバーと浄水器を納得して使うためのQ&A

安全な水を使いたい人にとって、ウォーターサーバーと浄水器について色々気になることがあると思います。

本章では、筆者が過去にウォーターサーバーの営業をしている時にお客様からよくいただいた質問を踏まえて、Q&A形式でご説明します。

それでは順にご説明します。

Q1. 浄水器にはどのようなタイプがありますか?

A1. 浄水器の種類は6つに大別されるため、タイプごとの料金や性能の違いを理解することが大切です。

浄水器の6つのタイプと主なポイントは下表の通りです。

画像 初期費用 主なポイント
蛇口直結型 3〜5千円
  • 商品ごとに性能の差が大きい
  • 小型なのでろ過できる水の量が少ない
  • こまめなカートリッジ交換が必要
浄水器内蔵型 1〜2万円
  • 見た目がすっきり
  • 交換が楽
  • 浄水性能はあまり優れていない
ポット型 2〜6千円
  • 冷蔵庫で冷やせる
  • ろ過できる水の量が少ない
  • コスパが割高
据え置き型 3〜10万円
  • 浄水器をシンクの隅に置くタイプ
  • 大型・高性能のものが多い
  • カートリッジも高い
アンダーシンク型 5〜20万円
  • 浄水器をシンクの下に置くタイプ
  • 大型・高性能のものが多い
  • カートリッジも高い
RO膜利用型 高額
  • RO膜を使用するのが特長
  • 機械が複雑なので、広い設置スペースが必要
  • 1L浄水するために、2.5Lの廃棄水がでること
  • 浄水に時間がかかる
  • メンテナンスコストが高い

引用:グランドデュークス東海

最も性能が高いのは「RO膜利用型」ですが、すでにご説明の通り一般家庭向きではありません。

RO水はウォーターサーバーなら格安で使えるので、RO水が気になる人はRO水の大手『アクアクララ』と『クリクラ』がおすすめです

Q2. ウォーターサーバーの利用量の目安はどのくらいですか?

A2. 世帯人数や料理に使うかなどによって異なるため、あなたのライフスタイルに合わせて検討することが大切です。

一般的に1ヶ月間の目安は「大人1名:12L〜24L」とされています。世帯人数別では下表の通りです。

  平均的な利用量
1人暮らし 12〜24L
2人暮らし 24〜36L
4人家族 48〜60L
20名程度の企業 180〜200L

または、1日に使うであろう量をベースに考えるのがおすすめです

例えば、1日平均500mlを使うと「1ヶ月では15L」と考えるとわかりやすいので、下表を参考にしてみてください。

1日当たり 200ml 400ml 500ml 800ml
1ヶ月当たり 6L 12L 15L 24L

Q3. 実際に試してみないと心配ですが、どうしたらよいですか?

A3. 無料お試しキャンペーンを活用しましょう。

実際に試してみないと不安な気持ちもよくわかります。そんなあなたには、一部のサーバーで利用できる無料お試しキャンペーンがおすすめです。

ただし、無料お試しの中には、以下のような悪質なケースもあるため、無料お試しの選び方に注意しましょう。

  • お試し後に契約しなかったら、支払いを請求されたケース
  • お試し後に一定期限内にサーバーを返却しなかったら、自動的に本契約に切り替わってしまったケース

具体的な無料お試しの選び方やおすすめを知りたい人は、「世界一わかりやすいウォーターサーバーの無料お試し完全ガイド」で詳しくご説明しています。

4. まとめ

いかがでしたか?

ウォーターサーバーはコストの安さを除けば、安全性や便利さ・味の面で浄水器より優れていることがご理解いただけたと思います。

その上でウォーターサーバー選びの際は、より快適に使うためには料金の安さだけでなく総合的なバランスに優れたものがおすすめです。

最後に重要なポイントをまとめると以下の通りです。

  • ウォーターサーバーは浄水器より全体的に優れていること
  • サーバー選びはコストだけでなく、総合的なバランスを重視すること
  • 本ページのおすすめサーバーは選べば、間違いなく快適に使えること

また、主要20社のうち総合的な評価が高いコスモウォーターを使うのが間違いなくおすすめです。

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。